どぶろく

どぶろく「炎 あかり」で牡蠣の味噌漬け

悲しい日付・・・・

実は、震災の3日後、スーパーで牡蠣の特売がありました。

3パックで500円。

思わず手に取り、産地を見ると宮城県産bearing

Dsc06547

それも加工日が震災当日11日です!!!

おそらくこれから先・・・・・・・・・・

何年も食べることができないだろう宮城の牡蠣

店の親父によると、工場でパック詰めされた牡蠣が

トラックに積まれて出発して数時間後に地震が

起こったらしいです。

運よく被災を逃れたトラックですが、

地震の影響で高速道路が大渋滞となり、

けっきょく大阪に到着したのが

表示された賞味期限ぎりぎりの14日・・

さすがに商品価値がないので3パックで500円と言う

値段で投げ売りしてるそうです。

なんか複雑な思いですね。

この牡蠣が加工されてた時はなんともなかった三陸・・

生産者は無事なのかなぁ??!

さすがに素通りできなくて、

3パックを持ってレジに並びました・・

Dsc06546

でも、その日と次の日はともに外食の予定・・・

この牡蠣を食べるのは2日後になります。

賞味期限は気にならないタイプなんですが

さすがに貝となると話は別・・・

普通なら買わないところなんだけどね・・

とにかく、日持ちする調理法をいろいろ考えながら帰宅・・

そして思いついたのが、牡蠣の赤味噌漬け

Dsc06548

牡蠣のどて鍋をヒントに赤味噌に漬けてみました。

牡蠣を真水で綺麗に洗い・・

Dsc06549

ざるに入れて水気を切ります。

赤味噌にみりん、砂糖、酒を適当に入れて

Dsc06554

よく練ります。

配分は、少し甘めの方が美味しいと思います。

みりん:砂糖:酒=2:1:0.5ぐらいかな・・

その牡蠣をフライパンに入れて、

酒をふりかけ、酒炒りに・・

Dsc06551


Dsc06552

水分が飛んで、ぷりぷりになったら

合わせた味噌に漬けておきます。

Dsc06556

そのまま、2日間放置・・・

さて、どんな味になっているやら・・・

ネットで検索してもこんな作り方してるの載ってない。。

さて、2日後・・・

味噌から牡蠣を取り出します・・・

牡蠣に付いた味噌をぬぐい、皿に並べてみました。

Dsc06627

赤黒く、とても美味そうには思えないビジュアルwobbly

火を入れているのでたぶんそのまま食べれるとは思うけど

やはり、火を入れたほうが安心。

それに味噌は焼いたほうが美味しいしね。

と言うことで、コンロに網を置いて牡蠣を炙ります。

Dsc06632

辺りに漂う香ばしいかおり!

見てくれは悪いけど、酒欲と食欲をそそりますねhappy02

ついに我慢ができなくなって、1個つまみ食い!

香ばしいかおりに包まれた牡蠣のエキスが

甘みと一緒に口腔内をこだまします。

OH!!これはいけるんじゃないの!!

ぽん酒が欲しくなりますね~!

あわてて冷蔵庫から取り出したのは本日のポン酒!

秋田の魯山人から送ってもらった白神特区のどぶろく

Dsc06560

その名は「炎 あかり」

魯山人の地域の正真正銘の合法などぶろくだそうで、

友人の親父さんが作っているものだとか。

魯山人いわく、非合法のほうが旨い!(笑)と・・。

どぶろくは、日本では酒税法において濁酒(だくしゅ)と呼び、

許可無く作ると酒税法違反に問われます。

販売目的でなく自分が飲むためでもNGみたいですよ。

その「炎 あかり」・・・

口に入れると、さらさらとした絹のような舌触り・・。

麹の香りが優しく、少し甘めで、少し酸味もあり、

いくらでも飲めてしまいます。

にごりや滓酒が大好きな酒恋さん・・

当然、このどぶろくはあっという間に1本空いてしまいました。

どぶろくってこんなに旨いものなら、

自分でも作っちゃおうかな??と思ってしまうのは

人間の性でしょうか(笑)bleah

さて、牡蠣の味噌漬けとの相性・・・

Dsc06638

これが意外と合わなかったのだぁ・・・bearing

単体では、お互い、旨いのに。

なぜか、牡蠣を食べてどぶろくを含むと

酸が強く感じて舌の上が酸っぱい・・・

何故なんだろう??

体調が悪かったのかな・・think

でも、この牡蠣の味噌漬けには、

熟成酒の燗がベストマッチだと思う。

相性ってやっぱり難しい・・

本日のポン酒と酒肴の相性は・・・
★☆・・・・15点(不合格!)

最後の三陸の牡蠣なのにもったいない・・。
酒肴としてはナイスな発想だったけどね。
次回は、古酒の燗で味わいます。

PS この牡蠣味噌を湯に溶かしてネギを入れると
  簡単にどて鍋も楽しめます!

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)