夢心酒造・・・・(福島県)

紳介社長おすすめ!金華鯖で奈良萬

今年の冬はほんとにどうなってるんだ・・・・・。

大阪で2回も積雪があるなんて・・。

昨日も大阪は雪に見舞われてまたまた積雪。

裏山もスキー場のような雪景色です。

Dsc06325

外では近所のガキどもが車のボンネットに積もった雪を

かき集めて雪合戦しておりました。

大阪じゃ珍しい光景です。

逆に、年寄りの酒恋さんはお部屋でちょこちゃんと

ストーブの争奪合戦・・

Dsc06326

当然、ちょこちゃんの勝ちです。

ストーブの上には今晩の酒肴のおでん

Dsc06329

石油ストーブでことこと煮込むと数倍旨くなんるんですよね。

石油ストーブは便利がいいです。

お燗もできるしね。

Dsc06227

スルメも炙れるし・・

いろんな暖房器具があるけど・・・・・・

飲兵衛に一番合った暖房器具は石油ストーブでしょう!

さて、今宵の酒肴ですが・・。

当然ことこと煮込んだおでんです。

でも、おでんの時は何かもう一品が酒恋さん。

そのもう一品は↓↓これです。

Dsc06194

金華プラチナ鯖姫作り

先日、島田紳介が司会をしていた番組・・

「日本全国ご飯の友No.1決定戦!めし友グランプリ2011」に

北海道、東北ブロック代表に選ばれた鯖です。

島田紳介は好きじゃないけど鯖が大好きな酒恋さん。

「かなり旨いけど、これは酒の肴や!」

と言う紳介の言葉を聞いて三代目猪又屋を即ネットで検索。

大阪難波で長谷川と言う料亭を出してる紳介の舌を信じて

おとり寄せしました。

テレビの影響はすごい!!

すぐに申し込んだつもりでしたが届くのに

けっこう日数がかかりました。

本日はその金華鯖おでんで雪見酒です。

合わすポン酒は前回と同じ

福島県夢心酒造 奈良萬 純米生酒 おりがらみ

Dsc06106

さすがに開けたての元気の良いしゅわしゅわ感は

納まっていましたが、まだまだ元気です。

今宵はそれを燗で。

活性にごりが空気に触れて少し落ち着いた頃に

燗にするのもなかなか旨いんですよ。

温度が難しいけどね。

今回は40度弱で。

お取り寄せした金華鯖・・

Dsc06273

口に入れると少し甘めのお酢の味が広がり、

同時にふわ~っと脂が舌の上を駆け巡ります。

かなり濃厚な脂です。

これほどの脂が乗った鯖を食べるのは久しぶりです。

でも、ぜんぜんくどくないんです。

冷凍で送ってきたので身が少しパサ着いてるかも?

と思いましたがそんな事もなくみずみずしくて

なかなかGOOD!です。

酢もきつくなくて、少し甘めの味わいなので

非常に食べやすい。

さすがに北海道、東北ブロック代表に選ばれただけあります。

でも、なぜこれが飯友なん?って言う疑問も(笑)

紳介も言ってたように、これはまさしく酒友です。

ご飯よりも酒がすすみます。

Dsc06282

だから、奈良萬の燗とも好相性です。

その奈良萬ですが燗につけると少し香りと酸味が高く感じます。

でも、それがこの鯖とは好相性です。

香りが鯖独特のにおいを緩和させて、

酸が脂分を流してくれる感じです。

おでんも味がしみ込んで旨いです。

Dsc06330

特に、真っ黒に色着いた玉子が最高です。

できればこれをひさしぶりに燻したいですね。

今宵の酒肴とポン酒の相性は・・
★★★★・・・40点!

鼻水を垂れながら、熱々のおでんで一献・・

外は雪化粧・・・・

日本に生まれて良かったです。

 

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (18) | トラックバック (0)

ひよこ豆入り焼き味噌で奈良萬!

今年ついに大阪市内でも積雪がありました。

前の日から、

「積雪がありますよ~!」って

お天気お姉さんが言ってましたが、

今年、何回も同じような言葉を聞いても積もったことが

なかったので、

今回も大阪では積もることがないだろうと思って

朝起きてみたらびっくり!

久しぶりに銀世界。

それに昼過ぎまで吹雪・・・・

おかげで大阪の大動脈の阪神高速道路は全面通行止め。

それに市内に入る大きな橋もことごとく通行止めになったので

一般道路は大渋滞・・・。

大変な一日でした・・・。

大阪はほんと雪に弱いですね。

さて、今宵の酒肴・・・

材料は↓↓ひよこ豆(ガルバンソ)。

Dsc06244

ひよこのように見えるからひよこ豆って言うみたいですが

Dsc06247

酒恋さんにはひよこには見えないんですけどね。

最近、いろんなところでこのひよこ豆を目にするようになり

友人に聞くと、ほくほくして旨い豆だと聞いたので

気になって買ってみたんだけど、

さて・・どう使おうか。

調理方法をネットでいろいろ調べて見たけど

ポン酒に合いそうなレシピが見つからない・・。

どちらかと言うとカレーやエスニックな料理が多い・・。

そこで、冷蔵庫の中をごそごそ探し、

ポン酒に合いそうな肴を作ってみたよ。

冷蔵庫で発見したのは・・

西京味噌

Dsc06252

ゆず、そして大葉、かつおぶし

Dsc06251

これでひよこ豆入り焼き味噌を作ってみる。

まずは豆を戻さなくては・・。

本来は前日から1日水に漬けて戻すのが基本みたいだけど

今回は買ってきてすぐ・・。

何か良い戻し方はないものか??!!

そしてネットで調べて見つけたのがこの方法。

沸騰した湯に豆を入れて・・・

Dsc06249

火を止めて蓋をして40分ほど蒸らす。

Dsc06250

40分たったらことことと15分ほど炊けばいいらしい・・。

その間に・・・

柚子の皮と大葉を千切りに。

Dsc06253

戻した豆の水を切って鍋に入れて、

そこに柚子、大葉、鰹節、味噌を入れて練る。

Dsc06255

砂糖やみりんなどの調味料を加えてもいいけど

くどくなるのでノーマルがお勧めです。

Dsc06258

材料が混ざれば、100円均一で売ってる木のおしゃもじに

練った味噌を貼り付けて・・・

Dsc06260

表面をガスコンロでさっと焦げ目がつく程度に炙る。

Dsc06261

これで完成!!

Dsc06265

味噌は生でも食べれるので焦げ目がつく程度でOKです。

嫁の親父が作ってくれた木のお皿にのっけると

なかなか格好いい!

おしゃもじに貼り付けて焼くだけで高級感がしますしね。

合わすポン酒は・・・・

福島県夢心酒造 奈良萬 純米生酒 おりがら

Dsc06106

このポンは、昨年の10月に東京のたけちゃんのお店で

買ったもの。

今まで、寝かせておきました。

開栓するとシュポン!と言う元気な音とともに

中からガスが吹き上がってきます。

まだまだ元気一杯!!です。

一口含むと、ふわ~っと麹花の香り・・・

しゅわしゅわピチピチの炭酸ガスが口腔内を刺激します。

瓶内醗酵がすすみ糖分が酵母に食われているので

詰めたての時に感じる甘みは感じませんが、

逆に切れがよくて甘くない大人のサイダーのようで激うま!

これも危険な1本です。

Dsc06268

しゃもじに付いた味噌を箸に乗せるようにして舐めながら

奈良萬をくいくい・・

まさに飲んべ~のポン酒の飲み方です(笑)

柚子の香りが心地よく、鰹のうまみがいい感じ。

西京味噌の甘みがおりがらみやにごり酒には

ぴったりなんですよね。

でも・・・・bearing

肝心のひよこ豆さんが固いのよ。

ホクホクした感じがしなくて、ぱさぱさして中に芯を感じます。

やっぱり一晩水に漬けておかなければあきませんね・・。

これで、豆が完璧なら抜群の酒肴なんですけど・・

本日の酒肴とポン酒の相性は・・
★★★・・・・30点。

合格点なんだけど・・・・。
次回は前の晩から豆を漬けて再チャレンジです。

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (18) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)