宮尾酒造・・・・新潟

〆張鶴で蕪蒸し

もうすぐ正月から一週間。

1月は時間の経過が早いです。

そろそろ七草粥です。

七草とは・・・・

芹(せり) 薺(なずな)御形(ごぎょう)繁縷(はこべら)
仏の座(ほとけのざ) 菘(すずな) 蘿蔔(すずしろ)

元旦からの暴飲暴食で疲れた胃を休め、

おせち料理では不足しがちな栄養素を補うために食べるとか

邪気を払い万病を除くために食べるとか諸説あるみたいですが

酒恋さんはこの七草粥って好きじゃないです・・・。

まず、セリ科の野菜が大嫌い・・・

あの独特の香りがNG・・

それにナズナってぺんぺん草ですよ!!

ペンペン草ってそこらに生えてる雑草じゃないですか・・・

だから食べる気がしないんです。

七草粥ファンの方すみません・・・

今の時期スーパーではこの七草が入ったセットや

年末の残り物は沢山売られているものの、

他はろくなもの売ってません・・。

漁師も畜産農家もお百姓さんも仕事を始めたばかりで

新鮮な国産の魚介類、肉類、野菜は10日前後にならないと

並ばないです・・。

昔は流通網も整備されてないし

スーパーなんてなかったから

この時期は何にも食べるものが無かったんでしょう。

だから道端に生えている食用の食物を使って

粥を作りお腹を満たしていたと言うのが本当かも?!!

ま、そんな話は置いといて・・

今宵の酒肴は蕪蒸

酒恋さんの畑で取れた蕪と年末に買っておいた

Dsc06060

Dsc06058

剥き海老トロカレイ、そして茹で銀杏を使って

亀広寿司で好評だった蕪蒸しを再現してみました。

前回の亀広寿司の会で、この蕪蒸が食べられなかったのが

相当悔しくて家で再現してやろうと亀広寿司のマスターに

作りかたを少し伝授してもらいました(笑)

白身の魚ならトロカレイじゃなくても

タラでもなんでもいいと思います。

亀広では確かスズキだったと思います。

ユリ根なんかも入れたらもっとおいしいかも。

まずは蕪の皮むき・・

Dsc06062

蕪を4等分ぐらいにして中の色が変わっているところ

ぐらいまでを分厚く剥けばOK!

Dsc06064

剥いたらごしごし摩り下ろします。
(これがけっこうしんどいのよ・・・)

摩り下ろしたらキッチンペーパーに包んで搾り

Dsc06065

軽く水分を切ります。

卵2個を白身と黄身にわける・・。

Dsc06066

白身に少し塩を入れて角が立つぐらいかき混ぜて

Dsc06067

メレンゲ状にします。

先にトロカレイを軽く蒸しておきます。

海老と銀杏、それに摩り下ろした蕪を白身と混ぜて

Dsc06068

器の一番下に引いたトロカレイの上に乗っけます。

Dsc06076

蒸し器で15分ほど蒸します。

蒸してる間に、だし、醤油、酒、みりん 砂糖 塩で

だし汁を作り片栗でとろみをつけて

Dsc06077

最後に残っている黄身を溶き入れ餡を作ります。

Dsc06079

蒸しあがった蕪蒸しに餡をかけてわさびを乗っければ

酒恋流蕪蒸の完成です!

Dsc06080

見た目は天津飯ですね(笑)

合わすポン酒は憧れの新潟美人から頂いた

新潟県宮尾酒造 〆張鶴 しぼりたて生原酒

Dsc06072

この時期にしか味わえない人気の限定酒だそうです。

搾りたてだからこそのフレッシュな口当たり

そして生原酒らしい濃厚で深みのある味わいが印象的で

旨味たっぷり。

端麗辛口で有名な新潟酒らしくない一本です。

Dsc06082

蕪蒸しを一口・・・

ふんわりとした雪のような口当たり・・・

そこに出汁が絡むとさーっと蕪が消えていきます。

まるで口の中で新雪が溶けていくような食感です。

わさびと海老の風味、銀杏のほろ苦さも加わって

なんとも贅沢な味わいです。

〆張鶴 しぼりたて生原酒を一献・・・

う~ん!!たまりませんな!!

蕪の成分ジアスターゼと新酒のフレッシュさが

良い感じに絡まります。

そしてジアスターゼは胃を活性させるため

食欲も酒欲もそそります。

こんな旨いもんを亀広寿司では出してくれてたんですね。

本日の酒肴とポン酒の相性は
★★★★☆・・・・45点

残念・・・柚子を忘れてたんです・・
出汁に柚子を加えれば満点以上!
無念じゃ・・

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (15) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)