大石酒造・・・・・(鳥取県)

子持ち昆布で鷹勇 強力!良いお年を!

もう幾つ寝ると~♪和尚が来る~♪(ちゃうちゃう・・)

お正月やった・・

正月早々、坊さんには来てほしくありませんね・・。

後2回寝たら2011年です!!

とてつもなく不景気だと言われるここ数年ですが

来年こそ良い方向に向かって欲しいものですね。

さて、不景気な日本ですがさすがにこの時期、

正月用品を買い求めるお客さんで市場は活気に

あふれています。

我がホームグランド鶴橋卸売市場も蟹やふぐ、数の子、

いくら、かまぼこ・・・・・

ご馳走を買い求めて沢山の人でにぎわっています。

お正月・・・

冷めた目で見ると12月31日からカレンダーが1枚めくれて

1月1日になるだけなんですがやはり、新しい年の始まり・・・

すべてをリセットして新しい気持ちで望みたいもの。

日本人ならクリスマスよりも大切な日ですよね。

おせち料理に入っている食材にもそんな意味が

込められています。

めでたい・・・

くわえ芽がでるように・・

レンコン先が見通せる・・

昆布喜ぶ・・

数の子子宝に恵まれる・・

すべて縁起物ですよね。

そんなおせち料理ですが、昔は嫌いでした。

食べるのは、数の子と海老、棒タラぐらい。

こんなまずいものは無いと思ってたんですが

今は180度転換して・・・

こんなにポン酒に合うお弁当(笑)はない!です。

ビールのない時代から守られて来た

日本の伝統料理ですからね。

ポン酒のためにあるようなものです。

でも悲しいかな我が家にはおせち料理はありません。

作るのが面倒だし、それに買うと高いですから・・。

だからおせち料理は他人の家で頂きます(笑)

今年は誰の家で頂きましょうかね・・・。

どなたか立候補ないですか?!(笑)

ポン酒は持っていきますよ。

特に4~5日よろしくね!!(正月は仕事です)

話を少し戻して・・・・

お正月用品を買い求める人達でにぎわう鶴橋商店街を

ウオッチしながら見つけたのがこれ↓

Dsc06084

子持ち昆布のくず・・1000円なり
(綺麗なのはめちゃくちゃ高い)

ポン酒の肴に最高なんです。

たぶん昆布を整形した時にでた切れ端だと思うんですが

どちらにせよ食べるときに食べやすい大きさに切るものだし

味は一緒なんでこれで十分!

ところで・・・・・

「子持ち昆布って人間が人工的に作り上げたもの」

って思ってる方が沢山いると思うんですが

実は違うんですよ。

子持ち昆布についている卵はにしんの子(数の子)なんですが

にしんの性質を利用して、昆布に卵を産ませた人間の知恵と

自然の力を利用した産物なんです。

今宵は、この子持ち昆布で一献です。

正月まで待てません(笑)

まずは塩抜き・・・

Dsc05994

水に1~2時間漬けるだけでOKだとお店の人は言ってましたが

酒恋さんは軽く塩入れた塩水で2~3時間置きました。

でも、あまり塩分を抜きすぎると卵の苦味を感じますから

ほどほどに・・。(お好みの塩加減でね)

その間に水300CCに本だしの子パック1袋と

醤油60cc、酒60cc、みりん60cc、を入れて沸騰させ

だし汁を作り冷ましておきます。

後は塩抜きした子持ち昆布の水分を切り

だし汁に漬けて冷蔵庫に2~3時間入れておけば

子持ち昆布の漬けが完成!

Dsc05995

ちょっと時間はかかりますが簡単です。

Dsc05998

鰹節をかけたほうが旨いかも・・・

合わすポン酒は・・・

Dsc05976

鳥取県大石酒造 鷹勇 強力 生もと純

名前通りお米の旨さを強烈に感じる一本です。

島根、鳥取のポン酒と言うと冷たくして飲むよりも

常温や燗が旨いポン酒が多いように思いますが

この強力もそうですね。

今回はあつ燗で・・・

Dsc06004

口に含むと生もとらしくしっかりとした輪郭と厚み・・

凛としたお米の旨味を感じます。

大人の味わいですね。

卵のプチプチした食感・・

中からはじけ出る旨味と苦味・・

これをしっかり受け止めてくれます。

旨いですね~。

山盛りあった子持ち昆布がみるみる減っていきます。

これで来年は子宝に恵まれるかも(笑)

今宵の酒肴とぽん酒の相性は
★★★★★・・・・50点満点
やっぱり生もと系の
燗酒は煮物や醤油系の
酒肴と合いますね。

今年はこのブログで終わりです。

どうも1年間、小生のブログにお付き合いいただき

ありがとうございました。

今年も沢山ポン酒の会を開催し、

そして多くの出会いがありました。

来年は愛ぽんの会として本格的に活動していく予定です。

日本酒の未来のためにも是非とも応援よろしくお願いします。

来年も日本酒、ブログを通じて

沢山の出会いがあれば嬉しいです。

酒恋さんは大晦日も泊まりの仕事なんで

2011年は職場で迎えます。

皆様、良いお年をお迎えくださいね。

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (15) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)