愛ぽんの会!!

第2回 日本酒甲子園 2012夏 開催!!

今年の大阪の夏は熱い!!!

昨年大好評だった日本酒甲子園が今年も開催!!

今回は昨年よりもパワーアップ!!

なんと32の蔵元さんが大阪難波に集結!!

北海道釧路から2年連続金賞の「福司」

島根県から「黒鬼・死神」の加茂福酒造も参戦!

蔵元さんがこない蔵のお酒を足すと、実に38蔵の

お酒が楽しめます!

今年の選手宣誓はどこの蔵元さんか??!楽しみ~!

お盆明け、給料日前にこの価格は財布に優しすぎ!

チケットは前売り3000円 当日3500円

すでに販売開始されてます。

なお、前売りで完売した場合は当日販売はありませんので

お早めに前売り券をご購入ください!!

電話予約OKです。(当日前売り料金でご入場できます)

開催日時 平成24年8月19日(日)
       PM13:00~16:00(12:30開場)

開催場所 難波御堂筋ホール7階

詳しくは  株式会社 小林商店 06-6462-3881

       http://www.sakenokobayashi.net/

Photo_2

   ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓ 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                            &tbsp;Photo_2

| | コメント (14) | トラックバック (0)

「日本酒甲子園」 2011 夏!情報漏えい?!

日本酒甲子園がいよいよ後2週間となってきました。

Nihonshukoushien1_2

わくわく・・そしてドキドキです。

連日、準備でてんやわんや・・・・

ブログ更新が倭人も倭朕もしばらくできそうにありません・・・。

なんとか倭朕に適当なこと書かせておくつもりですけどね・・

で、その日本酒甲子園の情報を少し漏洩・・・

いろんな方のお力添えですでにチケット販売も200枚を

超えています。

500人までは収容できる体制を整えていますが

目標は300人だったので嬉しい限り。

協力していただいた飲食店さん、スーパー消費者様!

ほんとうにありがとうございます。

試飲できるぽん酒の数はなんと!

140種類!!!

ここ最近の関西のイベントでは一番かも?!

他にリキュールが10種類以上とお口直しもOKです!

仮に300人の方が来場されてもポン酒だけで

4合以上は試飲できます。

試飲会って安いお酒ばっかりじゃない??って

不信感をもたれてる方もいるかもしれませんが

そんなことないですよ!

格蔵元さんのエース級のポン酒、

阪神の球児並みのストッパー、

クリーンナップ級のポン酒が集まっています!!

中には1本1万円以上する大吟醸を試飲させてくれる

蔵もあります。

大吟醸と名を打ったものは14種類ありますから

大吟ファンの方はすべてを飲み比べてみてくださいね。

持って来て下さってる蔵元さんは内緒です(笑)

当日のお楽しみ!

平成5年醸造の古酒もでています。

古酒ファンの方にはたまらないかも!

ただしすべてのポン酒には量に限りがあり、

飲みきりごめん!となってますので

お早めにご来場くださいね。

蔵元さん、杜氏さん、蔵人さん等、

蔵関係者がいらっしゃるところは26蔵です。

会いたかった蔵元さん、杜氏さんに会えるかもです。

格蔵元さんから来場者の方にプレゼントもいただいてます。

当日会場で抽選です。

景品はお楽しみに!

まだ行くのを悩まれてる方、思案されてる方!

絶対にお得なイベントだと思います。

少ないですが協賛飲食店さんから一口サイズの

おつまみも提供されます!

これも数に限りありますからお早めに!

もちろん無料です。

また、行きたいのにチケットの購入先が近所にない方!

大丈夫です!

06-6462-3881 小林酒店

ここに電話していただき、名前と携帯電話番号連絡先等を

言っていただければOK!

予約番号がいただけますので

当日、その番号を受付で言っていただければ

前売り価格でチケットを購入でき入場できます。

前売りだと愛ぽんミニ猪口と500CCお水1本付いて

しかも当日券より500円安くてお得です!

3000円でこのイベントは安いよ!!

会場内でお金を使うことはないです。

ご来場をお待ちしております!!










 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (13) | トラックバック (1)

たか☆&酒恋 イカ様蕎麦の会

少し前のブログでご紹介しました

「たか☆&酒恋 イカ様蕎麦の会」
・・・・・・

先日の日曜日に無事に終了しました。

この会は、蕎麦打ちが趣味の友人たか☆さんと、

ごまかし酒肴家酒恋さんとのコラボで蕎麦と酒肴、

そしてポン酒を楽しむと言うもの。

会費は3000円・・・

蕎麦打ちのたかさんは名人クラスの腕前なのでいいのですが

料理人が素人・・・

会費3000円でいったいどれだけの人が来てくれるのか

少々心配だったんですが、

定員オーバーの15人もの参加があり感謝でした。

場所は鶴橋にある酒恋さんのアジトです。

でも料理担当の酒恋さん・・・

急遽、前日から当日の朝まで仕事が入り

料理にかける時間が3時間弱になってしまい・・

ほんとうは前日からいろいろ仕込んでおもろ~な

メニューを出したかったんですがそれが不可能・・・。

悩みに悩み・・・当日の酒肴は・・・

1、豆腐のカナッペ
2、鶏のもも肉の酒粕漬け 柚子こしょう添え
3、とろふわ蟹卵のあんかけ
4、ごぼうの蒸し揚げ バター醤油
5、ポテトサラダ バジル風味
6、メバチマグロのお刺身

こんなメニューで口の肥えた参加者をごまかせるかどうか・・

9時過ぎに仕事を終え大急ぎで買い物をすませて・・

アジトに到着したのが10時過ぎ・・・開始は13時・・

そこからは時間との戦い・・・

ますはジャガイモ、卵を大鍋でゆでる・・

6本のごぼうをの皮を剥いて蒸して・・・

グリルで鶏をやいて・・・・てな具合です。

職場の後輩でんすけ君を助っ人に呼んで

台所はてんやわんや・・

マーキーさんや参加者の協力もあり

なんとか開始時間を5分オーバーしたところで

すべてを作り終え事なきを得ました・・・・

作りながら、飲食店ってたいへんだなぁ・・と実感。

老後はこだわりの日本酒とイカ様料理の店で細々と

暮らしたかったんですがちょっとしんどいなぁ・・

さて、当日のポン酒のラインナップ・・

Dsc07607

千葉県稲花酒造 活性にごり 春雪のころ(20BY)
千葉県稲花酒造 純米吟醸  一の宮
広島県旭鳳酒造 純米旭鳳 活性にごり
山形県秀鳳酒造 特別純米秀鳳
滋賀県美冨久酒造 純米三連星 生原酒
奈良県大倉本家 大倉山廃特別純米 備前雄町 

この中で、春雪のころは、酒恋さんが小林酒店さんにお願いして

2年間冷蔵庫で保管していたもの。

Dsc07596

どんな味になってるのだろう??とちょっと不安でしたが

これがとんでもなく旨い!

当日の一番人気!!

さすがにシュワシュワはなくなっていましたが

切れのあるちょっと辛口、大人のカルピスでした。

さて会は、旭鳳の活性にごりで乾杯!!

Dsc07597

この旭鳳の活性にごりは元気一杯!

しゅわしゅわでほんのり甘く、

まさにジャパニーズスパークリングワイン!!

これもめちゃ旨!!でしたよ。

乾杯後は紹介した6種類のぽん酒で

イカ様料理人作の酒肴を楽しみます。

豆腐のカナッペ・・

Dsc07593

豆腐3丁 ゴマペースト白、オリーブオイル 各小さじ6
塩 こさじ3 ポッカレモン 大匙4 黒胡椒 バジル粉 各適量
豆腐を水切りして、すべてをフードプロセッサーにいれて
ペーストに。それをフランスパンに塗って、
粒マスタード乗せれば完成。

鶏のもも肉酒粕漬け 柚子こしょう添え

Dsc07590

大倉の酒粕を日本酒でのばし、それに鶏もも肉を
4日間漬け込んだもの。
それを柚子こしょうを乗せていただきます。

時間がないから盛り付けが雑すぎ・・・

とろふわ蟹卵のあんかけ

Dsc07591

ズワイの缶詰は高いので100円ショップで売ってる渡り蟹の缶詰を
使います。卵10個に缶詰2個、スライスしたしいたけを入れて
塩を少々・・
そこにおろした長芋をいれていり卵の要領で焼けばOK!
後はヒガシマルのうどんスープでだしを作り、
少し砂糖とだし醤油を加えて片栗粉で餡を作り
上からかけて葱を散らせば完成!
生姜をすりおろして入れてもうまい。

ごぼうの蒸し揚げ バター醤油

Dsc07595

ごぼうの皮を剥き、適当な大きさに切って
蒸し器で30分蒸す。それを片栗粉で揚げで
フライパンにバター、酒、みりん、だし醤油を入れて溶かし
絡めたもの。
バターと醤油だけだと少し辛くなるのでアルコールと味醂で
のばす。

ポテトサラダバジル風味

Dsc07592

じゃがいも・人参・たまねぎ・きゅうりでポテサラを作り
最後にドライバジルをたっぷりふりかければOK!
吟醸酒に合うんだな~ぁ!

生めばちまぐろ

Dsc07594

朝市入荷したての新鮮めばちまぐろ
ほんとは漬けにして炙りをいれたかったんですが
時間なし・・。

こんなイカ様な料理で1時間ほどポン酒を楽しんでもらった後、

蕎麦打ちの実践・・・・

Dsc07605

加水、蕎麦粉のこね方、のばし方、きり方など

ひとつひとつ丁寧に解説しながら蕎麦を打つたかさん・・

格好いいです。

Dsc07606

そして、その打ち立てをすぐに頂きます。

十割りと二八の食べ比べです。

十割りの方が少し歯ごたえがあるように感じます。

二八はつるりとした喉越しが良かったです。

残念ながら食べるのに夢中で蕎麦の写真を撮るのを

忘れましたが見事なお蕎麦でした。

参加者からお店で食べるよりも旨い!と大絶賛です。

たかさん、いつかは開業してね!

その後、またまたポン酒を飲みながらわいわいと・・・

三連星

Dsc07602

けっこうパンチがあって男酒!!って感じがしました。

大倉

Dsc07599

何を語る必要もありません。

冷やしても旨い、燗で旨い!

山廃特有の味わいも少なく非常に飲みやすく

どんな料理にもOK!

一の宮

Dsc07598

女性に圧倒的な人気!

14代ファンからもこっちの方が好き!と最近良く言われます。

秀鳳

Dsc07601

この蔵元さんを知らない人が多かったけど、

これも女性にはぴったりなポン酒。

フルーティーで口当たりが柔らかく優しい味わいで大好評。

こんな6種類を楽しみながら・・

けっきょく19時まで会は続きました。

6時間!!でもあっと言う間でしたよ。

今回は男性6名、美人女性9名の参加!

エロトークも少し入り、男性にはなんとも嬉しい会・・・・。

でも女性人はみんな半端じゃないぐらいお酒が強い・・

男性の方が弱かったかも・・・・

6本の一緒瓶はほとんど空に近かったです。

最後はイカ様料理人作の酒肴もほとんどなくなっていたし

みんな楽しい会だった!と言ってくれたので大満足!

と言うかほっとしました・・・。

次回は9月か10月に開催しようかなぁ~と思ってます!

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (19) | トラックバック (0)

「日本酒甲子園」 2011 夏!

今まで、美味しい酒肴を味わえるお店で

こつこつ小さな日本酒の会を開催してきた「愛ぽんの会」

この夏、満を持して大イベントを開催します。

初めての大イベントなので不安はありますが

かならず素晴らしいイベントにしますので

みなさん応援してくださいね!

Nihonshukoushien1_2

第一回 愛ぽんの会 「日本酒甲子園」 2011 夏

小林商店 大試飲会

夏を締めくくる日本酒の祭典!

浪花の街に全国から選りすぐりのぽん酒大集結!

各蔵元がエース級のポン酒を持参!

33蔵100種類以上のお酒が試飲できます!!

あなたの脳幹をしびれさせる1本はどれだ!?

好プレー蔵元は?はたまた珍プレー蔵元は?

日本酒ファンなら来ないと後悔しますよ!

関西初見参の蔵元さんも多数!

【開幕】

 平成23年8月21日(日)12:00~15:00

【場所】

 難波御堂筋ホール 7階 大ホール 
 大阪市中央区難波4-2-1
 06-6631-8301

【料金】

 前売り3000円 当日3500円 呑みきり制
 定員 300名
 チケットは7月上旬発売予定。
 先行予約承ります。

【チケット販売・予約・お問い合わせ】

 小林商店・・・06-6462-3881
 ビューティーバー・・・06-6375-2048
 小料理ともか・・・06-6212-5116
 蕎麦居酒屋「樹楽」・・06-6463-8118
 あじわい酒房あづま天満宮店・・06-4801-8419
 西九条小林

※ できるだけお猪口持参してきてくださいね。

 ほんの少しだけフードをご用意しています。
 (なくなり次第終了です)

【参加蔵元】

 杜の蔵(福岡)若波(福岡)竹鶴(広島)旭鳳(広島)

 老亀(広島)亀泉(高知)三好菊(徳島)(兵庫)

 桜正宗(兵庫)浪花(大阪)山野(大阪)大倉本家(奈良)

 吉村秀雄商店(和歌山)名手(和歌山)美冨久(滋賀)

 常山(福井)長生社(長野)清水(埼玉)稲花(千葉)

 武の井(山梨)松井(栃木)秀鳳(山形)(山形)

 竹の露(山形)米鶴(山形)山本合名(秋田)秋田酒造(秋田)  

 以上・・・・・・・・・・・・27蔵       

【協賛蔵元】 

 久保田(神奈川)花垣(福井)大谷(島根) 喜久盛(岩手)

 関谷(愛知) 斎藤(京都)      ・・・・・・6蔵      

【協賛飲食店】

 ビューティーバー 蕎麦居酒屋「樹楽」牧野のイカ焼き屋

【募集】

 無償で簡単な酒肴を提供してくださる飲食店さん募集。
 ブースを無償でお貸しします。お店の宣伝になりますよ。
 定数に達しましたら締め切りとします。

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (14) | トラックバック (0)

「祥月」で圧巻!相模灘の会!

最近はブログUPの日付けとイベントがかなりずれぎみ・・

ほんと忙しい・・・coldsweats01

さて先日、大阪此花区の超名店「酒仙房 金生」さんの

別館「祥月」

Dsc07127

これも超人気蔵「相模灘」を醸す

神奈川県久保田酒造杜氏 久保田晃さんをお招きして

茶懐石&日本酒の会を開催しました。

超人気店と超人気蔵の夢の組み合わせ。

しかも5000円と言うこのレベルの酒会では

破格な値段なのでオープンな参加募集はせず、

小林酒店のメール会員さん優先的に募集をした結果

あっという間に定員に。

キャンセル待ちが何人も出たすごい会となりました。

ブログで、そこまで伝えることができるかどうか

わかりませんが、スタッフ参加であった酒恋さんが

こんな素晴らしい会にスタッフ参加なんて悔しい!

そんな言葉を連発した会でもありました。

祥月さんは、お茶会やお祝いごと、吉書(きっしょ)ごとに

使ってもらおうと建てられた金生の別館。

Dsc07126

金生マスターがお茶をされていると言うことで

中は和を感じるとても素敵な屋内庭園。

Dsc07164

その横には翠秀軒と言うマスターのお名前から

Dsc07162

一字とってつけられた茶室があります。

Dsc07160

本日の会場である2階は和室になっていて床の間には

兜が飾ってあります。

Dsc07130

この兜は季節感を感じるように金生マスターの計らいです。

その横には、大石内蔵助描いたという絵を掛け軸にしたものが

Dsc07129

かけられて、会に風格と重みを演出してくれてます。

そんなところで酒の会を開催させていただけるなんて

ほんと光栄です。

この別館「祥月」、お祝い事にぴったりですよ。

是非、使ってあげてくださいね。

さて、会に先立ちまして、金生マスターが

茶室にてお茶をご馳走してくださりました。

飲み方がわからない酒恋さん・・・

マスターに教わりながらおいしく頂きました。

ただし正座が苦手なので胡坐でしたが(笑)

茶心と酒造りに何か通じるものがあるのでしょう・・

Dsc07158

久保田晃杜氏とマスターの会話がひじょうに印象的でした。

内容は・・・ひ・み・つ!happy01

さて、会はいつものように名司会者マーキーさんの

Dsc07178

進行ではじまり、久保田杜氏のご挨拶・・・

Dsc07177

そして、小林酒店社長の発声で純米吟醸 雄町で乾杯です。

Dsc07138

本日のお酒のラインナップ
①相模灘 純米吟醸 雄町  火入れ
②相模灘 純米吟醸 山田錦 火入れ
③相模灘 純米吟醸 美山錦 火入れ
④相模灘 特別純米 槽場直詰 無濾過生酒 美山錦
⑤相模灘 特別純米 無濾過生酒 芳醇辛口 美山錦
⑥相模灘 特別純米 無濾過生原酒 若水

Dsc07133

限定20名の参加者・・・・・・・

男女比率は女性が少し多い会となりました。

遠く鹿児島から日帰り参加のみゆきちゃん、

そして、神奈川から酒恋さんの関東の姉でもあり

相模灘応援団長である酒仙婆さんも参加してくれました。

ほんと、遠いのにありがとうごさいます。

料理は、金生マスターの真心こもった茶懐石です。

圧巻でした・・・

お皿と料理の向きがリンクしていてとても素敵です。

まずは、茶懐石でも前菜と言うのでしょうか・・・

Dsc07165

蛍烏賊、とこぶし、サトイモ、だしまき・・・

Dsc07169

紅白なます・・

そして自家製ごま豆腐・・

Dsc07168

これがお膳に並んでいます。

これを頂きながら、乾杯酒の相模灘雄町、山田錦を・・

久保田晃杜氏も熱心にお酒の説明をしながら

お酌に回っていかれます。

Dsc07180

参加者の方が酒恋さんに語った感想ですが、

やはり杜氏さんが来る来ないで

酒の会と言うものの値打ちが変わる。

造り手が目の前にいて、そのお酒の背景を聞き、考えを聞き・・

そうすることにより益々そのお酒が好きになる・・

単に旨いだけでは、旨い酒で終わる。

好きな酒にはならない・・

そんなことをおっしゃっていました。

そして久保田晃杜氏の情熱に打たれ

人となりが好きになった!と言うこともおっしゃってました。

しばらくして、木の芽あえが登場。

Dsc07185

がぶっとかぶりつく肴ではなく、

ちょびちょび摘める肴なので杯もすすみます。

続いてお刺身の登場、今の時期が旨い鯛です。

Dsc07188

茶懐石では刺身は醤油で味わうのではなく

加減醤油でいただきます。

加減醤油とは鰹昆布だしにレモンを搾り、

薄口醤油で味を整えたもの。

刺身の醤油はさすがに飲めないけど、

この加減醤油は最後に飲み干すことができます。

鯛の風味が移り、これもまたおつな味わいです。

ひじょうにさっぱりしてこれが吟醸酒にはぴったりです!

旨そうに食べてる参加者・・・

おいらも食いて~ぇ!!と心で絶叫・・

と言うより声にだして叫び続けていました(笑)

続いて、魚の白子と筍の吸い物・・

Dsc07192

これ、酒飲みの壷をついていますね。

燗が欲しくなります。

と言うことで、この当たりから燗酒の登場。

Dsc07203

マーキーさんと燗を仕込みます・・。

燗に合わせてお猪口をくばります。

Dsc07196

好きなお猪口で燗を楽しんでもらおうと

早いもの勝ちでお猪口をセレクト・・

じつはこのお猪口の中にはすごい国宝級のものが・・

昨年も使わせていただいた横山大観作のお猪口です。

室町時代後期の器もありました・・

ほんとこんな高価なものをなんのこだわりもなく

使わせていただき感謝です。

筍の吸い物・・

Dsc07210

そして鯛の子と肝の炊き合わせ・・

Dsc07212

お燗がすすみます。

鮭の粕漬けを焼いたものとだしまきたまご・・

Dsc07205

たんなる鮭の塩焼きじゃなく、

ちょっと手間をかけて粕漬けをしたものを出してくれる

マスターの料理人としてのこだわりが感じる一品。

そして、本日来られたお客さんに、マスターが一人ずつ

順番に挨拶をしながらお箸で配られた

自家製カラスミとこごみ・・・。

Dsc07199

人をもてなすと言うことがどんな意味なのか、

教えてくださったようなマスターの振る舞いです。

ただ単に旨いものをだす店!ではなく、

それ以上のおもてなしをする精神がこの金生と言う店を

大阪を代表する一流の居酒屋として誰もが認める

要素なんだと思います。

最後は、海苔茶漬けで〆・・

Dsc07216

飲んだ後のお茶漬けは最高ですね。

はっきり言って食べきれないかも??と思いましたが

でも、ほとんどの方が完食されていました。

これは料理もさることながら、

相模灘がいかに食中酒に向いているか言う

証明でもありますね。

やはり旨い料理だけではなく、それに合った旨い酒・・

双方が合致してはじめて酒の会と言うものが

成り立つものだと痛感しました。

そして酒の会の成功は、たんに旨い酒を出せばいい

旨い料理のお店でやればいい・・

ではなく、料理人の真心、おもてなし・・

そしてお酒の造り手の情熱、飲み手との交流・・

この要素もかみ合って初めて成功だといえると感じました。

参加された方からは来年も是非この「祥月」

酒の会に来たい!

相模灘の酒の会に来たい!と言う声もいただき

スタッフとしては嬉しい限りです。

今回の会は、酒恋さんにとって

今まで一番良い酒の会だったと思いますね。

今回参加された方、羨ましすぎです。

ほんと・・・・

自分が参加できないのが残念すぎ・・・

会の最中、お腹がグーグー言ってたまりませんでしたよ。

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (20) | トラックバック (0)

丹波屋であいぽんの会酩酊スタッフ会議!?

先日、あいぽんの会のスタッフ新年会に行ってきました。

Dsc05950

場所は阪神千鳥橋駅すぐ近くの丹波屋さん。

Dsc06196

熟成酒好きで、髭が素敵なマスターのいるお店です。

Dsc06212

参加者はマーキーさん、寧波姉さん、小林さん、

そして酒恋さんの4人。

あいぽんの会コアメンバーです。

新年会ですがとりあえずスタッフ・ミーティングもかねてます。

全員が揃ったところでまずは乾杯!

Dsc06199

酒恋さん、マーキーさん、小林さんは生ビール、

寧波姉さんは最初からポン酒です。
(実はビールが苦手なんです)

本日のポン酒はマスターにすべてお任せです。

そのマスターが乾杯用に寧波さんに持って来てくれたのが

新潟の雪鶴

Dsc06198

肴は刺身盛り合わせ

Dsc06200

鰯フライ

Dsc06204

白子ポン酢・・

Dsc06203

それをつつきながら・・・

まず、今年1回目のポン酒の会をいつするか??

と言う議題から・・

やはり4月ぐらいまでは新酒鑑評会がらみの仕込みもあり

蔵元さんを呼ぶのは難しいからそれ以降にしょう・・・・

でも、せっかくの新酒の季節だしもう少し早く・・

いろいろ議論しているとマスタがー

天明

Dsc06202

玉川を搬送してきました。

Dsc06205

4人で間接キス?を楽しみながら天明、玉川を味わい・・

結局3月6日(日)に蔵元さん抜きで

新酒に限定した会をやることに決定いたしました。

場所時間は、後日発表します。

そして、次の議題に。。。

今年はどの蔵元さんにお願いしようか???

4人それぞれ意見が分かれましたが

はずせないよね~となったのが若波女子会・・・。

昨年大好評だった若波女子会!

参加者もその噂を聞いた人達も次会参加を

熱望してくれている事もあり

今年も是非やりたいと全員一致・・・

友香杜氏!お願いしますね!

酒恋さん敵には・・

昨年お世話になった吉村秀雄商店、大倉、片野桜、杜の蔵・・。

相模灘は絶対やりたいし、松の寿もいいな~!

賀茂金秀の金ちゃんとも久しぶりにお会いしたいし・・

旭鳳、絆の稲花、亀甲花菱、米鶴・・・・・

全部やりたいです!。

このブログを読んでくださってる蔵元さん。

大阪に来ることがあるなら是非あいぽんの会の

酒会にご協力くださいね。

会場候補のお店もあれこれ名前をあげながら

そろそろポン酒も切れてきたのでマスターに

またまた適当に!とお願いすると・・

今度は・・・

白瀑

Dsc06206

玉川雄町

Dsc06208

土佐しらぎくを搬送・・

Dsc06207

その白瀑をみて・・

今年、白瀑の山本合名さんが大阪に来る予定があるらしい・・

と言う未確認情報が飛び出し、

ではそのときに山本合名の会!と言う話に・・

秋田の山本合名さんの会を大阪でやれるなんて

思いもよらないはなしですが・・・・未確認・・未確認・・

でも夢がある話で楽しいです。

搬送されてきたポン酒をまたまた間接キッス回し飲み!

1杯1合以上はあるのでいろんな種類のポン酒を飲むなら

学生みたいに回し飲みもいいものです。

もっとも寧波姉さんは少し可愛そうでしたけどね(笑)

そして飲むピッチもあがってきました。

続いてマスターが黒龍

Dsc06209

14代本丸生酒を搬送。

Dsc06211

丹波屋さんはポン酒の種類がほんと豊富です。

そして機関銃のように、14代本丸火入れ、呉春

Dsc06213

搬送されてきました。

14代の本丸、やっぱり旨いですわ!

これが定価2000円程度のポン酒なんですからね。

特に本丸生の方が旨かったですね。

しかしさすがにだんだんみんな酔っ払ってきました・・

話が違う方向に行ってまともな会議ができません・・(笑)

少しお洒落な女子限定の立ち飲イタリアンの会

なんかも面白いよね~

なんて良い話がでたのにまとめ切れなかった・・・

ちょっと残念です。

その後はただの酔っ払いの会になり

マスターやその息子さんも加わり、ポン酒談義に・・

Dsc06218

すごく仲の良い親子です!

ピザをつまみながら・・
(ピザってポン酒でも合うんですよ!)

Dsc06214

最後に源水点、上喜元を味わい・・

Dsc06217

新年会&ミーティングは終了。

もうちょっと決めたいこともあったんやけど・・

やっぱりミーティングは酒抜きでやらなあきまへんなぁ(笑)

と言うことで・・・・・・・・・・

第1回ポン酒の会の日程が決定いたしました。

3月6日(日)です

場所、時間、会費は、後日このブログでご紹介します。

テーマは「新酒」です。

興味のある方は是非参加してくださいね。

今年はあいぽんの会の活動元年です。

日本酒の魅力をいろんなイベントを通じて

伝えて行きたいと思ってます。

是非応援よろしくです!

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

亀広寿司で第一回「愛ぽんの会!」

前回、愛ぽんの会が発足したことをご紹介しましたが

その第一回目の記念すべきぽん酒の会

此花区の亀広寿司さんで美味しく、

そして楽しくおこなわさせてもらいました。

Dsc05925

亀広寿司さんは以前にもお世話になった春日出商店街にある

すっぽん料理がおいしいお店です。

Dsc05923

今回もマスターのご好意により忘年会シーズンにも関わらず

お店を愛ぽんの会のために開放してもらいました。

マスターどうもありがとう!

さて、記念すべき第一回ということで賛同していただける

蔵元さんにお願いして来ていただこうかと思ったんですが

さすがに今の時期はどこの蔵元さんも造りの最盛期、

ご無理言って来ていただくわけにも行きません。

だから今回は特定の蔵のぽん酒を味わうのではなく、

いろんな蔵元のぽん酒を味わい、旨い酒肴を食らい

そして多いに語らいながら日本酒を愛する者どうしの

交流を深めようと言うコンセプトの会にしました。

だから蔵元さんなしです。

言わばポン酒好きの忘年会です。

どちらかと言うとこちらの方が愛ぽんの会の名に

ふさわしい会かもしれませんね。

記念すべき第一回愛ぽんの会・・・・

お馴染みの方、初参加の方を合わせて16名の皆さんが

亀広寿司にきてくれました。

とうぜん、スタッフは愛ぽん法被を着用です。

Dsc05970

愛ぽん法被の初披露でしたが、

みなさんから大好評で、Tシャツを作って欲しい!

嬉しい要望です。

是非、作成させてもらいますよ!

でも、無料は無理なんで買ってね(笑)

会はいつものように迷司会者マーキーさんの挨拶からはじまり

Maki

続いて・・・・・・・・

賀茂金秀  松の寿と言う小林酒店の飛車角銘柄で乾杯!

Dsc05940_2

Dsc05945_2

なんと!今回は乾杯の挨拶を酒恋さんが担当(^^)v(^^)v(^^)v

飲んべ~の気持ちを察し、挨拶は極短くのセオリ通り・・

声を高らかに乾杯!のご唱和をさせてもらいました。

これからが、愛ぽんの会 忘年会の開幕です。

ところで・・なんで乾杯酒が2種類???って・・

実は、乾杯候補が2本あって甲乙付けがたかったんですよ。

それに沢山の方の参加があり、

カウンター側と奥座敷と言う感じに会場が2分化されたんで、

それじゃ2種類で乾杯をやろう!ってことで。

そんな本日のラインナップは・・・

Dsc05927

相模灘 本醸造 にごり酒
天明 初しぼり 純米本生無濾過 
賀茂金秀 純米しぼりたて生 うすにごり
松の寿 純米吟醸五百万石 初しぼり かすみ酒
やまとしずく 純米吟醸 美郷錦
松の寿 活性にごり酒 冬和(ふゆなごみ)
大倉 金鼓 純米生原酒 うすにごり
旭鳳 純米酒 中生新千本
旭鳳 濱田屋 純米吟醸 大古酒
信濃鶴 特別純米 美山錦
杜の蔵 採れたて純米 一の矢
竹鶴 純米酒

時期的にほとんどができたての新酒ばかりでした。
にごり、かすみが多かったですね。

当然、いつのようにリキュールもあります。

Dsc05946

小左衛門 カボスノススメ
アポロン ブラッドオレンジ梅酒

このちょとした口直しも嬉しいものです。

ぽん酒12本、リキュール2本の計14本。

一人7合以上は飲めます。

でも....

それだけを3時間で飲んだらきっとマーライオンに変身する人が

何人か現れるはずです。(笑)

今回は、幸いにも皆さん大人飲みで現れませんでした(笑)

料理は、スズキの洗いと生まぐろのお作り

Dsc05956

いかと大根の焚き物

Dsc05955

フグとヒラメのえんがわの揚げ物

Dsc05957

マグロの血あいの焚き物

Dsc05965

鮎の甘露煮

Dsc05949

蕪蒸しの餡かけ

Dsc05961

はものハリハリ鍋

Dsc05958

マル(すっぽん)雑炊

Dsc05962

イクラ

Dsc05971

自家製鯖のきずし

Dsc05966

あと、トマトとか、鮭の塩焼きも・・

さすが大人のお店!!

大手チェーン店の安物酒肴とはちょっと違いますね。

この酒肴とぽん酒のラインナップで5000円ですから

参加された皆さんも大満足でした。

特に、鮎の甘露煮と蕪蒸しは絶賛!!

スタッフ参加の酒恋さんは、

食べれないのが非常に残念でした・・crying

蕪蒸しは、今度まねっこしてワンコイン酒肴で紹介しますね。

さて会ですが、老若男女(笑)いろんな職業の方が集まり

初対面の方も多いにもかかわらず、

すごく一体感のある会となりました。

Dsc05959

旨いポン酒、旨い酒肴のなせる業ですね。

この会で知り合いになり、飲み友達に発展し

今じゃ、かなりの仲良しになった方もおられます。

いつかはカップルなんかも誕生してほしいです(笑)

愛ぽんの会主催!ポン酒でネルトン!!!

いつかやりたい企画です(笑)

今回は会場が2箇所に分散しましたが、

それでも、お店の中を行き来しあい、

Okuzasiki

みなさん、飲んだ感想を述べ合いながら12種類のポン酒を

楽しまれていました。

そして、気がつけばもう終了の3時間がたっちゃった・・っ感じ・・

最後は、恒例のじゃんけん大会で残ったポン酒をお持ち帰り。

Jyannkenn

12本もあるので、ほとんど全員が当たります。

お気に入りのポン酒をゲットされた方は大喜びでしたよ。

旨いポン酒飲んで、旨い酒肴食べて、お土産つき!

なんて素晴らしい会!!ナイス愛ぽんの会!!

スタッフ参加なんてあほらしいですわ(笑)

ほんと、小林酒店さんの主催の会はお得ですね。

こんな感じで、第一回愛ぽんの会は無事船出!

これからも美味しい日本酒の会がんがんやっていきますので

是非、皆さん参加して下さい。

そして、是非、愛ぽんの会を応援してくださいね。

『亀広寿司』
 創作料理ならおまかせ。ぞうすい、てっちり、すっぽんまで
 営業 PM6:00-PM10:00  昼間お得な定食もやってます。
 休日 (日)
 場所 大阪市此花区春日出北1-4-12 TEL 06-6468-1846
 もし訪問されるなら電話してから行ってくださいよ。
 マスターの都合で閉まってることも多いです(笑)

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

応援してね!愛ぽんの会!!

早いもので今年も残り2週間とちょっと・・・・

振り返れば、今年も日本酒の会をがんがんやりましたね。

どの会も感慨深く、多くの出会いもあり楽しい会でした。

そして新しく日本酒を好きになってくれた方が

沢山増えて、日本酒を愛する酒恋さんにとっては

とっても嬉しい1年となりました。

ほんと、日本酒の会っていいもんですよね。

そもそも日本酒の会の目的は

飲む人口が激減している日本酒を

もう一度、毎日の食卓で沢山の家庭で楽しんでもらおうと

小林酒店さんを中心に日本酒好きな仲間が集まり

飲食店と蔵元さんの協力を得て開催してるわけなんですが

その集まりに(5名程度ですが・・)名前がない・・・・。

これまでは○○酒造の会、○○商店の会など、

その蔵元さんのお名前を使わせていただいて

会の名称として酒会を開催してたんですが

これじゃ、なんか寂しいといつも思ってた酒恋さん。

そこで、ない知恵を絞り・・

名前を考えました!

じゃじゃん!!!発表します!!

日本酒を愛する人の会で・・・・・・・

「愛ぽんの会」
 です。

たいした名前じゃないけど・・・・(笑)

でも、シンプルでなかなか可愛い名前だと思いませんか??

名前だけじゃなくて、某有名イラストレーター兼セラピスト

お願いしてマスコットマーク「愛ぽん」もデザインしてもらいました。

これです!

Dsc05970

このゆるキャラが素敵すぎます!!

美人画もいいけど酒恋さんたちの会はこの愛ぽんのような

ゆるキャラ姫がぴったしなんです。

このデザインむちゃくちゃ気にいってます!!

実は、このイラストを考えてくれた某有名イラストレーターとは

ブログにもコメントをよくくれる「ようこそ!岩島家!」

あいぽん!!

会の名前を「愛ぽんの会」に決めたときに

デザインは絵心があるあいぽんに書いてもらおうと

決めていたんです。

無理を聞いてくれたあいぽん!ありがとうね。

この愛ぽんの会・・・

今後は、いろんなイベント活動を展開して・・

愛ぽんの会主催の酒の会に来てくださった方に

この愛ぽんバッチをプレゼントして・・・

協賛してくれる飲食店さんにこのバッチを見せれば

何がしのサービスをうけられるようにとか・・

日本酒好きな男女が集まって「ポン酒でねるとん」とか(笑)

どのように展開していこうか嬉しく悩んでます!!

とりあえず法被も作りましたよ!

Dsc05952

無限の??(笑)可能性を秘めている愛ぽんの会!

とにもかくにも発足しました!!

皆さん、どうか応援よろしくお願いします。

そして、こんな会にしてみては?とか

いろんなアイデア募集です!

皆さんでこの会を育てくださいね!

協賛してくれる蔵元さん、飲食店さん募集してます!!

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (28) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)