旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外)

お江戸日記②・・こんばん和

四ツ谷の酒徒庵で妖艶AJさんとお別れして

酒恋さん、酒仙婆さん、ダンディーtotoさん、娘の4人が

向かった先は川崎。

全く方向がわからない酒恋さんはどのようにして川崎まで

行ったのか覚えてないけど、気が付いたら川崎の駅。

しかし、関東に来て震災の影響をもろに感じる。

大阪では感じなかった電気の大切さ・・。

まず、車内や駅、そして地下街が暗い、

と言うより、都市全体が暗い。

それに下りエレベーターはすべて止まっている。

道行く人には変化は感じないけど、

あきらかに街は暗く感じる・・・

そんなことを思いながら、川崎駅から5分ほど歩いた

Dsc06804

ビルの2階にある「ごちそう居酒屋 こんばん和」さんに

Dsc06805

お邪魔する。

店内は、かなり広く感じる。

カウンターとテーブル席で50人以上は入れそう。

Dsc06806

雰囲気は大阪にあるようなカジュアルな居酒屋さん。

でも、置いているポン酒はすごくマニアック!!

Dsc06807

愛ぽん族が大喜びするようなラインナップです。

それもそのはず、ここは東京の変態??酒屋、

地酒屋「こだま」のたけちゃんおすすめのお店なんです。

少し奥まったテーブル席に越を降ろさせてもらい

ここでもやっぱり最初は生ビール。

さすがに酒徒庵で辛い麻婆を食った後なので

生ビールが旨いです(笑)

お腹もけっこう膨れていたので肴はそこそこに・・

クリームーチーズ、トマト、そして馬のタンの燻製を。

ポン酒は、鍋島にごり・・

Dsc06809

そして会津 中将・・

Dsc06810

クリームチーズは鰹とネギをのせてお浸しにした

非常にしんぷるな味わい。

Dsc06808

これがなかなか旨い!!

クリームーチーズを素材に酒肴にしたのを思い出すと

たくあん燻りがっこを混ぜたもの、

酒盗を乗せたものなどどちらかと言うと

塩辛いものが多いイメージだったけど

ここのクリームチーズは少し違って

甘めの出汁に漬けたお浸し。

これが旨い!

酒恋さんはどちらかと言うとこちらの方が好みですね。

そして、馬のタンの燻製

Dsc06814

これは初めて食べました。

タンの燻製と言えば、関西は牛、豚。

さすがに東に行けば馬も食べれるんですね。

こちらも甘みがあって旨かったです。

そんな酒肴に舌包みを打っていると

怪しい帽子をかぶったフレンチのシェフのような

店長の星 昌和さんがご挨拶に。

Dsc06815

この怪しい店長さん・・・

実はソムリエであり、利酒師でもあるそうで

どうりでお酒のメニューが豊富なはず。

さすが、たけちゃん推薦のお店です。

今回は、あまり酒肴はオーダーできませんでしたが

次回は1次会から来て、ゆっくり味わいたいです。

その後、奈良萬・・

Dsc06816

そして辰泉を味わい・・

Dsc06817

関東遠征1日目は無事終了・・

横浜駅のホテルに戻ったのが23時過ぎ。

さすがにほとんど徹夜明けで来た酒恋さんはダウン・・

ホテルで爆睡・・といきたかったけど・・

続く・・。

Konnbannwa_2


 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

関東遠征各論Pat4・・「おれんち」

関東遠征最後の夜・・・・・・・・・・

向かったのは神奈川県元住吉駅近くにある「おれんち」さん。

まきこさんのブログを読んで一番行きたいと思ってたお店です。

新鮮な魚と地鶏、そして天麩羅、焼き物・・

いつもブログを読むたびに飲兵衛の酒恋さんには涎ものでした。

でも、一番引かれたのはアットホームな感じと

ナイスガイマスター!さんのお人柄。

そんな豊さんとお話してみたかったんです。

今回は関東で酒恋さんのブログを応援してくれている

kohyouさん、totoさん、酒仙婆姉さんもご一緒でした。

そして我が娘とその彼氏も・・・。

酒仙婆姉さんは3日間もぶっ続けで酒恋さんとデート・・・。

感謝!感謝!

さて、おれんち・・・

数日前に予約を入れさせてもらいなんとか6席確保・・

超人気店なんで予約しないと入れないお店なんですよ。

元住吉駅でkohyouさん、酒仙婆さんと待ち合わせして

ぶらぶら歩いて7~8分・・・。

天狗舞の大きな暖簾と「おれんち」の文字を発見。

Dsc05374

ありました!!「おれんち」です。

中に入ると、すでに先約さんが沢山。

さすがは人気店です。

「予約していました○○です!」と大阪なまりで言うと

カウンター越しからマスターの豊さんが笑顔で

迎えてくださいました。

奥の座敷に座らせてもらい店内を見渡すと

黒板に「最近のおれんち」の文字・・・

Dsc05380

豊さんの料理に対する拘りが感じられます。

中山律子のポスター!これ欲しいです(笑)

Dsc05412

メニューをみると、ポン酒の種類も多いけどビールも沢山!

Dsc05375

ベルギービールや日本の地ビールが豊富です

まずはビールで乾杯!とその中から

静岡県沼津のベアードビール ライジングサンをオーダー。

Dsc05381

初めて飲みましたがちょっと複雑な味わい・・・・

だけどコクと苦味が良いバランスで不思議な味。

けっこう旨いビールですね。

お通しは魚の南蛮漬け。

ビールを飲み干し、ここからポン酒タイム・・・

暖簾にあった天狗舞の山廃純米ひやおろしを。

Dsc05393

実はこの天狗舞の山廃純米こそ酒恋さんをポン酒の世界に

引き込んだ張本人なんです。

20年数年前・・・・・・・・・・・・

このポン酒を飲んでからこの世界に漬かっちゃったんです・・。

思い出の1本ですね

酒肴は、おれんち名物の白レバー焼き物

Dsc05384

Dsc05399

Dsc05400

そしてお任せ刺身の盛り合わせをオーダー。

白レバーは獣臭さがなく、ミルキーな味わいで

新鮮この上ない旨さ。

刺身盛は芸術作品です!!お見事!

Dsc05385

どこから箸をつけようか迷ってしまいます。

どれに一番初めに箸をつけるかで性格占いができそうですね。

この刺身盛には娘の彼氏が感動してました。

彼は、某有名料亭で修行中なんです。

勉強したいと写真をしっかり撮ってましたね。

刺身盛に感動しているところにtotoさんが遅れて登場・・

この日のためにわざわざ駆けつけてくれました。

再度、乾杯です。

kohyouさんとは一度お会いしてたんですが

totoさんとは初対面なんです。

ブログにはよくお邪魔するんですけどね。

でも、酒仙婆姉さん、kohyouさん、totoさん・・・

3人とも知り合いになれてほんと良かった人達です。

ブログの縁ってすごいですね。

totoさんが合流してからポン酒全快!

ポン酒談義を楽しみながら

日高見

Dsc05390

ヘトテン(やまとしずく)

Dsc05391

まんさくの花とすすみます・・

Dsc05401

標準語の中に、酒恋親子の大阪弁が飛び交い

このアンバランスが楽しい!

豊さんともお話をしたかったんですが

お店が忙しくなかなかそれどころではありませんでした・・

白子と青海苔の揚げ物 

Dsc05388

焼き牡蠣・・

Dsc05397

本日、豊さんおすすめのキスの天麩羅が登場・・・

Dsc05409

このキスの天麩羅、しっかり仕事をされた天麩羅です。

ほんま旨い!!それに食べやすい!

骨もちゃんと骨せんべいにしてくれていて至れり尽くせり。

Dsc05410

しっかり揚げられているので頭もパリパリ。

キスの骨せんべいなんてどこのお店でも見たことないです。

かなり手間のかかる作業だと思います。

酒恋さん達の会話の中で、

娘の彼氏が料理人修行中だと言うことを悟った豊さんが

わざと彼に自分の技術をみせてくれているようにも感じました。

料理人の娘の彼氏は技を盗もうとしっかりチェックしていましたね。

早くこんな素晴らしい料理ができるようになって

酒恋さんに旨いもんを食わしてほしいものです。

旨い天麩羅が来たらまたまたポン酒がすすみます・・

蓬莱泉

Dsc05403

京の純米

Dsc05407

そのたびに豊さんのお母さんがブログ用の写真撮影のために

瓶を運んできてくださり感謝です。

黒船

Dsc05395

ヒューガルデン 禁断の果実なんてビールもオーダー

Dsc05404

ビールは銘柄ごとに専用のグラスがあるみたいです。

ボトルとグラスの絵が同じなのがいいですね~。

3時間ほど楽しませてもらいそろそろお開き・・

名残惜しい・・

〆にぞうすい・・・

Dsc05411

でも、これ食べるとまた飲めそう・・。(笑)

しっかりいただき・・

お店を出たところへ、豊さんがご挨拶に。

そして娘の彼氏に料理人の心得みたいなのをアドバイス。

年下の彼に絶対に負けないから、お互いに頑張ろう!!と

エールを送ってくださりました。

豊さん、人としても料理人としても素晴らしい方です。

お店が暇だったらもっとお話できたんでけどね・・

どれもこれもボリュームがあって新鮮でめちゃ旨なおれんち!

名前の由来は・・

自分の家のように気軽に来て下さい!って意味なんでしょうか・・

素敵なネーミングですよね。

ほんとまきこさんのブログ通りアットホームで

旨くてすごく良いお店でした。

Img_0001

Img

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (18) | トラックバック (0)

関東遠征各論Pat3・・「酒従庵」

ちょっと間隔があきすぎちゃった・・・coldsweats01

関東遠征2日目にお邪魔したのは

日本酒と干物と牡蠣 「酒従庵」(しゅとあん)

Dsc05322

関東の姉御「酒仙婆」さんの一押しのお店です。

伺った日は日曜日・・・・

本来は定休日なのに、酒仙婆さんのお力で開けていただきました。

恐るべし!関東の姉御!

でも、日曜日は排気ダクトが使えないそうで

名物の干物系は無理・・・。

ちょっと残念だったけど、

でもお店を開けてもらっただけで感謝です。

お店の入り口には大きな杉玉!

Dsc05323

これだけでポン酒にこだわっているお店だとわかります。

中は、かなり広い!!

Dsc05366

カウンター、テーブル席をあわせると50人は楽に

入れるんじゃないかな??

ポン酒の会もよく開催されてるそうです。

壁際にはポン酒の空瓶が並べてあり、

Dsc05326

そしていろんな蔵元の舞いかけが吊ってあります。

Dsc05344

お店の中ほどに大きなリーチインがあって

Dsc05361

酒恋さんが飲んだことがない全国各地のポン酒が沢山!

飲みたいポン酒がごろごろあります!

大阪でもこれほど大きなリーチインがあるところは

見たことがありませんね。

酒屋さん並!ほんと素晴らしいお店です!

奥のテーブルに腰を下ろさせてもらい、

Dsc05360

メニューを眺めるとめちゃくちゃリーズナブル!!

Dsc05330

東京のお店は大阪より1.5倍くらい値段が高いな~って

思ってたけどここは大阪と変わらない値段でした。

まずは、一番飲みたかった結人をオーダーして

Dsc05331

肴は、トマト、イカとサトイモの焚物、だしまきを・・

お通しは玉子とたまねぎのスープ

Dsc05325

体に優しくお腹を少し温めてから、

酒肴やポン酒を頂いてほしい・・

そんな思いなのでしょうか・・でも、嬉しい心使いです。

酒仙婆姉さんは、相模灘を・・。

Dsc05338

この日は、ここまで稲毛屋さん、そしてたけちゃんの酒屋と周り

すでにけっこう飲んでいたのに、まだまだエンジン絶好調!

2人して・・七本槍・・・

Dsc05339

臥龍梅・・・

Dsc05342

空蔵と飲み干していきます。

Dsc05347

牡蠣フライをオーダー・・・

Dsc05343

身がプリプリで、さすがは干物牡蠣のお店!!

むちゃくちゃ旨いですよ~。

牡蠣に舌鼓を打っていると店長の竹口さんが

ご挨拶に来てくれました。

Dsc05363

かなりのイケメンです!!

そして、女性スタッフの方も・・・

Dsc05365

この女性が可愛いい!

思わず酒恋さんの目がハートマークに lovely

そして料理長さんも挨拶に出てきてくれました!

Dsc05353

劇画のヒットマンのような渋い~感じの方です。

酒従庵のスタッフはイケメンと美人スタッフです。

その料理長さんはいたずらが大好きだそうで、

お客さんにとてつもなく辛いものを出して、

ひーひー言わすのが趣味だとか(笑)

で、酒恋さんにおすすめのマーボー豆腐

Dsc05350

シメジの炒め物を持ってきてくれました。

Dsc05351

なんでもハバネロをたっぷり使った酒肴だそうで

酒恋さんをひーひー言わすつもりだったみたい。

しかし!!唐辛子類の辛さには無類の強さの酒恋さん!!

あっさり完食したのを見てショボン・・・・・

酒恋さんの勝ちですな!!

と・・・その時はしてやったりだったんですが

でも。。。。次の日の朝・・・

便所でヒーヒー!!言わされました・・。

黄門さんに竹槍をぶち込まれたような痛み・・・

ヘルプミー!!

う・・・1勝1敗・・引き分けですね。

しかし、辛さの中に旨みがたっぷりのマーボー豆腐、

それにシメジでした。

その後、さか松・・・

Dsc05349

鏡山・・・・

Dsc05354

そして宮の松・・・

Dsc05358

昇龍蓬莱・・

Dsc05357

なんかを飲みながら

店長の竹口さんと楽しくおしゃべり・・・

美人の常連さんとも仲良くなり、

Dsc05364

良い時間を過ごせました。

ほんとこの酒従庵も良い店でした。

次回は是非、自慢の干物を食べに来たいですね。

Meisi












    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

関東遠征各論Pat2・・「井のなか」

今回関東に行ったのは・・・・・・・・・・・・

東京で働いている娘の様子を見に行くと言うのが目的だけど、

ついでに大好きなブログ「まき子の純米酒を想う日々」

紹介されているお店で飲んでみたいと言うのも目的のひとつ。

と言うか、そちらがメインだったりするんだけどね(笑)

ブログの中に登場するお店で3日間で行けそうなお店を

酒仙婆姉さんにセレクトしてもらい最初に訪れたのが

錦糸町にある「井のなか」さん。

錦糸町の駅からとぼとぼ歩いて5分ほどのところにありました。

Dsc05240

モダンで落ち着いた雰囲気の玄関にはカエルさんが沢山!

Dsc05270

おそらく、店名の「井のなか」から蛙(かわず)を連想してるん

でしょう。

Dsc05272

表札の上にも小さな蛙が2匹・・。

でも、なぜかお店の軒先にはテルテルボーズが

沢山吊るしてあるんです。

蛙って雨が好きなはずなのに・・。

このギャップがなかなか面白いね~なんて話しながら

屋小屋を思わすウッディーな店内に・・

Dsc05246

さすがに人気店!

コの字型のカウンターはすでにお客さんで満席!!

テーブル席も少ししか空いていませんでした・・・

予約していてよかったです。

お客さんのほとんどが30代前後って感じで

大阪よりも東京の若者の方がポン酒好きが多いのかなぁ~って

印象です。

テーブル席に案内され、腰を下ろすとここにも蛙さん。

Dsc05243

「井の中の蛙(かわず)大海(たいかい)を知らず」

そんな蛙さんがお猪口にどっぷり漬かっているユーモラスな絵です。

そして周りを見渡すと尾瀬あきらさんが書いた??

お猪口に口付けをした美しい女性の絵が飾ってありました。

Dsc05260

尾瀬さんが描くポン酒を飲んでる女性の絵はほんと素敵ですね~。

こんな女性といつか一献しえみたいものです。

尾瀬さん・・来店されたのかな???

そんなことを思いながら、とりあえず生ビールを注文・・・。

友人から東京ではビールをオーダーするときは

大阪のように「生中ちょうだい!!」では通じないよ!って

言われたけど、あっさり通じました(笑)

Dsc05245

お通しが冷性のスープ・・・パンプキンかな??

ちょっと素材がわかりませんでしたが胃にす~っと溶け込んで

食前のストレッチ体操のような味わいで美味でしたよ。

生ビールを飲み干し・・

オーダーしていた

〆鯖

Dsc05249

野菜のピザ

Dsc05257

青森産シャモロック胸肉のたたきが登場したところで

Dsc05256

ポン酒タイム・・。

まずは、「どすこい誉」・・・

Dsc05250

ラベルに尾瀬あきらさんの漫画が描かれており、

面白そうな一本。

一瞬、どこのポン酒??って思ったけど

ルミ子の酒で有名な三重県の森喜酒造さんのポン酒でした。

シャモロックは肉厚で深みのある味わいで旨い。

塩か柚子胡椒で頂きます。

〆鯖も、大阪のよりも少し酢が利いてる感じがしますが

これもなかなか。

野菜ピザは神奈川県の長島農園さんの無農薬野菜を

使っているそうでシャキシャキした歯ごたえと甘みのある

味わいが素敵でした。

お昼に稲花酒造さんで散々冷たいお酒を頂いてきたので

そろそろ燗酒を・・・

竹鶴のにごりを燗で・・

Dsc05255

運ばれてきたお猪口には、日本酒会では仙人のようなお方である

「上原 浩」の文字が・・・。

Dsc05252

ありがたや、ありがたや・・(笑)

合掌してからいただきました。

ここらで遅れて稲花の秋葉君も合流したので3人で

今日のお礼や蔵の感想を語りながらちびちび・・

だしまき

Dsc05266

レバーペースト

Dsc05263

牛蒡の素揚げをオーダーし

Dsc05265

続いて、秋鹿を・・。

Dsc05264

(稲花のポン酒は置いてなかった・・)

レバーペーストは赤ワイン系には当然合うでしょうが

ポン酒にだってばっちし!

秋鹿のじんわり広がる旨味がレバーの後味と

うまく調和してこれが旨いんだな~。

酒恋さんが作るレバーペーストとは違い

あっさりした味わいで、さすがプロ!って感じでした。

ハーブ系が利いているのかな・・・。

最後に鯉川をオーダーしたころにはさすがに

Dsc05267

お客さんも少なくなってカウンターにも空ができてました。

Dsc05269

実は、このカウンターに座りたかったんですよね~。

ここの店長さんの工藤さんとゆっくりお話がしたかったんです。

井のなかさんでは、工藤さんとポン酒談義するのも

ポン酒好きの楽しみなんだとか・・。

お勘定を済ませ、お店を出たた時に、その工藤さんが

ご挨拶に来てくださり少しだけお話できました。

Dsc05273

最後に、蛙は置物だけじゃなく本物もいるよ~って

Dsc05276

お店で2年も飼ってると言う蛙君も見せてくれました。

Dsc05275

これには、酒仙婆さんも秋葉君もびっくりでした。

今回は、カウンターには座れませんでしたが次回は必ず

カウンターに座って、いろいろお話を伺いたいと思ってます。

井のなかさん、良い店でしたね~。

Ononak

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (18) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)