竹鶴酒造・・・・・(広島県)

鰰の三五八漬けで竹鶴酸味一体

気がつきゃ2月も終わりですね・・・

行って(1月)・逃げて(2月)・・去って(3月)・・・

新年からこんな感じで春を迎えるんですね。

みなさま、ご無沙汰しておりました。

今月やっと2回目の更新でございます。

全世界1億人の酒恋倭人ファンの方々・・

申し訳ありませんでしたsad

2月は家で夕飯を食べたのがたった2回。

ほとんど家にいませんでした。

おかげで世間では春近しなのに我が家はたぶん永久に

真冬です(笑)

3月はまじめにおうちで生活して、

少しでも永久凍土を解凍したいのですが

今年は特に職場での退職者が多くて送別会ラッシュ・・

おそらく2月同様、おうちでは寝るだけの生活に

なりそうです。

ますます凍土の厚みが増しそうです(笑)

そんな忙しい中に届いた秋田からのおいしい食材。

鰰の三五八(さごはち)漬けです。

Dsc09068

魯山人いつもありがとう!!

値札が付いていたのはご愛嬌ですね(笑)

でもブリ子がたっぷり入った25センチほどある大きな鰰が

3匹も入って398円とは安い!

やっぱり秋田はいいとこです。

これは絶対に早く味あわなきゃ!!と

なんとか今月2回目のおうちでの夕飯を。

三五八漬とは・・・、

いわば今話題の塩麹の元祖のようなもの。

もともとは南東北に伝わる糀(こうじ)漬です。

塩、米糀(こうじ)、蒸したお米、をそれぞれ

三、五、八の割合で混ぜ合わせたものを

野菜、魚、お肉に必要な分だけまぶしておくだけで

美味しい”こうじ漬け”が楽しめると言うすぐれもの。

割合が3:5:8だからさごはち漬けと

名づけられたそうです。

秋田を含む南東北地方では三五八漬けの素と言う

すでに調合されたペースト状のものが

どこのスーパーでも販売されていて、

各家庭ではいろんな食材で三五八漬けを作り

保存食として食べているらしいです。

残念ながら大阪ではそんなすぐれた調味料は

みたことがありませんね・・・。

もしかしたら販売してるところはあるのかもしれませんが

大阪ではポピュラーなものではありませんね。

その話を魯山人にすると

「カルチャーショック!!」と言ってました。

天下の台所の大阪にもない・・・

ほんと食文化の違いって面白いですね。

そんな三五八漬けをグリルで焼いていると、

ほんのり甘い香りが漂います。

ただの塩焼きとは少し焼いた時の香りが違いますね。

そんな鰰の三五八漬けと合わす今宵のポン酒・・

広島県竹鶴酒造 雄町純米 竹鶴 酸味一体

Dsc09025

搾りたては酸が高すぎる竹鶴雄町純米を

数年寝かせて瓶詰めした1本。

まずは常温で・・・・

これがびっくりするほどhappy02

酸味一体どころか一体してない・・酸だらけです・・。

さて何度にしたらこれが旨くなるのか??!

70度近くまで上げたり、50度付近で飲んでみたり

燗覚ましにしてみたり・・・

いろいろ試して結局4合ほど飲んでしまいました。bearing

でも、燗にしたら味が整いますね!!

あのすっぱいだけのポン酒から旨みがあふれだしてきます。

これだからポン酒を飲むのが楽しいんですね。

結局、40度手前ぐらいが一番旨かったですね。

その竹鶴 酸味一体をお猪口ですすりながら

皿から尾っぽが飛び出た鰰の三五八漬を・・

Dsc09071

(魚の写真としたら頭の向きが反対ですね(汗))

少し脂っけのある鰰がすごくマイルドで甘く感じます。

これは旨いですね。

とくにブリ子がたまりませんね。

Dsc09075

プチプチした食感にじわ~っと広がる麹が作った甘み・・。

普通の塩焼きで食べる鰰のブリ子とは味わいが違いますね。

こちらの方が断然旨いです。

保存食と言え、三五八漬け恐るべしです。

Dsc09073

今宵の酒肴とポン酒の相性は・・・
★★★★・・・・40点 

酸味一体・・・

こいつは手ごわいポン酒です・・

まだまだポン酒素人の酒恋さんには奥が深すぎる

一本でした。

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

どて焼きは大阪が誇る飲兵衛の宝!

暴れん坊の獅子丸君がお姉に変身です・・。

飼い主にまで噛み付くやんちゃぶりに困りはて、

Dsc08676

ついに虚勢手術となりました。

でも、同じ男としては複雑な思いです。

獅子丸君は人間で言うとまだ中学生ぐらい。

中学生と言うと一番Hに目覚めるころ。

そんな年齢でたまたまちゃんがなくなってしまうのです。

マラ色の中学時代が怪しい黒バラ色に変わっちゃうんですよ。

可愛そうで・・・

でも、仕方がないですね。

手術後、痛いのか時より「うぉ~ん」と鳴くんですが

その声もどことなしにおねえ言葉に聞こえます。

はかないですね・・・。

Dsc08798

さて、今宵の酒肴・・

我が家の大好物「大阪名物どて焼き」です。

どて焼きって関東の方にはなじみが薄いと思いますが

牛すじ肉の味噌煮込みです。

関東ではすじ肉じゃなくてモツを味噌で煮込みますよね。

材料はすじ肉とこんにゃく、白味噌、砂糖、生姜、にんにく、

酒、みりん、ソーメンつゆです。

昔はすじ肉なんてめっちゃ安かったんですが

最近はむちゃくちゃ高いんですよ。

特に冬場はおでんに入れるので需要が多く高いんです。

グラム198円とかしますからね。

安物の豚肉より高いです。

今回はグラム150円でした。

Dsc08764

すじ肉800グラム使用です。

まずはすじ肉を一口サイズに切って

それを一度さっと湯がいてざるにとり水で洗います。

こんにゃくをサイコロ大に切って下ゆでしておきます。

すじ肉を圧力鍋で40分ほど煮込み、

そこにこんにゃくを入れて、

Dsc08766

軽くソーメンつゆで下味をつけ白味噌を入れる。

Dsc08769

今回は白味噌300グラム。

お酒と砂糖も適量入れる(量は好み)

隠し味におろし生姜とおろしにんにくを2かけぐらい

入れて少し煮込んで・・・

最後にみりんをいれてとろっとなれば完成!!

Dsc08771

合わすポン酒は・・・・・・・・・・

広島県 竹鶴酒造 純米竹鶴にごり

Dsc08608

それをお燗で。

味噌料理と竹鶴にごりは特に合いますからね。

ほんと旨いポン酒です。

ちょっと熱めにつけた竹鶴の燗は冬の酒恋さんの定番なんです。

どて焼き・・・

Dsc08792

とろとろに柔らかくなったすじ肉に

生姜とにんにく風味が漂う甘い白味噌が絡みこれが絶品。

なんで白味噌と生姜ってこんなに相性がいいんでしょうね!?

ちょいと刻みねぎを乗っけて一味を利かせるとなお旨し!

竹鶴がすすみます。

やっぱりモツ煮込みより大阪人はどて焼きですよ。

通天閣のある新世界では、これを串に刺したのが名物です。

それを豪快に串から噛み抜き酒をかっくらう・・

新世界でよく目にする光景です。

Dsc08794

今宵の酒肴とポン酒の相性は・・・
★★★★★・・・50点 優!!

どて焼きは大阪が誇る飲兵衛の宝です!

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

畑の恵みで竹鶴のにごり

忙しすぎてこのところほとんどほったらかしの我が恵みの地

やっと手をいれることができました。

その日は畑三昧の一日。

まずは収穫・・・

今年初めて1株だけ植えてた生姜

Dsc08562

手のひらより少し大きいサイズが2つ収穫できました。

ジンジャーシロップにしたかったんですが

嫁の母に奪われていきました・・・(涙)

酢漬けになる予定です。

あまりに出来がよかったので来年は10株は植える予定です。

来年こそは自家製ジンジャーシロップで

シャンディーガフを飲むのだ!

続いてヤーコンの収穫。

Dsc08594

ヤーコンって南米アンデス産のサツマイモに似た野菜です。

生でも食べられて高血圧や糖尿病、便秘にいいそうです。

嫁は食べた日の翌日は必ず下痢になる!!

利きすぎる!と言ってました(笑)

植えるものがないから適当に買って植えたら豊作!

2株でこんなにいっぱい取れましたよ。

Dsc08596

他の農作物の虫除けに植えてるバジルミント

わさわさ状態・・・・

Dsc08588

Dsc08589

今年は暖かいのでバジルが未だに元気もりもり!

畑一面にバジルの強烈な香りが漂ってます。

でも、ハーブ系はこんなに沢山いらないので放置です。

そのうち枯れて来年また出てきます。

バジルさん、ミントさん!来年もよろしくです。

フレンチの料理人の方ならほしい方がいるかも?!

取りに来るならさしあげますよ(笑)

最後に一番楽しみな落花生の収穫・・・

採れたてを殻ごと湯がいて食べると無茶苦茶旨い!!

最高の酒肴です。

時間がたつと水分が失われて硬くなるので

なかなか大阪では味わえないしろもの。

ちょっと収穫が早かったかもしれませんが

一株で両手いっぱいぐらい採れました!

Dsc08590

この落花生って面白い豆です。

普通、お豆さんは枝に実るのに

この落花生は土の中にできるんです。

花が咲いて受粉したら、そこから土に向かって

枝のようなものが伸びて土に刺さり、

そこで豆が育つんですよ。

「花が落ちたところにさやが生まれる」から落花生と

言うそうです。

落花生を収穫した後は春の実り「たまねぎ」の苗を

200本植え付け。

この作業は腰が痛い・・。

でも、久しぶりの野良仕事・・・楽しいものです。

さて今宵の酒肴は・・・

収穫したばかりのヤーコンのキンピラと塩茹で落花生

素朴な酒肴ですが贅沢ですよね。

ヤーコンは短冊に切って水に漬けてあく抜き。

Dsc08600

10分ほどしたら少しだけ生食用に取り

ポン酢漬けに。

Dsc08605

残りは砂糖、酒、醤油、一味でキンピラに。

Dsc08602

落花生はしっかり土を洗い落として殻のまま

50分ほど湯がけばOK!

Dsc08599

今宵の酒肴は手間要らずでした。

あわすポン酒はまたまた

広島県 竹鶴酒造 純米竹鶴にごり

Dsc08608

当然、お燗でいただきます。

忙しすぎて酒を買いに行く時間がなくて

来年まで寝かす予定だった竹鶴を出してきては開封・・・。

おかげでこれが最後の1本です。

そろそろポン酒を買いに行かなきゃ・・

さて、ヤーコン・・・。

シャキシャキした歯ごたえが芋らしくないですね。

特に生を味わうと梨のような歯ごたえです。

身体に良い野菜だということで薬草のような味かと

思いきや癖も無く食べやすいです。

落花生・・・

う~ん!!満足!!

柔らかく、甘くて旨い!!!最高です。

殻を剥くのがいささか邪魔臭いですけど

いくらでも食べれます。

最高のつまみですね。

当然、竹鶴との相性も申し分なし!

殻を剥いては豆を口に運び、

そのたびにお猪口です~っと喉を潤す。

この作業を2時間・・・・

全部食べきりました。

飲んだ竹鶴は4合・・・ちょっと飲みすぎですね。

Dsc08607

今宵の酒肴とポン酒の相性は・・
★★★★・・・40点 優

質素な素材で素朴な味わい。
それでいてなんとなく贅沢!

長生きできそうな組み合わせです。
あ・・これだけ飲んだら長生きは無理か(笑)

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (17) | トラックバック (0)

ほっとした旨さ!竹鶴にごりの燗でみずのむかご

9月末から行事が多くて・・・

やっと平常を取り戻しつつあります。

そんな中、先日は送別会でUSJに行ってきました。

USJで遊んでから夕方皆で飲む!!

こんな企画です。

我が社はUSJまですぐのところにあるので

年間パスを持っている人が結構いるんです。

酒恋さんもそのうちの一人なんですが

実はまだ今年の2月にパスを買って今回で2回目なんです。

後、2回は行かなくちゃ元がとれません・・・・

だから今回の企画は願ったり叶ったりです。

でも近くなのになかなか行く機会がないのです・・

近くて遠いのがUSJですcoldsweats01

USJはちょうどハロウインのイベント期間中なんで

今の時期は平日でもけっこう沢山人が来ています。

Dsc08214

会場はかぼちゃだらけです。

みんな仮装して顔にペイントなんかして楽しそうです。

親子で仮装しながらアトラクションを楽しんでるのを見ると

もう一人がんばって嫁に産んでもらおうか!(笑)

なんて思ったりします・・。

そんなことしなくて孫と仮装!!

なんて方が早いかもしれませんが(笑)

10時の開園から17時ぐらいまで

ファンタージーライドや、スパイダーマン・・

バック・トゥー・ザ・ヒューチャーなんかを年甲斐も無く

わーわー言いながら楽しみました。

中でも、ハリウッド・ドリームザ・ライドは

今まで乗ったジェットコースター系のアトラクションで

一番スリルがありましたね。

落ちる瞬間、内臓が口から出てきそうになる感覚・・

これがたまんないです(笑)

同い年の同僚は3回も連続で乗ってました・・・

つわものです。

酒恋さんは1回で十分です。

USJの中で一番すきなのがウオーターワールド。

南極、北極の氷がすべて溶けて地球が水没・・・

ケビン・コスナーがマリナー役をやったあの映画の

実写版です。

Dsc08164

Dsc08167

ユーモアあり、アクションあり、ほんと何回見ても

飽きませんね。

たっぷり20分間楽しませてもらいました。

Dsc08168

Dsc08171

ディズニーランドよりも少しショボイけど

パレードもなかなかハイテンションで楽しかったです。

Dsc08185

Dsc08197

マリリン・モンローもいたし。

Dsc08175

時間の都合でナイトパレードは見れませんでしたが

USJ、2月までに後3回はがんばっていくぞ!!

さて、話は180度回転して今宵の酒肴・・・

秋田の魯山人から届いた「みず」のむかご。

Dsc08240

この時期、これが楽しみなんです。

顕微鏡で見た神経細胞のようなこのむかご。

Dsc08241

ウワバミ草と言う東北地方で好まれる山菜の実です。

みずのむかごをさっと塩茹でにして

Dsc08245

そうめん汁に少し牡蠣醤油を足したものに

重しをして一晩漬けたものです。

茹でると鮮やかな緑色に変色するのが楽しいです。

味はしゃきしゃきしてるけど実は納豆のような粘りがあり、

なかなか珍味です。

Dsc08322

いくらでも食べれますよ。

合わすポン酒は・・・

広島県竹鶴酒造 純米 竹鶴のにごり。

Dsc06914

これをお燗で。

竹鶴のにごりのお燗はほっとする旨さなんですよね。

このような素朴な味わいの山菜なら何の抵抗も無く

受け入れてくれます。

ご飯でおかずをいただいているような感覚なんです。

焼き魚や煮魚、煮物・・おふくろの味で

ほっとした燗を飲みたいときにこの竹鶴のにごりの燗は

最高ですね。

Dsc08326

今宵の酒肴とポン酒の相性は・・・
★★★★・・・40点 優

竹鶴にごりのお燗は食中酒の優等生です。

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (22) | トラックバック (0)

尾頭付きで竹鶴にごり

この梅雨は雨が降ったら大雨で

ふらんかったら30度以上の猛暑日・・。

梅雨で湿度が高いから晴れてもサウナにいるみたいやわ。

抵抗力のないじっちゃん、ばっちゃんなら倒れまっせ。

6月ですでに熱中症続発!

ほんま今年はなんちゅう年や。

こんな時は生もんはさすがに怖い・・・

みなはん、食中毒には気をつけておくれやっしゃ!

で、ついに小遣いがつきてしまった倭朕・・・。

虎の子の2枚の英世を近くのディスカウント酒屋で

惜しげもなくぱ~っと使ったった!

と言うのも、今年は震災の影響で花見ラベルのポン酒や

季節物のポン酒がさっぱりやったから

期限切れ商品として1本500円で売られててん。

4合瓶やけど約3分の1の値段やで~。

ポン酒に賞味期限なんてあれへん・・。

倭朕のような変態には古なるほど味わいが感じられるから

大喜びや!

良い越しの銭はもたない倭朕やさかい

思わず4本こうてもたわ。

Dsc07525

でも、これで金子ものうなってもうた・・。

しゃ~ないから嫁に諭吉1枚前借さしてもろた。

嫁に前借するとサラ金の利息よりたこつくけど、

ま、しゃーないわ。

で、諭吉が1枚あればあと数日はなんとか楽勝。

金が入ると思わず気も大きくなるもんや。

今宵の酒肴は、尾頭付きやで!!

最近はアラ炊きとか兜揚げとか魚の体の残りもん

ばっかりやったけど

金が入ったらぱ~っと使うのが男っちゅうもんや。

ガヤメバル・・・2匹で480円!(安う!)

Dsc07239

ワンコインで立派な尾頭付きやで。

こいつの煮付けで今宵は一献や。

当然牛蒡と刻み生姜は入れるでぇ。

甘辛いだしが染みてごっつう旨いねん。

そのだしはいつもの5:1:1:1(水:醤油:酒:味醂)

後は砂糖を水100CCに対して大匙1杯程度かな。

これで砂糖だけは自分の好みで調整やわ。

ほんで、せっかくの尾頭付きやよってやっぱり綺麗に

煮付けしたいもんや。

そんな時に便利なんがフライパン。

これで炊くとええねん。

まずは臭みを取るためにまな板の上に乗せたメバルに

熱湯をかけておく。

Dsc07240

フライパンにだしを入れて・・

だしが沸いたらまずは牛蒡と生姜を入れて炊いて

Dsc07238

後はガヤメバルを入れてアルミホイルをかぶせて

15分ほど炊けばOK。

Dsc07243

後は皿に盛り付けるだけや。

Dsc07244

フライパンやと底が浅いから炊いた魚を取り出すのが

便利やねん。

合わすポン酒は・・・

広島県竹鶴酒造 竹鶴 純米にごり

Dsc06914

言わずと知れた燗にして旨いにごりのパイオニアや。

当然今宵も燗。

夏でも燗は旨いもんよ。

この竹鶴のにごりっちゅうのは米の味がふと~おて旨い。

なんちゅうかな・・飲む米っ言う感じやね。

特に煮物や醤油系の酒肴には最高や。

ついつい飲みすぎて、家で酩酊ちゅうこともようある。

今宵もそうやった。

Dsc07246

気ついたら一升瓶抱えてゴロ寝しとったわ。

諭吉1枚入ったから安心したんかもしれんなぁ。

今宵の酒肴とぽん酒の相性は
★★★★・・・40点 優
煮魚と竹鶴にごりなら間違いないで~。

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

竹鶴 秘伝でテビチもどき!

昨日は七草粥の日でしたね。

正月の暴飲、暴食で弱った胃をいたわり、

無病息災を祈願して・・・・

芹(せり)・薺(なずな)・御形(ごぎょう)繁縷(はこべら)    
仏の座(ほとけのざ)・菘(すずな)・蘿蔔(すずしろ)

こんな七種類の野菜が入ったおかゆを食べるわけですが、

酒恋さんは、そんなパンチのないお粥よりも、

七草粥の時期になるとなぜか中華が恋しくなるんですよ。

酢豚、焼き飯、ラーメン、餃子・・

特に酢豚が食べたくなり、この時期、近くの眠眠

必ず食べに行きます。

それとニンニクたっぷりの餃子も!

きっとそれは正月で弱った胃を労わりなさいなどと言う

甘っちょろいことを言わないで・・・・・・・・・

正月の食べすぎ、飲みすぎで弱ってきた胃にパンチを効かせた

料理を食べて渇を入れてあげなさい!と

体が要求してるんだと思っているんです。

さて、昨年買った圧力鍋・・・

Dsc02773

昨日、試運転いたしました!

栄えある圧力鍋料理1号のご紹介です。

その食材はこれ↓↓

Dsc02800

豚の足!!とんそくちゃんです!

まだ、漁が始まったばかりなのでスーパーでも鶴橋市場でも

ろくなものが売ってません・・

それに値段が高い・・・

仕方がないのでコリアンタウンに行ってみると

蒸したての豚足が旨そうに並んでいたんです。

養豚場が今日から仕事始めで、

本日が2010年の豚足初売りだそうです。

思わず、3本購入(450円 安い!!)

塩をつけてそのままかぶりつくのもいいですが

本日は、こいつでコラーゲンたっぷりの

沖縄料理のテビチもどきにチャレンジです。

材料は豚足3本と酒恋さんの畑で獲れた大根

Dsc02801

それに冷蔵庫から発掘した男前の揚げ

Dsc02809

にんにく、生姜です。

ほんまものの 沖縄のテビチなんて食べたことがないので

味付けはいつもの醤油ベースの和風味!

少し砂糖を多めに甘く仕上げてみました。

まずは豚足をぶつ切り・・・・

Dsc02807

新品の圧力鍋に水を張り、生姜とニンニクをスライスして

豚足と一緒に処女の鍋に放り込みます。

Dsc02808

蓋をきっちり閉めて、ガスを点火!

Dsc02804

しばらくすると「シュシュシュ!」っと調整期から

蒸気が強烈に漏れる音・・・・

これにはチョコちゃんがめちゃくちゃ驚いて

尻尾丸めてハウスに逃げ込んでしまいました。

酒恋さんもびっくりです。

火を最小の弱火にするとようやく止まりました。

そのまま30分超弱火で煮込み、

30分後火を止めて圧力が抜けるまで放置です・・

こんなん短時間でしかも超弱火・・・

柔らかくなるのかな・・・??!

と疑問に思いながら30分ほどして蓋を開けると

あら不思議!!むちゃくちゃとろとろです!

圧力鍋恐るべし!!ガス代が超節約!!

煮汁と生姜とニンニクのスライスを捨てて

再び水を張り、醤油、、酒たっぷり、砂糖、みりんで味付けして、

Dsc02825

大根と油抜きした揚げさんを放り込み加圧して15分・・・

そして圧力が抜けるまで30分ほど待ってできたのがこれです!

Dsc02828

大根の葉っぱを塩茹でしたものを乗せてアクセント・・

豚足がほんととろとろ!

それに大根が短時間なのにこんなに出汁がしみて柔らかい・・

上出来!!です。

今宵のポン酒は、 広島県 竹鶴酒造 純米酒秘伝

Dsc02023

酒造界の大魔神石井杜氏が醸し、

じゅっくり熟成された黄金色の一本。

酸味も香りもほとんど感じないけど、

米の旨みとコクがしっかりして通好み!

古風な感じの味わいです。

豚足の煮込みのような料理にはコクがあって

しっかりした米の味わいがある秘伝が合うんですよ。

Dsc02849

少し高めの温度で飲む方が酒恋さんは好きですね。

さっそくトロトロになった豚足の皮をチュルっと言う感じに

吸い込んで、竹鶴 秘伝を一口・・

生姜の風味がす~っと鼻に抜けた後、

竹鶴のコクと米の旨みが広がり

コラーゲンと絡んで非常に美味。

そして、そのトロトロの皮の下で骨のすぐそばについている

アキレス腱がこれまた旨い!!

普通に煮込めば、何時間もかかってようやく柔らかくなる

アキレス腱が、トロトロ!

これまたど絶!竹鶴がすすみます!

それに大根もうす揚げも味がしっかり染みて

ポン酒の肴にはもってこいです。

圧力鍋を使うと、こんな短時間でこんなに簡単に

煮込み料理ができるんですね!

今度はフードプロセッサのようにお蔵入りにはならないと思います。

しばらくは圧力鍋にはまりそうです。

今宵はおかげで良い肴ができました。

竹鶴とテビチもどき

相性は★★★★!40点!
少し砂糖を入れすぎたのが減点です・・

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (22) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)