亀泉酒造・・・・・・(高知県)

今宵は小柱の掻き揚げで鬼平気分!

酒と肴のブログを書いている人なら池波正太郎のファンって

けっこう多いんじゃないかな??

酒恋さんもその内の一人!池波氏の作品は大好きです。

特に、火付け盗賊改め長谷川平蔵が密偵たちを使い

盗賊を捕まえていく「鬼平犯科帳」は、

携帯端末に入れて何度も読み返しながら通勤しています。

池波正太郎と言えば大の食通。

氏の作品には頻繁に旨そうな酒肴がでてきますよね。

鬼平犯科帳も同じ・・・・

白魚と豆腐の小鍋仕立、五鉄の軍鶏鍋、小柱の掻き揚げ

鮎なます、里芋と葱のふくめ煮、鰈の煮つけ
などの

江戸の美食に平蔵が舌鼓をうつシーンがたびたび登場します。

飲んべ~の酒恋さんは読んでいて思わず

「あ~っ・・食いて~・・一杯やりてぇ~なぁ・・・」と、

いつもため息です。

そんな酒肴の中でも「五鉄の軍鶏鍋」「小柱の掻き揚げ」

是非味わいたい一品・・・。

特に五鉄の軍鶏鍋は、もしもこの世にタイムマシーンがあれば

絶対に行って平蔵と一献傾けながら味わってみたい・・

そんな思いがつのります。

架空のお店なのであくまでも夢ですけどね。

でも、モデルといわれているお店(軍鶏鍋屋「五代目かど屋」)

東京の両国にあるみたいなので、

いつか訪れて是非味わってみたいな~と思ってます。

もう1品の「小柱の掻き揚げ」

小柱バカガイ(青柳)の貝柱なので、

Dsc02383

これは家で容易に再現できるだろうとスーパーや鮮魚店を

探し回るのですがこれが見つからないんですよ・・。

バカガイは 東京湾の名物だったこともあり

関東では大変ポピュラーな食材なのですが

どうも 大阪では馴染みの薄い食材みたいです・・。

でも先日、やっと見つけることができました!

Dsc02378

ワンパック380円!!

それもいつもの鶴橋商店街で・・・・・。

店屋の親父に聞くと、あまり需要がないので

めったに仕入れることがない品らしいです。

東京 大阪の食文化の違いですね・・・。

とにかく探し物が見つかり嬉しかったです。

自宅に戻り、小柱の掻き揚げ作り開始です!

できるだけ平蔵が食べた小柱の掻き揚げを再現したかったので、

まずは江戸のころの小柱の掻き揚げを調べてみました。

すると平蔵源氏橋のたもとにあった「さなだや」

食べたであろう小柱の掻き揚げ小柱三つ葉

寄せ揚げにしたものではないか?と想像されます・・。

だから近くのスーパーに三つ葉を購入しに走りました・・

Dsc02379

ますは、ボールにを入れ、同量の冷水を混ぜます。

そこに小麦粉を入れて溶き、少しゆるめの衣を作ります。

Dsc02382

たぶん当時は衣に下味なんてつけてなかったと思うので

これでOK!

別の器に掻き揚げ1個分の小柱と三つ葉を準備して

Dsc02385

小麦粉を絡ませます。

Dsc02388_2

そこに先ほど作った衣を入れて、お玉にすくって

油の中に入れて揚げるだけです。

油は江戸前の天麩羅風になるようにサラダ油ごま油

6:4の割合で混ぜたものを使用しました。

すぐに火が通る食材なのでほんの1分程度揚げるだけで完成です!

Dsc02389

お!!これが憧れの鬼の平蔵が食した小柱の掻き揚・・・。

Dsc02392

ごま油の風味が最高で、食欲をそそります!

早く食いて~ぇ!!

あわすポン酒は、

Dsc02025

高知県 亀泉酒造 純米原酒 土佐亀泉

先日も紹介して、その後、常温で放置していた一本です。

今宵は、ぬる燗で・・。

Dsc02398

大根おろしを添えた天つゆに、出来立ての小柱の掻き揚げ

ちょこんと付けてかぶりつきます。

ぷりっとした小柱の食感と三つ葉の良い香りが

とても相性が良いですね~。

それにふぁ~っと漂うごま油の香りがたまりません。

これは酒欲がすすみます。

以前より少しまろやかになった亀泉が良い感じに

小柱の掻き揚げに絡んでいきます。

原酒らしくしっかりした味わいなので、ごま油と相性が抜群。

そして最後はすっきりと胃袋に納めてくれます。

こいつは旨いですね~ぇ。

目をつぶると脳裏に・・・・・・・・・・・・・

鬼の平蔵がこのときばかりは鬼を忘れ舌鼓をうってる姿が

浮かびます。

この小柱の掻き揚げポン酒が命がけで江戸を守る

火付け盗賊改めの頭としての活力になっていたんでしょうね。

念願の小柱の掻き揚げで一献できて

今宵はちょっと鬼平気分の酒恋さんでした。

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

亀泉純米原酒でいかなごの甘露煮

大阪湾は堤防からの太刀魚釣りが最盛期を迎えています。

釣り味も、食味も抜群の太刀魚・・・。

夕日が沈むぐらいの時刻から釣りはじめるのですが、

太平洋に沈んで行く夕日と海に浮かぶ電気浮きの

コラボレーションはなかなか素敵です。

釣れなくても、このロケーションを楽しむだけで嬉しくなります。

だから魚釣りが大好きな酒恋さんは例年今の時期は週に2~3回、

太刀魚を狙って大阪湾のさまざまなポイントに出かけていきます。

でも、今年は、まったく時間がなくて行く暇がなし・・・。

あの浮きが消える瞬間が・・あの、豪快な引き味が

あ~、釣りたての太刀魚の刺身が・・塩焼きが・・バター焼きが・・

頭の中を駆け巡ります・・。

今宵は太刀魚でも買って帰って塩焼きで一杯やるか・・

そんな思いでスーパーをうろうろしていると・・・

目に付いたのは太刀魚じゃなくて「いかなご」

なんのこっちゃ??って思われるかもしれませんが

実は、いかなごは太刀魚釣りの餌なんですよ。

このいかなごを針に付けて海に放り込んでおくと

腹ペコの太刀魚君が食らい着く!って寸法です。

このいかなご、餌屋で購入すると、これがけっこう高い・・

しかも冷凍です。

でも、スーパーなら新鮮ないかなごが半額以下で買えるんですよ。

鹿児島では、いかなごの刺身を酢味噌で食べるのが有名ですよね。

人間が食っても旨いいかなごだから当然、魚にとってもご馳走です。

そんないかなごですから太刀魚が釣れなくても余れば

家に持ち帰り、良い酒の肴になるんですよ~。

ほんとは釣れた太刀魚と一緒に味わえればいいんですけどね。

スーパーには太刀魚も並んでましたが800円と

ワンコインオーバーなんで・・・・・

本日の魚は、太刀魚の餌の高知県産いかなごに決定。

Dsc02032

でも、餌と書くとなんとなく食欲も落ちますけどね(笑)

そんないかなごは、いつもなら塩をふりかけ

オーブントースターで2~3分焼くだけなんですが、

今回は、保存もきき、ご飯、おべんとうのおかずにも

利用できるので嫁のオーダーにより甘露煮です。

以前紹介した鮎の甘露煮よりもめちゃくちゃ安くて調理も楽・・・・

それに時間も短縮できてすごく食べやすいです。

いかなごにさっと熱湯をかけて臭みをとり、

Dsc02034

それを梅干1個、針しょうが少々と一緒にお鍋に放り込み、

醤油、みりん、砂糖、酒で弱火で2時間ほど落し蓋をして

煮るだけです。

今回の調味料の割合は、いかなご300グラム

醤油50CC、みりん・酒それぞれ70CC 砂糖100gでした。

途中で水分がなくなってくれば、酒か水を入れればOKです。

2時間後・・・・こんな感じの飴色になります。

Dsc02035

ご飯が進みそうな甘辛~い香りです。

今宵のポン酒はいかなごが高知産なので、

同じく、高知県 亀泉酒造の 亀泉 純米原酒(火入れ)です。

Dsc02026

純米酒部門の人気投票1位に輝いた事もある蔵元さんです。

土佐と言うと「どぐれもん」「はちきん」「いごっそう」と言う

言葉が想像されますよね。

土地の人は皆、豪快な飲みっぷりで骨太な感じがします。

そんな土佐のポン酒だから太っとい、ごっつ~い味かと思いきや

これが穏やかなフルーツの香りが漂う、端麗な味わいなんです。

辛口と書いてあるほど辛口じゃなくてなんとなく甘くも感じます。

でも純米酒らしく、しっかりしたお米の味わいが口の中を

確実に広がっていきます。

新酒を火入れして秋まで寝かせただけあって、

落ち着いた味わいですね。

ただし、原酒なので18度以上はあり、

飲みすぎると後からがつ~んときますけどね・・

そんな亀泉をちびりちびり飲みながら、いかなごの甘露煮を・・。

Dsc02054

ワンパック128円の安~い魚が甘露煮すると

なかなか高級な味わいになります。

普通に2時間も煮魚にすると身崩れがおきてぼろぼろになるのに

甘露煮するとみりんが全身をガラスのようにコートするのか

身崩れがしないのが不思議です。

それでいて骨を意識しなくても頭から尻尾まで全部食べられるのも

嬉しいです。

お菓子の甘いのは苦手ですが・・・・・・・・・

いかなごの身に染みこんだ生姜が効いた甘味は好きですね。

亀泉 純米原酒のぬる燗がしっかりマッチします。

Dsc02057

端麗な味わいが、いかなごの甘味を調和してくれる感じです。

旨いです!

ついでに先日大量に作ったにんにく鶏そぼろ味噌も・・。

味噌や醤油で作った肴には純米酒のぬる燗が合いますね~。

そしてゆっくり飲むのがいいですね~。

ゆっくり飲んでる間に弁当のおかずに取り置きしていた分以外は

嫁と娘が平らげてしまいましたけどね・・。

今年は、太刀魚釣りには行けないけど

いかなごは何度か買いに行くことになりそうです。

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (20) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)