美人女将のいるお店

旨い肴と美人女将!「魚菜 ことわ」

「女将さん」・・・

男心をくすぐる呼び方ですね。

特に美人女将と形容詞が付けばなおさら心躍ります。

そんな美人女将が集結した飲み屋街が

商人の街大阪船場にあるんです。

それは船場センタービル10号館 地下1階にある

「船場女将小路」

Dsc08038

家庭料理や郷土料理、お寿司、スタンド等・・・

Dsc08040

約20軒ほどのお店が並び美人女将が

「お帰りなさい!!」と仕事帰りのサラリーマンを

お出迎えしてくれます。

中でも飛び切り美味しい料理とポン酒が味わえて

これまた飛び切り美人な女将がいるのが「魚菜 ことわ」

仕事で疲れた心と身体を美味しい料理とポン酒で

癒してくれます。

女将はさっちゃんこと澤井 佐智恵さん。

Dsc08069

色白でほんと美人です。

酒恋さん的には八代亜紀に似てると思うんですけどね。

さっちゃんが作る料理はおふくろの味なんですが

今風に少しアレンジされていてとっても美味しい。

平成のおふくろ料理!!って感じです。

そして利酒師でもあるので

ポン酒との相性が抜群!!

そんなさっちゃんのいる「魚菜 ことわ」

先日お邪魔してきました。

店内は白と黒を基調としたシックな感じ。

Dsc08046

キャパはカウンターのみで10名前後です。

女将小路のお店はほとんどがこんな作りだそうです。

カウンターに腰をおろさせていただきお約束のトリビー。

Dsc08045

キンキンに冷えています。

カウンターにはさっちゃんの真心こもったお料理が

大皿に並んでいます。

本日の大皿料理は・・

大人のポテトサラダ・・・

春雨の酢の物

焼きアナゴともずくのうざく風

なすのラー油和え

厚揚げ煮卵とじ

そんな大皿料理から

まずは気になる大人のポテトサラダを・・

Dsc08049

ポテトサラダに粒マスタードが入ってます。

マスタードの酸味が絶妙!!

まさしく大人のポテサラです。

これはポン酒に合いますよ!!

と言うことで・・

大倉 純米吟醸 山田錦

Dsc08054

ワイングラスで飲む大倉もなかなかお洒落です。

続いて、

春雨の酢の物・・

Dsc08056

なすのラー油和え

Dsc08048

常山

Dsc08058

蜻蛉で・・

Dsc08060

なすと油って相性が良いのは知ってましたが

ラー油ともよく合いますね~!!

これ旨いです。

ちょっピリ!!がポン酒をすすめます。

ワイングラスのポン酒があっと言う間に蒸発です。

そろそろ温かいのがほしくなったので

小左衛門をお燗で・・

Dsc08062

肴は厚揚げの卵とじ

Dsc08057

ブリの造りをオーダー。

Dsc08052

卵とじとお燗と言うのはなんでこう合うのでしょうね。

どういうのかなぁ・・

ほっこり飲めると言うのか、良い塩梅ですわ。

そして魚菜と言うだけあって魚料理も旨いです。

このブリの刺身、新鮮なのは当然ですが

醤油で食べるんじゃなくて皿に乗っかってる

味噌で食べるんですよ。

醤油で食べるよりあっさりした感じがします。

これもなかなか面白い味わいですね。

料理とポン酒を味わいながらさっちゃんに

「ことわ」ってどういう意味??って

店名の由来を聞いてみると・・

ことわりを入れると言う意味だそうで、

悪い意味のことわりではなくて、

物事をはじめる前に人だったら挨拶をするなどの道理。

と言う意味だそうです。

ここで商いをさせていただいてます「ことわ」です。

どうぞお見知り置いてください。

と言う世間へのご挨拶と・・・

本日のご来店ありがとうございます!と言う・・

お店に来ようとしてくれているお客さんに対する

お礼の気持ちを述べていると言うことなのかな??

素敵な名前ですよね。

そんな会話をしていると

急にさっちゃんが小左衛門

シェーカーに入れてバーデンダーに変身(笑)

Dsc08064

「こうするとお酒がまろやかになるんですよ~」と。

それを燗にして飲ませてもらいましたが

先ほど飲んだ小左衛門の燗とはまるで別の味わい。

こんな面白い飲み方もあるんですね。

さすが利酒師です。

その後は

一博

Dsc08070

招徳

Dsc08067

睡龍

Dsc08066

と絶妙の温度でお燗を楽しませてもらいました。

蛸と鰹の酒盗の和え物・・

Dsc08059

水茄子のお漬物も旨かった!!

Dsc08061

最後の〆にいただいた鯖すしがど絶!!

Dsc08065

鯖は当然ですがシャリが旨いんです。

それもそのはず!!

さっちゃんの実家は寿司屋さんだったそうです。

これはお土産にテイクアウトしたい一品ですね。

遅く帰っても嫁にこれを土産に買って帰れば

言い訳できますから!!(笑)

女将小路でどこに行こうかと悩んだら迷わず

「魚菜 ことわ」ですよ。

Img_0002_2

Img_0001


 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (20) | トラックバック (0)

「笑庵」に進め!最近話題の緑の提灯

こんな提灯見たことありませんか?!

Dsc02017

最近、ちょくちょく居酒屋の前に出没する「赤」ならぬ「緑」提灯。

実はこれ、日本の食料自給率の向上という理念に賛同し、

地場産・国産食材を提供している飲食店が使用している

提灯なんです。

緑提灯の発案者は、農業・食品産業技術総合研究機構理事、

中央農業総合研究センター所長丸山清明さんと言う方。

食の安心・安全のシンボルとして活用する店も加わり

最近は急激にこの緑提灯を掲げるお店が多くなったとか・・。

でも、なぜ「緑」?と思いませんか?!

酒恋さんは農作物の緑から連想して緑にしたと

思っていたんですが・・・・・・・・・・

実は、発案者の丸山さんによると

居酒屋と言えば「赤提灯」が定番・・・・・・・・・

でも、提灯を信号機に例えるなら赤は止まれ・・・

客足が止まるとこまるので、は進めだから、

お父さんたち、「緑提灯」に進めという意味で緑にしたそうです。

その緑の提灯をよく見ると・・・

☆が5つ並んでいるのがわかると思います。

その☆が黒く★に塗られているのが見えるでしょ?!

それにも意味があるんです。

国産食材が50%以上ならば★一つ、

60%以上ならば★二つ、70%は★三つ、80%は★四つ、

そして90%を超えたら★五つ・・・・・

ちょっとした遊び心も取り入れています。

星の数は店主の自己申告で、著しい申告違反をした店主は

「頭を丸める」などユニークな罰則を定めているそうです。

そんな緑の提灯を掲げているのが以前にもこのブログで紹介した

大阪難波にある「笑庵」。

P1000090

★は3つで(地場・国産食材70%以上)

笑顔がとっても可愛い女将よし美さんがいるお店です。

P1000103_2

このお店はポン酒焼酎

それにカウンターに置かれた国産野菜を使った

大皿料理がメインでとっても旨いんです。

P1000093

先日、閉店前にも関わらず・・

ほんのちょこっとだけお邪魔してきました。

カウンターに座り、まずはトリビー。

P1001538_2

ここのビアグラスが大手メーカー等の広告が入った

ジョッキじゃないのが嬉しいです。

男ってこんな小さなことでもお店に対する愛情が

沸くものなんですよね。

女将のよし美さんから入れてもらった小鉢の揚げさんと

野菜の炊いたものを味わいながらしばし黙想・・。

実は、本日会社の歓送迎会・・

ここ笑庵で3軒目だったんです・・・。

あ~・・今日も飲んだな~・・。

そんな感じで一息ついて、地元 大阪の秋鹿をオーダー。

Dsc02011

泉州の水茄子をもらってそれでちょびちょび・・

P1000258_2

さすがに3軒目になると飲むのも食べるのもスロー・・

でも、笑庵に来たら必ず食べたいものが1つあるんですよね・・

それは、トマト炒め・・

Dsc02015

トマトをごま油で炒めて、半熟卵で閉じたものなんですが

酒恋さんは笑庵のこれが大好きなんです。

家でも簡単にできるんですが、笑庵のカウンターに座って

女将のひさ美さんが作ったものじゃなきゃだめなんです・・。

男って時にそんなこだわりがあるものなんですよ・。

そんなトマト炒めをお願いすると、

「いつものね・・・」っと言う感じで

にこりと笑って作ってくれる女将さん・・・。

こんなやりとりがいいんですよね~。

出来上がった愛情たっぷりのトマト炒めを味わい

秋鹿の燗を超スローペースで味わいます。

P1000105_3

ごま油燗酒のハーモニーって好きなんですよね~。

さすがに、その日はそれ以上飲んだり食べたりできなかったけど・・。

はしご酒の最後に顔を出したくなる店が一つでもあるって

嬉しいね~・・と思う昭和人の酒恋さんでした・・。

今の若者はアルコール離れが進んでいるので

こんな飲み方はしないだろうからね・・・。

でも、閉店前なのにけっこうお客さんが入ってきます・・。

やっぱり、「緑」提灯が信号機の進め!の役割を

果たしてるのかも・・。

Dsc02017_2

最後に、大好きな笑顔が素敵な女将のひさ美さんをパチリ!

Dsc02016

なぜかきょうつけをしてるところが可愛いです!

Photo_2

Photo_5


 

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (14) | トラックバック (0)

小料理屋「ともか」でほっこり良い酒

美人女将がいるお店シリーズPart1です。

ほんとうはもっと早く紹介したかったんですが・・・・

すでに、いろんなブログ今月号Meet'sでも紹介され、

今や旨いポン酒が飲めて美人女将がいるお店として

人気を集めている「小料理 ともか」さん。

女将とはお店を開店する前から日本酒の会等でも

よくご一緒させてもらってた仲なのに・・・。

なんかタイミングが合わなくて紹介が今頃になっちゃいました・・・。

せめてMeet'sよりは早く紹介したかったな・・・。

場所は夜のネオンがとっても似合う大阪難波の三つ寺筋

その中の日宝ロイヤルビルというところの1階で

Dsc01956

おでん屋さんや天ぷら屋さんなど飲食店がひしめく通路の

少し奥まったところにあります。

Dsc01958

なんとなく隠れ家のような場所にあって、

プライベートで飲むにはぴったりなお店です。

ちょっといかした男を気取るなら・・・・・・・・

こんな店を一軒知っておくのもいいものです。

割烹風の玄関を開けると中はシックで清潔感があふれ、

いかにも小料理屋さんと呼ぶにふさわしい店内。

Dsc01611

キャパはカウンターのみの8席で、

めちゃくちゃこじんまりとしています。

カウンターの向こうには・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc01989

着物が似合う笑顔が素敵な女将の朋和(ともか)さんが

優しくお出迎え。

朋和さんは、元塾の先生・・・・・・・・・・

日本酒に魅せられ、趣味の料理好きが高じてこの三つ寺に

小料理屋「ともか」をオープンさせたのが今年の7月。

まだオープンして3カ月と少しです。

そんな「ともか」さんにぶらりとお邪魔してきました。

綺麗に磨かれたカウンターに腰を降ろし、

まずは生ビールをオーダー。

Dsc01964

陶器に入れてくれるので泡立ちが非常にクリーミー。

ビールの器ひとつでもちょっとこだわってるところが

大人のお店だな~って感じます。

そのクリーミーな泡を楽しみながらす~っと飲み干し、

大好きな奈良萬をオーダー。

Dsc01966

肴は、なんきんの炊いたもの、それと泉州の名物でもある

エビと茄子を炊いたもの・・・

Dsc01968

Dsc01970

やはり小料理屋と言えば小鉢に入った焚物が似合いますよね。

がっつく事無く、ひと箸で一口のポン酒をゆっくり味わう・・

スローでありながら、しっかりした時の流れを受け止めて飲む!

これがいいんですよ。

20代の頃ならこんな雰囲気のお店には縁はなかったなぁ・・・

そんな事を考えながら黒牛山法師を追加・・

Dsc01979

Dsc01974

そしてともか自慢の「〆鯖」「オイルサーデン」をオーダー。

この〆鯖は、絶妙な酢加減で刺身に近いような味わい。

Dsc01976

来店されたお客さんのほとんどがオーダーすると言うのがわかる

絶品の〆鯖です。

それと、オイルサーデン・・・

Dsc01980

これもほとんどの方がオーダーされる女将自慢の一品。

これが不思議とポン酒によく合うんです。

そんな2品を楽しみながら、改めて店内を見渡すと

カウンターにさりげなく、地元大阪浪花正宗さんの

こんな酒器を発見。

Dsc02006

料理もさることながら、ポン酒ファンの心をくすぐるちょっとした

インテリアも嬉しいもの。

地元大阪のポン酒もちゃんと応援してくれてる

ところもいいですね~。

そんな酒器を見たら・・・・・・・・・

当然!浪花正宗さんのさか松が飲みたくなります。

Dsc01978

おでんと一緒にさか松を飲みながら、またまた店内観察・・

Dsc01977

同じくカウンターに飾られたはがきに眼をやると・・

Dsc01962

うさぎ追いし かの山・・・
「おかえりなさい」と声をかける。

ふる里がもうひとつ 心斎橋にできました。
選りすぐりの和酒をいろいろお酒の味を引き立てる肴も揃えて
喜びの日のあなた お疲れの日のあなた
そして何でもない日のあなたを 心よりお待ちしております。

こんな素敵な文章が書かれています。

特に何でもない日のあなた・・・ってところが好きです。

都会の里山のようなお店・・・・・・

自分の生まれ故郷に帰ってきたようなお店・・

そんな温かいお店にしたいと願う女将の気持ちが詰まった

素敵な文章・・・

読んでるだけで、ほっこりした気分になります。

そんなほっこり気分になってくると

やはりここからはお燗でしょ!。

手作りコロッケだし巻きをオーダーして

まずは、美富久をぬる燗に・・・。

Dsc01995

Dsc01993

このコロッケ、見た目はこげて少し見栄えは悪いけど

いかにも、おかんの手料理って感じで愛情たっぷり!

それに旨いんです。

出し巻きも同じ・・・・・・・・

Dsc02000

割烹で味わうような出汁まきじゃなくて、

家庭の味を感じる、おかんを感じる出し巻きです。

割烹で味わうような料理もいいけど、やはりこの歳になると

家庭を感じる味わいが好きですね~。

その後、大和川

Dsc01997

弥右衛門なんかを燗にしてもらい

Dsc02003

ゆっくり、ほっこりマイペース・・・。

最後に、蕎麦を食べて終了。

Dsc02007

このお蕎麦もつゆじゃなくて塩をつけて食べるんですよ。

こんな蕎麦の食べ方、知らなかった~。

〆に食べるよりも、酒の肴にもよさそうな一品ですね。

なんだかんだ3時間ほどお邪魔して、ほっこりさせてもらいました。

喜びの日に お疲れの日に、そして何でもない日に・・・

今回は何でもない日に来たので・・・・・・・・・

次回はちょっと疲れた日にお邪魔して・・・・・・

朋和女将の「おかえりなさい」を聞きに行こうかな。

Dsc02010

きっと疲れを癒してくれることでしょうね・・・。

「小料理ともか」
 大阪市中央区心斎橋筋2-7-11 
 日宝ロイヤルビル1階
 ℡ 06-6212-5116

「小料理ともか」ブログ 
 http://koryouri-tomoka.at.webry.info/

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (20) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)