久保本家・・・・(奈良)

キュウセンベラで生もとのどぶ

夏の魚と言うと・・・・・・・

スズキ、イサギ、キス、マゴチ・・・

スズキの洗い、イサギの塩焼き、キスの天麩羅、マゴチの薄造り

こいつで一献!たまりまへんな~!!

いわば、夏のメジャーな魚達です。

これらは、鮮魚店に行けば比較的簡単に手に入ります。

また、少し高級な居酒屋なら今の時期、

メニューにもよくありますよね。

でもそんなメジャーな魚じゃなくて、

もっとマイナーな夏の魚・・

漁師、釣り師が独り占めしている美味しい夏の魚って

知ってます??!!

それは、これ「キュウセンベラ」です。

Dsc00790

小さいときにメス、大きくなるとオスに性転換すると言う

けったいな奴で、今の時期海水浴に行き、

水中メガネで岩場を観察してるとよく見かけますよ。

見かけるのは20センチ以下のものが多いのですが

大きくなると30センチぐらいになるそうで、

たいがいはオスです。

岩場にいるので網が引けないので専門に獲ることが難しく

それに、口が小さく餌を取るのが上手いので

なかなか釣り上げられないのです。

関東じゃ、まずい魚と思われがちで、

釣り上げられると捨てられることが多いそうですが

関西より西で珍重されています。

特に瀬戸内海産のものは美味とされ高級魚扱いです。

塩焼き、南蛮焼き、煮付け、から揚げ、何にしても旨いですよ。

刺身なんかは釣り師以外食べられない貴重なものです。

そんなキュウセンベラを友人からいただきました。

彼の田舎は、愛媛県の弓削島というところ。

因島の近くにある小さな島で南北朝のころから瀬戸内海を

中心に活躍したあの有名な村上水軍ゆかりの地です。

田舎の親戚が大阪に出てくると言うのことで

わざわざもって来てくれたらしく、

それをお裾分けしてもらったんです。

25センチほどあるので、ベラにしたらなかなかの大物です。

さすがに冷凍なので、刺身は無理ですが

今回は煮つけでいただきます。

ポン酒は、前回の残り・・

奈良県 久保本家 きもとのどぶ

Dsc00791

どぶには、煮つけや味噌煮のような少ししっかりした

味わいが良く似合いますね~。

今回も、ぬる燗でいただきました。

開封して3日しかたってないのでほとんど味の変化は

感じませんがいくぶん酸が少なくなったように思います。

その分、甘みが少し増したかな・・・

Dsc00806

そんなどぶなら、なおさら煮魚があいそうです。

どぶろくで焼き魚煮魚を味わうと言うのは

酒飲みの元祖宴のように思いますね。

その昔・・・・

水軍達は、どぶろく片手に勝利の宴をやったことでしょうね・・・

水軍の頭領が

「みなのもの!ご苦労!今日はたらふく飲んでくれ!」

雄たけびを上げ、食卓には、豪華な海産物・・・。

その中にきっとこのキュウセンベラも入っていたことでしょう。

そんな事を思うとなんとなく、ロマンがありますねぇ~。

この夏、海水浴に行くなら是非岩場で

シュノーケリングをしてみてください。

足が届くところでじゅぶん美味しそうなキュセンベラ

見つけることができますよ。

そして、よければ釣りにチャレンジしてみてください。

ゴカイでじゅうぶん釣れますよ。

釣れたら食べてあげてくださいね~!

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (22) | トラックバック (0)

やっぱり、にごりには「どて焼き」やね~!

春夏秋冬問わず・・・

年に数回、無性に食べたくなるものがあるんですよ。

そのうちの一つが吉野家の牛丼

特に深夜とかに小腹がすいた時・・

「あぁ~・・吉野家の牛丼食いて~!!」って

なるんですよね。

吉野家のコマーシャルに納得です(笑)

それと、チキンラーメン!

これも、突然無性に食べたくなるんですよ・・・。

それと、もう一つ・・・・

それは、「どて焼き」なんです。

関東の方には馴染みが少ないかもしれませんが・・・

こいつを肴に、にごりで無性に一杯やりたくなるんですよ。

こんにゃくとすじ肉を白味噌でじっくり煮込んだものなんですが

これを肴に、ポン酒をごくごく!!っと

やるのがたまんないんです!

ビリケンさんで有名な大阪新世界の名物!

P1001151

元祖、労働者の味!です。

店によっては、器に入れて出してくれるところもありますが

すじ肉とこんにゃくを串に刺し、ねぎと一味をぶっ掛けて

出してくれる店の方が大阪らしくて好きですね。

新世界と言うところは大阪のシンボル通天閣がそびえ、

P1001416

日本一の労働者の街。

てっちりで有名なずぼらや、将棋の坂田三吉のゆかりの地で

「ばくだん」と称したスペシャルなポン酒で

串かつどて焼きを食らうのがステータスなんです。

P1001309

2合飲んだら1合ただ!!なんてお店もあります。

P1002371

P1002374

そんなどて焼きでまたまた無性に一杯やりたい

気持ちに襲われました。

奈良にお米を分けてもらった帰りに名店「あべたや」さんで

久保本家 生もとのどぶ 限定 生原酒を購入。

Dsc00791

日本酒度-9と言う、久しぶりの甘口生原酒です。

少~し甘めのどぶろく??!!

どんな味がするんだろう?

さらりとしてるのか・・・とろりとしているのか・・・

そんなことを想像していると・・・・・

脳内にどて焼きを食らいながら、どぶをごくごく!!っと

飲んでる自分の姿が浮かび上がってきたんです。

絶対にうまいよな~!!あ~、たまんない!っと・・・・

帰りの道中、脳裏からどて焼きとどぶが

離れなくなってしまったんです。

こうなってしまうと我慢ができなくなる酒恋さん・・・。

とうぜん・・・・自宅に戻ると、近所の肉屋に直行!!

すると酒恋さんが来るのを予想していたのか、

すじ肉がなんと3パックで500円!

Dsc00860

まさしくワンコインです。

ワンパック約200グラムほど入っています。

おでんが旨い冬にはグラム200円近くになるすじ肉なんで

どて焼き作るなら夏に限ります。

残りの材料、こんにゃく白味噌をスーパーで購入して、

さっそくどて焼き作りにかかります。

Dsc00859

すじ肉とこんにゃくを適度な大きさにカットして、

沸騰したお湯に入れてひと煮たち。

一度、ざるに取り綺麗に水で洗います。

Dsc00862


そして、水、酒、砂糖(たっぷり)、下味に濃縮タイプの

そばつゆを少々入れてすじ肉とこんにゃくを1時間半ほど

弱火でことこと煮ます。

Dsc00861

灰汁なんて取る必要なんてありません。

みんな旨みと思ってほっておきます。

今回は、どうしても串でかっくらいたかったので、

串にさしたものも10本ほどつくり鍋に一緒に放り込んでおきました。

最後に、みりん白味噌、そして隠し味におろし生姜にんにく

少々放り込み20~30分煮込むと完成です。

Dsc00864

完成まで2時間ほどかかりますが、

ほったらかしでOK!なんで楽チンですよ。

で、完成したのがこれです!!

Dsc00866

こいつにねぎ一味をぶっかけて食らうんです!!

たまんないですよ!

さっそく、購入してきた生もと どぶ 生原酒を開封。

当然、久保本家のどぶを味わうならお燗が最高。

今回は少しぬるめの燗に・・・・・

甘くちなんで、少し口の中がべたつくのかな~なんて

思っていたけど口に含むと、意外にさっぱり。

にごり独特の少し粒子を感じるような舌触り。

しっかりした太目の味に適度な酸がコクを感じさせます。

この酸が、じっさいより甘さを感じさせないのかもしれませんね。

うまいです!

Dsc00875

そんなどぶに、生姜が少し利いた白味噌仕立てのどて焼き

最高の相性。

綺麗系のポン酒ではイマイチなんですよね~。

とろとろになったすじ肉としっかり味の染みこんだこんにゃく・・。

上品に食べるんじゃなくて、串からすじ肉とこんにゃくを

引き抜くようにかっ食らうんです!ど絶です!!

肉汁、生姜、にんにく、かつおだしを吸い込んだ甘い白味噌が、

いくらでも杯を口元に運ばせるんです。

この味が体内のメモリーにしっかりインプットされて、

ふとした拍子に無性に食べたくなるんですよね。

にごりにどて焼き!

もしよければ、一度、試してみてくださいね。

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)