他のアルコール(番外編)

カタシモワイナリー見学に行ってきました・・Part2

そんな素敵なロケーションの中にある

カタシモワインフード

Katasimo_2

建物や貯蔵庫、醸造器具なんかは有形文化財に

Dsc00487

指定されている貴重なワイナリーです。

Dsc00497_2

そんなワイナリーをカタシモフードの営業部・応援団長の

山本哲史さんが案内してくださいました。

Dsc00465

山本さんは8年ほど芸人をされていたと言う

経歴の持ち主。

縁があって今はこのカタシモフードでお世話に

なってるそうです。

さすが元芸人だけあってトークがめちゃうまい。

ほんと楽しく案内してもらいましたよ。

山本さんありがとうございました。

そのワイナリ・・・

1階は葡萄を圧搾する機械と貯蔵する樽が置かれ

Dsc00492

収穫されてきた葡萄がこの機械に入れられて搾られ

酵母を加えられ樽に詰められて熟成させられます。

Dsc00491

白ワインは葡萄の中身だけ・・・。

赤ワインは皮、種の部分も
利用して発酵されるそうです。

だから赤ワインは赤い色なんですね~。

勉強になりました・・・・・。

その地下に貯蔵庫があります。

Dsc00495

貯蔵庫にはブランデー貯蔵庫と書かれていますが

これが第二次世界対戦時にカタシモワインフードが

生き残った名残だそうです。

Dsc00494

酒石酸を取り除かれたワインからウイスキーを

蒸留する技術を持っていたから今日残っているんだとか。

ワインではなく蒸留されたブランデーを保存していたので

ブランデー貯蔵庫と名前がついているそうです。

Dsc00500

今は沢山の美味しそうなワインが眠っていて

中には一升瓶に入れられたものがあります。

これは当初、丹波から日本酒の杜氏さんを連れてきて

ワイン造りの参考にしたからだそうで、

日本酒の技術もワイン造りに生かされているんですよ。

Dsc00502

2階はテイスティングルームになっており

素的なカウンターが置かれここで試飲をさせてもらえます。

Dsc00456

周りには明治から大正時代にかけてのワイン醸造器具が

展示されていて、まるでワイン博物館です。

Dsc00458

日本酒の技術を参考にされていたので

舟しぼり用の舟もありましたよ。

Dsc00457

昔はこれで葡萄を搾っていたそうです。

さて、お待ちかねの試飲タイム・・・

沢山試飲させてもらいました。

おつまみもちょこっといただきました。

当然!ワインなんでパンとチーズですね。

Dsc00505

これはスパークリングワインで通称タコシャン

たこ焼きや粉物に合うワインだからタコシャンと

言うそうです。

シュワシュワでかなり切れが良い味わいです。

Dsc00511

これはデラウエアの白の新酒

少し獣臭を感じましたがヨーロッパの人が好む香だとか。

ほんのり甘い美味しいワインでした。

赤もいただきましたよ。

Dsc00518

赤ワインと言うと渋苦いイメージがありましたが

これは甘くて苦味が少なく飲みやすい赤でした。

面白いところでグラッパー・・・・

Dsc00515

蒸留していわばワインをブランデーにしたものです。

度数が58度もあり1本1万円ぐらいします。

旨かった~!

他にもいろいろ試飲させもらいながら

いろいろとワインのお勉強させてもらいましたよ。

Dsc00521

ワインも奥が深いです・・・。

いや~・・初めてのワイン蔵見学でしたが

葡萄畑見学からワイナリー見学、試飲と約3時間弱。

日本酒蔵見学とは少し違った楽しみ方もできて

実に有意義でした。

飲むだけでなく、造り手や造ってる現場を見るのも

実に楽しいですね。

高井社長、山本さんどうもありがとうございました。

カタシモワイナリー見学に興味のある方は

http://www.kashiwara-wine.com/testing/testing.html

ここに掲載されていますので是非ご覧くださいね。

ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓ 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                            &tbsp;Photo_2

| | コメント (10) | トラックバック (0)

カタシモワイナリー見学に行ってきました・・Part1

今回は少しぽん酒の話はおいといて・・

ワインのお話です。

ワインと言えば北海道、山梨、長野って

イメージがありますが・・・

実は大阪にも素晴らしいワイナリーがあるんですよ。

と言うか・・・・・

びっくりしたのは明治、昭和初期頃までは大阪が

日本一の葡萄の産地だったんですって!

その当時は119のワイナリーがあったそうです。

でも・・・・・・・・

第二次世界対戦時に国からワインをどんどん作れ!と

言う命令がくだりその影響で逆にワイナリーは激減・・・

一瞬・・・・え?なんで?って思いますが、

それは政府が欲しかったのはワインでも酒税でもなく、

ワインの製造中にできる酒石酸と言う物質。

火薬を作るのにこの酒石酸が必要だったそうです。

しかし酒石酸がなくなったワインは腐りやすく

とてもワインとして飲めるもでなかったため

作らされたワイナリーは経営困難のため

廃業せざるを得なかったそうです。

そんなお話をしてくださったのが

今回お邪魔させてもらった

カタシモワインフード社長 高井利洋 さん。

Dsc00466

実にパワフルです~!

現在61歳で大阪ワイナリー協会の会長さんです。

Katasimo

このカタシモワインフードは大阪の柏原市にあり

ワインを醸造して100年の歴史を持っています。

ワイナリーがある大平寺地区は昔から葡萄の栽培が盛んで

大平寺は鎌倉時代に実存していたお寺の名前です。

現在はありませんが当時都への交通の要所でもあったため

今もこの地区には歴史的景観漂う町並が残されています。

Dsc00468

時の人でもある橋下大阪市長が大阪府知事時代に

この地は残さないといけないと多額の予算を計上して

道路の舗装工事や景観の補修工事をおこなったそうで

非常に美しい街に生まれ変わっています。

その美しい街の山の斜面に広大な葡萄畑が広がり、

甲州やデラウエア、マスカットベリーなどが

除草剤を使わず、減農薬、有機肥料で栽培されいます。

伺った時は葡萄の木が赤く色づきまるで紅葉のように

綺麗でした。

Dsc00482

 一番古い葡萄の木は樹齢97年だそうで少ないですが

いまだ葡萄の実を実らせていると言うからびっくり!

かなり年寄りの木なので雨よけの屋根やパイプで

倒木防止の措置がとられ大切に保護されていますよ。

Dsc00481

山の頂上付近には河内平野を一望できるスポットもあり

美しい景観を楽しめますよ。

Dsc00476

ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓ 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                            &tbsp;Photo_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ベルギービール ウィークエンド大阪2011

昨日はベルギービールウイークエンド大阪って

言うイベントに行ってきてん。

ツイッターで友人のたがちゃんが

このイベントのことつぶやいてたんで

おもろそうやから行ってみたろ!ってことで。

このたがちゃんの情報っていうのは飲兵衛のつぼを

つきまくるぐらいええ情報なんよ。

たがちゃんは365日外食してんのんとちゃうかなぁ。

ほんますごいやっちゃ。

と言うことで梅田のスカイビルにレッツラGO!

花金と言えまだ17時すぎたばっかりやのに

けっこう人がおるもんですわ。

Dsc07398

会場の入り口に関所があるよってそこで銭を。

Dsc07412

システムは・・・・

3100円払うと専用のグラス1個、コイン10枚くれんねん。

100円は義援金やそうで実質3000円みたいやなぁ。

コインは1枚250円相当で10枚やから2500円・・・

Dsc07407

と言うことはグラスは500円ちゅうこっちゃ。

Dsc07414

当然、持ち帰り。

なかなかお洒落なビアグラスやけど、

でも帰りにグラスが割れたりせえへんのかのぉ・・

それで怪我でもしたら誰が責任とるんやろ?。

ま、最終的には自己責任やろうけど。

そんな能書きはおいといて飲むべし・・

しかしベルギービールには全く知識がないよって

ようさん種類がある中でどれ飲んだええのか

ようわからん・・・・。

とにかく喉も乾いとるし何でもえわ!って

いっちゃん最初に2枚のコインで交換したんが

レフ・ブロンドっちゅうやつ。

Dsc07404

サーバーからグラスに入れてもろて、

Dsc07397

手渡された瞬間に半分ごくごく!!ぷふぁ~っと。

当然、片方の手は腰や!

ビールはこれがうまいんや。

ついでに近くのブースでコイン2枚はろてポテトフライと交換。

焼き鳥やベルーギーのいろんなあてが売ってたけど

やっぱりビールにはポテトフライやで。

量もようさんあるから他にあていらんし安上がりや。

そのポテトフライやけど、

会場ではポテトフライって書いてなかったなぁ。

なんて書いてたか忘れてもうたけど

マヨネーズをかけて食べるポテトフライやった。

Dsc07402

店の兄ちゃんが

「ベルギーではマヨネーズをたっぷりかけて食べるのが
 常識やで~と」

せやからたったぷりマヨネーズかけたった。

Dsc07401

それ持って空いてるテーブルに行って一人飲んでたら

なんとそこにめちゃくちゃ可愛い2人組のお姉ちゃんが

声をかけてきた。

背中に男の哀愁を漂わせてたからのぉ。

なんせ兄貴の倭人よりわいのほうが断然ええ男やから。

「テーブル空いてないのでご一緒してもいいですか?!」って

おいおい!まじかよ!こんなついてる展開って・・・

人生47年・・まじめに生きててよかったわ。

紳士やさかいそんな彼女らとはちょこっとしか話は

せえへんかったけどそれでじゅうぶん満足やったわ。

別れ際にこのブログの宣伝もしといたけど

見てくれてたらうれしいなぁ。

ほんまもう一回再会したいと思わすええお姉ちゃん達やった。

で、けっきょくその後イベントで飲んだんわ・・

レフ・ブラウン・・

Dsc07399

さっきのブロンドよりちょっと色が淡い感じ

なんか後口がえらい甘く感じたなぁ。

グーデン・カロルス・・

Dsc07409

Dsc07405

チョコレートとあわせたら旨いって聞いたから

たまたま持ってた不二家のLOOKチョコで

チャレンジしてみたけど味ようわからんかったわ・・

でも華やかでえらい旨いビールやった。

最後は、ヒューガルデン・ホワイト

Dsc07410

Dsc07411

これは有名やからわいでも知ってるで~。

黒系ばかり飲んでたから最後はホワイトで〆や。

濁りが入ってなかなかええ感じやったわ。

しかし、久しぶりに快晴やったしお外で飲むビールは

最高やなぁ!

外人さんもようけおったし、JAZZライブもあるみたいやし

焼き鳥や変わったベルギーのあてもあって

なかなかおもろいイベントや。

6月5日までやってるそうやから暇な人は行ったらええと

思うで~。

詳しくはここやわ
http://osaka.belgianbeerweekend.jp/2011/1

ほなな~ぁ。

PS 極端な大阪弁のブログになったけどこれ
  書いてるんは、酒恋倭人の弟で酒恋倭朕やで~。
  実は酒恋は双子やったんや。
  兄貴の倭人は農繁期で忙しいから変わって倭朕が
  かいとんね。これからもちょくちょく登場するから
  よろしくたのむで~。

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ブログからジャビーを流行らせよう!

今回はポン酒の話題から少し脱線します・・・・

みんさんは、じゃばらと言うのご存知ですか?!

じゃばらは和歌山県北山村の特産品

ユズやダイダイ、カボスの仲間の柑橘類です。

「邪(気)をはらう」ところからこの名前がつけられたそうで

昔から村では正月料理にかかせないものだったそうです。

北山村以外では栽培されていないこともあって

「幻の果実」とも呼ばれているとか・・・

そして、花粉症に効くとい言う噂もあり注目されている果実です。

そんなじゃばらを使ったリキュールを作っているのが

鉄砲隊、車坂で有名な和歌山県 吉村秀雄商店さん。

このブログでもおなじみですよね。

そのリキュールって言うのがこれ↓↓

Dsc03017

「じゃばら酒」です。

ベースは日本酒です。

純米酒と純米古酒をブレンドしたものらしく

酸味、甘み、苦み、が一体となった大人のリキュールです。

そんな「じゃばら酒」を先日難波の立飲み屋「丑寅」さんで

Dsc03020

酒恋さんが遊びで生ビールと割って飲んだとこ、

これがめちゃくちゃ旨かったんです!!

Dsc03015

割合は5:5です。

ビールの苦味、じゃばらの苦味が相乗効果をもたらし

炭酸が苦味を旨みに変えて、ど絶!!

その日は、吉村秀雄商店DAYだったのですが

お店に来店されたお客さんにも飲んでもらったんですが

これが大好評!!

発案者の酒恋さんが「ジャビー」!と名づけ

これを流行らせようと盛り上がりました!

新しいカクテル「ジャビー」の誕生です。

是非「ジャビー」を皆さん是非試してみてください!

シャンディーガフ(ジンジャーのビール割り)よりも旨い!

後は、割る割合、ビール銘柄との相性・・・

これを調べて、一番美味しい組み合わせを見つけてみたいです。

試した人は、是非、このブログにコメントくださいね。

それと、居酒屋、カクテルバー、ラウンジ等の経営者の方、

ジャビーをお店のメニューに加えてみてください。

そして流行らせましょう!!

ブログから誕生したカクテル「ジャビー」!!

花粉症に効く?!カクテル「ジャビー」!!

これ流行れば、吉村秀雄商店さん!!

酒恋さんに発案料をくださいね!(笑)

今回のブログは、何かコマーシャルになってしまいましたね・・

じゃばら酒は、吉村秀雄商店さんの特約店でしか購入

できないです。

酒恋さんご用達の小林酒店さんでも買えますよ。

送ってくれますので、興味ある方は問い合わせてみてくださいね。

PS 1月25日NHK放送の「鶴瓶の家族に乾杯」20:00~に

   白瀑「ど」の秋田県山本合名さんが紹介されます。

   興味のある方は是非ご覧ください!!

   

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (17) | トラックバック (1)

ブログ番外編 「焼酎でっせ 2009」

今回は、ポン酒のブログではないんですが・・

日曜日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ANA CROWNE PLAZA OSAKA(前全日空ホテル)で

行われた焼酎の大イベント「大阪焼酎でっせ 2009」

参加してきました。

Dsc00625



Dsc00702


参加された蔵元さんは、朝日酒造、重家酒造、尾込商店
富田酒造場、川崎醸造場、川越酒造場、黒木本店、
久保酒造場、国分酒造場、小正醸造、櫻井酒造、
佐多宗二商店、佐藤酒造、佐藤焼酎製造場、松露酒造、
常徳屋酒造場、寿福酒造場、大海酒造、高崎酒造、
田村合名、豊永酒造、藤居醸造、古澤醸造、万膳酒造
宮里酒造所、村尾酒造、山田酒造、四ツ谷酒造、渡辺酒造場

の29蔵。

Dsc00669


酒恋さんは、ポン酒が大好きですが焼酎もちょこっと飲みます。

特に高良酒造の「八幡」や尾込商店の「さつま寿」なんかが

大好きです。

九州の芋焼酎の蔵元さんのところにも何蔵かお邪魔したこともあり、

今回は蔵元さんに挨拶もかねて参加させてもらいました。

16時から19時までの3時間、美味しい料理とこだわりの蔵元の

芋、麦、米焼酎が飲み放題です。

ただし・・9000円と言うチケット代が必要です・・。

15時から受付開始なんですが酒恋さん達が到着した

15時40分にはすでに会場は超満員。

Dsc00626

焼酎ブームは終わったと言ってもこの盛況ぶり!

全席指定席なんで席の確保は問題ないんですが

参加人数はなんと430人です。

早く来た人にはウエルカムドリンクとして参加蔵元の焼酎が振舞われ、

すでに皆さんけっこういい顔色です。

参加者はあらかじめ決められた10人がけのテーブルに座るのですが

酒恋さん達のテーブルは43テーブル中、何とナンバー1番テーブル!

大イベントでそれも1番テーブルとは気分がいいです。

そして、各テーブルにはそれぞれウエルカム焼酎

置かれているんですがそれが何と!

大好きな尾込商店さんの「神座」(かみくら)でした。

Dsc00638

余談ですが・・大阪には同じ名前で読み方が「かむくら」と言う

旨いラーメンがありますよ!

テーブルごとに29蔵のどこかの蔵元さんが接待してくれるのですが、

それが何と尾込さん!

これは偶然とは言え、うれしいですね!

16時ちょうどに主催者の挨拶・・・・・・、

芋芋で有名な国分酒造の笹山氏の乾杯の音頭で

Dsc00628

盛大に焼酎でっせの開始です。

本日の司会進行は、MBSラジオ『上泉雄一のええなぁ!』

パーソナリティーを務めている上泉雄一さん。

さすがにプロだけありしゃべくりは上手いです。

乾杯が終わり、料理がどんどん運ばれてきます。

Dsc00630

Dsc00637

前菜として、大皿重箱ハム、ミミガー、海ぶどう

かつおのたたきとアボガド等が並んでいます。

それを10人でわけて食べるんですが・・・

ここで苦言・・・

前に座っている若者グループが人数分のハムしかないのに

我が者顔で沢山取っていくのをみて唖然としました・・

おいおい・・ハムみたいなもん食わんから別にええけど

マナーをわきまえろ!って言いたい気分でした・・

でも・・気の弱い酒恋さんは・・・・・・・・・

それから大皿に来た食べ物を一番に取り

仲間の分だけ先にわけるようにしました・・
(こちらの方が大人げないか・・)

Dsc00640_2

さて有名ホテルの一流シェフが作った料理の数々・・

角煮とゴーヤチャンプル・・・・

Dsc00645

さつま揚げ、人参、芽キャベツ・・

Dsc00646

ヒレカツとジャガイモ・シメジのソティー

Dsc00650

チキンの焼き物・・・。

Dsc00647

普段は名の知れたホテルのシェフなんで

焼酎の肴なんて作ってないだろうけど

やはり、さすがにどれも旨い!!

最後の〆はごはん!

冷やし汁と言うご飯に冷たい味噌汁をかけたもの。

Dsc00652


Dsc00653

でも、味わいはポン酒の会とは少し違いますね。

五味がしっかりした味わいのものが多く、

ポン酒の肴のようなわびさびで味わうものが少ないなぁ・・。

やはり焼酎は労働酒ですよ・・。。

肉系とか油物等、味付けもしっかりしたものばかりです。

食べてる間、尾込酒造のタッキーさんが焼酎を

Dsc00644

いろいろ持ってきて飲ませてくれます

そして蔵のグッズをテーブルごとのじゃんけん大会で

プレゼント。

景品はまい掛けやタオル・・・めちゃ欲しい・・

残念ながら酒恋さんは勝てませんでしたが、

もう一つお世話に来てくださった佐藤焼酎製造所さんの

じゃんけん大会で、なんとかばんをゲット!

Dsc00704


じゃんけんが非常に弱い酒恋さんが一発で一人勝ち!

珍しいことがあるもんです!

佐藤焼酎製造所さんと言えば「天の刻印」が人気ですね。

このかばんで今度から通勤です(笑)

会は、各蔵元さんのトークショーや抽選会、

Dsc00661

いろいろ趣向を凝らせていてけっこう楽しめましたね。

1時間ほどで料理は終了・・・満腹です。

それから2時間は各蔵元ブースに行って好きな焼酎を

飲むことができます。

Dsc00665

Dsc00666

焼酎と言うものは満腹になっても飲める酒。

と言うか、がなくても飲める酒なんです。

ポン酒とは違いますよね。

ゆっくり食事を楽しみながら、肴とともに飲むのがポン酒

言わば、本当の食中酒だと思います。

同じ和酒でも、蒸留酒と発酵酒では性格が違うものですね。

そんな事を思いながら各蔵元さんのブースを回ります・

村尾、万膳、佐藤、兼八等の有名な蔵元さんの

焼酎ブースはすごい人だかりです。

特に佐藤は人気で、社長さんは記念撮影なんかも

沢山せがまれていました。

とあるコミューで知り合い、蔵にもお邪魔させてもらった

渡辺酒造場の渡辺氏は、コスプレが大好きで

こんな個性的な格好で参加です!

Dsc00658

なかなかのエンターティナー!

旨い焼酎だけでなくいろいろ楽しませてくれますね!

ゆっくりと会場を回っていると参加者の平均年齢は

30~40歳ぐらいかな・・

ポン酒より5歳ぐらい若いように思います。

男女比率は7:3ぐらい・・男性が多いですね。

ポン酒なら6:4かな・・・。

なんだかんだ・・ポン酒の会と比較しながら

会場を歩く自分に苦笑いです。

さすがに今までのような勢いがなくなってきた焼酎。

蔵元さんも、ロック、燗、前割り、水割り・・

美味しい飲み方をいろいろ提案しながら、

焼酎の旨さを再アピールしてました。

そんな薀蓄を聞きながらブースを回ります。

さすがに全蔵飲んだら間違いなく倒れますから

さらりと美味しい部分だけ飲んでると

あっと言う間に閉会時間です。

最後に 焼酎の輪!として隣どうしで肩を組み

大阪締め

1. 「打ーちまひょ」 パンパン
2. 「もひとつせ」 パンパン
3. 「祝うて三度」 パパン パン
4. 「おめでとうございますー」喝采!

をおこなって会は終了。

Dsc00668

すごいパワーの会!活況で幕を閉じました。

ブームは去ったと言えまだまだ焼酎は元気です。

スタッフの皆様、蔵元さん、お疲れ様。

なんか焼酎に嫉妬ですね・・。

よ~し!いつかこれぐらいの規模でポン酒の会を

やったるで~!

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (16) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)