仙頭酒造・・・・・・(高知)

土佐しらぎくでアボガド・エビサラダ

大阪は日曜日あたりから入梅らしい・・・

4~5月にかけて多雨だったから今年の梅雨は空梅雨かな?

と思ったけど例年とおりだとか・・

うっとおしいな・・・・・・・

でも、雨が降らなきゃ米にも影響するから例年とおりが一番ですね。

しばらくはジメジメ、ムンムンを我慢ですね。

そんな梅雨に入る前に馬鈴薯の収穫を済まそうと

かんかん照りの中、芋堀してきました。

Dsc04374

まずは茎をぶっこ抜いて芋ずる式にジャガイモちゃんをゲット!

Dsc04376

そして、スコップで芋を傷つけないようにその下をそ~っと掘ると

Dsc04377

土の中からコロン!って感じで残りのジャガイモが出てきます。

なかなか楽しく小学校の遠足を思い出しますね。

こんな害虫も出てきますけどね(ようとう虫)

Dsc04379

かなり暑くて死にそうでしたけどね・・。

今年の収穫は5月に強風と大雨の日があった影響で、

半分根から倒されて枯れてしまったので

収穫量は昨年の半分・・・・・

Dsc04380

それに植えるのが遅かったので芋が小さかった・・

もう少し収穫を我慢すればよかったかも・・。

でも、大きいのは握りこぶし大ほどのものもありましたよ。

Dsc04381

きたあかりと男爵の2種類植えたんですが、

きたあかりの方が成長が早いのか大きいのが目立ちました。

しかし、新ジャガって綺麗な色をしていますね。

それに旨そう!!生娘みたいです。

今宵は当然!この採れたての新ジャガちゃんを使って

酒肴つくりです。

まずは、まだ成長途上の小さいジャガ芋・・・・

そのままふかし芋にして塩を振って食べるのが一番旨いんですが

今回はポン酒党ではおなじみのちょっと変わった食べ方で・。

Dsc04387

電子レンジでチンとして、バターを少し塗って・・

その上にイカの塩辛を乗せるだけ。。

最初にこの食べ方考えた人って偉大です!!

どんな発想で生まれたんでしょうかね。

ほんと・・ポン酒と合うんだよね~!!

そしてもう1品・・・・

大き目のジャガイモを同じく電信レンジでチン!

箸でつまめるぐらいの大きさに切って

Dsc04350

アボガトと茹でて殻を剥いたブラックタイガーと一緒に混ぜて

Dsc04353

ボールに入れて塩コショウ、マヨネーズで味を整えたらOK!

ちょっとしたエビサラダですね。

ジャガイモとアボガド、そしてエビと言えばマヨネーズと

相性ばっちり!

合わすポン酒は・・・・・

高知県 仙頭酒造 土佐しらぎく 微発泡 純米吟醸 吟の夢。

Dsc04243

これから暑くなる季節にぴったしのポン酒です。

開栓するとりんごのような香がほのかに香り・・

口に含むとしゅわしゅわぴちぴち!!

一瞬甘く感じるけど、最後はキリっとしまり喉越し爽やか!

スパークリングな一本です。

 

きんきんに冷やして飲むのがおすすめですね。

Dsc04406

さっそくじゃが芋と塩辛を・・

お芋さん・・ほくほくして最高に旨いっす・・

そこに塩辛がカレールーのように絡みます。

イカの歯ごたえもたまんない!

ついついしらぎくをグビ~っ!とあおってしまいます。

Dsc04357

続いてアボガドとエビサラダ・・

アボガドが旨いね~。

ほんとバターを食べてるみたい。

しつこくない油っぽさがいい!!

ポン酒にあう野菜です。

そしてエビ・・・

安物のエビでもマヨネーズをかけるとなんか幸せな味・

実は酒恋さんはマヨラーです(笑)

ちょこっと洋風な感じの味わいにはやはり

白ワインぽい味わいのこの微発泡 純米吟醸 吟の夢とは

良い相性です。

結局、4合瓶は空いちゃいました!

今宵のポン酒と酒肴の相性は
★★★★!40点ですね。合格!!

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (22) | トラックバック (0)

土佐しらぎく 純米吟醸 吟の夢 微発泡酒

このブログで紹介する肴はどちらかと言うと和風物

当然!ポン酒=和風!だから?!!

いえいえ・・・そんな考えではなくて、

単に横文字のスパイスや調味料の使い方が

わからないだけなんです・・。

「ポン酒は、どんな料理でも合う素晴らしい飲み物!!」

そう言ってる割には紹介する肴の国籍は

かなり偏ってるような気がします。

最近は中華やイタメシ屋、フレンチ屋さんなんかでも

ポン酒を取り扱っているお店も多くなってきていますよね・・。

本格的なイタ飯やフレンチのようなものは作れないけど

勉強すると言うほどたいそうなものではないですが

ちょこっとそれらしいスパイスを使ってみようと

いろいろ買ってみました・・。

Dsc00432

バジル、ピザハーブ、チリペッパー、タイムパウダー、

ナッツメグ、ガラムマサラ、シナモン、ウーシャンフェン・・

とりあえずこんな感じ・・

ピンクペッパー、セージなんかも欲しいなって思ってます。

はっきり言ってどんな使い方すればいいのか・・・・・

とにかく、がんがんぶっかけてみようと思ってます。

その第一弾として、前回、サーモンソーセージ

作ってみましたがこいつはピサハーブが当り!で

うまい具合にできたんですよね~ぇ。

Dsc00374

今回は第二弾としてトンヘレを使ってポークジャーキー作り!

失敗してもいいように安い素材でチャレンジです。

Dsc00431

いつもなら、醤油たまねぎにんにく生姜

ブラックペッパーでたれを作って漬けるんだけど、

Dsc00434

今回は、塩、砂糖、ブラックペッパー、バジル、

チリペッパー、、ナッツメグ、ガーリックパウダー、

ピザハーブ
を適当にまぜてその中で豚肉をモミモミ!

Dsc00435

ジップロックに入れて、たまねぎを卸した汁を入れて

一晩冷蔵庫で眠ってもらいました。

Dsc00436

次の日、さ~っと豚肉を水荒いしたら

久しぶりに登場の干し網で日陰干し・・。

P1002633

半日ほど干すと、ほどほどに乾燥して良い感じです。

ジャーキーと言うと海外旅行に行った時にお土産で見かける

天狗のマークのビーフジャーキーを思い浮かべますが

あのビーフジャーキーはカチカチで旨くないですよね。

あんなの旨いと言う外人さんの味覚がわかりませんわ・・。

あんな硬いのではなくてもっとジューシーなジャーキーを

作りたいものです。

乾燥後は、フライパンで熱燻です。

P1002628

熱燻だけあって豚肉が焼ける香りが食欲をそそりますね~ぇ。

この香りだときっと出来栄えもよさそうですよ!!

やはり豚肉は火を通さないと怖いですからね。

ちょこちゃんもにおいでおなかがすいたようです。

Dsc00438

桜チップで10分ほど燻製してやるとこんな感じに仕上がります。

Dsc00439_2

艶々した素敵な色合いに仕上がりました!

夕飯まで、冷蔵庫でしばらく眠ってもらいます。

その間に本日のポン酒の購入に走ります・・・・

当然、小林酒店さんです。

Dsc00429

購入したのは高知県仙頭酒造

「土佐しらぎく 純米吟醸 吟の夢 微発泡酒」です。

最近は、やはり暑いので飲むのは発泡酒系ばかりです。

ついでに、御幸森商店街韓国スルメを購入。

Dsc00427

こいつが甘辛くて旨いのだ。

自宅に帰り、夕食タイム・・しらぎくを開栓します。

このポン酒にはガス抜きの穴がありません・・

ちょっと心配です・・でも・・・・

帰宅して2時間は冷蔵庫でキンキンに冷やしていたので

噴きこぼれないだろうと思ったんだけど・・・

タオル王冠を抑えながら周りのアルミを剥いだ瞬間!

シュポン!!と勢いよく噴出し・・

必死で手で押さえたけど・・

2合ぐらいはなくなっちぃました・・とほほ・・

仙頭さん・・できればガス抜き穴ほしいです

開け方を知らない人がいたら、飛び出した王冠が当たったり

蓋のアルミで手を切ったりしますよ・・。

購入した方は、くれぐれもご注意くださいね。

さてさて、しらぎくのお味です。

すこ~し甘めのフルーツ様の香り・・

口の中に入れるとまるでラムネのような味わいです。

フレッシュでさわやかなピチピチとした発泡・・

少し甘みが先行しますが、最後はすきっと切れます!!

実に飲みやすく恐ろしいスパークリングなポン酒です。

なぜ恐ろしいかと言うと・・一升飲めそうだらです(笑)

冷蔵庫から取り出したポークジャーキーと合わせます・・。

Dsc00453

ジャーキーをパクリ!!

今まで味わったことがない香りと風味・・。

なんだろう・・ちょっと舌に刺激がある・・

嫌味じゃない鼻にツンと来る香り・・

ハーブの香りもする・・

ペッパーが効いて・・・ピリリとして・・

むちゃくちゃ複雑奇怪な味わい。

中はジューシーだけどちゃんと水分が飛んでる。

はっきり言って旨い。

適当に入れた割には上出来!

Dsc00451

そこにしらぎくを流し込むと、

横文字のスパイスたちで満たされた口腔内を

ピチピチした味わいが一気にさわやかにしてくれます。

コカコーラでハンバーガーを味わうような感覚です。

スパイスが効いた肴には発泡系は似合いますね。

当然、韓国スルメともばっちし!

Dsc00456

コツジャンが効いた甘辛~いスルメ!!

癖になる味わいです。

ゆっくり噛み締めながらしらぎくを流し込みます。

う~ん!旨い!やめられないとまらないです。

韓国料理でも、ビーフジャーキーでもポン酒は

相性抜群!

外国産のスパイスが効いた肴でも十分ポン酒は楽しめますね。

今回のポークジャーキーの味付けはまあまあ成功かな・・

でも、スパイスはこんな使い方でいいのだろうか?!(笑

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (16) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)