簡単に酒肴レシピ

「絆」で今年もよろしく!

2011年がスタートしましたね。shine

明けましておめでとうございます!

本年もこの酔っ払いブログ、そして「愛ぽんの会」

Dsc05951

よろしくお願いします。

今年の干支は「兎」

酒恋さんの5回目の当たり年です。

毎回、兎のイメージは・・・・・・・・・

「脱兎のごとく過ぎ去る」

あっと言う間に過ぎ去っていきます。

今年は愛ぽん会のイベントできっとあっと言う間に

過ぎ去ることでしょう。

充実した一年にしたいものです。

昨年もこのブログ、そして何よりも日本酒を通じて

沢山の出会いがありました。

今年もそれ以上の出会いがあってほしいものです。

そしてせっかく出会ったんだから末長くお付き合いを

いたしましょう!

そして愛ぽんの会のを深めましょう!

そんな思いから、今年最初に味わったぽん酒は

千葉県稲花酒造 特別純米 絆です。

Dsc06053

稲花酒造では、まだ新しいブランドですが

その深みのあるどことなく懐かしい味わいと

少し高めの酸が人気でどんな料理にでもあわせやすい!と

ファンが急増中の一本です。

それもそのはず!

「つまみと合わせて旨い酒」をテーマに

仕込まれた銘柄だから当然ですよね。

酒恋さん的にはバニラのような香りも感じます。

合わす酒肴は、寿司屋用語で片思い

あわびです。

Dsc06085

あわびは片方に貝がついていて重そうだから

磯のあわびの肩重い→片思いになったとか・・。

愛ぽんの会の皆さんと片思いにならないように

食して両思いになるように祈願して頂きます。

と言うか・・年末に4つで1000円と言う格安で

売ってたらから。(笑)

余談ですが・・

最近市場とかで韓国・中国産だと思うあわびが格安で

売られてるのが目につくんです。

握りこぶしより少し小さいのが4つで1000円。

大きいのだと3つで1000円。

あわびと言えば高級食材なのに・・・

おそらく養殖だろうけど、味の違いなんてわからないし・・。

どちらにせよ嬉しいことです。

あわびと言えば・・・・

調理方法は、お刺身バター醤油焼きですよね。

嫁と娘がいないので一人締め!(笑)

4つもあれば堪能できます。

ますは、殻から本体を切り離し・・・

Dsc06087

岩に引っ付いてるところを塩で少しもみもみ・・

口の部分を包丁で切って、食べやすいように

隠し包丁を入れたら完成!

Dsc06089

忘れちゃいけないのは肝!!

Dsc06086

殻から潰さないようにそっと取り出し

軽く湯通ししたらOK!!

続いて、バター醤油焼き・・・・・

こいつも食べやすいように隠し包丁を入れて

Dsc06094

バターを溶かしたフライパンに入れてさっと火を通し

塩コショウをして最後に醤油をさっと一振りで完成です。

Dsc06098

出来立てをコタツに並べて一人正月・・・

Dsc06096

じゃない・・・・一人と一匹です。(笑)

Dsc06104

チョコちゃん目線だと・・・こんな感じ。

Dsc06103

刺身にレモンをさくっと搾りパク!

コリコリ!とした食感がたまりませんね~。

ふんわりとした磯の香りもナイスです。

そこに・・

酸が高めだからレモンの酸と良い感じです。

バター醤油焼きをがぶり!!!

Dsc06102

火を通すことでコリコリからプリプリに食感が変身!

旨い!!

刺身よりバター醤油焼きの方が断然好きですね。

そこにを・・・

深みのあるしっかりとした味わいが、

これまたバター醤油焼きにぴったり!

刺身によし!焼き物によし!煮物にもよさそう!

「絆」はオールマイティーなポン酒ですね。

愛ぽんの会も、日本酒を愛する仲間の

オールマイティーな会にしたいものです。

今宵の酒肴とポン酒の相性は
★★★★★・・・50点満点
当然ですよね!!

日本酒を愛する人の「愛ぽんの会」

入会資格は日本酒が好きな方ならどなたでも!

日本酒の良さをもう一度見直し、

わいわい言いながら健康に、楽しく飲みましょう。

皆さん、重ね重ねよろしくお願いいたします。

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (18) | トラックバック (0)

旨そうで 旨くない?ちょっと旨い ラー油??

今回は、ポン酒とは関係ない番外編です。

最近、食べるラー油が巷では流行っていますね。

特に以前このブログでも紹介した桃屋の

23545759_3607981644s_2

「辛そうで、辛くない ちょっと辛い ラー油」

最近、売り切れ続出で手に入れるのに非常に苦労します。

先日も友人に頼まれて、何十件とスーパーを回りましたが

どこも在庫はなし・・・・。

恐るべし、「辛そうで、辛くない ちょっと辛い ラー油」

桃屋の株、買いですね(笑)

桃屋だけじゃなく他のメーカーのもけっこう売れてるみたいです。

それに有名ホテルの中華料理店が作ったラー油なども

ネットでかなり売れてるみたいですね。

別格ですが石垣ラー油も有名ですよね。

で、たかが食べるラー油ごとき・・・・

そんなに人気なら酒恋さんが自分で作ってみちゃろ!と

チャレンジしてみました。

暇なんです・・(笑)

材料は、いろんな食べるラー油の成分を調べて・・・

酒恋さん風にアレンジ。

まず油は・・・・

Dsc04982

オリーブ油・・・・・250CC
キャノール油・・・・250CC
ゴマ油・・・・50CC

そして具財・・

にんにく1個 玉ねぎ1個 干しえび50G 干しホタテヒモ50G
アーモンド、スルメ、スルメせんべい 各100円均一袋

Dsc04943

Dsc04948

Dsc04949

Dsc04978

調味料
砂糖・・カレースプーン3杯
塩・・・カレースプーン1杯
オイスターソース・・カレースプーン3杯
赤味噌・・・・30グラム
マギーブイヨン・・・2個
韓国一味・・・カレースプーン4杯
炒りゴマ・・・カレースプーン2杯

Dsc04975

Dsc04976

Dsc04981

赤味噌+オイスターソース+マギーブイヨンの代わりに
XOジャン、コツジャンでもOK。

器に赤味噌以外のすべての調味料を混ぜておく

Dsc04983

   ↑↑
   うんことちゃうよ(笑)

作り方は・・
にんにくはスライス、たまねぎはみじん切りにして小麦粉をまぶす。

あわせて油に、まずはにんにくを入れて揚げて

フライドガーリックを作る。

Dsc04986

 

Dsc04987

いったん上げて・・・・

今度はたまねぎを揚げてフライドオニオンを作る。

この行程が面倒な人は、スーパーにフライドガーリック・オニオンが

売ってるのでそれを使うとよい。

揚げてる間に、残りのすべての具財をみじん切り・・

Dsc04950

Dsc04974

出刃包丁で、がしがしと・・・

アーモンドは袋のまま包丁の背中でたたいて粉々に。

Dsc04946

Dsc04947

フライドガーリック・オニオン、そして具財が粉々になったら

揚げた油に、フライドガーリック・オニオン以外の具財を

入れて揚げる。

Dsc04958

2~3分たったら、そこにフライドガーリック・オニオンを入れて

火を止めて、そこに赤味噌以外の調味料を入れて混ぜる。

混ざったら、最後に赤味噌を入れてしっかり溶かす。

Dsc04990

Dsc04991

温度が下がったら、瓶に詰めてこれで完成!

Dsc04999

お遊びで、こんなラベルを・・・

Dsc05016

Dsc05019

「旨そうで、旨くない ちょっと旨い ラー油」

ちょいと味見・・・・

Dsc05021

お!!これまじめちゃくちゃ旨いぞ!!

海産物のダシがむちゃくちゃ効いてて、

ご飯に乗っけるのもよし!このまま酒の肴でも十分!

焼酎には絶対に合う!!

トーフにのっけても、ラーメンに入れても絶対旨い・・・はず・・。

自慢じゃないけど(自慢です笑)、桃屋のラー油より

はるかに旨い!!!

さっそく友人数人に試食してもらおうと配りましたが

大絶賛でしたよ!!

売り物になるぞ~!!って。

大量に作って販売してもらおうかな??(笑)

下準備に少し時間がかかるけど、1時間もあればできるので

暇な人はぜひチャレンジしてみてね。

今宵の酒肴??
★★★★★・・・・・50点!!
でもね・・・けっこう材料費かかるんよ(涙)

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (20) | トラックバック (0)

ミノの湯引きで「小左衛門 特純 五百万石」

台風18号が日本列島にかなりのダメージを与えましたね・・

被害にあわれた皆様、心からお見舞い申し上げます。

大阪直撃?!とも思われましたが、

幸いにも東にそれて 大阪直撃は免れました。

それでもかなりの風雨・・

一番影響があったのは明朝4~7時ぐらいだったかな・・。

街にはそこらじゅう強風で倒された自転車や看板が転がり

台風の爪あとを垣間見る朝でした。

で、いつものように夜勤明け・・・・・

晩酌の肴をGETしようと鶴橋商店街をうろうろ・・。

さすがに台風の影響で閉まってるお店も多かったです。

八百屋はかなりの品薄・・・。

魚屋は前日からのシケで近海物の海産物はほとんどなし・・

店先には冷凍物のまぐろや養殖物、貝類が目立ちます。

こんな日は刺身類は避けたほうが無難・・

逆にいつもと変わらないのが塩乾物屋・・・

鯵、鰈、ほっけ、塩辛等のいつもの顔ぶれが

いつものように並んでいます。

今日は、野菜や魚類はやめて、

動物性のもので一献といきますか・・。

動物性と言っても最近は鶏類はけっこう食ってるからな~。

基本的に豚肉焼酎の方があうと思うので

今宵は!!でいきますか!

牛と言ってもステーキ肉や刺しの入ったロースカルビじゃなくて

とうぜんホルモン系です。

酒の肴にはやはりホルモンでしょう!

そんな感じでホルモン専門店で購入したのが生ミノです。

Dsc01870

残念ながらグラム350円・・200g買ったので

ワンコインといきませんでした・・。

ミノと言えば、炭火で焼いてビールを飲みながら、

香ばしくてコリコリ!っとした歯ごたえを楽しむのが王道ですが

ポン酒の肴にするのなら、湯引きが一番!!

食べやすいように表面に隠し包丁を入れて、

Dsc01872

薄く切って、沸騰した湯に30秒ほどくぐらせ氷で締めればOK!。

それをもみじおろしを添えたポン酢でいただくのが旨いんです。

Dsc01875

合わすポン酒は、 岐阜県中島醸造さんの

Dsc01873

特別純米 小左衛門 越中五百万石 生です。

中島醸造さんと言えば、オリラジのあっちゃん似

Dsc01760

蔵頭 渡辺さんのいる蔵です。

その特別純米 五百万石・・・

開封するとフルーティーな香りが華やかに漂います。

これは中島醸造さんのポン酒にすればかなり珍しい・・・。

一口含むと、そのフルーティーな香りがスーッと

鼻腔を抜けていきます。

味わいもすごくフレッシュでジューシー!

まるでマスカットジュースのようです。

それでいて膨らみのあるお米の味わいが素敵で

最後は小左衛門らしく、しっかりした酸が切れ味を

演出します。旨いです!!

女性向きかもしれませんね。

そんな小左衛門 特別純米 越中五百万石を楽しみながら

ミノ湯引きを一口。

Dsc01881

コリコリっとした歯ごたえがたまりませんね~。

それに、噛めば噛むほど旨みが滲み出てくる感じ。

ポン酢ともみじおろしが味わいを上手くアシストしています。

あっさりした中にも、ちょこっと獣を感じるところもあり

肉を食べてるな~って感じがします。

ポン酒と合いますね~。

実に旨いです。

香りのあるポン酒や吟醸系には特にいいと思います。

200グラムって少ないようで湯引きにすると

けっこう量がありますよ。

これで半分より少し多めに切ったんですが、

これだけの量ですからね。

でも、のんびりポン酒を飲みながら

肴を味わうタイプの酒恋さんに対し、

嫁はパクパク食ってしまうタイプなので、

あっと言う間になくなりましたが・・。

結局、残りを切り、もう一回湯引きを作ったんですが

なかなか良いポン酒の肴ですね~。

それに最近、柔らかいものばかりを肴にしているから

顎を鍛えるのにもちょうどいいです。(笑)

現代人は、固いものを食べなくなってきたから

顎が退化して顎関節症の方が増えてきているみたい・・。

柔らかいものばかり肴にして飲んでる飲んべ~の皆さん!

たまには顎を鍛えるのも大事ですよ!!

ポン酒の肴と言えば野菜や鮮魚などに目が行きがちですが

たまにはこんなホルモンで顎トレしながら飲むのも

いいんではないかい?!(笑)

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「霧想雫」で酒恋流サーモンソーセージ!

先日、北海道の福司酒造さんから届いたお酒・・・

「霧想雫」(むそうだ)

P1002397_2

お酒の名前をブログ読者から公募するという

ユニークな発想で生まれたポン酒です。

霧の街、釧路・・・・・・・・・

そんな釧路の霧を想いこぼれ落ちる美しい雫を

思わせるところから浮かんだ名前だそうです。

360本限定の吟香造り 特別本醸造。

すでに完売???!!!

もちろん、酒恋さんも別の名前で応募しましたが

あえなく却下でした・・・・・。

そんな霧想雫で今宵は一献・・・・

さて、肴は何にしようか??!!

北海道といえば、かに、ホタテ、鮭、いくら・・

ジンギスカン、・・・・・旨いものが沢山。

そんな食べ物を頭に入れながらいつもの鶴橋商店街を

うろうろ・・・・。

ワンコイン(略してワンコ)で買えそうなものと言えば

ホタテと鮭ぐらい・・・

う~ん・・・・とりあえず、鮭にしよう!!

バターで炒めてレモンを絞ったり、ホイル焼きで食べても

なんとなく北海道チックでいいかな・・・。

そんな思いで買った北海道産甘鮭 398円

Dsc00352

支払いを済ませて、お店を出たところで

さつま揚げを実践販売してるのを目撃。

白身魚をすり身にして適当に具材を入れて

油で揚げるだけで旨そうに出来上がる・・。

お!!これを鮭でやったら面白いかも!!

いやまてよ・・・揚げると後片付けが面倒なんで

こいつを得意の蒸し料理にすればどうだろう??

白身魚のすり身を蒸したのがかまぼこだから

上手くいくかも!

そんな発想で自宅に帰りさっそく鮭のかまぼ作りに挑戦。

甘塩に味がついているからそのまま使います。

P1002622

皮と骨を取り除き、まずは出刃包丁で叩きたおす!

Dsc00353

次にひたすらすり鉢とすりこ木でこねくりまわします。

Dsc00354

すげえ重労働・・フードプロセッサーが欲しい・・。

すり鉢で頑張ったけどあんまり滑らかになりません・。

ま、いいか・・こんな時は妥協が必要です・。

でも、このまま蒸してたら、間違いなくパサパサで

ぼろぼろに崩れそう・・何かつなぎが必要です・・

それに、具も入れた方が旨そうです・・。

と言っても思い浮かばない・・・。

かまぼこに入れるもの・・・・う・・・・。

考えたあげく、和から洋への発想の転換!

かまぼこをやめて、ソーセージにしたらどうだろう!??

和がかまぼこなら、洋はソーセージ

そうだ!!そうしよう!!と言ううことで

ニンニクとたまねぎのみじん切りを入れて、

ついでにすりおろしたたまねぎも入れて

P1002623

ブラックペッパーピザハーブナッツメグを放り込み

ソーセージぽい味になることを期待しつつ・・

小麦粉をつなぎに入れて練り上げて

Dsc00360

サランラップに包んでキャンディーのように包んで

いつもの蒸し器で約10分!!

Dsc00364

できた~!!!

熱々のキャンディーの包みを取ると・・・

Dsc00368

たまねぎとハーブの良い香り!!

OH!!こいつは旨いかも!!!

できればレモンを搾りたいな・・・・。

燻すともっと旨いだろうな~・・。

とりあえず1個は次回の燻製用に置いとくことにして

一つをスライスして、いつもの皿に盛り付けます!!

Dsc00374

なかなか見栄えは良い感じです!!

さて、「霧想雫」を開封します。

す~っと漂う吟醸香・・・洋ナシと言うのか

メロンと言うのか・・果実のような香りです。

一口含むと原酒らしいピチピチした味わいと

鼻腔に抜けていくフルーツの香りが素敵です。

この香りの影響かなんとなく甘く感じます。

でも、後口はすきっとして端麗な味わい。

この蔵の純米酒 福司を飲んだ時に感じた

若干の渋みや、苦味が感じなくてすべるような飲み口・・

4度ぐらいの温度飲んだらベストかなぁ・・。

酸味を抑えた白ワインのようなポン酒です。

Dsc00373

鮭のソーセージを一口・・

口当たりはまさに魚肉ソーセージ

ニンニクとたまねぎの風味、それに初めて使ったけど、

ピザハーブの香りが鮭と合いますね~

適当に放り込んだ横文字のスパイス達が

なかなか活躍して、純和風の我が家にはなかった味わいです。

こりゃ旨いです!

必死にすり鉢とすりこ木でこね回した甲斐がありました・・。

霧想雫がすすみます!!

霧想雫ってイタリアンとかと合うような気がしますね。

結局、燻製用に残しておいたもう1本も食べよう!

ってことになり燻製はおあずけ・・・

次回、もう少し大量に作る予定ですが、それまでに

フードプロセッサー買わないと・・

これ以上量が増えると手首が持ちません・・・。

嫁よ!!食ってばかりせず小遣いくれ~!!

ブログから生まれたポン酒「霧想雫」。

アイデアも抜群ですが、中身も良い酒ですよ!

追記

福司酒造さんは、本年度、全国新酒鑑評会の金賞受賞蔵。

北海道の気候を上手く利用して自然の温度管理により

旨い熟成酒を造られてる蔵元さん。

太平洋の下(海面下225M)に設けられた坑道を利用して

日本一深い場所で貯蔵熟成された海底力(そこちから)や

ハマナス酵母を利用した純米酒 花華など、斬新なアイデアと

素晴しい技術で醸されたポン酒があったり

日本酒を使ったスイーツ、石鹸など、

ポン酒以外の商品があったりと

今注目の蔵元さんですよ!。

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (23) | トラックバック (0)

激旨酒肴!Part2「黄身味噌酢編」

Part1で作った豆腐の味噌漬けの味噌床、

もう1~2回ぐらいなら豆腐をつけることも可能かな。

P1002307_2

でも、同じ酒肴と言うのもの面白くない・・。

味噌汁に使うのが一番手っ取り早いだろうけど

以前のブログでも紹介した油味噌にする手もあるし

これも以前紹介した卵の黄身を漬けて、

P1000799_3

黄身の味噌漬けと言う方法もある・・・・。

P1000812_2

さて、いかがしようか・・・・・。

得意の一休さんに変身・・・・・・

ポク、ポク、ポク・・・ポク・・う~ん・・

今日はなかなか案が浮かばない・・・。

無難に前回、好評だった黄身の味噌漬けにするか・・。

そんな事を思いながらネットで黄身を使う料理を

あれこれ調べてると・・・・

黄身酢と言うものがあるのを知りました!

黄身に酢、醤油、味醂、だし・・なんかを入れて

湯煎にすると味噌のように粘ってくるそうです。

それを、貝柱やいろんな物に塗って食べると旨いらしい。

和風のマヨネーズみたいなものですね・・。

そこで、ひらめいた!!

醤油、ダシの変わりに、味噌を入れてみよ!

味噌のように粘るならはじめから味噌を入れても同じ!

少し味醂と砂糖でも足せば面白そうな味になるかも!

とりあえず、やってみよ!!と言う事で、

お鍋に黄身3個と同じ分量ぐらいの味噌と味醂と砂糖を

入れてかき混ぜ、酢も適当にぶち込んで

湯煎をしてみました・・・。

Mazeru_3

果たして固まるか・・・・

湯煎1分ほどでクリーム状に・・・・

P1002312_3

3分もすればパンプキン餡みたいな色で

元の味噌のような堅さに・・・。

Neru_2

少しすくって舐めてみると・・

OH!!なんてこったい!!こいつはいけるぜ~!

味噌マヨネーズと言った表現が的確かな・・。

P1002315_2

これだけでも酒肴になりそうだけど

野菜につけたり、貝柱につけたり、

海老につけたりして食べたほうが旨いはず!!

特に海老マヨが人気の我が家だから、

今宵は海老に付けて食べてみよ!!

さっそく、スーパー万代に走りブラックタイガーを購入!

P1002316_2

当然、ワンコイン!!です。

P1002318_2

それに串を刺して、沸騰してから海老を入れて

再沸騰後1分加熱・・

1分後火を止めて2分間そのまま。

これぐらいの茹で時間が一番海老の旨さをひきだします。

ぷりぷりです!

後は、殻を剥きながら背腸を取って完成!!

さ、後は、ゆっくりポン酒と味わうだけです。

Part3へ・・

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

激旨酒肴!Part1「豆腐の燻製編」

久しぶりに、これぞポン酒の肴!!

と呼べるものができた・・・。

それも同時に2品!!

あまりにも長文になるので1品ずつ紹介していきますね。

誰にでも間単にできるポン酒の肴!!

家飲みがこれで楽しくなりますよ。

まずは、その1つをご紹介!

久しぶりに何か燻してみようと材料を探しに

スーパーをうろうろ・・・。

性格上、ありきたりのものでは面白くない・・・・

でも、さすがに近所のスーパー万代では

たいしたものはなし・・・。

燻すのやっぱりやめようかと思ったときに

ふっと目に止ったのが「豆腐屋信吾」。

P1002234

たしか、このブログによくコメントをくれる

あいぽんの旦那と同じ名前の豆腐。

かなり旨い!!って言ってたよな~。

あいぽんを信じよう!(笑)

そう言えば、神奈川県でおいしい豆腐の燻製を作っている

燻し屋さんがいるのを聞いたことがある。

  注:「湘南燻し工房がんさん」

作り方はわからないけど何とかなるだろう・・。

日にちはかかるけどこいつを燻製にしてみよう!

と言う事で豆腐の燻製にチャレンジ!!

豆腐料理は、まずは水抜きが基本なんで自宅に帰り

信吾をキッチンペーパーで包んでまな板にはさみ

重石をしてしばらく放置。

P1002239

1時間ほどしてから重石をどける。

ここからどのよう燻製に持っていくか・・・。

豆腐は壊れやすいので原型を保つのが難しい・・

塩でしめるか味噌に漬けるか・・・。

悩んだ末・・・味噌に漬けることにした・・。

豆腐の味噌漬けは以前にも作ったことがある。

その時は赤味噌麹味噌を半分半分に混ぜて

そこに味醂を入れて味噌床を作った・・。

P1002236

でも、家族から辛い!とあまり評判がよくなかったので

今回は鹿児島産の麦味噌で作ることにした。

P1002319

九州の名産ヤマウニ豆腐は麦味噌で作るそうなので

それを真似てみる。

麦味噌に砂糖と味醂を適当に混ぜて味噌床を作る。

できた味噌床に、水切りをした信吾を入れる・・

と、信吾をそっと持ち上げようとした瞬間・・・・・・・

OH!!・・・なんてこったい・・オリーヴ・・(ポパイ風)

信吾は意外にヘタレだったのだ・・・。

P1002241

水分の抜けた信吾は持ち上げた力であわれ粉々・・(涙)

信吾は燻製に向いていないようだ・・。

残骸は、冷奴で食べれるから良しとしよう・・。

でも、なんか悔しい・・・

せっかく味噌床を作ったんだからなぁ・・・・

もう一度チャレンジしてみようと近所の豆腐屋に走る。

向かった先は今や少なくなった自家製豆腐のお店。

濃厚な豆の味がする豆腐が人気です。

特にできたての厚揚げが旨いのだ!

あったらついでに買って帰って信吾の残骸と、

厚揚げにネギを挟んで焼いて本日の酒肴にしょう。

が残念・・すでに焼き豆腐しか残っていなかった。

燻製用には木綿がほしかったけど仕方がない・・。

むしろ焼き豆腐なら強いので燻製にむいてるかも?!

そんな想いから焼き豆腐を購入。

P1002240

自宅に帰りさっきと同じ方法で水抜きして

ガーゼに包んで味噌床に・・。

P1002243

さすが焼き豆腐!今回は潰れません!

豆腐の味噌漬けは最低2日は漬けた方が旨いので

そのまま冷蔵庫に。

P1002242

2日後・・じゃじゃん!!いい感じに漬かってます。

P1002308

このままスライスして食べても十分旨いはずです。

でも、今回は燻製が目的・・・

そのまま1時間ほどキッチンペーパーの上で乾燥させて

P1002309

いつものフライパンにサクラチップを放り込んで

20分ほど燻してみる・・・・。

P1002311

少し燻しすぎた感があるが・・・まいいか・・。

煙臭さを飛ばすためにしばらく冷蔵庫に放置・・

晩酌が楽しみです!

さてさて、その間にもう一つの肴作りに取り掛かろう!

part2へ続く

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)