渡會本店・・・・山形県

甘いマスク!「純米吟醸 和田来」

参考にさせてもらっている「燻製道士」さんの

ブログ「燻製記」で鶏はむの燻製の記事を

読ませてもらって、久々に「鶏はむ」を作りたくなりました。

「鶏はむ」は数年前、2チャンネルでブレークしたころ、

ちょくちょく作っていたけど、そういえば最近作ってない・・・。

家族には好評だったけど、最後は飽きてきて・・

よく考えれば、これもワンコインでできる

お手軽のポン酒の肴。

久しぶりに作ってみるか!!と

さっそく、いつもの市場をウオーキング!!ありました!!

三重県産、朝ひき鶏の胸肉が590グラムで401円。

P1001964

ワンコインでお釣りが来ます。

さっそく自宅に帰り、調理にかかります・・

調理と言ってもたいしたことないんですけどね。

とは言え、鶏はむは調理は簡単でも結局・・・・

「はむ状」になるのは2日後・・・・

その日は、仕込みのみです。

ところで、何で鶏はむの「はむ」「ハム」じゃなくて

「はむ」?なの?って

鶏はむを知らない人には突っ込まれそうですが

ようは、偽者のハムだから「はむ」だそうです。

「ハムもどき」!!ですね。

詳しくは「鶏はむの館」をご覧下さい。

で、その日は、蜂蜜の変わりにオリゴ糖を・・。
(詳しい作り方は「鶏はむの館」参照してね)

P1001965

オリゴ糖・塩・ブラックペッパーの順にすり込んで

P1001967

ジップロックに入れて空気抜きをして冷蔵庫に保管。

胸肉が2つあったので1つにはハーブをすり込んでおきました。

P1001966

2日後、ジップロックから取り出して塩抜きした後、

タコ糸でボンレスハムみたいにくるくる巻いて形成します。

P1001074

後は、沸騰した湯に入れて再沸騰したら

数時間ほっとくだけなんですが、

一つにはハーブがすり込んであるので

香りが逃げるのが嫌なのと

煮ると鶏肉の旨みがスープに溶け出して

逃げそうなのでラップにくるんでみました。

片方はそのままダイレクトにつけて沸騰させます。

P1001073

煮汁には、白葱の青い部分ニンニク生姜

一かけ潰して入れて香り付けしてあります。

朝、沸騰したその煮汁に掘り込んで

再沸騰したら火を止めて後は夕方取り出すだけです。
(酒恋さんはとりあえず沸騰して3分ほど煮ました)

で、完成したのがこれ!!

P1001077

ラップに包んでいたほうは、後日燻製にするために

冷蔵庫で熟成です。

本日は、直接煮た方をそのまま味わいます。

スープも塩と胡椒で味付けして、溶き卵を入れて

チキン卵スープにできますよ。

ついでに、本日買ってきた250円「鰰の干物」

燻製にしときました。

P1001904

P1001909

401円の半分と250円だから450円!

複合技のワンコイン「肴」完成です!

今宵のポン酒は山形県 渡會本店

「純米吟醸 和田来」です。

P1001908

まずは冷やして・・・・・・・・・

開封すると優しい柑橘系の香りが漂います。

一口含むとすーっと鼻に抜けていく香りと

ふわ~っと広がるが甘みが良い感じです。

すきっとした甘さの余韻が、香りを忘れさせて

くれて、食中酒としても良い感じ。

少し渋いかな~って思ったけど

旨みがたっぷり感じる、久しぶりに飲んだ

甘いマスクのポン酒ですね。

出来立ての鶏はむをスライスしてお皿に盛り

和田来で一献!なんか贅沢ですね。

P1001079

鶏はむの出来栄えですが、茹ですぎるとカスカスになるけど

今回はジューシーで非常に出来具合がいいです!

P1001081

少し塩が効いている感じがしますが、

ブラックペッパーがいかしてるワイルドな酒恋家の味です。

ビール党にはたまらないと思いますよ。

もちろん、ポン酒党にもね!!

自己満足に浸りながら、ゆっくり鶏はむを味わいます。

甘いマスクの和田来がうまい具合に塩辛さを調和してくれます。

彼は包み込むような包容力をお持ちのようです!

良い感じです!!

次に燻製にした鰰と・・・・・・・・・

鰰の燻製・・干し物の塩加減と魚の旨み、

それにスモークが調和して旨いです。

そこに「甘いマスクの和田来」を流し組むと、

口の中で素敵なクインテッドの完成です!

そのまま、ごっくん!!と飲み込むと

「酒恋の旦那!山形は14代だけじゃないですぜ!!」

って、渡會本店の杜氏さんの声が胃の中に響きます。

少しぬる目の燗につけると、しぶみが消えて

包容力が増しますね!

P1001066

「純米吟醸 和田来」!なかなかやります!

甘いマスクで包容力があるいかしたポン酒です。

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (18) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)