菊の里酒造・・・・(栃木県)

鯛蕪で大那特別純米中汲

年末となるとほんといろいろ用事があるものです。

忘年会に、大掃除に、年賀状、車のワックスかけ・・

歳暮の買出し・・

カレンダーで言えば12月31日が終わり、

1月1日に変わるだけなのに、

新年とはたいへんなものですね。

我が家は昨日やっと年賀状が終わりました・・。

すべてパソコン任せの味気ない年賀状なんですが

携帯メールでおめでとう!!と言うよりも

形のあるもので新年の挨拶をするほうが

少しでもぬくもりを感じるわけで・・・。

昔は宛名から、裏面まで手書きで必死に書いたもの。

おかげで年賀状を書くのに2日はかかりました。

版画とかも手を血だらけにして彫ったものです。

今は、3時間もあれば200枚ぐらいはあっちゅ間に

できちゃうんですからね。

便利なのはいいけれど、

この時代に生きててよかったのかどうなのか・・

ま、そんな話は置いておいて今宵の酒肴。

なぜか我が畑は蕪だけは毎年できが良いのです。

Dsc08717

今年も大豊作!!

子供の頭ぐらいある聖護院蕪がぼこぼこできます。

大根はあまりできが良くないのに不思議です。

土の成分でしょうね。

我が畑で採れた蕪と鯛を使って鯛蕪です。

Dsc08689

Dsc08690

鰤と大根が相性がいいように

鯛と蕪は相性がいいんですよ。

これが鯛と大根、鰤と蕪だといまいちなんですね・・・

不思議です。

まずは鯛に多目の塩して30分ほど放置・・

Dsc08692

その後、熱湯にくぐらせ霜降りに・・

そして冷水で血合いやうろこをさっと流して水気を切って

置いておきます。

蕪は厚めに皮をむき、8等分ぐらいの串切りに。

Dsc08691

もちろん皮は捨てずに塩もみして柚子をあえたら

即席の漬けものに変身です。

Dsc08703

水:みりん:酒:薄口醤油をあわせたものに
(こんな感じ・・600CC:30CC:30CC:20CC)

切った蕪を入れて、沸騰したら鯛も入れます。

Dsc08699

10分ほどで鯛を取り出し、

後は蕪だけを15分ほどやわらかくなるまで煮て

そこに鯛を戻して片栗粉でとろみをつけて

柚子の皮を散らせば鯛蕪の完成!

柚子の香りと鯛の出汁がしゅんだとろとろ蕪が

たまらんのよこれが!!

Dsc08706

本日は冷めにくいように土鍋に移して

温めなおしてからいただきました!

はじめから土鍋で炊けばよかった・・gawk

合わせたポン酒は魚柄仁乃助師匠から頂いた

栃木県菊の里酒造 特別純米大那仕込み1号初搾り

Dsc08654

それも直汲みです。

Dsc08656

数が少なくてまず関西には出回らない一本。

そんな貴重なお酒を師匠からいただきました!

師匠!ありがとうございました!

この大那、さすがにいいですね~!!

飲んだ瞬間はしゅっとしたスレンダーなボディーのイメージ。

しかしふわっとした甘みがボディーにふくらみを与え

フレッシュだけど新酒らしくないやわらかさを感じます。

スレンダーだけど出てるところは出てる!(笑)

生まれたときから大人の雰囲気を持つ一本です。

鯛蕪と実に合いますね!!

Dsc08708

柚子の香りと新酒のフレッシュな香りが

食欲と酒欲の相乗効果を生み・・・

とろとろの蕪からにじみ出る鯛の旨みが

自然と杯を口元に運ばせます。

なんとも上品な味わいです。

おかげで4合瓶なんてあっという間でした。

当然、片手で獅子丸を押さえつけながら

飲みましたけど・・(汗)

Dsc08670

本日の酒肴とポン酒の相性は・・
★★★★★・・・50点満点!

鰤大根、鯛蕪・・

どちらも根菜と魚だけど、

鯛蕪は純米や純米吟醸・・・

鰤大根は山廃系がおすすめですね。

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

| | コメント (15) | トラックバック (0)

「大那 特別純米」でLDHを吹っ飛ばせ?!

先日、健康診断の結果が届いた・・・・

尿酸値以外は大丈夫だろうって思ってたのに・・・

「ガ!!び~ん!!」

封筒を開けると中には、徳光和男が微笑んでいた。

尿酸は予想とおり・・・

数ヶ月前から投薬をやめていたんで高いのは

覚悟していた・・・

でも意外や数値は7.2・・・

境界は6.9なんでまだましな方で、

ここ数年で一番低い値。

お水を一日2L飲むことで改善されているみたい。

問題は・・・LDL(俗に言われる悪玉コレステロール)

なんと159!!基準値が119なんで40mg/dlも

オーバー・・・・・

HDL(善玉)は69あるので安心なんだけど・・。

総合所見欄に、

 「検査結果に所見を認めます!!
  医療機関で更に詳しい検査を受けてください!!」

だって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

LDLと言えば、やはり食生活よね~ぇ・・・・・

やっぱり卵系があかんみたいやね・・・・

あと、チーズ、レバー、牛肉・豚肉の脂肪分なんかも。

肉系はあまり食べないけど、くっちゃなんねえの調べりゃ

好きなものばっかりやん・・

大豆製品やささみが一番いいのはわかってるんですが

さすがに、こればっかりでは・・・・

過去を振り返ると検査結果後、しばらくは食生活に気を

使おうと努力はするものの

「喉元過ぎれば、熱さ忘れる」ですぐに元の食生活に・。

でも、今回はお年頃になってきたので、

結果を厳粛に受け止めて、しばらくは、

豆腐とささみ中心の食生活にしようと思ってます。

と言うわけで、本日もワンコイン肴を買いに鶴橋商店街に。

いつもの鶏屋さんに行き・・・・・

刺身用のささみを購入・・・・

しかし、横に並んでいる旨そうなを見ると・・・

トホホ・・我ながら意思の弱いこと・・・

喉元どころか、口元過ぎる前に・・・・・・・

やっぱり購入していました・・・。

そして

「逆もまた真なり!毒を食らわば皿までじゃ~!」

と、半ば、焼けうん子じゃない、やけくそ気味に帰宅したので

ありました・・・。

さてさて、本日のポン酒は栃木県の「大那」。

前から、一度味わいたいと思ってたポン酒です。

栃木の酒と言えば若手杜氏が頑張っている蔵が多く

最近人気が高いです。

中でも大那の菊の里酒造さんは

栃木酒のリーダー的な存在。

大阪では、2店舗しか取り扱いがないみたいで

ほんまもん小松屋さんと言うお洒落な酒屋さんで

P1001573

扱ってると聞いて「純米吟醸」「特別純米」

購入してきました。

綺麗なエメラルドグリーンの純米吟醸は後日飲むとして

本日は、シンプルな白ラベルの「特別純米 大那」

P1001576

で、ささみの湯引生キモを。

ささみはさっと湯通しして葱をたっぷりぶっかけて

ポン酢でチュルっと。

P1001393

生キモは、同じように葱をたっぷりかけて、

ついでに、にんにくスライスもトッピング。

それを塩とごま油でパクっと!

P1001391

大那の特純をこのブログにコメントを下さる

謎の美女hisami姫が作ったお猪口で

ぐびぐびやりながら、交互に鶏の体を味わいます。

「大那 特純」は、ごま油となかなかのマリアージュ。

香ばしく、ふわ~っとしたごま油の味わいを

さらりと喉の奥に消しさる瞬間がたまらないです。

この大那って、香りよりも純米酒らしく旨みがたっぷり、

肴の味を邪魔をしない嫌味のない酸味が心地よく

クリアーな感じです。

ささみであわすと、その味わいが

P1001394

鮮明にわかりますね・・・。

4号瓶なんてあっという間になくなってしまいます。

栃木酒!旨いです。

けっきょく、いつものようにがっつり飲んで、食って・・・

健康管理なんて、どこ吹く風・・・・

人間、旨いものを我慢して長生きするよりも

元気な時に、がっつり食べて、太く、短く、

食生活を楽しむのも酒恋的人生!

たぶん、これからもこんな食生活でしょうね・・。

ポン酒には体に良い成分も沢山存在するので

飲んでLDHが解消されないかな・・・

だれか研究してほしいなぁ・・・・

あ!!そうだ!自分でやればいいんだ!

というか、毎日これだけ飲んでりゃ

人体実験中みたいなもんやからね。

身を持って研究してみます!!

来年、LDHが減っていれば、

「ポン酒飲めばLDHの値が下がる」って

このブログで全世界に発表します!!(笑)

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (18) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)