魚柄仁之助

【ミッション1】酒粕で塩辛を作るのじゃ~!

やっと忙しいのも解消しつつあります。

そろそろ1週間に2回くらいはブログを更新できそうです。

みなさま、これからもよろしくお願いいたします。

先日、私の職場がある大阪港に

クイーン・メリー2が入港してきました。

Dsc09267

クイーン・メリー2とはイギリス船籍の豪華客船。

全長345m 総トン数148,528トンと言う動く海上ホテルです。

隣の海遊館の観覧車と比べるとその大きさが

伺えると思います。

入港当日は小雨が降ってましたが沢山の見物客で

ごった返ししてましたよ。

それと乗客の外人さんが沢山!

ほんと船の旅っていいですね~。

世の中で一番贅沢なたびだと思います。

定年したら1度でいいからこんな豪華客船で

地球をクルージングしてみたいものです。

さて、今回の酒肴・・・

実は数日前に「魚柄仁之助」師匠から2つの

ミッションを達成するようにメールが届きました。

そのミッションとは「塩辛を作れ!」です。

今回の酒肴はミッション1・・・

酒粕を使用してイカの塩辛を作るのじゃ~!!です。

普通の塩辛でも酒の肴としては十分ですが

今回はそこに酒粕を入れるともっと旨いぞ!と言う

師匠の教えです。

いわば今流行の塩麹の原型みたいな感じですね。

材料は、塩10グラム、イカ2杯、酒粕100グラム、

柚子胡椒3グラム。

塩は酒粕の10%です。

Dsc09141

酒粕は当然、造りをお手伝いさせてもらってる

奈良の大倉本家のもの。

この酒粕で作った粕汁は抜群に旨いんですよ。

人気がありすぎて売り切れ状態ですが

酒恋さんは身内の特権で沢山持ってるんです。

その酒粕100グラムに塩を10グラム入れて

しっかり練り合わせ、

Dsc09140

そこに捌いたイカのキモをまぜあわします。

Dsc09145

そいつを瓶に放り込んで後は短冊に切ったイカと

最後に柚子胡椒を風味付けにいれて混ぜたら

できあがりです。

Dsc09149

すぐに食べれますが、今回のミッションは2日間は

寝すのじゃ~!と言う指令なんで2日我慢です。

でも、ちょこっとつまんで食べましたけどね。

出来立てでも十分旨いです。

これは期待が持てますよ。

2日後の晩酌・・・・

Dsc09272

塩辛らしくピンク色に変色した酒粕入り塩辛柚子風味で

一献です。

合わすポン酒は当然、奈良県大倉本家!!

山廃純米 陽の光 無濾過生原酒 おりがらみです。

Dsc09270

搾りたてすぐなので開栓したときにガスで蓋が

天井にぶち当たるほどの元気印です。

少し甘みを感じシュシュワピチピチでこれがど絶に旨い!!

この酒を搾った酒粕で作ったイカの塩辛だから当然相性は

抜群です。

そのイカの塩辛・・・・

ほのかな柚子の香りに、磯の香りと麹花の香りが

うまくアンサンブルを奏で、こりこりした歯ごたえに

麹の作用でまろやかになったイカの旨みが絶妙!

普段食べてるイカの塩辛とはまた違った味わい。

これは旨いです!!

普通のイカの塩辛はご飯のお供の方が良いと思いますが

これは断然、酒肴です。

Dsc09275

今宵の酒肴とポン酒の相性は・・・
★★★★★・・・・50点満点!!

当然ですよね。

次回はミッション2!

アボガドで塩辛を作り、日本酒とあわせてみるのじゃ~!です

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (12) | トラックバック (0)

魚柄さんと「おどりや」にて

久しぶりに、魚柄仁之助さんと飲むことになった・・。

と言うよりも、無理やり一緒に飲んでもらった・・

と言ったほうが正しいんですが・・・・

大阪入りしていたのを知っていた酒恋さんが

一杯飲みませんか?とメールしたところ、

「今日は、ラジオ出演や、600人相手に講演が
  あったから疲れてます・・・堪忍して~」

と、泣きの返信があったのに・・・・・・・・

無理やり泊まっているホテルを聞き出し、

「今からそっちに向かいます!、逃がしませんで~」

と超迷惑メールを送りつけ、強引にタクシーで押しかけ

魚柄さんを拉致、そのまま、宿泊しているホテルの

近所の「おどりや」と言う海鮮炉炉端屋さんに

連れ込んだのでありました・・・。

その「おどりや」さん、お店の写真は撮りそこねましたが

なかなかええ店でした!

カウンターにテーブル、奥に座敷3つほどあったかな??

キャパは40人ぐらい・・・・・と思う・・。

P1001368

こじゃれた割烹のような感じですが、値段は良心的。

たまたま入ったお店でしたが、

ポン酒好きにはピン!とくるのか

それとも引き寄せられるのか・・・

いや~!あたりでしたね!!

P1001369

後で調べたらチェーン店みたいだったけど

魚は海鮮炉端というだけあってとても新鮮!

毎朝6時に中央卸売市場で仕入れたこだわりの

食材を使ってるらしい。

そして飲ませるポン酒も焼酎もこだわりを感じます。

焼酎は、萬膳、真鶴、蔵の師魂、天文間、さつま寿など・・

ポン酒は、浪乃音、開運、山形正宗、蒼空・・・など

P1001361

とりあえずテーブル席に陣取り、酒恋さんは生ビール、

そして魚柄さんは、焼酎「天文館」のロックをオーダー・・。

P1001367

しかし、天文館はあいにく切れてたので「蔵番長」を。

P1001363

肴は、刺身盛

P1001359

鶏のハラミ焼き

P1001357

だしまき

P1001358

するめ天

P1001360

最初は、お疲れぎみだった魚柄さんも、

アルコールが入るにつれて次第に復活されてきて、

いい話が沢山聞けました。

P1001373

焼酎ロックを2杯飲んでからは絶好調!!!

さすがに物書きと講演のプロだけに聞きいってしまいます。

お店のマスターと思える方も、ずーっと興味深く

聞き耳を立ててるのがわかりましたね。

P1001362

今話題の汚染米については食評論家らしい非常に興味深い

内容のお話・・・聞けば聞くほど恐ろしい内容で

ここでは、書けません・・・・。

P1001374

魚柄さんは、10キロ7000円のお米を食べてるそうです。

「高いですやん!!」って言うと

「コンビニで、昼飯にっておにぎり1個100円以上だして
 買ってることを思うと、このお米でおにぎり握ったら
 50円もしないんだよね~」

と、魚柄さんらしいお言葉・・・・

なんか、説得力ありますよね・・・・。

P1001364

P1001365

魚柄さん原作でドラマにもなった、

漫画「おかわり飯蔵」の話・・・・・・・・・・・・・

飯蔵は、魚柄さんがモデルだと言う事は知っていましたが

漫画に書かれてる飯蔵のように、格好はよくはないけど

ほとんど実話であると言うのは驚きました・・・・

嫁さんとのなり染めも漫画に描かれてる・・

そんな感じみたいですね・・・・・。

この時は、少し照れてはりました。

P1001366

そして魚柄さんと言えばやはり、ポン酒の話。

蔵を訪問したときのエピソードや注目の蔵など

ほんと貴重な話を伺うことができました。

注目の蔵は・・・・ヘッヘッへ・・内緒です・・・・。

P1001380

応援している「松の寿」がかなり酒質がいいよ~!!って

言われた時はめちゃくちゃ嬉しかったですね・・

P1001377

広島の雨後の月の相原さんや有志の蔵元が結成する

「魂志の会」の話・・・・

相原さんの頑張りをすごく応援されてましたね!!

広島の酒はいいよ~!!って言ってました。

風の森の油長さんの話・・・

魚柄さんは、めちゃくちゃな注文をされるようですね・・。

油長の社長さんは、魚柄さんが蔵にやってくるのを

嫌がってるみたいです(笑)

P1001379

亀甲花菱の清水酒造さんに、

「夏にサイダーみたいな酒を造って!!」とお願いした話。

「小さな蔵で人手不足なのに無理言わんといて・・」と

泣いている清水社長に無理やり造らせたとか・・・・

清水社長も魚柄さんがくると居留守を使うらしい(嘘)

東京の「光寿」さんと言う、ポン酒の店の話・・・
(この店には絶対行きたい!!)

まだ店が開いてないのに、無理やり進入してカウンターに座り

「堪忍してくれ~!!」

と言ってる店長を横目にしらん顔して

勝手にポン酒を出してきて飲んでくるとか・・・

がんがん飲みながら、ユーモアを交えて3時間ほど

お話しました・・・。

でも、こうして書いてみるとポン酒にかんしては

迷惑きわまりない行動をして、大変ややこしい

行動をされてるようです(笑)

P1001376

最後に、魚柄さんが「開運」をオーダーして

一気に飲み干され、酒宴は終了しましたが、

なぜ今まで焼酎を飲んでおられて、

最後にポン酒「開運」で〆られたのかをよく考えてみると、

魚柄さん、きっと酒恋さんと、同席した友人とに

「開運」と言うエールを送ってくれたんだと思うんです。

ほんとは、全然ややこしくなくて、そんな優しいひとなんですよ。

P1001375

最後に、魚柄さんの最新の著作物

「明るい食品偽装入門」

株式会社サンガ 1600円+税をご紹介しておきます!

File0001_2

みなさん、是非読んで「魚柄ワールド」にはまってください!

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (20) | トラックバック (0)

「神水」でアルコールサミット(魚柄さんと飲む)

酒恋さん、○×日に大阪に行くから、

夜一杯やりませんか?!

こんなメールが、魚柄仁之助おじさんから届いた。

魚柄おじさんと言えば、

著書

「冷蔵庫で食品を腐らせる日本人」

が大好評で続編???の

新刊

「冷蔵庫で食品を腐らせない日本人」

が発売されたばかり。

執筆活動が忙しそうで、しばらくは遊んでもらえないと

思っていたので、超ラッキー!!

今回関西に来られるのは奈良県のとある

お蔵さんの取材のためで

業界では有名な酒屋さんも同行されるらしく

なんか凄い話が聞けそう!!

それに白浜から新婚ほやほやの「ナギサビール」

社長夫婦「真鍋」さん・某○マガジンのライターの美女2名

もかけつけてくださると言うサプライズ!

そんなつわものと飲むのなら、

こちらも精鋭部隊を用意せねば!!

と言うことで、酒恋倭人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と

「和やかになる酒・楽しい宴」 のマーキーさん

「男の美酒学」のたかPさん、小林酒店さんの関西軍団で

迎え撃つ!!

う~ん・・しかし・・・、これでもイマイチ戦力がたらない・・・・・

頭をひねる酒恋さん・・・・・・・・・・

ぐるぐる回転させて、丁度、首が一回転した時に

「ピンポン!!!」ひらめいた!!

「神水」で飲めば「おかん」が戦力になるやん!

灯台下暗し!!!とでも言えばいいのか・・

身近に、心強い援軍がいたのに気がついた!!

と言うう訳で「おかん」のいる「神水」

P1000316

「ミニアルコールサミット」

を開催!!(嘘)

P1000327

実際は、そんなたいそうな会じゃなく

魚柄さんを囲んで、わいわいがやがや楽しい酒宴です。

P1000478

魚柄さんは、ほんと飾らない、面白いおじさんで

話を聞けば聞くほど、のめりこんでしまいますね・・・

全国に魚柄信者が沢山いるのがわかります。

私もそのうちの一人ですけどね。

P1000476

中川さん、なんとエネルギッシュな酒屋さんでしょう!!

同席した小林さんも酒屋魂を熱心に聞き入っていました!!

良いご縁ができたみたいですね~!

それより、ナギサビール社長ご夫婦・・・・・・・・・

新婚3日目で、新婚旅行が「神水」さんです!!!(爆)

忙しくて、まだどこにも行けないみたいです・・・

でも、素敵なご夫婦でしたよ!!

今度、 「ナギサビール」の会を「空庭」さんで

やろうと思ってます!
(社長!!その時はたのんまっせ!!)

「神水」

一升瓶をキープできるいまどき貴重なお店です!!

キープすれば、お客さんどうしで

「この酒、旨いですよ!!」

「ま、一杯やってくださいな!!」などと

『袖振り合うも多生の縁』(そでふりあうもたしょうのえん)

とでも言いましょうか・・・・・

いろんなお酒を飲み合いっこできますからね!!

その日は、

P1000468

「蓬莱泉 可(べし)」

P1000483

秋田の名酒「白瀑」

P1000474

福岡の名門「黒田城 大手門」

3本飲み比べ・・・・・・・・

できるだけ、つわものが飲んでなさそうな銘柄を

マーキーさんとチョイスした

つもりですが・・・・・・・・・・・・・

やはり・・・・さすがに、みんなご存知でした・・

でも「神水」さんのおいしい肴で、飲みながら

P1000470_2

P1000475_2

P1000477_2

あっという間の3時間でしたよ!!

私のような、酒屋とは全く無関係な職業のものには

この人脈・この時間・・・・・・・・・・

新鮮で、貴重でしたね!!

今回のサミットでは

「日本酒は旨い!!今の若者よ!日本酒を飲め!」

「ビールを飲むならナギサビール!」

と満場一致で採択!!閉会となりました(爆)!!!

また今度、再会したいものです!

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (10) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)