脇本酒造・右近橋・・(奈良県)

いにしえの晩酌!「超特選 右近橋」

ここ数日、ほんまええ天気で、びっくりするほど

暖かい日が続いていますね・・・・・

昨日の大阪は16度近くだったみたいで、

ジャンバーなしでも十分でした。

暖かいことは、すごしやすくて良いことなんでしょうが

地球規模で考えたら、非常にまずい事なんでしょうね・・・

冬はやはり、冬らしく寒くなくっちゃ怖いですね・・

温暖化!!

先日の新聞にも、九州地方の米が温暖化のために

質が悪くなってきてると書いてありました・・・・

この調子で行くと、将来、日本の米どころは

北海道!!なんて時代がやってくるかもしれませんね・・・

「お米」と言えば、我が家は、

奈良の知人から直接分けてもらっています。

「ひのひかり」と言う品種で、

冷ご飯にしたときに特に旨さが光ります!

この米も、将来、温暖化で質が悪くなるかも・・

お酒も一緒で、将来日本一の酒どころは北海道!!

なんてことも考えられますね・・・・

そんな事を思うと、悲しくなりますね・・・

地球規模の問題なんで、

一人でどうのこうのできる問題じゃないんですけどね・・

そんな事を考えながら、昨日は、奈良までお米を分けて

もらいに行きました・・・・・・。

今年の米のできも、非常によくて、粒も大きくて

きらきら輝いています。

Photo

白菜、水菜、大根、かぶら、はっさく、ねぎ・・・

沢山お土産をもらって、帰宅しようとしたんですが

ぽかぽか陽気の奈良の街を少しドライブしたくなって

うろうろしていると、いつの間にか高松塚古墳のある、

明日香村・・・・・・・・

ここは、亀石、鬼の雪隠、鬼の俎 石舞台等、不思議な石や

高松塚古墳やキトラ古墳・・・・・・・

歴史とロマン一杯の村・・・・・・・

中央集権律令国家の誕生の地である事から

「日本の心の故郷」とよくいわれいます・・。

ちょこっと見て回ろうかな?っと駐車場に入れて

ふと前を見ると、「脇本酒造」 って看板があるじゃないですか!

「脇本酒造」って言えば、

「右近橋 日本一小さな蔵の酒造り」 というブログの蔵元さん。

こんなところにあったんだ!!(ほんと偶然です!)

で、歴史と太古のロマンめぐりはやめて

急遽、脇本酒造さんにお邪魔する事に・・・・

Photo_2 Photo_3

坂を少し登ったところが蔵の入り口。

歴史を感じる旧家で、時が止まっているような

2

Photo_4

家具や置物が、明日香村らしさを感じます。

玄関には直売所があり

蔵のお酒も利かせてくれます。

Photo_5

ここを訪れた有名人のサインも沢山・・・・

その日はタイミング悪く、搾りの真っ最中で

Photo_6

蔵元(杜氏)さんとはお話できませんでしたが

変わりに、奥さんが親切に対応してくださって

写真だけ撮らせてもらいました。

Photo_7

そしてお勧めの「超特選 右近橋」を購入。

残念ながら、新酒は売り切れでした・・・・

右近橋・・・・さてどんな味なんだろう・・・

飛鳥川の源流水で仕込まれた

いしにえからこの地に伝わる歴史とロマンの味・・

わくわくしますね~。

Photo_8 Photo_9

帰宅途中、目に付く「柿の葉寿司」の看板・・・

柿の葉寿司と言えば、「奈良」の名物。

一口大の酢飯に鯖や鮭などの切り身と合わせ、

柿の葉で包んで押しをかけたすし。

P1000810

柿の葉には殺菌作用があると言われ、

その葉に巻くことで、保存を効かせた先人の知恵。

やはり、奈良の酒には奈良の名物が一番かな?!

右近橋と柿の葉寿司の組み合わせでいただいてみよう!

シャケ3個 鯖4個の計7つセットを購入。

なんとも中途半端な数だけども、

これでセットなんだから仕方がない・・。

帰宅して、さっそく、右近橋を冷で一献・・・

立ち香は、穏やかで、すっきり。

一口ふくむと、米の旨みがどしっりと膨らみ

いつまでも余韻が残ってる感じ・・・・。

なんとなく甘く、酸味はあまり感じない・・・

柿の葉寿司をほうばる・・・・

押し寿司ならではの硬めの口当たりが、嬉しい。

酢飯の酸味と魚の旨みが、右近橋と調和し

相性はなかなかのもの。

特に、鯖の方が、口の中でのコンビネーションは

よかったですね!!

鯖の脂っぽさに負けない、太い味。

いつも飲んでる、最近、流行のポン酒の味とは違い、

どこか懐かしい、いにしえのポン酒って感じですね・・・・・

昨日は、燗で飲まなかったんですが、

絶対、燗のほうがよさそうです・・。

「超特選 右近橋」は、

「いにしえの晩酌!!」

この地に伝わる歴史とロマンを思い浮かべながら

今宵、一献してみてはいかがです?!

       ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)