竹鶴酒造(広島県)

イカの肝は正義の味方!

リーマンショック以来、中国を除き世界には不景気の嵐が

吹き荒れていますよね。

そして今、日本はゆるやかなデフレだと言います・・・。

デフレとは2年以上継続して物価が下落する様子を言うそうですが

確かに、物が安くなったと言う感覚があります・・・

1000円以下のジーパン、300円以下のお弁当の登場・・

吉野家の牛丼の値下げ、マクドナルドのハンバーガー
・・

身近に値下げや破格値の文字が踊っています。

何で??

物が安くなったら何か悪いことでもあるんかな?

貧乏人の酒恋さんにはラッキーなんやけどね・・・。

だからデフレが悪い!と言う実感がわかないんです。

でも、テレビのコメンテーターや経済評論家さんの

お話を聞いていると・・・・・・・

「えらいこっちゃ!!」って思えてきます。

経済が負の連鎖に陥る恐ろしさ・・・

安い値段で販売すれば利益も少ないので、

企業の利益率が減りますよね。

利益率が減ると言う事は企業の存続にもかかわります。

当然、従業員の給料が下がる・・・

もしくは、会社を存続させるために人員を削減する・・

物が安くなったと言っても喜べない現実がそこにあるんですね・・。

そうなれば治安も悪くなるだろうし・・・

やはりデフレは良いことなさそうです。

デフレも伴い現在の景気は底が見えない沼のようですね・・。

馴染みの飲食店は、かなりお客さんが減って苦しいとみな口々に

おっしゃります・・。

毎年、この時期は忘年会の予約が入りだすのに

今年は全然らしいです・・・。

収入が少なければ、誰もが外食は控えますもんね・・。

やっぱりこれからは家飲みが中心になってきそうです・・。

家で飲めるだけましかな・・。

飲食店さんにしたらこの年末はかなり苦しいかもしれませんね・・。

さて、今宵の酒の肴は酒恋さん得意のスルメイカ!

Dsc02228

冷凍ですが1匹98円でした。

スルメイカは、剣先イカアオリイカに比べて断然安いですが

実はお宝が胴体の中に埋まってるんですよね~。

それがでっぷりと肥えた「肝」ですよ。

この肝さえ使いこなしたら、剣先イカやアオリイカなんて

買うのがあほらしいです。

今宵はこの肝を使って肝ちゃん焼きです。

イカをさっと洗って、胴体とゲソを旨く壺抜きにして肝を取り出す。

Dsc02230

墨袋を取り除いて肝を包丁の裏などで絞りだす。

そこに味噌、それに味醂を混ぜて肝ソースを作る。

そのソースをフライパンで焼いたイカに絡めて火を通せば完成!!

Dsc02233

10分もあればできる美味しいイカ料理です。

Dsc02235

肝の濃厚な味わいとコクが100円以下のイカを

500円以上の酒肴に変えてくれます。

美味しく食べるには焼きすぎないのがコツですね。

さて、あわすポン酒は 広島県 竹鶴酒造の「秘伝」。

Dsc02023

酒造界の大魔神と言われる石井杜氏の渾身の一本です。

しっかり熟成してから瓶詰めされているので黄金色しています。

フルーティーだとかフレッシュだとか言う言葉が全く似合わない

しっかりしたお米の旨みが味わえる古風な感じのポン酒です。

燗にしてじゅっくり味わうのが旨いです。

Dsc02238

肝ソースを絡めたイカとは抜群の相性です。

口の中に肝の後味が少し残ってるところへ

秘伝を流し込むのがたまらんです!!

外飲みが恋しいけど、景気が回復して実入りが良くなるまでは、

家飲みで我慢しなきゃ・・。

そんな家飲みを楽しむためには、安い値段で買った食材を

高級食材に変身させる工夫が必要ですよね。

そんな工夫の一役をかってくれるのがイカの肝ですよ。

イカ肝はこの不景気を乗り越えるための正義の味方かも?!

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

| | コメント (22) | トラックバック (0)

広島訪問記・・竹鶴酒造

大阪を朝7時に出発し、中国道、山陽道を通って

竹鶴酒造のある竹原市に着いたのは10時過ぎ。

竹原と言えば、昔、塩田を中心とした製塩と

輸送業で栄えた町。

現在は、その当時、製塩で富をなした豪商の屋敷が

数百メートルに渡り残され、美しい町並みを形成し

観光に訪れる人々の目を楽しませています。

Dscf0016

その一角に、竹鶴酒造があります。

Dscf0025

酒造りを始めてすでに280年近い年月がたっているそうで

ニッカウヰスキーの創設者でもある竹鶴政孝氏の

生家でもあるそうです。

Dscf0017

中に入ると、右側には竹鶴資料館と言う

小さなミュウジアムがあり昔ながらの酒器や酒造りの道具が

飾ってあってなかなか楽しいです。

Dscf0019_2

Dscf0022

Dscf0024

Dscf0027

もちろん試飲もできますよ!!

その資料館に、ひときわ目立つ手書きのポスター・・・

酒造界の大魔神とかゴジラとか言われている

杜氏の「石川達也氏」の似顔絵が睨みをきかせてます。

後で、お会いしたのですが・・・・・・・・

Dscf0023

いやいや・・そっくりでした・・・・・・・・・・・・・

それともう一つ。

石川杜氏の息子さんの夏休みの社会科研究。

小学校三年生ですでに酒米の研究!!

Pic_0402_3

脱帽です!!将来、とてつもなく凄い杜氏さんになることでしょう。

親父の職業を誇りに思ってるんですね!

なんか、ほのぼのした気持ちになりました。

将来、息子さんの酒が飲める日を楽しみにしたいと思います。

さて、訪問した我々を代表取締役の竹鶴壽夫さん

息子さんで、専務取締役の竹鶴敏夫さんが

親切に対応してくださり息子さんが蔵の中を案内してくれました。

竹鶴の蔵人さんは、かなり若い人ばかりで

エネルギッシュな蔵!!と言う印象。

広々とした昔ながらの蔵で、若い蔵人さんたちが

右往左往しています。

この若い力が、あの竹鶴の力強い、

ごっつい味を出してるんだ~!と妙に納得です。

沢山のタンクの中には旨そうな竹鶴が

今か、今かと出番を待っている状態。

Dscf0050

甑倒しはすでに終わっていましたが、

まだまだ蔵人さんは忙しそうでした。

Dscf0038

途中、雑誌の取材中の石川杜氏と会う事ができました。

いや~石川杜氏はえらい人気です・・・

少しだけお話させてもらい、

記念写真だけ撮らせていただきました。

感激ですね!!

Dscf0063

印象は大魔神と言うより、やはりゴジラ松井・・・

見た目とは違い、非常に優しく誠実なお人柄。

その辺もゴジラ松井とかぶります・・・。

ゆっくりお話をしたかったんですが・・・・

次回のお楽しみにしたいと思います。

(後日、石川杜氏からご丁寧なお詫びのメールが届き恐縮です。
 やはり、印象通り誠実な方でした。)

しかし、ポン酒蔵って、いつ来ても、麹のいい香りが心地よく、

落ち着く空間ですね。

酒造りが終わり、蔵が暇になった時、アロマテラピーならぬ

ポン酒蔵テラピーなんかどうでしょうか?

ジャズやクラッシック音楽のコンサートなんかも面白いかも・・。

蔵元さん、この企画買ってくれませんか?!(嘘)

竹鶴の酒造りのコンセプトを専務取締役の

竹鶴敏夫さんに伺うと

「竹鶴と言うお酒は、人間が微生物の働きを

 コントロールするのではなく、

 微生物が働きやすい環境を整えることで

 後は自然にまかせて酒が育つのを持つ!

 小細工など一切しない」

だそうです。

石川杜氏の造りと蔵元の考えがマッチしているから

こんな素晴らしい酒、 「竹鶴」 が醸されるんでしょう!

竹鶴酒造の真髄を聞かせてもらった気がいたします。

竹鶴さんには、3時間ほどお邪魔させてもらい

名残惜しいですが、そろそろ次の目的地、

旭鳳酒造のある「可部」に向かいます。

続く・・・・・・・・・・・

       ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)