蔵訪問記

広島訪問記完結編・・金光酒造

翌朝・・・、昨晩の余韻を少し残しながら7時に起床・・・

本日も、好天!

今回の蔵訪問は両日とも天気に恵まれ最高!

ホテルから眺める広島の風景は、

どんよりした大阪の朝とは違いなんとなく

きらきら輝いているよう。

この地に原爆が落とされ、失われていった命が、

二度と過ちを犯さぬよう、清らかな空気で

この地をまるで浄化してるようだ。

9時前に、ホテルを出発・・・・

途中、原爆ドームを見学・・・・・黒瀬に向かう。

黒瀬と言う町は、のどかな田園風景が広がり

とても美しく、黒瀬牛と言うブランド牛も有名なところ。

国道筋沿いに 「桜吹雪」 と言う大きな煙突が目印の

Dscf0106

「金光酒造」さんには10時過ぎに到着。

Dscf0110

実は、この蔵に来るのは今回で2回目。

1年前に、今回と同様、小林さんと一緒に、

この地にやってきました。

それが酒蔵と言うところに初めて訪問した時でもありました。

小林酒店のホームページに掲載してあるように、

町の小さな酒屋で、これから先の経営にも行き詰まりを

感じていた「酒店」が、地酒専門店と言う道を選び

再出発した時に、どうしても販売したかったお酒。

「賀茂金秀」・・・・・・・・・・

P1000231

「金光秀起氏」と言う、エネルギッシュで情熱的!

非常に研究熱心で日本酒をこよなく愛する

若き杜氏が醸す素晴らしいお酒。

この酒を是非取引したいと思って、

蔵とのアポも取らないで

飛び込みで広島まででかけました・・・・・

それも仕込みで忙しい2月に・・・・・

今から考えると無謀ですわ・・・・・・・・・

最初は怒られました・・・

それでも、金光杜氏は2時間近く対応してくださり

蔵に来る前の心得や、訪問の仕方、蔵との直接の取引とは

どんなものか等、いろいろ教えてくだいました。

さすがに、この時は取引とは行きませんでしたが

最後に、この先ご縁があるでしょうとも言ってくれました。

帰りの車の中で、1年後、もう一回来よう!

今日教えてもらった蔵訪問のノウハウを生かし

他の蔵で修行を積み、必ず1年後、

もう一度、「金光杜氏」と話をさせてもらおう!!

小林さんとそう誓って大阪に帰ってきました。

そして、とうとうこの日が来たのです。

さすがに今回は、ちゃんと事前にアポを取り、

遅刻をしないように、前日から広島に入り
(旭鳳の社長と爆飲しましたけど・・・・)

金光酒造に向かいました。

Dscf0105

1年ぶりにお会いした金光杜氏。

笑顔で迎えてくれました。

一年前のお詫びとお礼、そして学んだ教訓を生かし、

小林酒店がこの一年歩んできた道

方向性など、小林さんが話されていました。

金光杜氏は、その話を穏やかな表情で、じっと聞いて、

いました。

私は営業のことなど何にもわからないし、

ただ単に「賀茂金秀」が飲みたい一心で話を傍聴するだけ・・・

でも、蔵と直接取引することの大変さはよくわかりました・・。

小林さんが「賀茂金秀」を販売したい気持ち、

「金光杜氏」がそれを吟味している様子・・・・

まるで戦国武将が、お互いの領地と領民を守るために

話し合いをしているようです・・・・。

今回も2時間近く話をさせてもらい、

最後に、蔵見学・・・・・・・・・

Dscf0097

Dscf0099

Dscf0098

整理整頓され、非常に綺麗です。

びっくりしたのは、ヤブタ式のしぼり機が大きな冷蔵庫に入って

いること!!

Dscf0102

搾りをするときもきっちりした温度管理をすると言う徹底ぶり。

それと蔵の内外に保存用の大きな冷蔵庫が6つもあり

お酒はすべてその中に入れて保存すると言う

徹底した管理に脱帽です。

電気代だけでも相当のお金がかかっているそうです

「蔵は酒を造るのに、これだけのコストと手間隙かけて
 
 いるのだから、酒販店さんも、同じぐらい酒を大事にして
 
 売ってほしい!」

と、言っておられました。

いやいや当然ですわ!!

「賀茂金秀」と言う素晴らしいお酒は、

徹底したこだわりと、徹底した管理のもとに生まれてるんだな~と

ますます、賀茂金秀を小林さんところに置いてほしくなりました。

まだまだ、お店を変えていってる最中ですし、

小さなお店ですがお酒の管理は、しっかりされてます。

お店の倉庫には、マイマス4度以上でも冷やせる

大きな冷蔵庫もありますしね。

小林さんの人柄も最高だし、きっと「賀茂金秀」を大事に

販売されることは間違いないと思います。

最後に金光杜氏と記念写真も撮らせてもらい

Dscf0108

(金光秀起氏と小林さん)

帰り際に、

「近いうちに、必ず大阪に行って、お店に寄らせてもらいます」

と言ってもらえたときは、まだまだ叶わぬ夢かもしれませんが

1年前とは違う、嬉しさで一杯でした・・。

「これで、賀茂金秀が自宅の近くで買えるかも!」

いつか、小林酒店に賀茂金秀が並んだときは

一番に買いに行きたいです。

広島訪問記これにて完結。

      ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (1)

広島訪問記・・旭鳳酒造Pat2

「旭鳳」さんを語る上で、絶対にはずせないのは

ここの豪快な社長さん濱村 泰司氏です。

私が旭鳳をどうしても飲みたい!!と思ったたのは

この豪快な社長さんのコメントから

「うちの酒、売れなくてもいいんだよ!
 俺が全部飲んでやるから!」

ネットでこのコメントを読んだとき、自分の蔵の酒に

惚れぬいた男を感じましたね。

この社長さん、武勇伝がかなりあるそうで

広島の酒蔵の中では有名人らしいです。

おかみさんが言ってましたが、ぶらりと出て行ったと思ったたら

10日ぐらい音信不通で、どこに行ったかわからない風来坊。

たいがいは「旭鳳」を置いているお店で飲んだくれてるらしいです・・。

酔っ払って、人気の蔵元の若大将に酒をぶっかけに行ったり

いやいや、ほんと天衣無縫を絵に描いたようなお人です。

蔵を訪問した夜に、社長さんと本田さんと

広島市内で一緒に飲む機会を設けてもらいました。

当然「旭鳳」が置いてある「人有喜(ひとありき)」と言うお店。

Iriguti_2

広島じゃ、けっこう有名なお店で

広島の地酒ならほとんど飲めるそうです。

Hitoariki2_2

焼酎にも拘っていて品揃えも豊富。

Hitoariki3_2

料理は、有機無農薬野菜地元広島の魚がメイン。

和を強調した素敵な個室が沢山あって、割烹風の空間です。

大阪にあれば、大繁盛すること間違いないですね。

で、社長は後から来ると言うことなので

Honda_2

本田さんと先にお店に入り、ビールで乾杯。

Nama_2

一息ついたところで 「たらの白子ポン酢」 が運ばれてきました。

Sirako_2

そこに・・・・・・・・・・・

「おまたせ!」

と、なんとなくはにかみながら、飄々とした様子で

社長が登場。

Syatyou_3

想像していた、酔っ払い親父ではなくて

髭が似合う、ダンディナーなおじさま!って感じ。

オーダーを取りに来たお店の女の子に

「旭鳳」!っと一言だけつぶやく。

すぐに運ばれてきた 「旭鳳」 を

ぐーいっ!!!!!

と旨そうに飲む社長の顔は

自分の蔵の酒を全部飲んでやる!!

とコメントしたことに偽りのないような飲みっぷり。

「旭鳳」の酒をこよなく愛してるんだな~・・。

そして、お話を伺ううちに、ただの飲んべ~親父じゃない!

と言うこともわかりました。(当然か・・)

かの武将 「織田信長」 は 「うつけもの」 と呼ばれていました。

「うつけもの」は世を欺く仮の姿で「天下統一」をなしとげました。

もしかしたら、旭鳳の社長は「信長」の生まれ変わりかも・・・

(今頃、くしゃみしてはるかもね・・・・・・・・)

私も「旭鳳」の燗をオーダーして

Kyokukan_2

次に運ばれてきた「刺身の盛り合わせ」「白子ポン酢」で、

がっつり飲み!!

この刺身、地元で捕れた魚ばかり!

鰆、つぶ貝、ひらめ、あなご、かんぱちが

きらきら輝いて活かってます!

Sasimi_2

特にアナゴのお造りは、あっさりした口当たりに

じゅわ~っと広がる、あぶらの旨さが絶品!!!!!

久しぶりに知らない味の魚をたべたような気分!!

あまりにも旨すぎて刺身の盛り合わせをほとんど一人で

食べてしまいました・・・。

社長さん、本田さんすみません・・・・

次に運ばれてきたのは 「幻霜ポーク」の塩焼き。

Gensouton_2

「幻霜ポーク」は、幻の霜ふり豚と言う意味らしく

どっちの料理ショーでも紹介され、今や人気の豚肉。

しっかりした旨みと、優しい甘みのバランスがたまりません。

肉質もやわらかく、いつも食べてる豚肉とはえらい違い。

これが、旭鳳の酒とよくあうんです!

料理は、お店予約時に、社長さんや、本田さんが

選んでくれていたので失礼な言い方ですが、

さすが、自分の蔵のお酒を知り尽くしてるな~と感心!!

なんだかんだ、私が一人食べて、

社長さんや本田さんに申しわけなかったんですが

ほんと 「人有喜」 ってお店、旨いです。

話も盛り上がり、

「次の店に行くぞ!!」

ってなったんですが・・・・・・・社長さんが

「わし、このへんあんまり知らんから店わからんわ~」

っと言い出し・・・・

それでも、ふらふらと歩いていく方向についていくと

「いざか屋 78(なや)」と言うお店の前で立ち止まり

「行ったことないけどここにしよう!」

と社長さん・・・・・・・・

入り口は、牢屋のような扉で、中はニューミュージックが流れる

78genkan_2

バーのような店内でお客さんも若い人たちばかり・・・・・

Tenai_2

西部劇に出てきそうなカウンターと和風なテーブルが妙にマッチして

女性と2人で来るのもいいかな~なんて思うようなレイアウト。

ウイスキーやカクテルが似合いそうで、日本酒なんてないだろう・・

そう思ってると・・・・・・・・・・・・

店長が

Tentyou_2

「毎度!!いらっしゃい!」

社長と顔見知りのようなお出迎え・・・・・・・・・・

和風のテーブルにすわると、なんと「旭鳳純米吟醸」

Kyokuhoujyungin_2

「どん!!」

と運ばれてくる・・・・

このうつけ社長!!!

知らない店で、行ったことがないなんて言いながら

ほんとは贔屓にしているお店やん!

最初から、1次会でしっかり食べて、2次会ではしっぽり飲む!

こんなコンセプトで旨い日本酒が呑めるBARに連れて行こうと

考えてくれていたみたいです。

ほんと、粋な社長です!!

このお店は飲むだけでなく、酒の肴も抜群!!でした。

Toritataki_2

Sakeate_3

Moriawase_4

2時間ほど、ゆっくり酒談義を楽しみ・・・

名残惜しいけど、社長・本田さんとお別れの時間・・・

いや~ほんと、楽しいひと時でした。

また再会して、是非飲みたいです!!

造り手の気持ちをストレートに感じ、

ますます旭鳳」が好きになりましたね。

店を出て、御二人とお別れして

千鳥足で、ホテルに・・・・翌朝は、最後の目的地

東広島市黒瀬にある「金光酒造」さんへ・・・・・・・・・・・

続く・・・・・・・・・・・・・・・

Hitoariki_3

Naya

      ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

広島訪問記・・旭鳳酒造Pat1

竹鶴酒造から可部にむかて車を飛ばす・・

向かうは、 「旭鳳酒造」。

旧可部街道沿いにあり創業140年以上の歴史ある蔵。

竹原からゆっくり走って2時間ほどで到着。

「清酒 旭鳳」の由緒ある看板と杉玉がどっしりと構え

可部に旭鳳あり!!と言う印象。

Photo

対応に出てくれたのは、おかみさんの濱村郁子さんと

長年旭鳳を支えている部長の本田さん、そして、

杜氏の板木さん

Itaki

    (板木杜氏)

社長は、どっかで飲んだくれてるそうです・・・coldsweats01

じつは、昨年まで長年に渡り旭鳳の酒を造り続けていた

杜氏の秋山氏が体を壊され、急遽、板木杜氏が今年から

造りをはじめる事になったそうです。

今までの秋山杜氏の酒が、板木杜氏に代わって

どんな変化をするのか興味深深です。

旭鳳のお酒と言えば、強烈な酸が魅力。

Kyokuhousake_2

中華や、てんぷら、焼きそば、お好み焼き等

しっかりした肴の食中酒として最高です。

旭鳳の酒を飲みながら

「生レバー」に、ごま油をぶっ掛けて

塩をふりかけ葱を乗っけて食べると最高です!

飲み方は、やはり燗が好きですね。

Jin_2

特に、「濱田屋 甚七」はお米の旨みがぎっしりつまった

旭鳳さんの中でも一番燗が似合うポン酒です。

で、蔵を案内してくださったおかみさんは

笑顔が素敵な美人女将。

Okamisanume_2

昨年から造りをはじめられた梅酒、

その名も「おかみさんの梅酒」が大好評で

女性杜氏の一面も!

この「おかみさんの梅酒」はスポーツの後や入浴後に

飲みたくなるシュワシュワで爽快な梅酒。

今年も、頑張って造るよ!!って、気合が入っていました。

Photo_4

Photo_5

Dscf0077

一通り蔵を案内してもらってから、

ゆっくり客間で試飲をさせてもらい

本田さんや女将さんと談笑・・・。

Photo_2

車は、飲酒運転になるため、本田さんがホテルまで

代行運転してくれるとおっしゃるのに甘え。

試飲どころか、すでに爆飲モード・・・。

Image008

旭鳳のラベルにまつわる話や造りに関する苦労話など

いろいろお話しながら、旭鳳を沢山いただいてしまいました・・・。

竹鶴を訪問したことなどをお話すると

「近くに「幻」で有名な中尾醸造さんもあったのに・・
 先に言ってくれてれば、口ぞえしてあげたのに・・・」

いやいや、今まで行った蔵で、他の蔵も紹介してあげよう

なんて言われたのは初めて・・・

自分の蔵の酒だけではなく広島の酒を広めたいと言う

女将さんの心意気が嬉しかったです。

仕込み水も飲ませてもらいました!

Photo_3

いや~旨かったです。

この水だから、旭鳳が旨いのも当然ですね!

特筆は、新しい板木杜氏と秋山杜氏の酒を

飲み比べさせていただいたこと。

秋山杜氏の酒が動ならば、板木杜氏の酒は静。

がっつりしいて、酸がしっかり利いた秋山杜氏の酒にくらべ

後味も爽やかでまるで水のように滑らかなのが

板木杜氏の酒。

来年から、旭鳳の酒が少し変わりそうな予感です。

続く!

       ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (7) | トラックバック (0)

広島訪問記・・竹鶴酒造

大阪を朝7時に出発し、中国道、山陽道を通って

竹鶴酒造のある竹原市に着いたのは10時過ぎ。

竹原と言えば、昔、塩田を中心とした製塩と

輸送業で栄えた町。

現在は、その当時、製塩で富をなした豪商の屋敷が

数百メートルに渡り残され、美しい町並みを形成し

観光に訪れる人々の目を楽しませています。

Dscf0016

その一角に、竹鶴酒造があります。

Dscf0025

酒造りを始めてすでに280年近い年月がたっているそうで

ニッカウヰスキーの創設者でもある竹鶴政孝氏の

生家でもあるそうです。

Dscf0017

中に入ると、右側には竹鶴資料館と言う

小さなミュウジアムがあり昔ながらの酒器や酒造りの道具が

飾ってあってなかなか楽しいです。

Dscf0019_2

Dscf0022

Dscf0024

Dscf0027

もちろん試飲もできますよ!!

その資料館に、ひときわ目立つ手書きのポスター・・・

酒造界の大魔神とかゴジラとか言われている

杜氏の「石川達也氏」の似顔絵が睨みをきかせてます。

後で、お会いしたのですが・・・・・・・・

Dscf0023

いやいや・・そっくりでした・・・・・・・・・・・・・

それともう一つ。

石川杜氏の息子さんの夏休みの社会科研究。

小学校三年生ですでに酒米の研究!!

Pic_0402_3

脱帽です!!将来、とてつもなく凄い杜氏さんになることでしょう。

親父の職業を誇りに思ってるんですね!

なんか、ほのぼのした気持ちになりました。

将来、息子さんの酒が飲める日を楽しみにしたいと思います。

さて、訪問した我々を代表取締役の竹鶴壽夫さん

息子さんで、専務取締役の竹鶴敏夫さんが

親切に対応してくださり息子さんが蔵の中を案内してくれました。

竹鶴の蔵人さんは、かなり若い人ばかりで

エネルギッシュな蔵!!と言う印象。

広々とした昔ながらの蔵で、若い蔵人さんたちが

右往左往しています。

この若い力が、あの竹鶴の力強い、

ごっつい味を出してるんだ~!と妙に納得です。

沢山のタンクの中には旨そうな竹鶴が

今か、今かと出番を待っている状態。

Dscf0050

甑倒しはすでに終わっていましたが、

まだまだ蔵人さんは忙しそうでした。

Dscf0038

途中、雑誌の取材中の石川杜氏と会う事ができました。

いや~石川杜氏はえらい人気です・・・

少しだけお話させてもらい、

記念写真だけ撮らせていただきました。

感激ですね!!

Dscf0063

印象は大魔神と言うより、やはりゴジラ松井・・・

見た目とは違い、非常に優しく誠実なお人柄。

その辺もゴジラ松井とかぶります・・・。

ゆっくりお話をしたかったんですが・・・・

次回のお楽しみにしたいと思います。

(後日、石川杜氏からご丁寧なお詫びのメールが届き恐縮です。
 やはり、印象通り誠実な方でした。)

しかし、ポン酒蔵って、いつ来ても、麹のいい香りが心地よく、

落ち着く空間ですね。

酒造りが終わり、蔵が暇になった時、アロマテラピーならぬ

ポン酒蔵テラピーなんかどうでしょうか?

ジャズやクラッシック音楽のコンサートなんかも面白いかも・・。

蔵元さん、この企画買ってくれませんか?!(嘘)

竹鶴の酒造りのコンセプトを専務取締役の

竹鶴敏夫さんに伺うと

「竹鶴と言うお酒は、人間が微生物の働きを

 コントロールするのではなく、

 微生物が働きやすい環境を整えることで

 後は自然にまかせて酒が育つのを持つ!

 小細工など一切しない」

だそうです。

石川杜氏の造りと蔵元の考えがマッチしているから

こんな素晴らしい酒、 「竹鶴」 が醸されるんでしょう!

竹鶴酒造の真髄を聞かせてもらった気がいたします。

竹鶴さんには、3時間ほどお邪魔させてもらい

名残惜しいですが、そろそろ次の目的地、

旭鳳酒造のある「可部」に向かいます。

続く・・・・・・・・・・・

       ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

どぶろく | よっちゃんなんばん | イベント | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | ナギサビール | ワンコインでできる激うま酒肴! | 三芳菊酒造・・・・(徳島県) | 上原酒造・・・・(滋賀県) | 下村酒造・・・・(兵庫県) | 中島醸造・・・・・・・・・(岐阜県) | 久保本家・・・・(奈良) | 久保田酒造・・・・(神奈川県) | 亀の井酒造・・・・(山形県) | 亀泉酒造・・・・・・(高知県) | 亀甲花菱・・・・・清水酒造 | 井上清吉商店(澤姫)・・・(栃木県) | 他のアルコール(番外編) | 仙頭酒造・・・・・・(高知) | 佐藤酒造店・・・・・(秋田県) | 信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県 | 元坂酒造 | 冨士酒造・・・・・(山形県) | 北島酒造・・・・(滋賀県) | 北鹿・・・・・(秋田県) | 千代寿虎屋・・・・山形 | 吉村秀雄商店(和歌山県) | 向井酒造・・・・(京都) | 喜久盛酒造・・・(岩手県) | 嘉美心酒造・・・・・(岡山) | 夢心酒造・・・・(福島県) | 大倉本家酒造・・・(奈良県) | 大石酒造・・・・・(鳥取県) | 大阪地酒 | 宮尾酒造・・・・新潟 | 展示会 | 山和酒造・・・・(宮城県) | 山本合名・・・(秋田県) | 山野酒造・・・・・(大阪) | 市島酒造・・・・(新潟) | 常山酒造・・・・・・(福井県) | 廣木酒造酒造・・・(福島) | 愛ぽんの会!! | 成龍酒造・・・・・(愛媛県) | 所酒造(房島屋)・・・岐阜県 | 新政酒造・・・・・・・・(秋田県) | 新潟第一酒造 山間・・・・(新潟)  | 新澤醸造・・・・(宮城県) | 旅行・地域 | 日本酒甲子園 | 日記・コラム・つぶやき | 旨いポン酒が飲める店 | 旨いポン酒が飲める店・・・・・(大阪以外) | 旨い肴 | 旭鳳酒造(広島県) | 映画・テレビ | 木下酒造・・・・(京都) | 木内酒造・・・・(茨城県) | 木屋正酒造・・・而今 | 村祐酒造・・・・(新潟) | 松井酒造(栃木県) | 栗林酒造・・・・(秋田) | 楯の川酒造・・・・(山形) | 櫻正宗・・・・・・・(兵庫) | 武の井酒造・・・・(山梨県) | 油長酒造・・・・・(奈良県) | 泉橋酒造・・・・・・(神奈川県) | 泉酒造・・・(兵庫) | 浅舞酒造・・・・(秋田県) | 浪花酒造・・・・・・(大阪) | 渡會本店・・・・山形県 | 澤佐酒造・・・・(三重県) | 炭火焼き鳥「こけこっこ」 | 熊澤酒造・・・・・・(神奈川) | 玄葉本店・・・・(福島県) | 石鎚酒造・・・・・(愛媛県) | 神亀酒造・・・(埼玉県) | 福乃友酒造・・・・・(秋田) | 福司酒造・・・(北海道) | 福島県 曙酒造 | 福禄寿酒造・・・・(秋田県) | 秀鳳酒造・・・・・(山形) | 秋田清酒・・・(秋田県) | 秋田醸造・・・・・(秋田) | 秋鹿酒造・・・・(大阪) | 稲花酒造 | 空庭 | 立ち飲み屋物語 | 竹鶴酒造・・・・・(広島県) | 竹鶴酒造(広島県) | 簡単に酒肴レシピ | 米田酒造・・・・・(島根県) | 美人女将のいるお店 | 美冨久酒造・・・・(滋賀県) | 美味しい調味料 | 脇本酒造・右近橋・・(奈良県) | 若波酒造・・・・福岡 | 菊の里酒造・・・・(栃木県) | 萬乗醸造・・・・・・(愛知県) | 蔵訪問記 | 藤本雅一酒造醸・・・・(大阪) | 豊永酒造 | 遠藤酒造場・・・・・・(長野県) | 酒の会 | 酒器 | 金光酒造・・・・・・(山口) | 金光酒造(賀茂金秀)・・・広島県 | 関谷醸造(蓬莱泉)・・・愛知県 | 阿櫻酒造・・・・・(秋田) | 飛良泉・・・(秋田県) | 高木酒造・・・・(山形県) | 高木酒造・・・山形 | 魚柄仁之助 | (株)湯川酒造店・・・・・・(長野)