« 煎り酒 | トップページ | 金鼓山廃本醸造でマナガツオ »

北鹿でアサリとかぶらのブイヨン煮

いつのまにか師走ですね。

早いものです・・・。

人間長い間生きてると不思議なことに

月日の経つのが早く感じられるものなんですよね。

友人の一人がそれは心臓の心拍数に比例するからだと

言います。

人間は生まれたときは150を越える心拍数・・・

それが歳を重ねるごとに遅くなり、

最後は50~60ぐらいになります。

なぜ脈拍が遅くなると一年が早く感じるのか?

その根拠は?と聞くと

心拍数をこの世の単位として考えるのではなく・・

それぞれの一生の体内時計・・・

つまり心拍数1回を1秒と考えると

仮に1分間100回の心拍数の人なら1日144000回。

年間なら52560000回の心拍数。

体内時計に直せば52560000秒。

地球の一日は86400秒なんで

この世の時間に直せば約608日に値する。

だから心拍数が多いほど体内的には長く感じるそうです。

逆に1分間に心拍数50回の人ならその半分の約304日。

一年が365日を切ってしまうことになります。

この説で言うと一年を一年の長さだとちゃんと感じられるのは

1分間60回の人と言うことになりますね。

60回と言うと健康成人の標準的心拍数です。

ちなみに酒恋さんは50回前後と遅いんで

彼の仮説は正しければ一年が短く感じて当然?!って

ことになります・・。

彼の仮説は続きがあり・・

現在のトータル心拍数が多い人ほど寿命が短い・・

それは体内時計で計算する沢山生きてるからだと。

寿命と言うのは体内時計と実時間と言う不思議な

関係でなりたっている・・らしい・・。

もっともらしい嘘って、

こう言うことを言ううのかな?!(笑)

確かに一生の内で打つ心拍数の数は決まってると

いわれてますよね。

心拍数の限界は20億万回ぐらいだったっけ?(記憶曖昧)

彼の説が正しいとかは別として

どちらにせよ徐脈より頻脈の方が早く死ぬと言うことですね。

あ、話がぽん酒からかなり脱線しましたね、、、。

で、突然ですが今宵の酒肴は久しぶりにワンコインネタ。

アサリとかぶらのブイヨン煮です。

材料はシンプル・・

Dsc00422

アサリと今が旬の野菜かぶらを使った煮もの。

冬の根菜と言うと大根とかぶらが双璧ですけど

酒恋さんはかぶらの方が断然好きです。

大根とは違うとろとろな食感がたまりません。

本日の調理法は簡単!

まずはかぶらを串切りにして・・・

ブイヨンで煮ます。(ブイヨンは水1Lで固形1個)

Dsc00423

そこに白ワインを少々、、、なくてもOK!

かぶらが少し柔らかくなったところであさり投入。

アサリの口が開き、塩・コショウで味の調整をすれば

完成です。

Dsc00425

あさりの出汁が効いたブイヨンスープが旨い!

それを吸ったとろとろのかぶらがこれまたど絶!

それにかぶらの葉と皮を塩で揉めば美味しい漬け物も

できますよ。

ワンコインで2品楽しめます。

合わせたぽん酒は、、

秋田県 (株)北鹿  大吟醸 北秋田

Dsc00429

友人・・秋田の魯山人からの贈り物です。

秋田県でも一番北にある蔵元さん・・・

関西ではあまり馴染みの少ない蔵元さんですが

これがなかなか旨いんです!

ことしの全国新酒鑑評会でも金賞を受賞されています。

この大吟醸はアル添ですがバランスもよく

フルーティーでほんのりとした綺麗な香りが印象的。

秋田の酒らしい深みと味わいがありながら

最後はすきっと食道を通過してくれます。

アサリの出汁を邪魔することなく

アサリとかぶらの煮ものをしっかりアシストしてくれました。

Dsc00428

今宵の酒肴とぽん酒の相性は・・・
★★★★・・・・40点  優

酒恋さんは知らない蔵元さんでしたが

是非違う種類のぽん酒も飲んでみたいですね。

ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓ 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                            &tbsp;Photo_2

|

« 煎り酒 | トップページ | 金鼓山廃本醸造でマナガツオ »

ワンコインでできる激うま酒肴!」カテゴリの記事

北鹿・・・・・(秋田県)」カテゴリの記事

コメント

心拍数の話~
南雲先生の著書でも同じような事が書かれてて
心拍数を上げるような運動は
(ジョギングなど)
寿命を縮めるとあり
ジョギングからウォーキングに変えた
私です~(爆)
100歳まで歩いて立って生きるが
目標ですから~(笑)

投稿: hisami | 2012年12月 6日 (木) 08時56分

脈の早い小動物は命が短いというのかな?
アサリとかぶ〜間違いなく美味いよ(V^−°)このレシピいただきます。

投稿: ゆりりん | 2012年12月 6日 (木) 10時17分

私は 脈拍70~80位です 笑)
多分すぐいなくなっちゃうと思いますよ!
自分でも短命って気がするからね!

蕪とあさり・・・
優しくて身体によさそうですわ!
ためしてみましょ!!

投稿: イノぶた | 2012年12月 6日 (木) 20時18分

子供の頃は、いろんなことに興味があり
 一日一日がゆっくりと過ぎていった気がします。
 今は、数ヶ月単位でドン・ドンっと月日が過ぎて
 細かい記憶も曖昧になっています。
 そのうち数年単位で時間が過ぎてしまうのかな~
 立派なボケ老人が出来上がちゃいますね (汗)
ぷっくりとしたアサリがおいしそう!

投稿: toto | 2012年12月14日 (金) 11時52分

hisamiちゃん
友人の話は南雲先生の受け売りだったわけだ(笑)
なるほど、そんな人が言ってるぐらいだから、
まんざらでもなさそうやね。
おいらはそれよりも、憎まれっ子世にはばかる!でなかなか死なないよ。(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2012年12月30日 (日) 10時14分

ゆりりん
そうだね。
小さい生き物ほどやはり短命だもんね。

レシピ是非!

投稿: 酒恋倭人 | 2012年12月30日 (日) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/417601/48098756

この記事へのトラックバック一覧です: 北鹿でアサリとかぶらのブイヨン煮:

« 煎り酒 | トップページ | 金鼓山廃本醸造でマナガツオ »