« 夏の残りもので山本 亀の尾 | トップページ | スパークリング山本で牛ミノとサトイモの塩麹バター »

ラ ビーニュで滋賀県北島酒造の会!

またまた更新が遅れてしまいました

先日、大阪難波にあるフレンチの名店「ラビーニュ」さんの

「御代栄とラ ヴィーニュの夕べ」に参加させてもらいました。

Dsc00048

御代栄は滋賀県の北島酒造さんが醸すポン酒の名前。

その北島酒造さんのポン酒とフレンチのコラボを

満喫する会です。

フレンチのお店でおこなわれるポン酒の会なんて

参加したことがなかなったので行く前からわくわく!

気持ちを落ち着かすためにとりあえず桝田商店の

立ち飲み屋で高速予備注水

Img_0514

入店から退出まで5分弱という早業。

漬け盛りで生ビールを2杯をあおっていざ出陣。

立ち飲みのおばちやんがもう帰るの?!とびっくりする

ほどでした(笑)

さて落ち着いたところでラビーニュへ。

Dsc00049

超~!イケ面シェフ小田桐さんがお出迎え。

Dsc00063

指定されたカウンターに座らせてもらい

あたりを見渡すと参加されてる方の大半は女性!

みんなセレブ~!!な美女ばかり。

ジャンルの違いなのかポン酒の会ではおなじみの方が

ほとんどいなくてとても新鮮なイメージでした。

さて定刻になり北島酒造北島輝人氏のご挨拶。

Dsc00225

そして純米吟醸 吟吹雪 23Byで乾杯です。

Dsc00195

ゆっくりと舌で転がし最後に残る苦味を味わってると

そこに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

瀬田しじみのコンソメジュレ マティーニ仕立てが登場。

Dsc00204

マティーニグラスに入れられてとてもお洒落。

そして、しじみの旨みが溶け出たコンソメジュレが素敵!!

プリッとしたしじみの食感を楽しんでいると

口の中にじわっと広がる微妙なうまにが成分。

そうなんです!

この微妙なうまにが味に合わすためにわざわざ乾杯の酒に

純米吟醸 吟吹雪 23Byセレクトされているんです。

口に入れた瞬間は邪魔することもなく・・

最後に隠れた本来の味わいとマリアージュさせる。

こんなコンセプトでセレクトさせれるんです。

これは勉強になりました。

自然とグラスを口を運んでしまいます。

お酒はワイングラスにだいたい一人120CC程度。

Dsc00202

一品一杯と言う感じです。

料理とお酒が無くなったころにお口直しのパンと

Dsc00205

純米吟醸 吟吹雪 無濾過生原酒中取り 23By

Dsc00207

の登場。

乾杯酒と同じ23Byの純米吟醸 吟吹雪なんですが

これは中取り。

乾杯酒よりも苦・渋はかなりまろやかになり

旨みがしっかり感じます。

合わす料理が

カマスと秋茄子のガトー仕立て 生姜のヴィネグレット

Dsc00210

秋茄子をケーキのように丸く型どった上に美味しいカマス。

そこに生姜のソースが散りばめられています。

生姜の辛味と旨み、かますの塩味・・・

これが絶妙に吟吹雪の中取りに絡むんですよね。

すいすい飲んでしまいます。

というか、酒恋さんだけですわ・・・

こんなにガツガツ食べたり飲んだりしてるの(笑)

隣にむちゃくちゃ可愛いセレブな女性が座ってたんですが

その方は読書をしながらゆっくりとポン酒と

フレンチのコラボを楽しんでおられました。

その姿が妙にその空間に似合うんですよ。

いつものポン酒の会ではまずこんな人はいませんね。

逆に似合わないのが酒恋さんでした・・。

次に出てきたのが

琵琶湖産手長海老のカダイフ包み揚げ

Dsc00215

カダイフってのは細長い麺のような小麦の生地って

意味だそうです。

合わすポン酒は 船渡 生原酒 生もと 22By

Dsc00212

カリカリに揚がった海老もさることながら

海老の味噌とソースが絡んで絶妙の旨さです。

生もとの旨みたっぷりのポン酒の登場だったんですが

その旨みと海老の旨みが相乗効果で何倍も旨く感じます。

これも抜群のお酒と料理の相性でした。

そしてメインディシュ。

Dsc00217

近江鶏とむかごのバロッティーヌ 栗南瓜のソース

バロッティーヌって言うのは巻くという意味で

近江鶏でむかごと野菜を巻いてローストしたものです。

これは 船渡 生もと 22Byのお燗で。

Dsc00214

かぼちゃの甘みのあるソースを

鶏肉や野菜に絡ませるとこれがど絶!!

燗にすることで少し甘みを感じるこのポン酒。

その特徴をさりげなく料理に合わせてるところがにくいです。

ほんと燗があうね~。

料理の横にフォークとナイフが置いてあるのですが

やっぱり日本人は箸!(笑)ってことで

お箸でいただきました。

そして最後はデザート。

キャビネットプリン クリームチーズのグラス添え

Dsc00220

いつもならデザートなんてほとんど食べない酒恋さん。

でも今回はしっかり味わいましたよ。

このデザートもポン酒に合わせるために

作られてるんからなんです。

合わせるポン酒は・・・

日本一ドロドロのポン酒と言われている

もろみあらごしどぶ 純米にごり酒 23By

Dsc00218

ほんとにドロドロですわ~。

でもプリンの甘みとクリームチーズの酸味と食感

それに乗っかってる塩味クッキー?!やったかな~

このもろみあらごしどぶと不思議とジャストミート!

デザートを食べない酒恋さんが完食したんですから

ほんと合うんですよ。

いや~・・

いろんな酒の会を開催してきた酒恋さんですが

今回は打ちのめされた感じです。

今までは和食とポン酒と言うのは合うのは当たり前。

刺身・揚げ物・煮物・焼き物・・・

適当にあわせてもポン酒とは合うものだ・・と言う

安易な気持ちでセレクトしてきたように思います。

白身刺身ならさらりと、赤身刺身なら少し濃いめに・・

煮物には熟成や本醸造・・とか・・

こんな感じで基本のベースを軸に単純に合わせてた

だけなんですね・・

口に入れたときの最初であわせ・・・

本来の味とは合わせた訳じゃないんです。

今回の会はフレンチとポン酒のコラボ。

洋食と日本酒と言う異国の文化を調和させるわけですから

主催者は真剣に味と取り組まなきゃならないんですよね。

今回は素材もそのポン酒が生まれた土地のものを

とことん使用です。

それがこのベストマッチを生んでる一端なんですよね。

お酒の量もいつもの会なら小さいお猪口でちょこちょこ

飲んでるんから沢山飲んでる感じがしますが

このラビーニュの会も最初にグラスに注がれるのが

だいたい120CCぐらい。

猪口のように頻繁にお代わりすることはないので

そんなに沢山飲んでるような気はしませんが

5品で600CCは飲んでるんです。

4合弱!!

そこにサプライズのポン酒や少しお代わりすると、

4合は飲んでる計算ですよね。

「御代栄とラ ヴィーニュの夕べ」

Dsc00224

実にレベルの高い酒会でした。

次回も是非参加したいです。


ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓ 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                            &tbsp;Photo_2

|

« 夏の残りもので山本 亀の尾 | トップページ | スパークリング山本で牛ミノとサトイモの塩麹バター »

北島酒造・・・・(滋賀県)」カテゴリの記事

コメント

会合で読書って なかなかマイペースな方ですね 笑)
お一人参加な人だったのかな??
お声をかけなかったとは・・・
酒恋さんどうしたのぉ~ \(^o^)/


5分でビール2杯あおるってすごいわぁ~

投稿: イノぶた | 2012年10月27日 (土) 22時23分

私もセレブにお洒落して
参加したわ~♪

投稿: hisami | 2012年10月28日 (日) 09時01分

うわぁ!素敵な会ですね~♪
純米吟醸は分かる気がするけど
きもとやにごりを合わせるって
想像付かないです。

家だと料理ごとに酒変える
わけにもいかないし、こんなこと出来るのもお料理屋さんならではですよね。

女性の方でも日本酒好きな方
多いんですね。なんだか嬉しい。

あと、こないだせっかくイベント
紹介して頂いたのにいけなくって
ごめんなさい。最近なかなかお酒が
飲めなくて・・・

来週は日本酒飲めてたらいいなぁ~。

投稿: のっち | 2012年10月28日 (日) 15時58分

本当に勉強になりますねえ!
小田桐シェフの味覚・バランス感覚
そしてポン酒へのこだわり、素晴らしいですね。

それにしても、
酒恋さんが周りの素敵な女性に声を掛けないって
不思議ですねえ。
実は、ムフフな出逢いでも?(笑)

投稿: toto | 2012年10月29日 (月) 07時11分

私も、優雅にお酒と料理を愉しんでみたい

育ちが悪いので・・・・
早く食べないと、食べられちゃう様な
貧しい生活育ちだから
ゆっくりは、なかなか性に合いません
でも、そんなブルジョアな人になりたいな


キャッシーも同席だったんですか?

投稿: へーすけ | 2012年10月29日 (月) 16時00分

うぁ〜お洒落〜♪滋賀の食材も有ってすごいね(o≧▽≦)o
ムカゴは前住んでいた所に沢山有って良く食べたな〜(V^−°)
ワンピース好きの、立ち飲みやさん近所にあるので
買い物帰りに立ち寄る悪い主婦(^-^;

投稿: ゆりりん | 2012年10月31日 (水) 12時38分

イノさん
声をかけるような雰囲気の会じゃ
なかったんですよ。
それにかなり高貴な女性に見受けられたので
おいらはジーパン、雪駄だったんで引いてしまいました(笑)
会で読書ができるようなゆっくりした流れなんですよ。
ビールなら10分で4杯はなんとかいけるよ。

投稿: 酒恋倭人 | 2012年11月 3日 (土) 20時47分

hisamiちゃん
では次はhisami姫をエスコート
させていただきます。
ドレスで来てね。

投稿: 酒恋倭人 | 2012年11月 3日 (土) 20時48分

のっちさん
体調悪そうですね・・
ご自愛くださいね。
最近は女性のほうが日本酒好き多いような気がしますよ。
酒の会をすると半分以上女性!って
うれしい会が多くなってきましたからね。
山廃やきもとのようなしっかりした味わいでも、素材の邪魔をせず、ほんと合うんですよ。
それが日本酒の奥の深さですよね。
魚柄さんの講演、めっちゃおもろかったです。
密造酒のすすめ!なんてのもありましたよ。
来年も来るそうなんで是非!

投稿: 酒恋倭人 | 2012年11月 3日 (土) 20時52分

totoさん
小田桐さんは、以前ご一緒した某アナウンサーさんも絶賛の味覚なんですよ。
若いのにすごいですよ。
おいらも脱帽です。

ムフフな出会い・・
それがなかったんですよ。
ジーパン、雪駄ではちょっと場違いで
さすがのおいらも・・でした。

投稿: 酒恋倭人 | 2012年11月 3日 (土) 20時56分

へーすけさん
同じく(笑)
ほんと優雅なお食事&酒会でしたんで
前に出る勇気がなかったです。
がつがつ食べてた自分がちょっと恥ずかしいかった(笑)

今回は一人参加だったんです。
キャシーは人気ものなんで独占できないんです・・

投稿: 酒恋倭人 | 2012年11月 3日 (土) 21時00分

ゆりりん
ゆりりんは滋賀の人だもんね。
滋賀の食材もいいもの沢山あるね。
ワンピース読みなら日本酒ですか??
それもおもろいな(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2012年11月 3日 (土) 21時01分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラ ビーニュで滋賀県北島酒造の会!:

« 夏の残りもので山本 亀の尾 | トップページ | スパークリング山本で牛ミノとサトイモの塩麹バター »