« 旨い花菱5年秘蔵古酒!でも肴はいまいち・・ | トップページ | チビホタテで福司しぼりたて・・そして耳年齢 »

鰰の三五八漬けで竹鶴酸味一体

気がつきゃ2月も終わりですね・・・

行って(1月)・逃げて(2月)・・去って(3月)・・・

新年からこんな感じで春を迎えるんですね。

みなさま、ご無沙汰しておりました。

今月やっと2回目の更新でございます。

全世界1億人の酒恋倭人ファンの方々・・

申し訳ありませんでした

2月は家で夕飯を食べたのがたった2回。

ほとんど家にいませんでした。

おかげで世間では春近しなのに我が家はたぶん永久に

真冬です(笑)

3月はまじめにおうちで生活して、

少しでも永久凍土を解凍したいのですが

今年は特に職場での退職者が多くて送別会ラッシュ・・

おそらく2月同様、おうちでは寝るだけの生活に

なりそうです。

ますます凍土の厚みが増しそうです(笑)

そんな忙しい中に届いた秋田からのおいしい食材。

鰰の三五八(さごはち)漬けです。

Dsc09068

魯山人いつもありがとう!!

値札が付いていたのはご愛嬌ですね(笑)

でもブリ子がたっぷり入った25センチほどある大きな鰰が

3匹も入って398円とは安い!

やっぱり秋田はいいとこです。

これは絶対に早く味あわなきゃ!!と

なんとか今月2回目のおうちでの夕飯を。

三五八漬とは・・・、

いわば今話題の塩麹の元祖のようなもの。

もともとは南東北に伝わる糀(こうじ)漬です。

塩、米糀(こうじ)、蒸したお米、をそれぞれ

三、五、八の割合で混ぜ合わせたものを

野菜、魚、お肉に必要な分だけまぶしておくだけで

美味しい”こうじ漬け”が楽しめると言うすぐれもの。

割合が3:5:8だからさごはち漬けと

名づけられたそうです。

秋田を含む南東北地方では三五八漬けの素と言う

すでに調合されたペースト状のものが

どこのスーパーでも販売されていて、

各家庭ではいろんな食材で三五八漬けを作り

保存食として食べているらしいです。

残念ながら大阪ではそんなすぐれた調味料は

みたことがありませんね・・・。

もしかしたら販売してるところはあるのかもしれませんが

大阪ではポピュラーなものではありませんね。

その話を魯山人にすると

「カルチャーショック!!」と言ってました。

天下の台所の大阪にもない・・・

ほんと食文化の違いって面白いですね。

そんな三五八漬けをグリルで焼いていると、

ほんのり甘い香りが漂います。

ただの塩焼きとは少し焼いた時の香りが違いますね。

そんな鰰の三五八漬けと合わす今宵のポン酒・・

広島県竹鶴酒造 雄町純米 竹鶴 酸味一体

Dsc09025

搾りたては酸が高すぎる竹鶴雄町純米を

数年寝かせて瓶詰めした1本。

まずは常温で・・・・

これがびっくりするほど

酸味一体どころか一体してない・・酸だらけです・・。

さて何度にしたらこれが旨くなるのか??!

70度近くまで上げたり、50度付近で飲んでみたり

燗覚ましにしてみたり・・・

いろいろ試して結局4合ほど飲んでしまいました。

でも、燗にしたら味が整いますね!!

あのすっぱいだけのポン酒から旨みがあふれだしてきます。

これだからポン酒を飲むのが楽しいんですね。

結局、40度手前ぐらいが一番旨かったですね。

その竹鶴 酸味一体をお猪口ですすりながら

皿から尾っぽが飛び出た鰰の三五八漬を・・

Dsc09071

(魚の写真としたら頭の向きが反対ですね(汗))

少し脂っけのある鰰がすごくマイルドで甘く感じます。

これは旨いですね。

とくにブリ子がたまりませんね。

Dsc09075

プチプチした食感にじわ~っと広がる麹が作った甘み・・。

普通の塩焼きで食べる鰰のブリ子とは味わいが違いますね。

こちらの方が断然旨いです。

保存食と言え、三五八漬け恐るべしです。

Dsc09073

今宵の酒肴とポン酒の相性は・・・
★★★★・・・・40点 

酸味一体・・・

こいつは手ごわいポン酒です・・

まだまだポン酒素人の酒恋さんには奥が深すぎる

一本でした。

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

|

« 旨い花菱5年秘蔵古酒!でも肴はいまいち・・ | トップページ | チビホタテで福司しぼりたて・・そして耳年齢 »

ワンコインでできる激うま酒肴!」カテゴリの記事

竹鶴酒造・・・・・(広島県)」カテゴリの記事

コメント

痛風~悪化するよ(笑)

投稿: hisami | 2012年2月25日 (土) 15時51分

それにしても・・・
2回だけって・・・

すごいですね~ 笑)
家庭不和より身体が心配ですよ~!!
 
鰰の三五八漬 美味しそうだね~
これがぽん酒に 合わない訳が無い!!
贅沢だわ~

投稿: イノぶた | 2012年2月25日 (土) 17時21分

いやー、「ぶりこ」がめちゃめちゃ美味しそうです! (*>ω<)o
そして、三五八漬け!
名前は知ってるけど食べた事ないんですよね。塩麹より甘味強いイメージだけど、どうなんだろう??いつか食べてみたいです。

忙しい日がしばらく続くようですが、
お体気をつけて過ごして下さいね♪


投稿: のっち | 2012年2月25日 (土) 17時50分

忙っしそうですねぇ~!
 無理しないでくださいね

 それにしてもデッカイ鰰!
 三五八漬けって知りませんでした。

 酸っぱい竹鶴、興味深々です (笑)

投稿: toto | 2012年2月26日 (日) 07時41分

hisamiさん
ちゃんと肴にユリノームって薬飲んでます!!(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2012年2月27日 (月) 09時58分

イノぶたさん
身体と頭はもうすでに壊れてます(笑)
だからこれ以上悪くならないはずです。

秋田と新潟ってお隣なのに食文化って
なんでこんなに違うんでしょうね。
新潟には三五八ってないよね??

投稿: 酒恋倭人 | 2012年2月27日 (月) 10時00分

のっちさん
ありがとうございます。
もうすぐ酒会のシーズンになるので
またどこかでお会いしましょうね。

確かに塩麹より甘いですよ。
大阪人には三五八の方があってるかも
しれませんね。
一度、三五八の素を使ってみたいんですが
売ってないんですよね~ぇ。

投稿: 酒恋倭人 | 2012年2月27日 (月) 10時04分

totoさん
変態酒呑師、totoさんならきっと
この奥の深さがわかるかも!?
マジすっぱいですよ。
最初飲んだときΣ(゚д゚lll)でしたもん。

投稿: 酒恋倭人 | 2012年2月27日 (月) 10時06分

美味しそうな〜
麹は万能だよね。塩麹はわが家に欠かしたことないよ〜数日前は麦味噌仕込みました(V^−°)

投稿: ゆりりん | 2012年2月27日 (月) 19時12分

喜んでもらってうれしいです。
三五八はしょせん保存食と思っていましたが、大きめのハタハタが売られていたり、贈答用と思われる真空パックとかが売られたりしていました。
そっちもビックリでしたが、大阪に三五八が売られていないのがもっとびっくりでした。
値段がついているのは、ワンコインだという証明でした。

投稿: | 2012年2月27日 (月) 21時25分

ゆりりん
塩麹が流行る前から、ゆりりんに
塩麹の作り方教えてもらってたよね。
感謝です。
麦味噌も気になるな~

投稿: 酒恋倭人 | 2012年3月21日 (水) 09時43分

魯山人さん
ほんといつも旨いものありがとう。
秋田の食物はほんと最高ですね。
358、この塩麹ブームできっと
大阪にやってくるような気がします。
来年もよろしく!

投稿: 酒恋倭人 | 2012年3月21日 (水) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鰰の三五八漬けで竹鶴酸味一体:

« 旨い花菱5年秘蔵古酒!でも肴はいまいち・・ | トップページ | チビホタテで福司しぼりたて・・そして耳年齢 »