« 「ど ピンク」で豆腐の燻製 | トップページ | 素晴らしき!『乙女の日本酒プロモーション』 »

長龍広陵蔵 本醸造で山菜三昧!

ちょっと前ですが秋田の魯山人からおいしい山の幸が

沢山届きました。

震災の影響で仕事が大変な中、わざわざ山に芝刈りじゃない、

山菜採りに行ってくれたんです。

すまんの~ぉ!魯山人!いつもありがとう!

で、送ってくれたのは・・

シドゲ・・・(強烈な香!!)

Dsc07027

これは今じゃ山菜の王様と呼ばれ天然物はかなりの貴重品。

ちょっと怖い話ですが・・・

トリカブトと葉が似ていてるため間違う人もいて

Dsc07030

死亡事故が起こっているとか。

少し心配なので魯山人に「大丈夫??」ってメールして

しまいました・・・。

でも、山の達人になれば簡単に見分けられるそうです。

素人が手を出すから怖いだけだそうで・・・

なんだか株の話みたいですな(笑)

ボンナ・・・これも貴重な山菜だとか。

Dsc07015

ウド・・スーパーで売ってる物より香が強烈!!

Dsc07026

酒恋さんは苦手なんですが嫁は無茶苦茶好きな山菜。

そしてこちらは酒恋さんが山菜で一番好きなたらの芽・・

Dsc07010

これぐらい立派なものはなかなか手に入らないみたいです。

名前が可愛くて食べても旨いアイコ(みやまいらくさ)・・

Dsc07016

さっと湯がいて皮を剥いて食べます。

あざみ・・・・味噌汁の具にいいそうです。

Dsc07017

大阪にもあざみは生えていますが種類が違い

食べられないものが多いみたいです。

最後に一度食べたかった行者にんにく・・。

Dsc07007

これも乱獲で天然物が少なくなってきているらしい・・。

どっか~んと!大量7種類!幸せです。

秋田から宅急便で送って大阪に届くのが丸2日・・・

採ってすぐに送ってくれたそうですがすでに3日経過・・。

早く食べなきゃせっかくの山の幸の鮮度が落ちてしまいます。

だから今宵は、行者にんにく意外全部食します!

山菜オンリー!!です。

肉類、魚類、一切無し!

究極の精進料理とでも言えるかもです。

魯山人から聞いたおいしい食べ方を参考に

お昼過ぎから台所に立つこと5時間・・・

シドゲ、ボンナ、アイコはさっと茹でて

Dsc07032

出汁、薄口醤油、味醂を合わせた物に漬けてお浸しに・・

Dsc07034

アイコって山菜は可愛い名前なのに棘が一杯・・

刺さるとかゆいのなんの・・。

あざみは湯がいてマヨネーズ和え

Dsc07036

たらの芽、うど、あざみ、しどげ・・・の天ぷら。

Dsc07041

ウドをさっと湯がいて酢味噌和え・・

Dsc07038

行者にんにくはざく切りにして醤油と味醂、

Dsc07050

それに一味を合わせたものに漬けておきました。

 

1週間ほど漬けて刻んでラーメンに入れて食べるのが

楽しみです。

合わすポン酒は・・・

奈良の長龍酒造広陵蔵 長龍特別本醸造

Dsc07048

ラベルに鹿の絵が描いてあってレトロな感じがする1本です。

飲み口もどことなく懐かしい味わい・・

山田錦らしいふくらみのあるお米の味わいが印象的です。

さて、テーブルを埋め尽くすした山菜料理を頂きます。

Dsc07045

シドゲのお浸し・・

これは山菜好きにはたまらないでしょうね・・。

実は・・酒恋さんは香系は苦手なんです。

口の中に入れた瞬間に香る強烈な山の香・・

思わずむせてしまいました・・。

ボンナも同じ・・特に後味が何とも言えないえぐ味・・。

でも、どちらかと言うボンナの方が食べやすいかな。

苦手やなぁ・・と思いつつ・・・・・・・

作った以上もったいないし、

せっかくの魯山人の愛を無駄にしないように

ポン酒で胃の中に強引に流し込むように食べてたんですが・・

これが不思議・・・

1時間ほどしたらいつの間にか味と香に慣れてきて

この味がけっこう好きになってきました。

これが山菜の王様の実力なのかなぁ。

でも・・ウドだけは無理・・・最後まで食えなかった。

あのウド独特の味わいを消そうと酢味噌和えにしたんだけど

やっぱり消えなかった・。

逆に嫁は、これは美味しい!とパクパク・・。

酒恋さんには変態にしか思えませんでした(笑)

アイコはしゃきしゃきして旨いですね。

皮を剥くのが邪魔臭いけど食べると美味しい山菜です。

このアイコの皮を剥くのに2時間かかったんです・・。

天ぷら・・・

やっぱり山菜と言ったら天ぷらが王道かな・・

一番好きですね

特にたらの芽は旨い。

この時期無性に食べたくなる山菜の天ぷらです。

たらの芽はバター炒めも旨いらしい。

来年はそれを試してみるつもりです。

今宵の酒肴は特にポン酒がすすみますね~。

ボディーに優しいからいくらでも飲めるし食える・・。

それにいつもの満腹感とは違って満足感でおなかが

満たされていきます。

全部山菜なんで摂取カロリーが低いからでしょうね。

でも、本醸造ばかりでなくて少しは吟醸系でも

味わいたかった・・・。

特にシドゲのお浸しは少し渋みが残った純米吟醸なんかが

よかったかも。

今宵の酒肴とポン酒の相性は・・
★★★☆・・・35点 良ですね。

魯山人!来年もたのんます!
嫁がジュンサイと茗荷!やって(笑)
私は岩牡蠣!!楽しみにしています!

 ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

|

« 「ど ピンク」で豆腐の燻製 | トップページ | 素晴らしき!『乙女の日本酒プロモーション』 »

旨い肴」カテゴリの記事

コメント

すっごい健康的なヘルシー料理で
心も体も元気!元気~~~☆
私も美味しい料理満喫してきました~

投稿: hisami | 2011年5月29日 (日) 12時52分

私も先日いただきました ^^)
ウドは酢味噌 コシアブラとタラの芽は天ぷらに・・・ 春の味堪能させていただきました。
私もタラの芽が一番好きなんですよ!!
^^)

投稿: イノぶた | 2011年5月29日 (日) 15時22分

喜んでいただいて嬉しいです!
思ったより、シャキシャキしてそうですね。
私もウドは苦手なんですよ~
香りが強いのは、煮魚の付け合わせなんかで、煮汁に浸して食べると良いですよ!
次はジュンサイですね。待っててくださいね‼

投稿: 椿 | 2011年5月29日 (日) 15時35分

天然物の山菜オンパレード、旨そうですね~!!
 ウドは好物なんですが、カミさんが苦手なので食卓へは出てきません(涙)
 

投稿: toto | 2011年5月29日 (日) 17時32分

春に奈良公園等で遊んでいたのは僕です!

酒恋さんには蕎麦も打ってもらって山菜蕎麦を作ってほしい!イメージ的に田村正和なので。

蕎麦打ちの後の日本酒で一杯。イイ!

投稿: 黒色大聖堂管理人 | 2011年5月29日 (日) 22時49分

山菜天婦羅旨いっすよね
わたしは、今年タラの芽食べなかったな~
昔は、我が家の側にもいっぱい木が有ったのに乱獲でなくなってしまいました・・・
(枝ごと切ってもって帰っちゃうから)

山うどは、ダメですか!
でも、『東京うど』なら大丈夫かもです
(地中の穴の中で育てる、モヤシのうどです)

投稿: へーすけ | 2011年5月30日 (月) 06時20分

hisamiさん
山菜はデトックス効果もあるとか言ってたね。
次の日、快便だったし健康になったような気がしたよ。
沖縄料理、満喫してきたんですね!

投稿: 酒恋倭人 | 2011年5月30日 (月) 09時22分

イノぶたさん
タラの芽はほんと旨いです。
癖が全くないものね。
そして山菜の天麩羅は大人の味ですよね。
旨い!!
コシアブラはまだ食べたことがないんです・・・。
来年は是非食べてみたいです。

投稿: 酒恋倭人 | 2011年5月30日 (月) 09時24分

totoさん
我が家と逆なんですね(笑)
ウドだけはどうしても無理なんだよね・・・

投稿: 酒恋倭人 | 2011年5月30日 (月) 09時26分

黒色大聖堂管理人さん
田村正和よりも・・・中村雅俊です(笑)
蕎麦打ちはいずれ習うつもりなんですが
実は、7月10日に蕎麦打ちが趣味の友人と私とのコラボで酒の会をやるんです。
飲んだ後に蕎麦でしめる!大人の会です。

奈良公園に山菜がなくなったのは黒色大聖堂管理人さんのせいなんですね(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2011年5月30日 (月) 09時30分

へーすけさん
そうなんですよね。
タラの芽なんて芽だけ採ってれば
来年またおいしい芽を食べれるのに
枝ごと切って行くから二度と生えてこなくなるんですよね。

東京ウド!??
それは初耳です。
ネットで調べてみます。
香りさえなければ食べれそうです。

投稿: 酒恋倭人 | 2011年5月30日 (月) 09時33分

酒恋さんは香り物苦手なんですね~。
私は奥様と同じく大好きで、
ウドなんて、酢水にも漬けず、味噌だけ付けてパクパク食べちゃいます♪大変態です(笑)

山菜と日本酒いいですね。
私も来年はタラの芽のバター炒めしてみたいな。

投稿: のっち | 2011年5月30日 (月) 19時54分

のっちさん
え!!のっちさんも変態族だったんだ(笑)
灰汁抜きも、何にもしないで食べる・・
私の嫁以上かも。
でも、山菜の香りってはまると麻薬のような作用で、食べたくてしょうがなくなるそうですね。
茗荷なんてそんな山菜らしいです。

タラの芽のバターいため、私も是非来年は食べてみるつもりです。
天麩羅よりもおいしいような気がしますね。

投稿: 酒恋倭人 | 2011年6月 6日 (月) 09時54分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長龍広陵蔵 本醸造で山菜三昧!:

« 「ど ピンク」で豆腐の燻製 | トップページ | 素晴らしき!『乙女の日本酒プロモーション』 »