« 「絆」で今年もよろしく! | トップページ | 「阿櫻 亀の尾」で鹿児島地鶏 »

〆張鶴で蕪蒸し

もうすぐ正月から一週間。

1月は時間の経過が早いです。

そろそろ七草粥です。

七草とは・・・・

芹(せり) 薺(なずな)御形(ごぎょう)繁縷(はこべら)
仏の座(ほとけのざ) 菘(すずな) 蘿蔔(すずしろ)

元旦からの暴飲暴食で疲れた胃を休め、

おせち料理では不足しがちな栄養素を補うために食べるとか

邪気を払い万病を除くために食べるとか諸説あるみたいですが

酒恋さんはこの七草粥って好きじゃないです・・・。

まず、セリ科の野菜が大嫌い・・・

あの独特の香りがNG・・

それにナズナってぺんぺん草ですよ!!

ペンペン草ってそこらに生えてる雑草じゃないですか・・・

だから食べる気がしないんです。

七草粥ファンの方すみません・・・

今の時期スーパーではこの七草が入ったセットや

年末の残り物は沢山売られているものの、

他はろくなもの売ってません・・。

漁師も畜産農家もお百姓さんも仕事を始めたばかりで

新鮮な国産の魚介類、肉類、野菜は10日前後にならないと

並ばないです・・。

昔は流通網も整備されてないし

スーパーなんてなかったから

この時期は何にも食べるものが無かったんでしょう。

だから道端に生えている食用の食物を使って

粥を作りお腹を満たしていたと言うのが本当かも?!!

ま、そんな話は置いといて・・

今宵の酒肴は蕪蒸

酒恋さんの畑で取れた蕪と年末に買っておいた

Dsc06060

Dsc06058

剥き海老トロカレイ、そして茹で銀杏を使って

亀広寿司で好評だった蕪蒸しを再現してみました。

前回の亀広寿司の会で、この蕪蒸が食べられなかったのが

相当悔しくて家で再現してやろうと亀広寿司のマスターに

作りかたを少し伝授してもらいました(笑)

白身の魚ならトロカレイじゃなくても

タラでもなんでもいいと思います。

亀広では確かスズキだったと思います。

ユリ根なんかも入れたらもっとおいしいかも。

まずは蕪の皮むき・・

Dsc06062

蕪を4等分ぐらいにして中の色が変わっているところ

ぐらいまでを分厚く剥けばOK!

Dsc06064

剥いたらごしごし摩り下ろします。
(これがけっこうしんどいのよ・・・)

摩り下ろしたらキッチンペーパーに包んで搾り

Dsc06065

軽く水分を切ります。

卵2個を白身と黄身にわける・・。

Dsc06066

白身に少し塩を入れて角が立つぐらいかき混ぜて

Dsc06067

メレンゲ状にします。

先にトロカレイを軽く蒸しておきます。

海老と銀杏、それに摩り下ろした蕪を白身と混ぜて

Dsc06068

器の一番下に引いたトロカレイの上に乗っけます。

Dsc06076

蒸し器で15分ほど蒸します。

蒸してる間に、だし、醤油、酒、みりん 砂糖 塩で

だし汁を作り片栗でとろみをつけて

Dsc06077

最後に残っている黄身を溶き入れ餡を作ります。

Dsc06079

蒸しあがった蕪蒸しに餡をかけてわさびを乗っければ

酒恋流蕪蒸の完成です!

Dsc06080

見た目は天津飯ですね(笑)

合わすポン酒は憧れの新潟美人から頂いた

新潟県宮尾酒造 〆張鶴 しぼりたて生原酒

Dsc06072

この時期にしか味わえない人気の限定酒だそうです。

搾りたてだからこそのフレッシュな口当たり

そして生原酒らしい濃厚で深みのある味わいが印象的で

旨味たっぷり。

端麗辛口で有名な新潟酒らしくない一本です。

Dsc06082

蕪蒸しを一口・・・

ふんわりとした雪のような口当たり・・・

そこに出汁が絡むとさーっと蕪が消えていきます。

まるで口の中で新雪が溶けていくような食感です。

わさびと海老の風味、銀杏のほろ苦さも加わって

なんとも贅沢な味わいです。

〆張鶴 しぼりたて生原酒を一献・・・

う~ん!!たまりませんな!!

蕪の成分ジアスターゼと新酒のフレッシュさが

良い感じに絡まります。

そしてジアスターゼは胃を活性させるため

食欲も酒欲もそそります。

こんな旨いもんを亀広寿司では出してくれてたんですね。

本日の酒肴とポン酒の相性は
★★★★☆・・・・45点

残念・・・柚子を忘れてたんです・・
出汁に柚子を加えれば満点以上!
無念じゃ・・

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                       &tbsp;                     Photo_2

|

« 「絆」で今年もよろしく! | トップページ | 「阿櫻 亀の尾」で鹿児島地鶏 »

旨い肴」カテゴリの記事

宮尾酒造・・・・新潟」カテゴリの記事

コメント

京都だと、千枚漬けとか壬生菜があるから凌げますよ(笑)
七草は小説の小道具に使うに限ります。季語としては良いけど、食べるのは・・・。

メール下さい。送り先にお薦め日本酒を今度は僕の方で送りますよー。お楽しみに(笑)
是非、飲んでやってください。

投稿: 黒色大聖堂管理人 | 2011年1月 6日 (木) 12時06分

美味しそうですね(*゚▽゚)ノ

柚子って凄くいい仕事しますよね!ちょっと入っているだけでとってもいい香りがします。
出汁の香りと柚子の香りで一杯飲めるかも!?

投稿: 醸し屋 カズマ | 2011年1月 6日 (木) 17時53分

酒恋倭人さんには早々と挨拶いただいたのに遅ればせながらでごめんなさい。。

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

そっかー、セリ、苦手なんですね(>_<)
私も七草粥としてセリは食べたことは、実はないのですが、
初めて旦那の実家でセリ入りのお雑煮を食べた時は、
美味しくって感動しちゃいました。
全然、雑草のような臭みはなかったんだけどなぁ~。

投稿: まき子 | 2011年1月 6日 (木) 23時49分

そうそうこれ!
凄く美味しくて!
私も作ってみたかったの!!!!!
レシピ有難う♪
私もやってみる~~~~

投稿: hisami | 2011年1月 7日 (金) 09時22分

私の七草かゆは韓国レストランで
お豆腐のチゲと餃子に韓国の焼酎。
もう大満足でした。
でも一人で1瓶呑んだので相当酔ってました(笑)
残った焼酎は持ってかえって今夜のみながらコメしてまぁ~っす。

投稿: Joni | 2011年1月 9日 (日) 14時52分

一度見た初めてのメニューを少し教わって再現しちゃうなんて
 やっぱり酒恋さんすごいです~!
〆張鶴にも「しぼりたて生酒」がラインナップされたとは
 越後の酒も日々進化していますね。

投稿: toto | 2011年1月10日 (月) 00時08分

蕪・・・カブってこう書くのね(苦笑)

蕪蒸し・・・なんだか料亭とかで出そうな雰囲気。(発想が子供ですんません)
食べた事ないな~・・・
蕪擦るの大変そうだけど大変な程
食べる甲斐がありますね!
私は蓮根擦った時、
指血だらけになったことあります(泣)

投稿: あいぽん | 2011年1月10日 (月) 01時13分

酒恋さん

私は蕪って結構冒険ぜずに漬け物・・煮物・・・ってイメージがありましたが・・・

さすが酒恋さん!! 美味しそうな料理に変身ですね \(^o^)/
コテっとしたポン酒には 合いますね・・・
でも 私は終わってしまいますよ~ 笑)

投稿: イノぶた | 2011年1月12日 (水) 00時53分

黒色大聖堂管理人さん
壬生菜や千枚漬けなら喜んでたべます。
特に千枚漬けは酒の肴にも最高ですからね。
京都はいいな~ぁ!
七草粥は季語って言うのもなんとなく京都らしいですね。
食べものしか思わない大阪人のさがです(笑)
メール送りましたよ!!
楽しみにしています!!

投稿: 酒恋倭人 | 2011年1月13日 (木) 17時10分

醸し屋 カズマさん
柚子はほんと渋い仕事をしてくれます。
あるとないとでこれだけ味わいが違うのかと驚かされることが多々・・。
薬味界の必殺仕事人ですね(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2011年1月13日 (木) 17時12分

まき子さん
今年もよろしく!!
再会できることを楽しみにしています。
セリは雑草の香りじゃないです・・・
雑草はぺんぺん草(なずな)です・・
セリって好き嫌いがむちゃくちゃはっきりしてる野菜ですね。
好きな人は、ウドとか香り系の山菜も好きな方が多いですね。
私は、ウドも苦手なんです・・

投稿: 酒恋倭人 | 2011年1月13日 (木) 17時17分

hisamiさん
食べてるのみて涎もんでしたよ(笑)
基本レシピはこれで。
後は中身をいろいろ変えたら面白いよ。
是非作ってね!

投稿: 酒恋倭人 | 2011年1月13日 (木) 17時18分

joniさん
七草粥がチゲ鍋で餃子ですか?!
胃をいたわる七草粥なのに
それじゃ余計に鍛えてるみたいじゃないですか(笑)
さすがです!!
マッコリもじんろもガッツリ飲んだんですね!!

投稿: 酒恋倭人 | 2011年1月13日 (木) 17時21分

totoさん
本物の味にはほど遠いですが(笑)
見た目は似たものを作るのは達人です(笑)
新潟の酒、変わってきましたよね!!
もしかしたら越の寒梅、活性にごりなんてでるかもです?!

投稿: 酒恋倭人 | 2011年1月13日 (木) 17時23分

あいぽん
ブラッディーレンコンもなかなか(笑)
きっとドラキュラが喜ぶよ。
蕪ってくさかんむりに無し・・
草がない??ちゃんと上に葉っぱがあるんだけどね。
おかしな字ですね。
摺って蒸す・・まさしく料亭の技ですよ。
簡単ですけどね。

投稿: 酒恋倭人 | 2011年1月13日 (木) 17時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〆張鶴で蕪蒸し:

« 「絆」で今年もよろしく! | トップページ | 「阿櫻 亀の尾」で鹿児島地鶏 »