« 和醸良酒!魯山人と立ち飲み! | トップページ | 亀広寿司で夏酒の会! »

阿櫻 亀の尾仕込みでつくねバーグ

大阪では梅雨本番・・・

今年の梅雨はしっかり雨が降りますね・・・

人はどうしても梅雨を嫌いますよね。

洗濯物は乾かない、じめじめうっとうしい・・。

不快指数100%です。

でも植物は大喜びです。

だからこの時期、日ごとに畑の農作物は大きく成長していきます。

ほんとびっくりするぐらい早いです。

先日まで遠慮がちに成長していたズッキーニは

巨大化して綺麗な花を咲かせてます。

Dsc04373

花は一日で散ってしまうんですが

次の日、また別の花が咲いています。

次から次えと・・・

受粉のためなのか雄花と雌花が交互に咲く感じ・・

Dsc04515

一番果は20センチぐらい・・もうすぐ収穫です。

きゅうりは一度枯らしてしまったのでまだ発育途上・・

でも、日ごとに大きくなっています。

紫蘇と・・・

Dsc04371

おかのり・・・

Dsc04372

それにエゴマは・・・・

Dsc04370

摘んでも摘んでも毎日わんさか生えてきます。

すごい生命力です。

紫蘇は刺身のつまかてんぷらに・・・

Dsc04477

エゴマはケンニップにしてご飯や焼肉をまいて・・

Dsc04524

おかのりは、湯通しして水気を切り包丁でたたいて

モロヘイヤのようにしてかつお節と醤油で食べたり

Dsc04519

熱々のご飯に乗せておかのりご飯にして・・・・

いろんな食べ方をして消費しますが食べきれるものじゃないです。

それに飽きてきます。

もうすぐきゅうりやなすびも同じような状態になると思います。

必要な時だけ実り、収穫できればいいんですが

農作物は時期が来ると一斉に実りますからね。

だから7月、8月はきゅうりとなすび料理ばっかりです。

さて、今宵の酒肴も朝採ってきたばかりの紫蘇を使って

つくねバーグです。

鶏ミンチと紫蘇ってかなり相性がいいですよ。

材料は、鶏ミンチと紫蘇、ゆで卵、赤味噌、生姜、塩コショウ

酒、醤油、生卵、たまねぎ、うずら卵、ねぎ、片栗粉。

いつもならにんにくも入れるんだけど、紫蘇の香りを楽しむために

今回はにんにくは入れませんでした。

作り方は、たまねぎをみじん切りにして

バターであめ色になるまで炒める。

ゆで卵、紫蘇もみじん切り。

ボールに炒めたたまねぎ、ゆで卵、赤味噌、紫蘇をいれる。

Dsc04466

鶏ミンチを加え、生姜をおろし、酒、塩、胡椒、醤油、生卵、

そしてつなぎの片栗粉を入れてこねくり回してタネを作る。

Dsc04467

Dsc04501

フライパンで一度焼いておいて・・・

Dsc04502

市販の焼き鳥のたれを絡め・・・・

Dsc04511

再度フライパンで火を通す。

Dsc04504

皿に盛り、刻みねぎをぶっかけ、うずらの卵を乗せれば完成!!

Dsc04510

ワンパック700グラム入り400円でミンチを買ったけど

そこそこの大きさのつくねバーグが10個できました。

経済的ですよ。

合わすポン酒は・・・

先日、秋田の名店「高良酒店」さんから届いた

秋田県阿櫻酒造 阿櫻 亀の尾仕込み

Dsc04499

米と麹、それに水しか使われてないのに純米の表記ができない

かわいそうな奴です。

理由は規格外の等級のお米を使ってるからです。

秋田県の大潟村で大切に育てられた正真正銘の亀の尾。

ちょっと容姿が悪いだけで規格外に・・

言わば、アウトレットなお米を使った純米酒って感じです。

消費者にとったら嬉しいですよ。

亀の尾なのに1升2100円とリーズナブルですからね。

開栓すると、ほのかな麹花の香り・・・

口に含むと、なんとなく香ばしく、なんとなく苦く、なんとなく甘辛い・・

少しばらつきを感じます。

でも、酸がしっかりしてるので最後は無難に胃袋に

落ちていくって感じですね。

雑味も感じますが、個性と考えるとこの値段なら十分です。

Dsc04509

うずら卵を潰します・・・・

ねぎに黄身が絡んでこれが食欲と酒欲をそそるんだよね~。

だから写真を撮るのわすれちゃった・・・

食いしん坊飲兵衛には卵黄のあのトロトロの視覚と食感には

勝てません(笑)

つくねバーグを一口・・

生姜と紫蘇の香りが、卵黄とネギの風味に合わさって

鶏ミンチを和食にコーティング。

風味はあっさりだけど、赤味噌と鶏の脂がコクを生み

純米系のポン酒があいますね。

まさに、この阿櫻亀の尾仕込みのような味わいのポン酒とは

良い塩梅です。

今宵の酒肴とポン酒の相性は・・
★★★☆・・・35点。
合格点ですね。

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

|

« 和醸良酒!魯山人と立ち飲み! | トップページ | 亀広寿司で夏酒の会! »

ワンコインでできる激うま酒肴!」カテゴリの記事

阿櫻酒造・・・・・(秋田)」カテゴリの記事

コメント

夏野菜、これからボコボコ実を付けますね〜
楽しみですね〜(笑)
紫蘇入りつくねバーグも美味しそ♪
酒恋さんみたいな旦那さんがいたら、毎晩幸せでしょうねぇ♪
おいしい肴を作れる王子様、プリーズ!!!

投稿: miyuki | 2010年6月24日 (木) 00時16分

植物って雨が降ると本当によく育ちますよね。
こんなに野菜が沢山出来て、もう農家じゃないですか。
うちの紫蘇も果物も元気に育ってますが食べ飽きるって分かります。

うちの夕べのご飯
紫蘇の葉っぱを2.30枚重ねてチーズとハム挟んでクルクルって巻いて食べました。5個も食べたらお腹いっぱいです。
手軽で直ぐに食べれるし紫蘇の消化も早いってね。

投稿: Joni | 2010年6月24日 (木) 00時19分

野菜って、食べたい時に取れれば良いのにね
うちでも、流石にきゅうりは、ぬかみそ漬けに飽きてきたみたいで、食べきれずに成ってきてますね!生じゃそうは食べれないです


つくねに、ゆで卵入れるんですか?
柔らかいつくねが出来そうですね

投稿: へーすけ | 2010年6月24日 (木) 05時39分

つくねバーグは子供達にウケそーだなぁ^^
酒のアテにもいいなぁ^^
かみさんに作ってもらおうかなぁ^^
んめべなぁ(^0^)

まだまだ若い阿櫻亀、寝かせると最高に化けちゃうよ!

投稿: たかりょう | 2010年6月24日 (木) 09時29分

本当に~順番に実ってくれると嬉しいんだけど
もうすぐ我が家もキュウリとゴーヤで
大変な事になりそうです~
エゴマ!
興味あるんだ~☆
もう遅いよね~・・・・
来年はエゴマ植えよう!

投稿: hisami | 2010年6月24日 (木) 10時21分

確かに、ジメジメ、しけるし傘を持つのは鬱陶しいですが、
自然にとっては恵みの雨ですもんね。
この時期降らないと、よく「水不足」なんて自体に陥っちゃいますし。
青々と茂った美味しそうな菜っ葉たちが美味しそうです。

投稿: まき子 | 2010年6月24日 (木) 20時09分

miyukiさん
miyukiさんの王子様にしてくれ~!
いつでも酒の肴なら作ってあげるよ。
つくねバーグはヘルシーで旨いで~。
簡単にできるからやってみて。

今朝、6時に起きて水をあげに行ったら
紫蘇とおかのり、エゴマがまたまたわんさか状態。ついにきゅうりも実をつけました。苗を8本も植えてるから明後日あたり10本は収穫できます。さて、どう料理しようか・・。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年6月24日 (木) 21時19分

joniさん
農家ってたった6帖ほどです。
joniさん宅には適いませんよ。
プラム、紫蘇、すごいじゃないですか。
お互いに良い保存方法をみつけて、上手く実りを利用したいですよね。

いつもブログを拝見させてもらい思うのですが、あの紫蘇サンドは豪快ですよね。あれ紫蘇2~30枚も使っているんだ!チーズと紫蘇が口の中でどんなハーモニーを奏でるんだろう?
今度やってみます。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年6月24日 (木) 21時27分

へーすけさん
やはりきゅうりの処理に困ってきますよね。生って自家製味噌つけて毎日ぼりぼり食べてるのが好きですが1日1本で十分ですもん。漬物は夏場はすぐに色が変わり臭くなるしね・・。なんか良い保存方法なでしょうかね・・。

つくねバーグにゆで卵を入れたのは意味ないんですよ。冷蔵庫の余り物で入れたら旨いかも?!って思っていれただけなんです。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年6月24日 (木) 21時38分

たかりょうさん
いつも旨い酒ありがとうさんです。
阿櫻亀、寝かせればよかったんだ・・。
もう全部飲んでしまいました(笑)
限定760本だからもう売り切れでしょうね・・。

つくねバーグ、子供さん絶対に喜びますよ!とうぜん、たかりょうさんも!
是非、かみさんに作ってもらってください。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年6月24日 (木) 21時45分

hisamiさん
ゴーヤは強烈だよ~。
さすがに毎日食べれないからね。
できだしたら、ぼこぼこ実って、いつも畑仲間じゃ、押し付け合いになってる。
贅沢だけどね。でも、ゴーヤは冷凍にできるよ。小さく切って茹でて冷凍にしておけば2ヶ月OK!です。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年6月24日 (木) 21時49分

まき子さん
梅雨は農作物にも人間にも必要なものですよね。
雨降らなきゃ、おいしい日本酒がのめなくなるし、おいしい野菜も食べられない。
梅雨に感謝しなくちゃね。
野菜は雨とお日様が育ててくれるんですよね。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年6月24日 (木) 22時08分

私も何か食べられるものを育ててみたいな・・・(食いしん坊)初めて育てるには何が一番いいのだろうか・・・?
つくね美味しそう♪そっかぁ~黄身とネギ乗せればいいのかぁ・・・(やってそうでやってなかったからやってみる!)

投稿: あいぽん | 2010年6月26日 (土) 14時30分

大葉は大好きです ^^)
何につけても合いますよね~
つくねバーグ!美味しそう ^^)
明日早速夕食に作ってみます!!
さっぱりして美味しそう \(^o^)/

最近は 脂っこいと大根おろしとか つけるようにしてます ^^)
ぶたさんのお値段が高騰してる感じですから・・・とっとこさんに活躍していただかなければ!!

投稿: イノぶた | 2010年6月26日 (土) 21時06分

いいですね^^つくねバーグ私もつくります
夏の味覚の味が実っているね^^

我が家の狭いベランダでも青シソは元気だよ
大きなトマトが中々赤くならなくて待ち遠しいよ~

投稿: ゆりりん | 2010年6月27日 (日) 20時22分

こんばんは! 夏だとお酒の回りが早いのかもう眠いのですが(笑) 亀の尾ってもしかして幻の米と言われたものでしょうか?
「夏子の酒」のモデルになったやつですか?

つくねバーグ・・ うずらの卵が素晴らしいと思います! さりげないですがウズラの卵に3000点かけたい気分です♪

投稿: 酔いどれパパ | 2010年6月28日 (月) 21時35分

丹精込めてつくられたものは何でも美味しいですね。
 野菜もお米も、そしてお酒もしかり。
 しっかりとした造りのお酒なら旨いです。
 見映えが悪くても、安心・安全が何よりですよね。

投稿: toto | 2010年6月28日 (月) 21時44分

こちら、酒屋さんで見かけて気になってました〜。
コストパフォーマンス高そうですね♪
せっかく育ったお米だもの、活用するのは賛成ですっ。

酒恋倭人さん宅のお野菜たち・・・元気いっぱい。
愛情たっぷりだからすくすく育つのでしょうね☆
お手製ハンバーグも美味しそう♪
最近飲み会続きで、きちんと台所に立ってないんです(汗)。
美味しいもの作りたくなっちゃいました。

投稿: ごま | 2010年6月30日 (水) 09時55分

あいぽん
家庭菜園で一番おすすめなのが紫蘇の
栽培!
プランターで簡単にできるよ。
なす、きゅうりはプランターでは
数が取れないよ。
鶏には卵!!
この感覚が大事ですよ。
意外と見落とされ安いんですよね。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年7月 1日 (木) 20時55分

イノぶたさん
鶏バーグ、作りました???
淡白でパサつく感じがするけど
ヘルシーで意外と旨いでしょう!?
私は、肉類はほとんどポン酢で食べます。大根おろしも良いけど擂るのがじゃまくさいから・・。
でも夏場は大根おろし様々ですけどね。

宮崎の口蹄疫で豚が上がってますね。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年7月 1日 (木) 21時04分

ゆりりん
料理好きなゆりりんならつくねバーグは
作って当然でしょうね。
やはり卵黄は乗せる???
私は居酒屋で教えてもらって以来
使いますね。

青紫蘇は家庭菜園で今一番元気でしょう!
私の畑もがんがん実ってますよ。
食べ切れませんよね・

投稿: 酒恋倭人 | 2010年7月 1日 (木) 21時07分

酔いどれパパさん
私は家にいるときは22時には爆睡してますよ。(笑)
春夏秋冬問わず!です。
我が家は夕食が早いので21時には完全に酔っ払い状態です。私の癖で風呂は食事の前に入るので飲み終えると寝るだけです!
亀の尾は夏子の酒のモデルになった龍錦です。最近は、このお米を使う蔵元さんが増えてきたらしいですよ。
良い物はやはり良い!!ですね。

はらたいらにまかせておいてください!
鶏バーグに卵黄は塩沢教授びっくりの相性ですよ!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年7月 1日 (木) 21時16分

totoさん
そうですよね!
この国の食品に対する規格ってなんでしょう??
良いもの使っても、傷ものじゃ認めてくれないのが食品の世界・・・
化学物質使い倒しても容姿よけりゃ一級品!
怖いですよね・・・

投稿: 酒恋倭人 | 2010年7月 1日 (木) 21時30分

ごまさん
この亀の尾、秋田ならまだあるかも知れないです。
すぐに飲むよりも寝かせばもっと旨いみたいですよ。
純米酒でありながら純米という表記ができない分、値段が安いけど、良いつくりしてまよ。仕込む米に少し傷等があるだけで飲むには全く問題ない味わいですからね。

畑の農作物は、子供みたい可愛いですよ。仕事に間に合うか、間に合わないのタイミングでもちゃんとお水をやりにいきます。愛情たっぷりです。だから、野菜の声も聞こえます(笑)
そろそろ収穫やで~!とか、ちょと待って!とか(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2010年7月 1日 (木) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阿櫻 亀の尾仕込みでつくねバーグ:

« 和醸良酒!魯山人と立ち飲み! | トップページ | 亀広寿司で夏酒の会! »