« 安くて旨い!純米酒 信濃鶴とチビホタテ | トップページ | またまた金生!煮物が旨い!&酒の会のご案内 »

石鎚 白うまで粕漬け

のつぼみが膨らんできましたね。

このぶんで行くと大阪は後一週間もしないうちに

桜の開花があるかもしれません。

今年は昨年よりもけっこう早く咲きそうな予感!

楽しみですね~。

桜が咲けば当然お花見ですよね。

桜吹雪が舞い散る春の陽気の中で、旨い肴と旨いポン酒!

たまりませんな~。

そんな花見にあわせて先月から仕込んでる肴・・・

それは「からすみもどき」

昨年もこのブログでご紹介しましたが、酒恋さんは毎年

真鱈の卵を使って、からすみもどきを作っています。

P1003012_2

本当のからすみと材料も製造法も違うからもどきなんですが

これがけっこう旨いんですよ。

手間はかからないんですが時間がかかるんです・・・。

製造日数は約7週間・・・50日ほどかかります。

後3週間ほどで完成なんですが、桜の花がもってくれるかな・・。

作り方は、真鱈の真子を塩に1週間漬けて、

P1003015


P1003017

その後、酒に一週間漬けて塩抜き・・。

P1003032

後は、酒を捨てて冷蔵庫にラップをかけないで

乾燥するまで入れておくだけ。

これでおいしいカラスミもどきができるんですよ。

鯛の子、ブリの子なんかでもおいしくできますよ。

さて、今宵の肴も少し時間をかけて漬けておいたもの。

それは、鶏もも肉の酒粕漬けです。

ブラジル産で3枚入って399円。

Dsc03698

使った酒粕は当然!!大倉の酒粕

Dsc03702

大手メイカーの酒粕とは味わいも香りも違います。

酒粕を買うなら断然、地酒蔵の酒粕がおすすめですね。

酒恋さんの酒粕漬けはいたってシンプル・・・

鶏もも肉に塩をまんべんなくすりこんで10分ほどおきます。

Dsc03708

酒粕とその4分の1の赤味噌、それに味醂を少々・・・

それらをジップロックに入れても混ぜ合わせます。

今回も酒は竹鶴秘伝を・・

Dsc03703

そこに塩をすり込んだ鶏モモ肉を入れて4~5日放置すれば

食べごろです。

Dsc03718

たぶん2週間ぐらい漬けても大丈夫だから

鶏肉をジップロックに入るだけ放り込んで置くと

味の変化を楽しみながら長いこと食べられますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漬け込んだ鶏もも肉を取り出し、綺麗に粕を取り除きます。

Dsc03720

そのままでもOKですが粕が付いたままではすぐに焦げちゃいます。

5日も粕に漬かってたらさっと洗い流しても大丈夫です。

後は、弱火でじっくりグリルで焼くだけです。

Dsc03722

いくら気をつけていてもやはり粕漬けは焦げやすい・・

今回も少し焦げちゃいました・・。

Dsc03725

でも、何ともいえない甘~い良い香りがしますよ。

さて、合わすポン酒は・・・・

愛媛県 石鎚酒造 白うま 活性にごり生原酒。

Dsc03724

5合瓶で1050円!!(購入は小林酒店)

とっても懐に優しいお馬ちゃんです。

新酒でしかも活性にごりなので爽快でピチピチしてフレッシュ!

もろみのほんのりした甘さが残り、ついつい飲みすぎてしまいそう。

でも、この白うまちゃんはとってもパンチが効いた奴なんです。

アルコールが20~21%もありますから。

ほどほどにしないとふらふらになりますよ・・・・。

焼きたての鶏モモ肉を一口・・・

Dsc03730

す~っと粕の香りと、しっとりした甘さが口に広がります。

粕漬けが苦手な人もいますが、酒恋さんはこの独特の

粕漬けの味わい・・・何と言うかなぁ・・

しいて言えば大人の味わい?が大好きなんですよ。
(奈良漬はあんまし好きじゃないんですけどね(笑))

ブラジル産の安い鶏肉が味わい深い高級食材に変身です。

唐揚げのようにパクパク食べるより

じっくり噛んで、風味と味わいを楽しむものですね。

そんな粕漬けには、やはりモロミが残ったポン酒が合いますね。

Dsc03735

白うまが進みます。

白うまのもろみの甘さと、粕漬けの甘みが合わさって

良い感じです。

今宵のポン酒と肴の相性は・・・
★★★★・・・・40点。
冷たいポン酒より温かいポン酒の方がよさそうです。
今度は熟成酒の燗で合わせてみたいですね。

    ポちっと ダブルでお願い!!    

       ↓  ↓

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

|

« 安くて旨い!純米酒 信濃鶴とチビホタテ | トップページ | またまた金生!煮物が旨い!&酒の会のご案内 »

ワンコインでできる激うま酒肴!」カテゴリの記事

石鎚酒造・・・・・(愛媛県)」カテゴリの記事

コメント

桜~
大阪のほうが早いのかな?
こちらはまだ膨らんでないみたい~~
早くお花見したいなぁ~♪
最近私は粕汁に凝ってて毎晩ですぅ~
勿論具沢山で☆

投稿: hisami | 2010年3月18日 (木) 10時58分

毎度です!!
酒粕を使った料理。
参考になります(o^-^o)
鶏肉を漬けちゃうなんてっ。
毎度、びっくりです(゚▽゚*)
冷たいポン酒より暖かいポン酒の方が、
合うというのも参考になります…。

今日の岡山は、まだまだ寒くて、
コート着てます。
大阪はどうですか?

投稿: さかばやし | 2010年3月18日 (木) 14時03分

読んでるうちからヨダレがぁ~~。
じゅるっ・・・

ちい~と自分でも恥ずかしかったりしますがしょうがないじゃん。
こんなに美味しそうな画像とBlogの内容なんですもん。

投稿: Joni | 2010年3月18日 (木) 14時03分

こんにちは!
カラスミもどき、出来上がるのが楽しみですね。僕は昨年作って・・・・塩抜きがあまく塩辛くしすぎてしまいました。

塩抜きのコツってあるんでしょうか?
酒は毎日取り替えるんですか?

教えて下さい(^-^)

投稿: 醸し屋 カズマ | 2010年3月18日 (木) 18時05分

私の大好きな「鳥もも肉」をこんなに美味しそうに調理するとは! どんなお味なんでしょ? 鶏肉の粕漬けって初めて聞きました!
このブログを見てるだけで二合はいけますよ。 「からすみもどき」の続報も楽しみにしています!

投稿: 酔いどれパパ | 2010年3月18日 (木) 19時11分

おー久しぶりのからすみもどき~ ^^)
熟成期間・・・楽しみですね~!!
鶏肉に粕??でも 見てると美味しそう~
私も作ってみます!!
さすが 酒恋さん!!

投稿: イノぶた  | 2010年3月18日 (木) 21時07分

鳥の焼け具合が、旨そうですね
旨みがしみこんでるって感じです
白うま!読み出しから勘違いしていて
写真が出てきた時に思ってたのと違った!です
私は白馬錦を思い浮かべてました
よく考えたら読み方も「しろうま」じゃなく「はくば」でした

投稿: へーすけ | 2010年3月19日 (金) 06時05分

桜の枝先がほんのりピンクがかって花見が楽しみですね♪
 酒粕はやっぱり、地元のお気に入りの蔵元産が
 一番ですね!
 我が家ではカミサンの酒粕パック用になって
 いますが・・・(^-^;
 酒恋さんのレシピを参考に有効活用したいと
 思います♪

投稿: toto | 2010年3月19日 (金) 07時23分

hisamiさん
もうすでに一輪、二輪なら咲いてるところあるよ。やっぱり、今年は早い・・。
粕汁、旨いよね。
具沢山のほうが汁物は絶対好きですね。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月19日 (金) 07時36分

さかばやしさん
大阪は風さえ吹かなければ寒さはましですよ。
コートはもういらないかな・・・。
春は着実にやってきてます。
豚肉、鶏肉、たらこ・・なんでも
粕につけると旨いですよ。
簡単なんで是非試してみてください。
味噌を入れても入れなくてもどちらでもOK!!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月19日 (金) 07時39分

Joniさん
そのよだれを手で受けてあげますよ!(笑)
ブログを書いてるものには嬉しいコメントです!!
ありがとう!
いつか、ご馳走しなきゃね!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月19日 (金) 07時40分

醸し屋 カズマ さん
塩に漬けた日数と同じだけ酒に漬ければOK!です。私は中日で1回お酒を入れ替えます。
でも、長期保存を考えるなら少し塩辛い方がよいと思いますよ。
今年のできは今イチぽいです。
真子の皮が破れて・・。
できあがりお楽しみに!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月19日 (金) 07時43分

酔いどれパパさん
今度は3合飲めるような旨そうなもの考えますね(笑)
鶏肉の粕漬けって私はけっこうメジャーだと思ってたら皆さん案外知らないんですね。味は、粕の香りがほんのりした少し甘みの感じる優しい味ですよ。簡単にできるので是非作ってみてください。
子供達にも喜ばれるかも!?

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月19日 (金) 07時46分

イノぶたさん
イノさんでも鶏肉に粕は???
う~ん・・けっこうポピュラーかと思ってた自分がおかしのかな・・。
でも、旨いよ!!
豚肉でも旨いよ!!
是非やってみて!!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月19日 (金) 07時47分

からすみ風!
すごーく興味アリです☆
時間がかかるのですね〜
でも待ちに待っていよいよ味わうときは至福でしょうね。
フフ、お酒も進みそう(笑)。
タラコは煮たのを味わうことがほとんどですが
機会があれば私も挑戦してみたいな。

投稿: ごま | 2010年3月19日 (金) 19時57分

そっかぁ、鶏肉に粕もいいんだね~♪
カラスミ!本物食べた事な~い。こういうのはガッツガツ食べるもんじゃないですもんね?(苦笑)我が家はどうしても食事ガッツガツいきますから・・・(まだ子供だなぁ・・・苦笑)大人の食べ方、料理もたまにはしないとな(苦笑)

投稿: あいぽん | 2010年3月20日 (土) 23時08分

4~5日以上漬けてるので、
洗い流しても大丈夫と思いつつ、
その酒粕がもったいなくて、ついついちょびっと残したまま焦がしてしまうタチです(笑)
アメリカでは酒粕が手に入らなかったから、
日本から父親が送ってくれた魚味醂粕漬けパックの
粕を
再利用して鶏肉を漬けていました。。。
これがまた美味しかったんです~。

投稿: まき子 | 2010年3月21日 (日) 00時10分

こんばんはー!

すごいですね、カラスミもどき…
完成した時の記事が楽しみです♪

鶏肉の粕漬け、うちもこの冬何度も作ってますー。
鶏ハムみたいな、ぷりぷり感もいいですよね。
胸肉でも粕のパワーか、パサつかず美味しいです。

そうそう、私も奈良漬はそんなに好きじゃないんですよー!
一緒だーと嬉しくなりました♪

投稿: pelota | 2010年3月21日 (日) 22時43分

へーすけさん
レス遅れてすんません・・・
やはりしっかり漬け込むと焼け具合も
良い感じになりますね~。
少しこげた方が食欲をそそりますよね。
白馬錦・・知らない銘柄でした。
ググッたら同じ長野県のお酒ですね
このポン酒も気になるなぁ・・。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月23日 (火) 07時56分

totoさん
大阪は桜が開花しましたよ。
やはり今年は早いですね。
酒粕、奥さんのパックになってるんですか?!
確かに、酒粕でパックするとお肌がツルツルになりそうですね。
そんな使い方を我が嫁に伝授すると、すべてそれに使われそうで、美味しいものが作れなくなってしまいます(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月23日 (火) 08時00分

ごまさん
からすみもどき、長時間の製造日数と
冷蔵庫のスペースをとるので嫁からは迷惑がられますができるとそんな嫌味はどこええやら(笑)一番沢山嫁が食べます(笑)魚卵を使った肴は旨いです。
でも、食べ過ぎると痛風発作が怖いです・・。たらこ、鯛の子、ぶりの子・・
少し大きめの魚卵ならなんでもOK!!です!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月23日 (火) 08時04分

あいぽん
粕は万能だよ~!!
豚でも鶏でも野菜でも!!
何でも漬けりゃ食えるよ!
からすみの本物、私も2回しか食べたことないよ。だって高価だからね。
安くて沢山あればガツガツ食べれるんだけど高いからガツガツ食べれないだけ(笑)このモドキならガツガツ食べれるよ。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月23日 (火) 08時09分

まき子さん
さすが!!日本酒を心から愛してるまき子さんらしい!!
私も焼けた粕がけっこう好きなんで洗わないで使います。でも、子供達にはおこげの部分は不評なんで、洗っちゃいます・・。
魚味醂酒粕、めちゃくちゃ旨い出汁が出てそうですね。それで漬けた鶏肉!!涎ものです!
アメリカでは粕なんて手に入らないから超貴重なアイテムですよね。ステーキより高い値段が付いてもおかしくないでしょう!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月23日 (火) 08時16分

pelotaさん
からすみモドキの完成は後2週間ぐらいです。うまく乾燥できてたら、きっと面白い記事が書けると思いますのでお楽しみに!!
pelotaさんの酒粕の記事も読みましたよ。私のような焦げ焦げじゃなくて綺麗に焼けて旨そうでした。漬ければ漬けるほど肉質が変わってきますよね。食感がハムみたいに。これがまた旨いんですよね~。胸肉でもOK!なら次回は胸肉でやってみますよ。
不思議ですよね~・・友人も、粕漬け好きなのに奈良漬嫌いな人がけっこういるんですよ。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年3月23日 (火) 08時24分

白うま 活性にごり生原酒と桜。

ああ。桜花賞・春競馬で大勝ですね。
分かります。で、酒代に消えると(爆)

投稿: 黒色大聖堂管理人 | 2010年3月29日 (月) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石鎚 白うまで粕漬け:

« 安くて旨い!純米酒 信濃鶴とチビホタテ | トップページ | またまた金生!煮物が旨い!&酒の会のご案内 »