« 信濃鶴 純米しぼりたて生でオイルサーディン(Pat1) | トップページ | 大倉 特別純米 オオセトでうつぼの干物 »

信濃鶴 純米しぼりたて生でオイルサーディン(Pat2)

先日のブログで紹介したオイルサーディン

Dsc03109

保存も利くし、なかなか旨い酒肴だったので

もっと簡単にできる方法・・・・・・??

1時間ガスコンロに張りつかなくても良い方法はないものか・・・?

酒を飲みながら、お風呂に入りながら、便所できばりながら・・

けっこうまじめに考えてみました・・。

ふと・・圧力鍋でオイルサーディンは無理やろな・・・

なんて思ってたときに、一筋の光が脳みそに突き刺さりました!

灯台下暗し!!とはこの事ですね。

まさか圧力鍋をこんな使い方するなんて・・・

なかなかの名案です!

その原理は・・・

圧力鍋の中に、もうひとつ鍋を入れてその中に油を入れる。

そして圧力をかけてその鍋を蒸す!!

通常は水の沸点は100度・・・、

でも圧力をかければ沸点があがるから

5気圧程度の圧力鍋だとおそらく120度前後になるはず。

鍋の油は、水蒸気の温度が120度程度なのでその熱で

温められ120度前後をキープするはず!

油の発火点は300度ぐらいだし、まず発火することは無い・・

そのまま1時間ほっといても大丈夫なはずだ!!

お!!我ながら良いアイデア!!

よし!早速チャレンジ!!

が・・そう簡単にはいかなかった・・・。

圧力鍋に入れるもう一つの鍋が見つからない・・

家に適当なものが無いのでホームセンターに行ってみるも

見つからない・・・

鍋の専門店では高すぎ・・

それでも根気よくいろんな店を回ってみてついに発見!

見つけたのは名もない100円均一のお店。

なかなかお洒落な赤い奴!!

Dsc03251

蓋と鍋は別売りだけどホウロウ鍋セット210円

これで行けそう!!

スーパーを4軒はしごして少し小ぶりのをゲット!

Dsc03244

ワンパック128円です!

そいつの頭と内臓を取って

Dsc03248

10%の食塩水に1時間半漬けます。

Dsc03245

前回は2時間で少し塩辛く感じたので時間短縮です。

Dsc03250

その間に前回と同じく、サラダ油、オリーブ油、ごま油の割合を

Dsc03257

2:2:1にしてあわせて・・・・・・・

Dsc03258

にんにく、種なし唐辛子、たまねぎ、ローリエ、粒胡椒

香辛料も用意・・。

Dsc03255

1時間半後、鰯を取り出し、キッチンペーパーで水分を拭き

Dsc03253

買ってきた子鍋ちゃんに並べて、香辛料を入れて

油を放り込み・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc03256

そして圧力鍋に蒸し器を入れてその上に鍋を・・・。

Dsc03252

後は圧力鍋に蓋をして待つこと1時間。

Dsc03262

じゃじゃん!!完成です。

Dsc03263

皿に盛ると・・・・・

Dsc03273

お!ギンピカのオイルサーディンやん!!

これはなかなかの出来栄えです。

食べるのが楽しみです!

本日食べる分だけお皿に残し、

残りは煮沸して消毒した清潔瓶にて保管。

Dsc03268

Dsc03283

さて、今宵のポン酒も前回と同じお気に入りの

長野県 長生社酒造 信濃鶴 純米しぼりたて生

Dsc03095

2本買ったけど前回1本空いたのでこれ2本目・・

実にフルーティーで飲みやすいです・・。

オイルサーディンとはなかなか好相性なんです。

Dsc03277

油っぽさを新酒のピチピチした酸と渋みが

上手く調和してくれるんです。

やはり、ポン酒にはごま油があいますね。

オリーブ油&サラダ油だと、ワインですね。

今回のオイルサーディン・・・

大きさ的にも手ごろで非常に食べやすく良い酒肴でした。

骨を全く感じることなく超柔らかくて完璧!

ニンニクとローリエの香りがほんのり・・

そして、塩加減も抜群でした。

唐辛子の存在がいまいち無かった・・・

次回はもう少し増量です。

それにしても、圧力鍋を買ってよかった!!

今回のポン酒と酒肴相性は・・・
★★★★☆・・・・45点です。

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

|

« 信濃鶴 純米しぼりたて生でオイルサーディン(Pat1) | トップページ | 大倉 特別純米 オオセトでうつぼの干物 »

ワンコインでできる激うま酒肴!」カテゴリの記事

信濃鶴(長生社酒造)・・・長野県」カテゴリの記事

コメント

さぁすが、酒恋さん!研究熱心ですね!
 ピッカピッカのイワシが旨そうです。
 骨まで柔らかいのは、圧力鍋の効果でしょうか?

投稿: toto | 2010年2月 6日 (土) 07時22分

なるほど~~~
旨そう☆
私も去年からゼロ活力鍋とゼロ活力フライパンが
欲しいんだけどぉ~~~
お高くて・・・・・
踏ん切りがつきません・・・・
でも!欲しいなぁ~~

投稿: hisami | 2010年2月 6日 (土) 10時43分

酒恋さんすごい!
私も圧力鍋探してるんですよね~
安くて厚いものを・・・
なかなか出会えませんが 笑)
絶対料理の幅が広がると思ってます。

作ってみたいです ^^)
オイルサーデーン!

投稿: イノぶた | 2010年2月 6日 (土) 11時32分

いやあ脱帽ですわ。

魚柄先生に負けず劣らずのアイディアじゃないですか(^_^)

なんか旨いオイルサーディン作ってみたくなりました♪

あっオイルですが、綿実油を使ったオイルサーディンが美味しかったですよ(^^)

投稿: マーキー | 2010年2月 6日 (土) 12時23分

毎度です!!!
私も今度挑戦してみますね( ^ω^ )
まぁ私のことだからいつになるかわからないけど…。
酒恋倭人様の発想いつもながら、素晴らしいです。沸点などを考え、鍋ごと蒸す。
その科学的思考力、流石です。

投稿: さかばやし | 2010年2月 6日 (土) 13時23分

鍋の中に鍋・・ 素晴らしい! どこかで料理は科学だ!と聞いた事がありますが、油の沸点まで計算しているとは・・
純米の「生」飲みたいです・・ 美味いのでしょうね・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: 酔いどれパパ | 2010年2月 6日 (土) 19時23分

totoさん
ピカピカとは少しオーバーに表現しましたが、鮮度が良いので綺麗に仕上がりましたよ。
鍋の中の鍋は圧力はたぶんかかってないと思われるので、やはりオイルで1時間煮たからだと思います。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月 6日 (土) 19時33分

hisamiさん
今度時間があるときにまた作りますので
その時は送ります。おなか痛くなったらごめんやで~(笑)
買いたいもんがあるときは買う!
明日健康である保障がない世の中です。
お金は働けばなんとかなるよ。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月 6日 (土) 19時36分

イノぶたさん
是非買いましょう!
安もんは後悔するよ。
私のはキャプテンステージというアウトドアのメーカーです。
これもイマイチなところがあるけど・・。
お勧めはティファールの圧力鍋ですね。
これ買って、是非、オイルサーディン作ってください!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月 6日 (土) 19時40分

マーキーさん
これは偶然なんですよ。
たまたま圧力鍋第三弾も考えなきゃ・・と思って、オイルサーディンと結びつかないか考えてたときに、テレビで気圧と言う言葉が流れたんで・・・。気圧??
沸点??と言う感じでピン!と浮かんだんですよ。
綿実油?使う油によってかなり味わいがいが違うので、まだまだ研究しなけらばなりませんね。
次回、使ってみます!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月 6日 (土) 19時46分

さかばやしさん
いやいや・・おはずかしい・・
テレビのおかげですよ。
でも、これで失敗してたら最低ですね・・。成功してよかったです。
是非、作ってみてください。
そして、酒の会に肴としてだしてみてくださいよ。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月 6日 (土) 19時49分

酔いどれパパさん
子供の頃から科学、物理は苦手だったんですよ・・。生物は好きだったんですけどね。ほんと、テレビのおかげですね。
気圧と言う言葉で、ふと、沸点のことが頭に浮かんだんですよ。まぐれですね・・。
純米の生は、ピチピチ下に刺激がありますね。少し、渋みもあり味わいは若いけど、フレッシュでとても旨いです。今がちょうど新酒の時期ですよ。
もし、近くに地酒専門店があれば是非買ってみてください。子供のガチャガチャ4個分で買えますよ。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月 6日 (土) 19時55分

毎度!
鍋の中に鍋なんて、すごい!それにしても美味しそう。うちは今豚君を圧力しております。

投稿: ちゃこ | 2010年2月 7日 (日) 06時30分

凄いアイデア
圧力鍋をその様につかうなんて圧力掛かっているから骨まで柔らかいかな

投稿: ゆりりん | 2010年2月 8日 (月) 13時13分

沸点とか考えて料理したことが、果たして今まであっただろうか・・・うん、無い!(笑)酒恋さん凄い!私も食べきることばかり考えないで、こうやって瓶に入れて保存出来る人間になろうと思う。・・・(苦笑)

投稿: あいぽん | 2010年2月 8日 (月) 18時14分

お初です
圧力鍋の応用!利用させていただきます
オイルサーディンが
日本酒に合うとは思ってもいませんでした
今度やってみますね

またちょくちょく寄らせていただきます

投稿: へーすけ | 2010年2月10日 (水) 13時55分

ちゃこさん
豚君をぎゅ~っとしてるんですね。
何ができるんだろう?!
楽しみです。
今度、ごま油を白でやってみようと思ってます。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月10日 (水) 17時41分

ゆりりん
鍋の中の鍋にはきっと圧力はかかってないと思います。
でも、120度前後で1時間油で煮ると
さすがに柔らかくなりますよ。
この方法、いいですよ!

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月10日 (水) 17時42分

あいぽん
料理には中学生レベルの科学の力が必要だと初めて知りました。
やっぱり人間は勉強が必要ですね・・。
保存食は大事ですぞ!!
来るべき食糧難の時に生き延びる人間には絶対に必要です!(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月10日 (水) 17時45分

へーすけさん
コメントありがとうございます。
この方法、なかなか良いと思います。
是非、応用して何かレシピ考えてください。そして教えてくださいね。
オイルサーディン、意外とあいますよ。
私の好きな日本酒のお店のともかさんでも、オイルサーディンが名物です。
油の使い方がポイントだと思いますよ。
私は今度、白ごま油を使ってみようと思ってます。

投稿: 酒恋倭人 | 2010年2月10日 (水) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信濃鶴 純米しぼりたて生でオイルサーディン(Pat2):

« 信濃鶴 純米しぼりたて生でオイルサーディン(Pat1) | トップページ | 大倉 特別純米 オオセトでうつぼの干物 »