« 名店「たこ茶屋」でたこ料理を堪能! | トップページ | 「炭火焼 にざえもん」が閉店します・・ »

今宵は小柱の掻き揚げで鬼平気分!

酒と肴のブログを書いている人なら池波正太郎のファンって

けっこう多いんじゃないかな??

酒恋さんもその内の一人!池波氏の作品は大好きです。

特に、火付け盗賊改め長谷川平蔵が密偵たちを使い

盗賊を捕まえていく「鬼平犯科帳」は、

携帯端末に入れて何度も読み返しながら通勤しています。

池波正太郎と言えば大の食通。

氏の作品には頻繁に旨そうな酒肴がでてきますよね。

鬼平犯科帳も同じ・・・・

白魚と豆腐の小鍋仕立、五鉄の軍鶏鍋、小柱の掻き揚げ

鮎なます、里芋と葱のふくめ煮、鰈の煮つけ
などの

江戸の美食に平蔵が舌鼓をうつシーンがたびたび登場します。

飲んべ~の酒恋さんは読んでいて思わず

「あ~っ・・食いて~・・一杯やりてぇ~なぁ・・・」と、

いつもため息です。

そんな酒肴の中でも「五鉄の軍鶏鍋」「小柱の掻き揚げ」

是非味わいたい一品・・・。

特に五鉄の軍鶏鍋は、もしもこの世にタイムマシーンがあれば

絶対に行って平蔵と一献傾けながら味わってみたい・・

そんな思いがつのります。

架空のお店なのであくまでも夢ですけどね。

でも、モデルといわれているお店(軍鶏鍋屋「五代目かど屋」)

東京の両国にあるみたいなので、

いつか訪れて是非味わってみたいな~と思ってます。

もう1品の「小柱の掻き揚げ」

小柱バカガイ(青柳)の貝柱なので、

Dsc02383

これは家で容易に再現できるだろうとスーパーや鮮魚店を

探し回るのですがこれが見つからないんですよ・・。

バカガイは 東京湾の名物だったこともあり

関東では大変ポピュラーな食材なのですが

どうも 大阪では馴染みの薄い食材みたいです・・。

でも先日、やっと見つけることができました!

Dsc02378

ワンパック380円!!

それもいつもの鶴橋商店街で・・・・・。

店屋の親父に聞くと、あまり需要がないので

めったに仕入れることがない品らしいです。

東京 大阪の食文化の違いですね・・・。

とにかく探し物が見つかり嬉しかったです。

自宅に戻り、小柱の掻き揚げ作り開始です!

できるだけ平蔵が食べた小柱の掻き揚げを再現したかったので、

まずは江戸のころの小柱の掻き揚げを調べてみました。

すると平蔵源氏橋のたもとにあった「さなだや」

食べたであろう小柱の掻き揚げ小柱三つ葉

寄せ揚げにしたものではないか?と想像されます・・。

だから近くのスーパーに三つ葉を購入しに走りました・・

Dsc02379

ますは、ボールにを入れ、同量の冷水を混ぜます。

そこに小麦粉を入れて溶き、少しゆるめの衣を作ります。

Dsc02382

たぶん当時は衣に下味なんてつけてなかったと思うので

これでOK!

別の器に掻き揚げ1個分の小柱と三つ葉を準備して

Dsc02385

小麦粉を絡ませます。

Dsc02388_2

そこに先ほど作った衣を入れて、お玉にすくって

油の中に入れて揚げるだけです。

油は江戸前の天麩羅風になるようにサラダ油ごま油

6:4の割合で混ぜたものを使用しました。

すぐに火が通る食材なのでほんの1分程度揚げるだけで完成です!

Dsc02389

お!!これが憧れの鬼の平蔵が食した小柱の掻き揚・・・。

Dsc02392

ごま油の風味が最高で、食欲をそそります!

早く食いて~ぇ!!

あわすポン酒は、

Dsc02025

高知県 亀泉酒造 純米原酒 土佐亀泉

先日も紹介して、その後、常温で放置していた一本です。

今宵は、ぬる燗で・・。

Dsc02398

大根おろしを添えた天つゆに、出来立ての小柱の掻き揚げ

ちょこんと付けてかぶりつきます。

ぷりっとした小柱の食感と三つ葉の良い香りが

とても相性が良いですね~。

それにふぁ~っと漂うごま油の香りがたまりません。

これは酒欲がすすみます。

以前より少しまろやかになった亀泉が良い感じに

小柱の掻き揚げに絡んでいきます。

原酒らしくしっかりした味わいなので、ごま油と相性が抜群。

そして最後はすっきりと胃袋に納めてくれます。

こいつは旨いですね~ぇ。

目をつぶると脳裏に・・・・・・・・・・・・・

鬼の平蔵がこのときばかりは鬼を忘れ舌鼓をうってる姿が

浮かびます。

この小柱の掻き揚げポン酒が命がけで江戸を守る

火付け盗賊改めの頭としての活力になっていたんでしょうね。

念願の小柱の掻き揚げで一献できて

今宵はちょっと鬼平気分の酒恋さんでした。

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

|

« 名店「たこ茶屋」でたこ料理を堪能! | トップページ | 「炭火焼 にざえもん」が閉店します・・ »

ワンコインでできる激うま酒肴!」カテゴリの記事

亀泉酒造・・・・・・(高知県)」カテゴリの記事

コメント

あぁ~~~~堪らん!
掻き揚げ~~~~
家に来て作ってください!

投稿: hisami | 2009年11月24日 (火) 09時47分

おー天ぷらもすごいお上手ですね。
私の天ぷらは、ぐちょーとしてるんです。
そんな私だけど、小柱の掻き揚げ、無謀にも挑戦しようと思いました。
今度こそはサクサクとなればいいです。
高知の亀泉有名ですね。高知は端麗辛口とききました。しっかりとした味わいということは、辛口なのでしょうね(*^-^)

投稿: さかばやし | 2009年11月24日 (火) 15時17分

わー揚げたて食べたいわ~ (^O^)/
それも見事に揚がってる~!!
いいツマミだね~

投稿: イノぶた | 2009年11月24日 (火) 19時27分

はじめまして。ばかがいと三つ葉のかき揚げと日本酒。。。あまりの美味しそう度に、ついついコメしてしまってます。

酒恋さんのブログ、日本の美味しいものと美味しいお酒満載で、リピーターになりそうです。

投稿: ちゃこ | 2009年11月24日 (火) 20時04分

いやあ マメですねえ♪

ホタテは大好きなので小柱も大好きです(^^)

小柱と三つ葉の掻き揚げ。
これは試してみんとね(^_^)

投稿: マーキー | 2009年11月24日 (火) 21時01分

池波正太郎が好きで、その料理を再現した居酒屋さんが、
東京は阿佐ヶ谷にもありますよ♪
「仕掛人梅安」からとった「彦次郎」という名前のお店です。
こぢんまりとしてて、おやじさんがイイ感じでした。
http://members.jcom.home.ne.jp/hikojiro/

投稿: まき子 | 2009年11月25日 (水) 16時14分

hisamiさん
ええで~!
酒恋さんと一心同体になってくれるか!(笑)


投稿: 酒恋倭人 | 2009年11月25日 (水) 20時46分

さかばやしさん
天麩羅は、粉の分量を守れば「から!!」っと揚がるよ!
べちゃってなるのは温度も関係してるんだろうね。
天麩羅は難しい献立だと思われがちだけど、温度調整をうまくやれば何とかなるもんですよ。
是非、小柱の掻き揚げ試してみてください。
これ、日本酒に絶対合うよ!!

亀泉の純米原酒は、辛口だけど
何となく甘く感じます・・・


投稿: 酒恋倭人 | 2009年11月25日 (水) 20時56分

イノさん
実は、酒恋さん、揚げ物にはけっこう自信があるんですよ!!
この掻き揚げも、良いできばえでした。
イノさんと是非一緒にこの小柱で、一献したいです!!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年11月25日 (水) 20時59分

ちゃこさん
こんなブログに絶大なる賛辞!!
ありがとうね!!
よければ是非、リピーターになってくだささい。
コメントなんて要らないよ!
これからも期待に沿える美味しいブログで頑張りますね!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年11月25日 (水) 21時03分

マーキーさん
豆蔵はお互い様ですよ(笑)
小柱って、大阪では馴染みがないけど
旨いですよね!!
この掻き揚げで天麩羅蕎麦食べたい!!
三つ葉と小柱が粋な味わいを楽しませてくれますよ!!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年11月25日 (水) 21時10分

まき子さん
へ!!そんな店あったんだ!!???
さすが、東京ですね!
池波氏を知る上で是非行きたいです!
タイムマシンでいくより確実にいけるね!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年11月25日 (水) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今宵は小柱の掻き揚げで鬼平気分!:

« 名店「たこ茶屋」でたこ料理を堪能! | トップページ | 「炭火焼 にざえもん」が閉店します・・ »