« ちょっとお洒落な「Sparkling Yamamoto」 | トップページ | 京橋あじあんで「大倉本家」の会 »

楯野川 中取り純米 で最高の海の幸

先日、親父に誘われて久しぶりに 和歌山

釣りに行ってきました。

昔は、春先はチヌ、初夏にキスイサギ、秋は鯵に太刀魚グレ

冬はカレイ、スズキと毎週出かけるぐらい大好きな

釣りだったんだけど、ここ数年急にいろいろ忙しくなって

行けなくなってたんです・・。

不思議なものでそれだけ好きな釣りでもしばらく行かなくなると

時間ができても行く気がうせて2年近くご無沙汰でした・・・。

前日から顔なじみの渡船屋にとまり旨い地元の魚で一献。

そして朝4時過ぎに出港・・・・・・・・・・・

Dsc01163

まだ辺りは真っ暗なんだけどポイントに近づくにつれて

Dsc01167

Dsc01165

遥か彼方の水平線に美しい朝焼けが描かれ

一日の始まりを教えてくれます。

Dsc01169

やがて朝日が登り夜が明けます。

Dsc01171

この瞬間が船釣りで一番好きですね~。

でも空は正直ですね~・・・もう秋の模様です。

20分ほどでポイントに到着、すでに数隻の釣り船が集まり

太公望が釣り糸を垂れています。

Dsc01179

本日の狙いは「真鯛」、えさは生きたエビです。

Dsc01177

まさにエビで鯛を釣るわけです。

開始そうそう、親父にも酒恋さんにも当たりが連発・・

ばたばたと小鯛が釣れてきます。

2時間ほどでなんだかんだと2人で20匹近くの小鯛・・

そして40センチ近い大きなが3匹と絶好調です。

このの刺身が旨いんですよ~。

鯖は鮮度が落ちるのが早く、アニサキスもいるので

なかなか刺身で食べさせてくれるお店は少ないですが

自分で釣り上げたものは鮮度は抜群ですからね!!

アニサキスはもちろん怖いけど注意深く目で確認しながら

刺身を引けばなんとかなるでしょ・・・(めちゃめちゃ安易・・)

こいつを家で刺身にして一献するのが今から楽しみです。

8時過ぎに親父が60cmほどの大きな鯛を釣り上げてから

不思議とぱたりと何も食わなくなり時間だけが過ぎていきます。

何も食わないなら人間様が食ってやろっと、

弁当を広げて海の上でのんびり朝食です。

Dsc01176

潮風に当たり波に揺られながら食べる弁当って

ほんと旨いんだよね~。

その後、ほとんど何も釣れず12時に釣りを終了して帰港・・・。

釣れなくてもこの海にプカプカ浮かんでる時間が好きなんですよ。

結局20~25cmまでの小鯛が21匹61cmの大鯛が1匹

大鯖が3匹と言う釣果。

Dsc01181

型が小ぶりで少し不満ですが久しぶりの釣り・・

やっぱいいですね~。

魚を絞めてもらい、 大阪に戻ります。

親父を実家で降ろし、本日の分け前をいただき

帰宅したのが16時。

帰宅すると、 秋田櫓山人から岩牡蠣が届いていました。

Dsc01161

秋田の岩牡蠣は少し小粒ですが築地では高いときに

1個800円ぐらいする高級牡蠣です。

水温や海流の違いなのか他の岩牡蠣とは

味は比べ物にならないぐらい旨いです。

なんと言っても牡蠣ミルクが濃厚!です・・。

色が他の牡蠣より黄色身ががっています・・・

Dsc01188

黄土色と言うのかな?!

あまり綺麗な色ではありません・・。

今宵は釣りたての鯛と鯖、そして岩牡蠣と言う

なんとも贅沢な晩酌です。

さっそく小鯛を捌き、えらと腸をだしてさっと振り塩して塩焼きに。

Dsc01206

そこそこの大きさのと楽しみにしていたはもちろんお刺身に。

Dsc01199

アニサキスは見た目はいないようでした・・・・・。

岩牡蠣を15個ほどをドライバーでこじ開けて夕食の完成!

Dsc01190

鯛の塩焼きは、牡蠣を開けるのに夢中になり焦がしてしまいました。

今宵のポン酒は、

Dsc01185

山形県 楯の川酒造 楯野川 中取り純米 出羽燦々。

開封すると少し華やかで柔らかい香りが漂います。

一口含むとす~っと入ってくる感じで、

さらりとした透明感のある味わい。

それほど酸は感じなくて味わいは全体的に丸い輪郭の

ポン酒ですね。

塩焼き、刺身、生牡蠣とどれとの相性もよいです。

Dsc01198

とくに、鯛の刺身との相性がよかったように思いますね。

小さくても天然鯛、養殖鯛を食べたときに感じるべたつく脂と

一瞬感じる薬剤のにおい・・・これがないのが嬉しいです。

磯の香りが漂い、あっさりした味わいコリコリした食感が

たまりませんね!

楯野川 中取り純米がすすみます。

Dsc01205

はいい脂が乗ってました!!

こちらはもちもちした食感と甘味がいいですね~。

ばりうま!

少し温めた楯野川 中取り純米の方が似合います。

鯛の塩焼きは、昔から酒宴の王様!

Dsc01208

冷酒でも燗でも合わせて飲むと幸せになれます!

そして 秋田の岩牡蠣!

Dsc01195

今年すでに10個以上の岩牡蠣を食べたけど

やっぱり 秋田のが一番旨い!

食べたものにしかわからないこの幸せ!

そんな岩牡蠣にはやっぱりぬる燗があいますね~。

楯野川 出羽燦々 中取り純米は米の性質か

冷だと少しクリアーすぎるので

温めて少し華をさかせてあげると濃厚な 秋田産の岩牡蠣と

いい塩梅になりました。

いや~海の幸とポン酒の相性は最高ですね。

なんだ、かんだ、家飲みで5合は楽に空いてしまいました・・。

本日は、久しぶりの魚釣りでのんびりと海に浮かび、

旨い幸に舌鼓をうたせてもらった上出来!な一日でした

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

|

« ちょっとお洒落な「Sparkling Yamamoto」 | トップページ | 京橋あじあんで「大倉本家」の会 »

楯の川酒造・・・・(山形)」カテゴリの記事

コメント

ほー酒恋さん釣りもしてたんですね ^^)
海釣りはテトラポットからでしかできないです!!
唯一の乗り物酔いは舟なんです 笑)
前にチャレンジしましたが 無理でした・・・
酒恋さん尊敬です!! 

鯛飯が食べたいこの頃です ^^)

投稿: イノぶた | 2009年8月22日 (土) 08時58分

うげげ~~~~
目茶旨そうなんですけど~~~~
釣りかぁ~
自分で釣った魚は旨いだろうなぁ~

投稿: hisami | 2009年8月22日 (土) 10時24分

コメントありがとうございます。
もうため息と生唾が出るくらい、美味しそうなんですけど。採れたてって、一番贅沢だと思いますヽ(´▽`)/

あぁ、私が今日食べた物って…。
悲しくなります(;д;)

投稿: 岡山さかばやし | 2009年8月22日 (土) 15時07分

こんばんは!

お魚、美味しそうすぎる~!!
ほんとに竜宮城みたいなご馳走ですー。

お酒ももちろん美味しそうだし。
しばらく日本酒飲んでなかったので、
美味しいお刺身と日本酒が恋しいです。

フローズントマトもおいしそうですね!
暑い時にぴったり。ぜひ作ってみたいと思います。

投稿: pelota | 2009年8月22日 (土) 22時23分

お父様と一緒に楽しいひと時だったんですね。
 釣りたての新鮮な魚、最高!
 楯野川の出羽燦々は私もすっきりしたイメージでしたが
 ぬる燗で華が咲きますか~ u(^¬^)ウマソー

投稿: toto | 2009年8月23日 (日) 09時58分

いやあ良い一日でしたね♪

僕も釣りはあんまり行ってないなあ。

投稿: マーキー | 2009年8月23日 (日) 12時11分

最高ーーーー!こういうのが本当の贅沢♪幸せだと思うなぁ!
私ものーんびり釣りしたい!
釣れなくてもいい!お弁当は持っていこうっと(笑)

投稿: あいぽん | 2009年8月24日 (月) 00時14分

すばらしい海の幸ですねヽ(≧▽≦)/
朝焼けも綺麗〜
自分で釣って食べる。最高の贅沢ですね

鯛を捌くのは苦手です(^-^;
平べったいし背鰭にヤラれちゃうし。

投稿: ゆりりん | 2009年8月24日 (月) 05時49分

父親と2人で釣り、い~い時間を過ごされたではないですか。
私も幼いころは、しょっちゅう父親に沖釣りや防波堤からハゼ釣りに連れていってもらったのを思い出しました。

そうそう・・・プカプカと船でゆった~りしてる時間も
良いのですよね~~。

投稿: まき子 | 2009年8月24日 (月) 17時21分

イノぶたさん
テトラの釣りも大好きですよ!
短い竿でガシラ、アイナメなんかを釣るのが好きですね。
私も最初は船酔いしましたよ。
何度か行くうちに慣れましたけどね。
でも、いまだに酔い止めは飲んでいます。でないと、やっぱり口から撒きえすることがありますからね。

鯛めし!私も好きですね~。
冷蔵庫の鯛で今度作ってみます!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年8月26日 (水) 10時55分

hisamiさん
近くに住んでたら、家に招待して一緒に食べたのに。
ほんと贅沢な夕飯でしたよ。
自分で釣ったのを食べるのは旨いけど、自分で捌いたのを食べるのってこれがあんまりおいしく感じないんですよ。
やっぱり料理は人に作ってもらうのが一番です。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年8月26日 (水) 10時58分

岡山さかばやしさん
コメントありがとうございます。
毎日、こんなもの食べれたら最高なんですけどね!
私も普段は粗食ですよ。
肴はワンコインでお釣りがくるようなものばかりです。(笑)
贅沢は敵!!嫁にいつも言われています。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年8月26日 (水) 11時01分

pelotaさん
竜宮城!!素敵な表現ですね。
さすがに乙姫様はいませんでしたが(笑)
いたのは鬼嫁さんです・・。
やっぱり魚には日本酒ですよね。
これから秋になればますます旨い魚がでてくるので楽しみです。

フローズントマト、簡単にできるからいいでしょ?!
pelotaさんならもう少し応用して、もっと旨いものを作れそう!!
是非、できたら教えてくださいね。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年8月26日 (水) 11時07分

totoさん
久々の親孝行でした。
親父も一緒に行けて喜んでましたからね。
出羽燦々、きれとかはいいんですが、味わいが薄く感じました。だから少し温めてみたんです。そしたら、つぼみ程度ですが膨らみましたよ。温度を上げすぎるとイマイチでした・・・。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年8月26日 (水) 11時11分

マーキーさん
今度一緒に行きましょうよ!
のんびり鯵でも釣りましょう!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年8月26日 (水) 11時13分

あいぽん
そ、釣れなくてものんびり海の上でいるだけで気持ちいいんだよね。
弁当は当然必要です!
もちろん!ビールも!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年8月26日 (水) 13時27分

ゆりりん
釣った魚を食べるのは最高なんだけど
自分で捌いた魚を食べるのは・・です。
やっぱり、料理は誰かにしてもらうのが一番だよ。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年8月26日 (水) 13時30分

まき子さん
まき子さんも釣り少女だったですか?!
ハゼ釣り、秋口から楽しめますね~。
釣ったハゼを天ぷらにするのが最高なんですよね!!

いいな~。
親父さんと一緒に酒を飲めて、釣りも楽しんで・・まき子さんのお父さん幸せやね。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年8月26日 (水) 13時34分

おおお。なんですかぁぁぁ。この海鮮祭りは!いいなぁ。羨ましいなぁ。

鯖は〆ても、刺身でも、炙っても美味い!
鯛は冷めても美味い!岩牡蠣?感嘆!

まさか釣りも、やられていたとは。
農業と、漁業を究めましたね!

またひとつ、凄い人だったんだと、驚きです。

PS オニヤンマは、めちゃデカイです。
で、噛まれると、本気で痛い(笑)

投稿: 黒色大聖堂管理人 | 2009年9月 1日 (火) 00時16分

黒色大聖堂管理人さん
竜宮城です!(笑)
鯖はほんとどんな食べ方をしても旨いですね~。
獲れる数が少なかったらまさしく高級魚ですよ!
釣りは、幼いころからず~っと趣味としてやってきました。
漁業、農業と経験できたから、今度は林業ですかね?!(笑)

オニヤンマ、ほんと怖い顔してますもんね!
あんなのに噛まれたくないです・・。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年9月 1日 (火) 20時55分

またまた、酒の肴探しで今日は私のお誕生月の8月を見ていると、生牡蠣&お酒。。。夏でもぬる燗はさすが、酒恋さん。かぎ、ねぎたっぷりで食べるのはじめて見たけど、美味しそうです

投稿: ちゃこ | 2009年12月11日 (金) 07時58分

ちゃこさん
ありがとう!
こんな飲兵衛の自己満足日記を、大切に読んでくださる気持ちが嬉しいです。
8月がお誕生日なんですね!
メモっておきます!
来年、何かプレゼントでも贈りますよ!
牡蠣に限らず、ねぎ大好き人間なんで、なんでもねぎをたっぷり使って食べるんです。
昔から親に、ねぎを食べると頭が良くなると聞かされていたけど・・
いっこうに頭は良くなりませんが(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2009年12月11日 (金) 08時19分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楯野川 中取り純米 で最高の海の幸:

« ちょっとお洒落な「Sparkling Yamamoto」 | トップページ | 京橋あじあんで「大倉本家」の会 »