« 霧思雫で鮭のソーセージの燻製 | トップページ | レバーパテで貴醸酒ハイ! »

ブログ番外編 「焼酎でっせ 2009」

今回は、ポン酒のブログではないんですが・・

日曜日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ANA CROWNE PLAZA OSAKA(前全日空ホテル)で

行われた焼酎の大イベント「大阪焼酎でっせ 2009」

参加してきました。

Dsc00625



Dsc00702


参加された蔵元さんは、朝日酒造、重家酒造、尾込商店
富田酒造場、川崎醸造場、川越酒造場、黒木本店、
久保酒造場、国分酒造場、小正醸造、櫻井酒造、
佐多宗二商店、佐藤酒造、佐藤焼酎製造場、松露酒造、
常徳屋酒造場、寿福酒造場、大海酒造、高崎酒造、
田村合名、豊永酒造、藤居醸造、古澤醸造、万膳酒造
宮里酒造所、村尾酒造、山田酒造、四ツ谷酒造、渡辺酒造場

の29蔵。

Dsc00669


酒恋さんは、ポン酒が大好きですが焼酎もちょこっと飲みます。

特に高良酒造の「八幡」や尾込商店の「さつま寿」なんかが

大好きです。

九州の芋焼酎の蔵元さんのところにも何蔵かお邪魔したこともあり、

今回は蔵元さんに挨拶もかねて参加させてもらいました。

16時から19時までの3時間、美味しい料理とこだわりの蔵元の

芋、麦、米焼酎が飲み放題です。

ただし・・9000円と言うチケット代が必要です・・。

15時から受付開始なんですが酒恋さん達が到着した

15時40分にはすでに会場は超満員。

Dsc00626

焼酎ブームは終わったと言ってもこの盛況ぶり!

全席指定席なんで席の確保は問題ないんですが

参加人数はなんと430人です。

早く来た人にはウエルカムドリンクとして参加蔵元の焼酎が振舞われ、

すでに皆さんけっこういい顔色です。

参加者はあらかじめ決められた10人がけのテーブルに座るのですが

酒恋さん達のテーブルは43テーブル中、何とナンバー1番テーブル!

大イベントでそれも1番テーブルとは気分がいいです。

そして、各テーブルにはそれぞれウエルカム焼酎

置かれているんですがそれが何と!

大好きな尾込商店さんの「神座」(かみくら)でした。

Dsc00638

余談ですが・・大阪には同じ名前で読み方が「かむくら」と言う

旨いラーメンがありますよ!

テーブルごとに29蔵のどこかの蔵元さんが接待してくれるのですが、

それが何と尾込さん!

これは偶然とは言え、うれしいですね!

16時ちょうどに主催者の挨拶・・・・・・、

芋芋で有名な国分酒造の笹山氏の乾杯の音頭で

Dsc00628

盛大に焼酎でっせの開始です。

本日の司会進行は、MBSラジオ『上泉雄一のええなぁ!』

パーソナリティーを務めている上泉雄一さん。

さすがにプロだけありしゃべくりは上手いです。

乾杯が終わり、料理がどんどん運ばれてきます。

Dsc00630

Dsc00637

前菜として、大皿重箱ハム、ミミガー、海ぶどう

かつおのたたきとアボガド等が並んでいます。

それを10人でわけて食べるんですが・・・

ここで苦言・・・

前に座っている若者グループが人数分のハムしかないのに

我が者顔で沢山取っていくのをみて唖然としました・・

おいおい・・ハムみたいなもん食わんから別にええけど

マナーをわきまえろ!って言いたい気分でした・・

でも・・気の弱い酒恋さんは・・・・・・・・・

それから大皿に来た食べ物を一番に取り

仲間の分だけ先にわけるようにしました・・
(こちらの方が大人げないか・・)

Dsc00640_2

さて有名ホテルの一流シェフが作った料理の数々・・

角煮とゴーヤチャンプル・・・・

Dsc00645

さつま揚げ、人参、芽キャベツ・・

Dsc00646

ヒレカツとジャガイモ・シメジのソティー

Dsc00650

チキンの焼き物・・・。

Dsc00647

普段は名の知れたホテルのシェフなんで

焼酎の肴なんて作ってないだろうけど

やはり、さすがにどれも旨い!!

最後の〆はごはん!

冷やし汁と言うご飯に冷たい味噌汁をかけたもの。

Dsc00652


Dsc00653

でも、味わいはポン酒の会とは少し違いますね。

五味がしっかりした味わいのものが多く、

ポン酒の肴のようなわびさびで味わうものが少ないなぁ・・。

やはり焼酎は労働酒ですよ・・。。

肉系とか油物等、味付けもしっかりしたものばかりです。

食べてる間、尾込酒造のタッキーさんが焼酎を

Dsc00644

いろいろ持ってきて飲ませてくれます

そして蔵のグッズをテーブルごとのじゃんけん大会で

プレゼント。

景品はまい掛けやタオル・・・めちゃ欲しい・・

残念ながら酒恋さんは勝てませんでしたが、

もう一つお世話に来てくださった佐藤焼酎製造所さんの

じゃんけん大会で、なんとかばんをゲット!

Dsc00704


じゃんけんが非常に弱い酒恋さんが一発で一人勝ち!

珍しいことがあるもんです!

佐藤焼酎製造所さんと言えば「天の刻印」が人気ですね。

このかばんで今度から通勤です(笑)

会は、各蔵元さんのトークショーや抽選会、

Dsc00661

いろいろ趣向を凝らせていてけっこう楽しめましたね。

1時間ほどで料理は終了・・・満腹です。

それから2時間は各蔵元ブースに行って好きな焼酎を

飲むことができます。

Dsc00665

Dsc00666

焼酎と言うものは満腹になっても飲める酒。

と言うか、がなくても飲める酒なんです。

ポン酒とは違いますよね。

ゆっくり食事を楽しみながら、肴とともに飲むのがポン酒

言わば、本当の食中酒だと思います。

同じ和酒でも、蒸留酒と発酵酒では性格が違うものですね。

そんな事を思いながら各蔵元さんのブースを回ります・

村尾、万膳、佐藤、兼八等の有名な蔵元さんの

焼酎ブースはすごい人だかりです。

特に佐藤は人気で、社長さんは記念撮影なんかも

沢山せがまれていました。

とあるコミューで知り合い、蔵にもお邪魔させてもらった

渡辺酒造場の渡辺氏は、コスプレが大好きで

こんな個性的な格好で参加です!

Dsc00658

なかなかのエンターティナー!

旨い焼酎だけでなくいろいろ楽しませてくれますね!

ゆっくりと会場を回っていると参加者の平均年齢は

30~40歳ぐらいかな・・

ポン酒より5歳ぐらい若いように思います。

男女比率は7:3ぐらい・・男性が多いですね。

ポン酒なら6:4かな・・・。

なんだかんだ・・ポン酒の会と比較しながら

会場を歩く自分に苦笑いです。

さすがに今までのような勢いがなくなってきた焼酎。

蔵元さんも、ロック、燗、前割り、水割り・・

美味しい飲み方をいろいろ提案しながら、

焼酎の旨さを再アピールしてました。

そんな薀蓄を聞きながらブースを回ります。

さすがに全蔵飲んだら間違いなく倒れますから

さらりと美味しい部分だけ飲んでると

あっと言う間に閉会時間です。

最後に 焼酎の輪!として隣どうしで肩を組み

大阪締め

1. 「打ーちまひょ」 パンパン
2. 「もひとつせ」 パンパン
3. 「祝うて三度」 パパン パン
4. 「おめでとうございますー」喝采!

をおこなって会は終了。

Dsc00668

すごいパワーの会!活況で幕を閉じました。

ブームは去ったと言えまだまだ焼酎は元気です。

スタッフの皆様、蔵元さん、お疲れ様。

なんか焼酎に嫉妬ですね・・。

よ~し!いつかこれぐらいの規模でポン酒の会を

やったるで~!

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

                                             Photo_2

|

« 霧思雫で鮭のソーセージの燻製 | トップページ | レバーパテで貴醸酒ハイ! »

他のアルコール(番外編)」カテゴリの記事

コメント

そうそう~!
日本酒でも~やりましょう~☆
それにしても~
周りに気配り出来ない若者って・・・・
入ってる数とテーブルの人数考えれば
分かりそうなものなのにね・・・
ミミガー☆
沖縄で食べて来よう~~♪
泡盛もぉ~です

投稿: hisami | 2009年6月30日 (火) 13時21分

今回は 焼酎ですか??
また 珍しいですね ^^)

それも 好きな尾込商店!!オンパレード!!運の強さ!!
かばんもかわいい!!私も欲しいわ~
若者の中でも 態度が悪い人がいますよねー!!
私 すぐにらんじゃうんですが・・・目が細くて気づいてもらえないんで 笑)

1. 「打ーちまひょ」 パンパン
2. 「もひとつせ」 パンパン
3. 「祝うて三度」 パパン パン
4. 「おめでとうございますー」喝采!

新潟は 一本締めが主流です ^^)

投稿: イノぶた | 2009年6月30日 (火) 21時50分

天の刻印バッグいいですね~
 是非、通勤のお供に?!(笑)
 渡辺酒造場の渡辺氏はジ軍の将校さんでしょうか?
 とても楽しそうな会ですね~
 焼酎も和酒!素晴らしい伝統が息づいている味わいを
 応援したいですね♪
 って、私の場合なかなか肝臓がそこまでの浮気を
 許してくれませんが (ToT)>゛

投稿: toto | 2009年6月30日 (火) 23時29分

大阪には同じ名前で読み方が「かむくら」と言う

旨いラーメンがありますよ!

>池袋にも支店があるんで、東京に出た時に寄ることが。

前に座っている若者グループが・・・
>てっきり「おい 兄ちゃん!」という展開かと(爆)日本人は立食形式に慣れてないんで、そういう人いるよねーと。

しかし凄いってすね。何か焼酎ブームで、プレミアを飲んでない奴は、おかしいだの、うんちくが鬱陶しいので、うんざりしてるんですが、まだまだ健在ですね。

でも、相当な蔵が集まったなと。大海酒造が好きですね。克もいいです。
え。あ。聞いてない?すいません。
余計なことを。

投稿: 黒色大聖堂管理人 | 2009年7月 1日 (水) 00時36分

はじめまして、先日はコメント寄せてくださり
とても嬉しかったです♪
私も遊びにきちゃいました!

大盛り上がりのイベント
たのしそうな様子がとてもよく伝わってきて私もワクワクしました。
ずらりと揃った焼酎ももちろん(笑)魅力的ですが
食いしん坊の私はお料理との相性も気になるので
画像の美味しそうなお料理の数々に
うーん、焼酎に合いそう☆と興味津々で拝見しています。

また伺いますね♪

投稿: しの | 2009年7月 1日 (水) 18時52分

焼酎は悪酔いしないと、親戚のおじさんから教わって(迷信?)
日本酒からすっかり焼酎(安物)に切り替えた私ですが、最近は酒恋さんのブログの影響で日本酒を買いに行く機会が増えました!
全日空ホテルでこの酒と料理の品数だと、9000円でも安いほう?かもしれませんね!

投稿: しもべえ | 2009年7月 1日 (水) 22時36分

こんにちは!

うわ~。私焼酎も好きなんですよ~♪

こういう会って、日本酒のでも行ったことないのですが、
こんなにいろいろ飲めて楽しそうですね!
お料理もおいしそうだし❤
(でもついあれもこれもって飲みすぎてしまいそう…)

投稿: pelota | 2009年7月 2日 (木) 18時28分

hisamiさん
些細なことなんやけどね・・・・
いつか彼らは頭を打つことがあると思ってます。
いよいよ沖縄ですね。
ミミガーの燻製も旨いよ!
沖縄楽しんできてね。
土産話楽しみにしています。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年7月 3日 (金) 06時05分

イノぶたさん
焼酎も飲みますよ。
特に夏場は、焼肉とかしたらロックや水割りでがんがん・・・。
でも、ポン酒の時より自分には二日酔いがひどいのがつらい・・・
私にはポン酒が合ってるみたいです。
新潟では1本締めですか?!
やはり各地で、締めのセレモニーは違うんですね。
目が細いから、メンチ切ってるみたいで怖いんじゃないかな?!
相手は怖いから気づかぬ振りしてるだけとか(笑)私も目が細くたれ目です!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年7月 3日 (金) 06時11分

totoさん
この焼酎でっせはおそらく日本で一番大きな焼酎のイベントだと思われます。
来てる蔵元が、プレミアム焼酎の蔵元がほとんどで、昨年まではチケットが取れない人気のイベントでした。さすがに焼酎ブームが終わったので、今年は幾分チケットは取りやすくなりましたが、それでも活況でしたよ。私の肝臓もどちらかと言うとポン酒肝臓です。でも、おっしゃる様に同じ和酒なんで応援したいんですよね。
天の刻印のバッグ、会社でも人気です!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年7月 3日 (金) 06時16分

黒色大聖堂管理人 さん
若者に注意して殴られたら損なんで気の弱い私は、ブログでささやかな抵抗です。(笑)ペンは剣よりも強し!心の中でささやいています。
大海すきなんですね。海シリーズ、旨いですよね~。蔵に行きましたが、親切に蔵の中を案内してくださりました。
確かに、プレミアム焼酎で薀蓄をたれる人と居酒屋で何人か遭遇しました。
でも、そんな人に限って受け売りでしたね~。蔵にも行ってなかったです。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年7月 3日 (金) 06時22分

しのさん
コメントありがとうございます。
しのさんのブログも美味しそうな記事が沢山あるのでお気に入りですよ。
これからもよろしくお願いしますね。
この焼酎の会の料理は、ほんと焼酎にあうように考えられたものばかりでした。
さすが、一流シェフですね。さつまあげは、コンソメ系のスープで煮たもので、シンプルな素材を使いながら一工夫されたプロの味でしたよ。
さすが人気のイベントですね。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年7月 3日 (金) 06時26分

しもべえさん
焼酎は悪酔いしないはインチキですよ!
私は、次の日の体の体調は、ポン酒飲んだときの方がすこぶる良いです!焼酎は次の日頭が痛くなります。それに肌の色艶も日本酒飲んでるほうが断然いいですよ。人それぞれの肝臓の代謝機能にもよるところがあるんですがね。
私のブログ読んで、日本酒を飲んでくれてるしもべえさん素敵です!(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2009年7月 3日 (金) 06時31分

pelotaさん
もしどこかで、イベント見つけたら是非参加してみてくださいよ。
まず最初は、小さな日本酒の会なんかがいいと思いますよ。造り手とお話しながら飲めるのは良いですよ。

焼酎も飲まれるんですね!
焼酎記事も楽しみにしています!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年7月 3日 (金) 06時41分

「焼酎でっせ」はもう何回もしているイベントなんですね。知らんかった(^_^;)

もちろん焼酎も同じ和酒ですから醸造酒のポン酒も蒸留酒の焼酎も同様応援していきたいと思っているんですが、僕はどうもブームというのがイヤで、素直に応援出来ないんですね。

ブームはバブルと一緒で異常な状態だと思っています。
でも焼酎業界もバブルがはじけた今、日本酒の小さな地方蔵が逆境と闘いながら頑張っているように、スキルの向上といろいろな工夫をしていって欲しいなって思っています。

僕自身の本格焼酎というのは香り焼酎味日本酒(香り松茸、味しめじみたいな感じで)のイメージがあって、香りが楽しめるお湯割り。

食中酒としては濃い味付けの料理を流して下をリセットさせる水割りやロック。

ウイスキーみたいに風味を楽しむ食後酒なんです。

もし和酒の会として焼酎の会もするのなら上のような風味を活かしたのを将来するかもしれません。
まあ今はポン酒一本ですけどね(^_^)

投稿: マーキー | 2009年7月12日 (日) 11時29分

すんません

下をリセット→舌をリセット
です。

投稿: マーキー | 2009年7月12日 (日) 11時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ番外編 「焼酎でっせ 2009」:

« 霧思雫で鮭のソーセージの燻製 | トップページ | レバーパテで貴醸酒ハイ! »