« 中年狼「日本酒 うさぎ」で牙を抜かれる?! | トップページ | 平成の隠れ家?!「酒肴 のろのろ」 »

万葉の思い!「天の二上とサヨリの干物」

男「お前、サヨリのような女やな~・・・」

女「小百合?サヨリ???って??」

男「目の前のサヨリのように美しいと言う意味だよ・・」

女「え??きゃ~!うれぴ~ぃ!」

いまどき、こんな会話してるアベックなんて

いませんよね・・・・・。

でも・・その昔・・・・・・・・・

スナックやクラブ遊びが全盛だったころ、

寿司屋でちょくちょく聞かれた話だそうです。

そんな会話を聞いたとき、板前さんは、

「このホステスは思わせぶりなそぶりで、
 かなりこの男に貢がせてるんんやろ・・
 なのにこの男は何の関係も持たせてもらってない・・
 哀れな奴や・・」

と、男に同情したとか・・・

目の前のネタケースにサヨリが入っていると

洒落っ気と皮肉たっぷりにこんな会話が聞かれたそうです。

サヨリみたいな女って???

サヨリは、3月~5月が旬と言われている魚で

大阪湾や瀬戸内海沿岸では秋口に防波堤からでも

よく釣れます。

くちばしの様な顎と銀色に輝く美しくスレンダーな

ボディーが特徴の美味しい魚。

でもその美しい容姿とは裏腹にお腹の中は真っ黒け!!

つまり、サヨリのような女性とは、

外見は美しいけど、見かけによらず腹黒な女性!

と言う意味です・・。

言わば、ばかな男の負け惜しみみたいな言葉です・・。

けっきょくその日も、寿司屋で高級食材をおごらされ、

同伴でお店に連れてかれてボトルをキープさせられ・・・

いい雰囲気になるとほっぺにチュー!で誤魔化され・・

わかっちゃいるのに諭吉さんさよならコース・・

じつに哀れな結末を迎えるのでございます・・・

男ってばかですよね・・・・・・。

でも、サヨリにとっちゃ非常に迷惑な話・・・

すごくイメージが悪いです。

お腹の中身は確かに黒いけど、

刺身、てんぷら、塩焼き・・・

調理方法を選ばない、とにかく旨い魚なのに!

どうせならサヨリのようにおいしい女性!!って

言ってほしいでしょう・・。

酒恋さんは、そんな可愛そうなサヨリが手に入ったら

味醂干をよく作ります。、

先日、ラッキーなことに今年初物のサヨリ

沢山いただきました。

P1002014_2

当然、その日は開いて干し物作りです。

まずは、内臓を取り出しお腹を洗います・・・。

P1002015

銀色に輝くボディーに似合わず、やはり中は黒いです。

でも、ガーゼやタオルでこする簡単にとれます。

腹開きにして中骨を取ると、

美しいサヨリの開きの完成です。

P1002020

それを塩水に30分、その後みりんに15分漬けます・。

後は、半日干すと旨いさよりの干物が完成です!

P1002021

昼前から干すと夕飯にはじゅうぶん間に合います!

さて、今宵は、サヨリの干物で一献です。

ついでに本日は、もう一つの初物、

空豆(おたふく豆)もゲット!!。

P1002175

こいつも蒸して今宵の酒の肴に。

さてさて・・あわすポン酒は酒恋さんがお世話になってる

奈良県大倉本家さんの

「吟醸 天の二上」(あめのふたかみ)

P1002112

万葉の郷奈良にふさわしいとってもお洒落なネーミングの

吟醸酒です。

香りの少ない、ガッツりした味わいが特長の

大倉本家のポン酒にあって含んだ時の香りがほんのり高め・・・

吟醸酒らしくバランスの良いすご~くフルーティーな口あたり。

どちらかと言うと燗が似合う大倉ですが

このポン酒は冷やして飲むのが旨そうです。

少し大倉本家らしくないかな~と思いきや、

深みのある旨みとキレはやはり大倉!!そんな味わいです。

オープントースターで1分ほどサヨリを炙ります。

P1002032

そこに天の二上を一献・・

少し味醂の甘さが残るさよりの干物が

舌の上で天の二上と万葉デート・・・・・・

思わず一句詠みたくなりますね~。

P1002029

「くろきとて嫌われし我が腹をたった一杯で
 黄金に変える天の二上」・・・・
(酒恋倭人)

柿本人麻呂さん、この歌万葉集に加えてくれませんか?!

印税は要りませんよ!(笑)

もう一つの肴、おたふく豆も、良い塩梅です。

P1002174

茹でるより蒸したほうが豆の味が濃厚で旨いすね。

P1002176

鞘から一粒ずつ取り出して天の二上とゆっくり味わう・・・

P1002178

素朴だけどなんと贅沢な味わいでしょう!

良い酒、良い肴です!

初物のサヨリとおたふく豆・・・

昔から初物を食べると75日長生きするとか申します・・。

今宵は初物を2つも食べることが出来たので

これで150日、ポン酒を楽しめる日々の延長です!(爆)

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 中年狼「日本酒 うさぎ」で牙を抜かれる?! | トップページ | 平成の隠れ家?!「酒肴 のろのろ」 »

大倉本家酒造・・・(奈良県)」カテゴリの記事

コメント

サヨリ~~~旨いですよね☆
日本では高級魚ですがぁ~~
私が9年間暮らしてた「とある南の島」では
雑魚なんですよぉ~!(勿体無い!)
竿下ろせば~馬鹿みたいに釣れるので
又サヨリかよぉ~・・・ってなるんですね
でもぉ~~凄く美味しいです
釣たてを天麩羅や塩焼きにして
よく食べてましたぁ~☆

投稿: hisami | 2009年4月24日 (金) 09時56分

最近は流通が発達したから、
春の旬魚とは、
言えなくなってきたようですね。

新鮮なサヨリは、刺身が旨いですね、
自分は、魚の皮が好きではないんだけど、
串にサヨリの皮を巻きつけて、
塩して焼いたのも脂があって美味しいですね。

投稿: kohyou | 2009年4月24日 (金) 13時59分

毎度です!
サヨリはもっぱら刺身で食べます。
そういえば今年はまだ食べてません。
写真を見たら急に食べたくなってきました。
旬の魚ですね。

投稿: machan | 2009年4月24日 (金) 16時45分

hisamiさん
ええ!!サヨリが雑魚!!??
もったいなさすぎ!
そんな国にいきて~!!
この魚は鮮度が落ちるのが早いから、釣りたての刺身は、ほんと旨いよね。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年4月24日 (金) 19時08分

kohyouさん
そうですね・・・
海を北上、あるいは南下する魚は取れる時期が同じ日本でも違うので旬もその土地によって違うと言われていますよね。
これだけ、流通網が発達すると、本州じゃ夏しか取れない魚が、冬場に北海道で取れて運ばれてくることも沢山あって一年中が旬とも言えるものもありますよね。
サヨリの刺身を取った後の骨を串にさして焼いたもの、皮を同じく串に巻きつけて焼いたもの、これ旨いですよね~!私も好きですよ!こんなサヨリを食べさせてくれるのは、回るすし屋では無理ですけど・・。久しぶりに、ネタケースが目の前にあって、板さんが握ってくれる店に行きたいです!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年4月24日 (金) 19時20分

machan
私も刺身で食べたかったんですが少し時間がたってたんで干物にしました。
干物にすると、3日ぐらいは十分持ちますからね。朝にご飯と一緒に、夜は酒の肴に!何にしても旨い魚です。ぜひ、旬のさより、見つけたら味わってくださいね!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年4月24日 (金) 19時24分

サ・・サヨリだってええええ!
北海道には売ってないの;;
サヨリのお腹の中って黒いんですねー、それを女子に見立てるとは茶目っ気?たっぷりの話ですね。
自家製の味醂干しとっても美味しそうです。今度真似してその後・・・燻してみよう(笑
魚だけでも、地方によって色々ありますね、勉強になります。

投稿: しもべえ | 2009年4月24日 (金) 21時57分

しもべえさん
サヨリも北海道にいないのですね・・。
ほんと海は繋がってるのに不思議です。
と言うことは、北海道にはサヨリのような女はいなんですよね!(笑)
そういえば、太刀魚もいないらしいですね。
サヨリ干したときに燻製にしようかどうか迷ったんだけど、シンプルがいいかとそのまま炙って食べました。鰯とか他の魚でも代用できるので何か干物に出来そうな魚があれば是非干して燻してみてください!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年4月25日 (土) 12時04分

ふと思ったんですが・・・
人を魚に例えられて 嬉しい魚って何かな~って^^)
タイみたいだ!って言われてもいまいちですよね~(その魚がどんなにおいしくても)
余談でした ^^) 

おたふく豆ってつまみでカレー味のカワキ物ってイメージですから ソラマメみたいなんでしょうか?

おいしそうだなー ^^)
 

投稿: | 2009年4月25日 (土) 13時29分

干物で一杯、ってうまいんよね
さすがに自分は干物つくるほどマメじゃないすけど・・

投稿: MOTO | 2009年4月25日 (土) 13時32分

誰だろう??さん

魚に例えられて嬉しいもの??ナンだろう?
ガシラ!とかアンコウとか、ふぐ!とか言われたらいやですよね。友人でヒラメと言うあだ名の子がいましたが、今考えたら差別用語です・・。私なら、マグロかな??(意味はなし)

おたふく豆はソラマメのことですよ。ソラマメがたふくの形に似てるからそう呼んでます。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年4月26日 (日) 06時58分

MOTOさん
干物で一杯は、酒飲みの原点ですよね!どんなアルコールにもあいます!
自分もまめじゃないけど、食い物にかけては貪欲なのかもしれません・・・。
女性にまめだともう少しもてるのに・・。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年4月26日 (日) 07時01分

舌の上で天の二上と万葉デート
>きゃー詩人さん!(惚)

サヨリの刺身は、ウマーです。
関東だと、まず見ない(笑)

サヨリですか。いいんじゃないかと。
ダボハゼと言われたら泣きますけど(笑)


PS
キャバクラいかが?という勧誘の嵐の中、大阪・堂山あたりから帰宅しました(笑)

投稿: 黒色大聖堂管理人 | 2009年4月26日 (日) 11時58分

黒色大聖堂管理人
関東じゃ、サヨリの刺身なんてないんですか?!そう言えば、関東のお寿司の光物といえば「こはだ」ですもんね!

ダボハゼはきついですね・・・なんでもくらいつく奴!!みたい(笑)

新地あたりで飲んでたんですか?
最近の勧誘はひつこいですからね・・。
不景気でお客も少ないから
彼らも必死ですもんね。
無事生還、お疲れ様でした!(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2009年4月28日 (火) 08時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/417601/29256170

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉の思い!「天の二上とサヨリの干物」:

» ミッシュマッシュ [ミッシュマッシュ]
ミッシュマッシュは「かっこよさ」と「かわいさ」の両方をあわせ持つ、素敵な女性へと成長していく女の子達のファッションスタイルです。 [続きを読む]

受信: 2009年4月26日 (日) 00時10分

« 中年狼「日本酒 うさぎ」で牙を抜かれる?! | トップページ | 平成の隠れ家?!「酒肴 のろのろ」 »