« 「御幸森商店街」をご案内! | トップページ | 今年も大倉本家さんにお世話になっています。 »

豚タンスモークで「相模灘 しぼりたて生」

前回のブログで御幸森商店街をご紹介しましたが

その時に購入した豚タン・・・・

P1001386

2本で1000円だから、これもワンコイン肴です。

さっそく、しもべえさんのブログを参考に

燻してみることにしました。

でも、豚タンは燻す前の下準備がけっこう時間がかかります・・

まず、舌の周りについてる喉頭蓋、喉頭蓋軟骨、

甲状舌骨靭帯なんかを切り離し、舌だけにします。

P1001388

1本500グラムほどだったのが300グラムほどに激減。

舌だけで売ってくれたらもっと安いのにね。

切り取った部分はもったいないから生姜と醤油でラフテー風に。

大きな塊は舌と一緒に燻します。

さて、形成した舌は・・・まずは、フォークでずぶずぶと

全体をふにゃふにゃになるぐらい突き刺します。

P1001389

これは血抜きをするためだそうです。

ふにゃふにゃになった舌をジップロックに入れて

洗面器に水を入れてその中につけていきエアー抜きして密封。

P1001391

漬物用のバケツに入れて重石をして1晩放置・・。

P1001392

次の日、けっこう赤く血が出てますのですさっと水洗いして

水気を切り、オリゴ糖、塩ブラックペッパー、ハーブ

すりこみます。

今回の味付けは、タン本来の旨みを味わいたかったので

非常にシンプルにしました。

そして再びジップロックに放り込み今度は一週間、

冷蔵庫で寝かせます。

P1001460

一週間後、軽い塩水につけて2時間ほど塩抜き。

P1001461

後は、沸騰したケトルの中に、ジップロックに入れたタンを

放り込み再沸騰後、4分で火を止めて蓋をして1時間ほど

置いておきます。

良いケトルを使うと湯温が100度から70度に下がるまで

40分ぐらいはかかるので好都合です。

ほんとは80度前後の湯で30~40分ほど茹でるのが

理想みたいです。

P1001462

時間が来たら取り出してキッチンペーパーの上で

またまた1時間ほど乾燥です。

そしてガスコンロを使ってフライパンで燻製開始!!

と行きたいところでしたが、嫁から家の中での燻製禁止令

発令されキッチンでの燻製はできなくなりました・・。

トホホ・・・出来た作品はガッツリ食べるくせに・・。

仕方がないので、カセットコンロを使いベランダで燻製です。

P1001467

今回はどうしても桜チップで燻したかったんですが

ホームセンターに買いに行くと売り切れてたので

今回もヒッコリーです。

冬は燻製に適してるので最近は燻製人口が増えているらしく

チップがよく売れていると店員は言ってました。

ベランダで20分ほど燻製して・・・・・

出来栄えはこんな感じ!!なかなか良い色してます。

P1001469

薄くスライスしてレモンを添えて、古道具屋で買ってきた

70円の皿に乗せると、これがGOODです!

P1001474

レモンを絞って一枚試食すると、レモンの酸味の中に

ほのんのりとした甘みとタンの旨みがじんわりとひろがり、

ブラックペッパーがキュー~っと味を引き締めて激うま!

今まで燻したものの中で最高に旨いです。

しもべえさん、ご教授ありがとうございました!

少し出来上がるまでに時間を要しますが、そんな苦労も

忘れさせる旨さです。

こりゃ今宵もポン酒が進みそうです。

本日のポン酒は、最近お気に入りの蔵元

神奈川県 久保田酒造の「相模灘 しぼりたて生」。

P1001169

次世代を担う20代の若き兄弟が醸す本醸造。

中身も当然ですが、ラベル、雰囲気・・・

この蔵元のポン酒はどれを見ても美しいと感じます。

飲み物と言ううよりも杜氏と美術家がコラボして作り上げた

一つのアートですね。

きっとこの蔵はこれから先、いろんな雑誌で取り上げられて

あっという間にポン酒界のスターになるような予感です。

まずは、開栓・・・・・

新酒らしいフレッシュな麹花の香りが漂います。

一口含むとじんわり重量を感じる液体の中からす~っと

甘みが登場します。この重量感って言うのはきっと

お米の旨みが一杯詰まっているからでしょう。

飲み口はクリアーでありながら旨みたっぷり。

香りも穏やかで本醸造らしく非常にバランスがいいです。

燗で飲んでも面白そうですが、すいすい飲めるので

冷して飲んだ方が似合ってるかもしれません。

P1001475

最高の出来栄えの豚タンにぎゅ~っとレモンを絞り

これまた最高の出来栄えの「相模灘 しぼりたて生」

いただく。

幸せですね~!!

豚タンにレモンを絞るので、本醸造よりも吟醸系との

相性の方が良さそうですがタンの脂分とブラックペッパーが

パンチを効かせてるので本醸造でも美味しく楽しめます。

今宵の晩酌は最高でしたね!!

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 「御幸森商店街」をご案内! | トップページ | 今年も大倉本家さんにお世話になっています。 »

久保田酒造・・・・(神奈川県)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
手間隙かけたスモーク豚タンいい色に燻製されおいしそうですね。ケトルを使うのはいいアイディアです。私も使ってみたいと思います。

家での燻製禁止令・・どこも同じです。わたしも怒られながらこそこそやってます。

投稿: 燻製スモークやで!のpitchgon1 | 2009年2月 2日 (月) 20時58分

豚タン、旨そうに出来ましたね、
でも、手間が大変そう、自分には出来ませんね。
食べる専門がいいなぁ~

先日、初めて馬刺し「ふたえご」って食べましたけど、
あまり好みではなかったです。
旨いのを食べてないからかも知れませんが・・・

相模灘「特別純米」が出たので買って飲みましたが、
さらっと呑める旨い酒でした。
「しぼりたて」は近所の酒屋さんに在庫があるので、
今回は入れなかったそうなので、まだ、呑んでません。

でも、酒屋さんには、19年BYがあるので、
酒屋さんで、売れないうちに買って来ようかなぁ~


投稿: kohyou | 2009年2月 2日 (月) 21時09分

すごい旨そう(・∀・)
けど・・・・こんだけの手間かけるって自分には絶対無理(笑)

投稿: MOTO | 2009年2月 2日 (月) 23時54分

豚タン大成功おめでとうございます!
これはとても美味しそうですー。
私も一週間ぐらい漬け込みたいのですが、休みにあわせて燻すのでいつも最低限の漬け込みになってしまうんです(涙
一週間漬けると、肉の旨みが凝縮されてジュルリ・・・お酒も美味しそうだし羨ましい妬ましい・・・。
やばい・・こんな時間なのに飲みたくなってきた・・。

投稿: しもべえ | 2009年2月 3日 (火) 01時31分

凄すぎ!!いい加減な性格だから途中で我慢出来なくて、もう、いっかこれで?って勝手に時間短縮して失敗しそう(苦笑)美味い物の為には辛抱強くなきゃなぁ!(笑)

投稿: あいぽん | 2009年2月 3日 (火) 08時57分

豚タンの燻製~~超旨そう~~
これは美味しい日本酒で
楽しみたいですよねぇ~~
燻製☆
やりたいけどぉ~~
面倒くさがりの私には不向きかな・・・

投稿: hisami | 2009年2月 3日 (火) 11時54分

これは いい!!
ホントに手間隙かけた つまみですね
^^)
タン好きだけど ここまでするの大変!!
お肉屋さんで一度 誕生日プレゼントに知人の男性にあげた事があります。
彼も料理好きで美味しいタンシチューになって戻ってきました^^)
男の人はこだわると本当にすごい!!
と またまた 感心してしまいます。
酒恋さんも すばらしい人です。

投稿: イノぶた | 2009年2月 3日 (火) 12時52分

燻製スモークやで!のpitchgon1さん
こそこそ燻製やっても、臭いでばれませんか?!
うちの嫁は食うのも嗅覚も豚並ですからすぐばれます。
これからはベランダに戦場を移すことにします。
この燻製は、久しぶりに良い出来でした。
いつもは無難な味って感じですが、これは絶!感じでした。
ケトル、注ぎ口も蓋があるのがいいですよ。
ピー!!って音が鳴る奴がいいですね。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 4日 (水) 17時15分

kohyouさん
時間はかかるけどそんなに面倒なことはありませんよ!意外と簡単で楽しいです。機会があればやってみてくださいよ!
「ふたえご」って食べたことはないですがけっこう高価じゃないですか?たてがみとかも好きじゃないですね・・。馬の脂身ってのがいまいちあいません・・。馬の中では肝が一番好きです。後は、「さくらぼし」(さえぼしとも言います)も好きですね。

相模灘の「特別純米」が出たんですか!
さっそく蔵に連絡してみますよ。
すごく期待できそうですね。
しぼりたてもいいですが、やはり相模灘も熟成させたものの方が旨い酒だから、19BYなんかは買いかもしれませんね。
今年で3作り目だから、一番古い相模灘18BYってことになりますよね。18BYがあれば是非飲んでみたいです。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 4日 (水) 17時24分

MOTOさん
できますよ。
作業時間はほんの少しです。後は、ほっておくだけ。酒飲んでる間にできますって!
夜中にするゲームの時間を減らせば問題ないですよ!(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 4日 (水) 17時26分

しもべえさん
ご教授ありがとうございました。少しアレンジしましたけど旨く出来ました。この豚タンは2ヶ月に1回くらいはやっていきたいですね。もっと研究して極めたいです。私も同じで、休みにあわせて肉を寝かせてますよ。だから、休みの計算をして出勤前の6時ごろに塩をこすりつけたり、朝から台所でごちゃごちゃすることが多く、嫁にはいつも怒られています・・。子供のように夏休みや冬休みのような大量の休暇があればいいんですけどね。
やはり寝かす時間って言うのは大事みたいですね。お酒と一緒で熟成度が変わってきますもんね。

今別仕込で、「からすみ」も作ってます。
これは一月かかります・・。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 4日 (水) 17時34分

あいぽん
私もせっかっちな性格で、もうこれでええか!って妥協したくなるタイプです。でも、何度も失敗してたらいくらあほ~の酒恋さんでも学習能力が付いてきて我慢できるようになってきました。やはり、旨いもの、綺麗なもの、いい女をゲットするには我慢ですよ!!(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 4日 (水) 17時37分

hisamiさん
面倒くさがりやは私も同じですよ。
燻製は面倒くさくないからこの酒恋さんでもできるんですよ。フライパンに網を乗せて、その上に何でもいいから燻したいものを乗せて蓋をしめて適当な時間ほっておくだけですもん。是非、おっさん料理が得意なhisamiさんにチャレンジしてもらいたいです!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 4日 (水) 17時42分

イノぶたさん
いえいえ、タンシチューの男性のような繊細な料理人にはほど遠いです。
活字で書くとたいそうなことをやってるみたいだけどほんと、燻製って簡単だよ。奥が深いけど、そんな追求さえしなければ煙で燻すだけだもん。味付けなんてあんまし気にしなくても、煙が味に変わってくれるから燻すだけで旨く感じるんですよ。でも、誕生日プレゼントにタンをプレゼントするって、よっぽど料理が好きな人だったんですね。誕生日なら他人に作ってもらって食べたいでしょうに!(笑)

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 4日 (水) 17時47分

あららら、えらい本格的^^;
も、もしかして、σ(^_^)を挑発してます?(笑) 下ごしらえ大事ですよね、MOTOさんへのレスに「作業時間はほんの少しです。後は、ほっておくだけ。酒飲んでる間にできますって!」てありますが1週間寝かせる自体が早く食べたいよ~派には難しい(笑)

しかしま~そそられる一品ですな~^^;

投稿: Peace_mac | 2009年2月 5日 (木) 10時17分

酒恋さんに刺激を受けていよいよ第一歩を踏み出してみましたよ♪

日曜日に仕込み始めた鶏はむはとにかくは出来上がって、明日風乾させた後に、いよいよ燻製初チャレンジしようかと。

まだまだタンスモークまでは遠いですが、徐々にいろいろやってみたいですね。

それにしてもキッチン内燻製禁止令でちゃいましたか。
ウチははなから禁止です。
なんかだんだん肩身狭くなりますね(^_^;)

投稿: マーキー | 2009年2月 6日 (金) 00時18分

Peace_macさん
私はねっから穏健派なんで挑発なんて。
でも隊長はエスパーですか???
最近の隊長のブログには燻しネタがないのでもう飽きたのかと・・・。たまには、少し時間がかかるけど、こんな燻製も面白いで~!と見えないメッセージを送ったのがわかったんですか?!(笑)←挑発

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 6日 (金) 08時05分

マーキーさん
MIXI日記読みましたよ。
なかなか良いできばえじゃないですか!
そのまま食べても旨いですよ。
燻すのなら「さくら」がお勧めです。
ヒッコリーは、スパイスを旨く使わないと味がエスニック調になって好き嫌いがはっきり分かれます。
出来上がり楽しみにしていますよ!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 6日 (金) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豚タンスモークで「相模灘 しぼりたて生」:

« 「御幸森商店街」をご案内! | トップページ | 今年も大倉本家さんにお世話になっています。 »