« 今年も大倉本家さんにお世話になっています。 | トップページ | 「樹楽」で吉村秀雄商店酒の会 »

ほろ酔い気分で新潟美人を思う!

先日、まだ見ぬ素敵な女性からプレゼントが届きました!

「地元のポン酒だよ~!飲んでみて~!!」って。

女性からのプレゼントと言うだけでワクワクなのに

ましてポン酒を頂くなんて!

酒恋さん的には、ポン酒は女性だと思っているので

彼女を頂いているような気分で男冥利につきますlovely

頂いたお酒は、新潟県市島酒造さんの

P1001538

純米吟醸 「蔵」初しぼりです。

久しぶりに飲む新潟の女性です!!

この「蔵」と言うのは、10数年前にNHKのBSで放送された

宮尾登美子さん原作の「蔵」にちなんだものらしく、

宮尾登美子さんも市島酒造さんには幾度か足を

運ばれたそうです。

やはり新潟のポン酒と言えば「端麗辛口」。

味わうなら定番の燻製よりももっとすっきりした

タイプの肴が良いだろうといろいろ思案・・・

と言ってもたいしたレパートリーはないんだけど・。

いつもの鶴橋商店街をうろうろして

ささみを使って蒸し物を作ることにしました。

商店街で購入してきた刺身用のささみ白板昆布

P1001439

P1001440

当然ワンコインです。

白板昆布って言うのは松前寿司を作るときに上に乗せる

少しお高い昆布です。

1枚60円・・20枚ほど買っておきました。

ササミは300円ほどです。

今回の肴は「ささみの昆布〆の蒸物」です。

ササミの筋を取り除き、細長く3本にキリ軽く塩をして

P1001478

板昆布に巻いてサランラップにつつむだけ。

P1001479

それを冷蔵庫で1日寝かしておきます。

偶然その日、知り合いからどでかいカンパチも頂いたので、

P1001501

久しぶりに出刃を使い30分もかかって3枚おろし。(汗)

何せ、60センチ以上あるカンパチですから

3枚におろし腹と背中に分けると結局5枚おろしです。

30人前ぐらいはあるので当然家族で食べ切れるわけが

なく、半身はご近所にお裾分け。

それでも4人家族の我が家で食べてもかなり残ります。

脂ののりもしっかりしたカンパチなので

サバと同じように昆布で〆ても旨いだろう

P1001504

残りは今日買ってきた昆布を使ってこいつも昆布〆に

することにしました。

で、翌日の夕飯・・・・まずは、ささみの昆布〆

飴色に染まり、なかなかいい塩梅です。

これを鍋に水を張り10分ほど蒸します。

P1001503

蒸あがりを包丁で切り分けて、皿に盛り付けると

これが日本料理ぽくていい感じ。

P1001448

こいつはポン酢でいただきます。

続いてカンパチの昆布〆・・・・・

しっかり昆布でしまって旨そうです。

P1001505

当然、昨日裁いたカンパチのアラはアラ炊きに。

P1001512

すべてをテーブルに並べるとOH!!!

こりゃ豪勢な夕飯になりました。

P1001511

さっそく冷やした「蔵」を開栓!

すーっと言う感じで吟醸香が漂います。

一口含むと、水のような味わい・・・・

しぼりたてと書いてありましたがすでに

搾って2ヶ月以上たってるのでフレッシュ感はありません。

さらさらとしたきめ細かい肌触りって言うのか

まるで舌の上をすべっていくようです。

喉に落ちる寸前にお米の味わいがすーっと現れたかと思うと

キリ!!っとしまって消えていきます。

まさに端麗辛口!!新潟美人!

きっと頂いた女性もこんな感じなのかもしれませんね。

このポン酒で、ささみ昆布〆の蒸し物をいただきます。

調味料は塩のみなのに、昆布とポン酢がいい感じでささみを

味わい深いものにしています。

これには端麗唐口がよくあいますね。

カンパチの昆布〆も魚臭さが昆布に吸収されて

旨みが引き出されて料亭の味!って感じ。

こちらは燗での相性がよかったです。

P1001572

少し熱めの燗にすると水のような味わいから

ぱ~っと花が咲いたように旨みがひろがりますね。

すいすい肴もポン酒も胃袋におさまっていきます。

贅沢な味わいですね。

ほろ酔い気分で、頂いた女性のことを思います・・・・

お会いしたことがないのですが、きっとこのポン酒のように

華麗で肌が美しく真のしっかりした女性なんだろな~って・・

なぜか切なくなる酒恋さんです・・・これって恋かな?

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 今年も大倉本家さんにお世話になっています。 | トップページ | 「樹楽」で吉村秀雄商店酒の会 »

市島酒造・・・・(新潟)」カテゴリの記事

コメント

酒恋さんの料理って美味しく食べるにはどうしたらいいかって考えながら作っているなあって思っています。

昆布〆美味しそうですね♪
素材が良いとお互いの旨みを吸い合って、旨みがなん倍も美味しくなる気がします。

ああ~酒恋さんの昆布〆喰ってみたい(溜息)

投稿: マーキー | 2009年2月 8日 (日) 13時09分

こんにちは!!
そこまで 言っていただけたら、送ってくれた方もさぞかしうれしいでしょうね ^^)

昆布〆・・・聞いただけ=美味しいじゃん!!
・・・となるでしょう!!
魚系の昆布〆は想像がつきますが・・・
ささ身の昆布〆蒸しは・・・・どっか~ん!!
頭がショートして・・・再起不能です・・・
よだれが止まりませんわー
  

投稿: イノぶた | 2009年2月 8日 (日) 15時33分

これは・・恋ですよheart04
私は、鶏ササミとカンパチにメロメロheart02
恋煩いになりそう・・。

そうか・・昆布締めにしても美味しいんだね
砂ずりの刺身もすきだよlovely
今日は珍しくパソからだから
ポチして帰りますねcat

投稿: ゆりりん | 2009年2月 8日 (日) 15時48分

カンパチ大きいですね、
捌くのに時間掛かりますよね、
準備を経て、豪華な和食、美味しいそう!
そして、新潟の端麗辛口のポン酒、良いなぁ~

写真を拝見すると、
刺身が厚すぎない?歯ごたえ充分では?
でも、お店で食べるんじゃないから、
豪勢にしてもOKですね。
(でも、ふぐの厚切りは×ですよ、経験済み)

「ささみの昆布締め蒸し」って
どこかで食べたものなんでしょうか?
それとも、独自のアイデア?
今度、行きつけの店にきいてみょ~と。

投稿: kohyou | 2009年2月 8日 (日) 18時59分

酒恋さんの日本酒を女性と思う気持ち判ります・・。
私の場合は燻製ですが・・
刺身用のささみって売っているんですねー。札幌にもあるのかな?
ささみの昆布〆真似してみたいいいい!
カンパチの昆布〆美味しそうですー。

相変わらず全てが、羨ましい妬ましい・・(笑

投稿: しもべえ | 2009年2月 8日 (日) 21時46分

酒恋さんて飲み屋さん始めたら絶対繁盛すると思うよ
こんだけ旨そうな肴つくれるんやもの
レアなポン酒も取りそろえそうやし・・・
あ、ホンマに店始めたらぜひ芋焼酎もお願い(笑)

投稿: MOTO | 2009年2月 8日 (日) 23時10分

ささ身の昆布〆~~~
これ美味しそう~~~
簡単だし今度作ってみよう☆
カンパチのあら炊き旨そう♪

投稿: hisami | 2009年2月 9日 (月) 07時37分

ポン酒は女性だと思っているので
彼女を頂いているような気分で男冥利につきます・・・。←よっ!このこのぉ~(σ・∀・)σ

昆布〆もカンパチもあたいの大好物じゃないですかぁぁ(。>0<。)昆布〆ってこんなに簡単に出来るんですねぇ♪にしてもカンパチ先生デカイ!

投稿: あいぽん | 2009年2月 9日 (月) 11時34分

マーキーさん
私の料理なんて、料理と呼ぶのがはずかしいぐらい簡単なものばかりですよ。
知識がないからついつい簡単方法をあみだすんですよね。
私の昆布〆でよかったらいつでも持参しますよ。酒の会をするときに持っていきますね。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 9日 (月) 22時41分

イノぶたさん
送ってくださった人もきっとそう思ってくれてたら嬉しいです。
新潟のお酒はさすがに切れますね。
新潟女性ってきっと優しさの中に芯が通ってはっきりした人が多いのでしょうね。

ささみの昆布〆は、蒸さなくて、そのまま食べても旨かったですよ。
アミノ酸の作用だと思うんですが、味わいが薄いささみに昆布の旨みが移ってよい肴でした。まさに頭がショートするぐらい簡単にできるから是非ためしてみてください。近くだったら無理やり食べてもらうのに!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 9日 (月) 22時49分

ゆりりん
やっぱり恋かな!
この気持ち、送ってくださった女性に届くといいな~。
でも、昆布で〆ると安物の食材も高級感がでていいね。
一味もふた味もおいしくなる!!
砂ずりを昆布〆なんて考えたことがなかったけど試してる価値があるかもしれないね。
応援ありがとうね!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 9日 (月) 22時59分

kohyouさん
ほんと魚をいただくのは嬉しいんですがあまりでかいと裁くのに難儀します・・。まな板も包丁も、家サイズなんで・・・。
でも、かんぱちは大きいほど旨い魚ですからね。天然物らしく脂もそこそこで贅沢な刺身をたべさせてもらいました。太く切ったのはこうでもしない限り、減らないからです・・。2日続けて刺身で食べましたがそれでもあまりました・・・。

ささみの昆布〆は私のオリジナルです。体のために肉ならささみを食べる様にしていたんですが、さすがに同じ味ばかりだと飽きてきて、思いついたのがこれです。蒸すと高級感がでて何となく料理が旨くなったようにおもえるもんですね・・。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 9日 (月) 23時12分

しもべえさん
燻製もそうですよね。大事に、大事に、育てて、おいしくな~れ!って優しく燻して・・
男性にとって飲み物、食べ物は女性なのかもしれませんね。

北海道には生食用の鶏は見かけないと聞いています。理由はよくわからないんですが・・。鶏はいくら新鮮でもカンピロバクターに感染する確立が2割はあるそうですよ。
でも、刺身用のささみをさっと湯にくぐらせて湯引きで食べるのもうまいですよ。
私より、しもべえさんの方が旨そうなもの食べてるような気がしますよ。家が近けりゃ交換できるのにね!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 9日 (月) 23時18分

MOTOさん
いや、まじ、将来は偏屈親父の居酒屋を開業いたいな~なんて夢を持ってます。
このワンコイン作りもそんな夢の実現のためにやりはじめたんですよ。もし実現すれば常連になってくださいよ。芋焼酎も当然拘っておきますよ。はじめから前割りして旨い焼酎水割り、燗を出しますよ!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 9日 (月) 23時21分

hisamiさん
まじ簡単だよ~!
ただし、白板昆布が手に入ればの話です。
昆布専門店に行かないとなかなか手に入らないよ。あったら楽勝でできるよ。蒸さなくてもそのまま食べても美味しいよ!是非やってみてください!

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 9日 (月) 23時23分

あいぽん
好いでしょ!男冥利!!
ほんとお酒は女性だと思ってます。
時には温めたり、時には冷たくしたり・・
ほっておいたり、かまったり・・
そして舌で転がすように味わったり、喉越しで味わったり・・楽しいです。

昆布〆は江戸っ子なら好きな味だよね。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月 9日 (月) 23時26分

燻しだけじゃなく、こんな料亭料理まで。。

僕は挑発返しをしてはいけない人に挑発返ししてしまったかな(^_^;)

事後報告ですが最新記事にて酒恋さんの挑発コメントを引用させて頂きました^^;

それにしても日本酒は女性、彼女を頂いてるような気持ちで。。。。

うーん、これ、かなりいい口説き文句φ(.. )メモメモ (笑)

hisami姐~
あなたを想像させる荒々しいのを送らないと(笑)

投稿: Peace_mac | 2009年2月10日 (火) 12時14分

mac隊長!
いえいえ、料亭なんて・・
私は手抜きで上手く見える方法を常に考えてる偽装上手だけです・・。
でも、これ簡単です!
是非やってみてください。

そうそう!ポン酒は女性なんです。
もらった時には、是非この台詞使ってください!セクハラで訴えられても当方は知りませんけど(笑)

hisamiさん・・・
激しいんだ・・・「爆発にごり」タイプかな・・。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月11日 (水) 07時13分

こんばんは

日本酒は女性・・・わかる気がします。

昆布〆は最高に日本酒と相性がよさそう
ですね。わたしも、つまみながら飲んで
みたい。

投稿: 燻製スモークやで!のpitchgon1 | 2009年2月11日 (水) 21時44分

燻製スモークやで!のpitchgon1さん
日本酒が女性!わかってくれて嬉しいです。
ちなみに、私にとって焼酎は男性です・(笑)繊細で、甘くもあり、辛くもあり・複雑極まりない味わいが女性ぽいんですよね。
昆布〆は、簡単にできる料理なんで是非チャレンジしてみてください、さすがに燻製すると昆布の風味はなくなってしまいそうですが試すのも面白いですよね。

投稿: 酒恋倭人 | 2009年2月14日 (土) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/417601/27889027

この記事へのトラックバック一覧です: ほろ酔い気分で新潟美人を思う!:

« 今年も大倉本家さんにお世話になっています。 | トップページ | 「樹楽」で吉村秀雄商店酒の会 »