« 新星!!蕎麦居酒屋「樹楽(きらく)」誕生! | トップページ | 「ウニもどき!」で「風の森 しぼり華」 »

「飛露喜 特別純米」できりたんぽ鍋を楽しむ!

先日、親愛なる秋田の魯山人より素敵な贈り物が届いた。

「秋田の魯山人(酒恋さんが勝手に呼んでいます)データー」

酒恋さんのご学友・・・・・・・・・・・・

なまりが出ると「ざじずぜぞ」の「ず」をチュと発音。

例・・50円をごチュー円・・・。

身長180センチ弱、中肉中背、男前で趣味は自転車レース。

美しい夕日が沈んでいく壮大な丘の上に住んでいる。

イメージ的には漫画「ブラック・ジャック」が住んでいる家。

秋田の人たちの生命と財産を守るために日夜働く傍ら

ボランティアで「世界遺産」白神山地の案内人をしたり

秋田の郷土料理や地酒などを伝える伝導師。

串かつ、お好み焼きを食べに数年に1度大阪に出没。

ジュンサイ・岩牡蠣、はたはた寿司、いぶりがっこ・・・

春夏秋冬、素敵な食材を酒恋家に送り届けてくれる

そんな魯山人。

今回届いたのは寒くなる頃にいつも酒恋家が

楽しみにしている秋田の伝統的な郷土料理

野菜とあきたこまちをスティック状にして焼いた

きりたんぽを皮内地鶏のスープでいただく

ご存知!! 「きりたんぽ鍋」。

ちゃんこ鍋、ふぐやクエ、アンコウ鍋など冬になると

旨い鍋が多い中、この「きりたんぽ鍋」は素朴でありながら

贅沢で心からあったまる秋田からの贈り物。

さっそく開封する・・・・・・・・・・・・・

P1001761

P1001765

いつもは、比内鳥のスープときりたんぽだけなのに

今回はなんと、すべて食材が揃ってる!!

せり、糸コン、まいたけ、白ねぎ、皮内鳥、つみれ・・

きりたんぽ、だまっこ、皮内鳥スープがついて

すぐに鍋ができる親切セット。

それに、食材ひとつずつに番号が打ってある・・・・

この番号はいったい???!!!

もうおわかりだと思うが実は鍋に入れる順番が

親切にも食材に書かれているのだ。

鍋に入れる順番なんてどうでもええやん・・・と思うけど、

やはりせっかく美味しいものをいただくのだから

100%美味しく味わいたいもの。

意味なく入れる順番があるのではなく「鍋」を

おいしく食べるために考えられた先人の道しるべ。

それに従うのがセオリーですよね。

今宵は、順番を守って鍋を楽しむつもり・・

きりたんぽを食べるときにいつも思うことなんだけど

鍋と言えば、白菜と豆腐が定番の酒恋家・・・・・・

たぶん、関西の家庭ならぞうだと思うんだけどね。

でも、本場の「きりたんぽ鍋」には白菜も豆腐も入れないみたい。

それに糸コンが入ってる・・

すき焼きになら入れるけど、酒恋家では鍋には入れないな・・・

糸コン風で鍋に入れるものと言えばマロニか春雨・・・

野菜ではせりを鍋に入れるのが、すごく新鮮な感覚。

酒恋家では、入れても菊菜ですね・・。

古今東西・・・同じ日本と言えどその土地、地域によって

鍋の具材でもいろいろ違いがあって面白いものです。

さて、今宵のポン酒は当然、秋田の郷土鍋に

合わすんだから「秋田の地酒」!!

と、いきたいところですが、あいにくストックには

秋田のポン酒はきらしてます・・・・

いつもは白瀑があるんですけどね・・・・

近所の酒屋には売ってないし・・

行き着けと言えど小林酒店に行くのにも遠い・・・

家にある、ストックと言えば・・・

「梅の宿 純米吟醸」「飛露喜 特別純米」

「本醸造 朝日鷹」「本醸造 旭鳳」

「純米 やたがらす」「風の森 しぼり華」

ここは、3日前に買ったばかりの

「飛露喜 特別純米」にしておこう。

P1000329_4

「飛露喜」はご存知のように福島県の人気銘柄。

なかなか手に入りにくいけど特約店が近くにあって

タイミングよく手に入るんすよね!

ラッキーです!!日ごろのおこないですかね(笑)

さてさて、夕飯・・・・・・・・・・・・・

添付されているお作法通りに鍋に具材をほうりこんでいきます。

まずは皮内鳥のスープを入れて、ごぼうを・・

次に鶏肉、ミンチを入れて少し煮立たせアクをとる。

だまこ餅、糸コンニャク、舞茸を入れ、次に白ねぎを・・

きりたんぽを入れて、煮くずれしない程度に煮て

せりをさっと火を通す程度に入れたらOK!!

じゃじゃん!!完成!

P1001769

酒恋さんは、鍋を食べるときにまずは主役から

食べるタイプなので、最初はやっぱりきりたんぽから。

P1001771

もちもち~っとした食感と香ばしい香りがたまりせん。

それに噛めば噛むほどじゅわ~っと広がる米の甘み。

比内地鶏の濃厚な出汁がしゅんで旨いのなんの!

ここに「飛露喜」を流し込んでナイス!マリアージュ!

なんてたってポン酒もお米から、きりたんぽもお米から

できてるんですからね!

P1001778

愛犬ちょこちゃんも、きりたんぽのおこぼれを授かり

おいしい~って大喜びです。

続いて比内地鶏・・・・

P1001776

しっかりした肉質なのに硬くもなく

適度な脂身で味わいが深くまこと旨い地鶏です。

さすがは、鹿児島地鶏名古屋コーチンと並び、

日本を代表する地鶏ですね。

冷えた「飛露喜」がすいすい胃袋に納まります。

P1001770

この「飛露喜 特別純米」は、春先にもこのブログで

紹介しましたが、ひと夏超えて、めちゃくちゃまろやかに

なってます!!

含んだ時に、ほんのり香るフルーツ系の香り・・・・

ほんのり甘く感じますが、ふわ~っと米の旨みがひろがり

すべるような舌触りが素敵です。

そして、す~っと切れていく感じがにくらしい・・

正直、人気があるのがわかりますね・・・。

旨い!!です。

にんまりしながら飛露喜を楽しみ、

続いて、ごはんをまるめて団子状にしたシンプルな

「だまっこもち」を・・。

P1001773

だまっこもちは、きりたんぽの原型みたいなものです。

違いと言えば、きりたんぽはスティック状で少し焼き目が

ついていますが、だまっこもちは団子状に丸め固めたもの。

お米が美味しい秋田ならではの鍋の具ですよね。

メインディシュを一通り味わった後は、ゆっくと野菜を・・

舞茸やせりの香り、ごぼう、糸コンの食感・・・・

茹でられて甘くなった白ねぎ・・・旨いね~!

濃い口醤油で整えられた比内地鶏のスープが

上手く素材をアシストして素朴だけど贅沢な

きりたんぽ鍋を今宵は楽しませてくれました。

最後は、当然・・・・・・・・・・・

P1001777

ポン酒のあとは、ご飯で〆ましょう!!

比内地鶏の出汁が利いた雑炊で・・・・

いや~最高っす!

魯山人!旨かったです!来年もたのんまっせ!!(笑)

    ポちっと お願い!!    

       ↓  ↓

     にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 新星!!蕎麦居酒屋「樹楽(きらく)」誕生! | トップページ | 「ウニもどき!」で「風の森 しぼり華」 »

廣木酒造酒造・・・(福島)」カテゴリの記事

コメント

ほ~!!

きりたんぽ鍋!!
私 東北は大好きで庭のように行ってますが・・(ちょっとホラこきました ^^)
きりたんぽは食べた事がありません。
ちょっと半殺しのご飯がちょっと苦手で・・・
でも 山梨のホウトウも食わず嫌いだったのですが、これがまた美味しいですよ ^^)
食わず嫌いでした。

チャレンジしてみようと思いました ^^)
比内地鶏も美味しそ~!!

投稿: イノぶた | 2008年11月29日 (土) 00時45分

あぁ~~~堪らん位旨そうやぁ~~~
鍋☆
古今東西色んな鍋がありますよねぇ~
明日は我が家も鍋にしようかなぁ~
勿論で日本酒と☆

投稿: hisami | 2008年11月29日 (土) 09時59分

鍋は大好きで、冬の寒いときに暖かい鍋と燗酒最高ですね♪

それにしても鍋はいろいろありますが、肉や魚介類がメインな鍋が多い中、お米がメインのきりたんぽ鍋はある意味ユニークですね。
(もちろん比内鶏は入ってますが(^^))
さすがは米どころの秋田県ですね。


まあ鍋好きゆえにか、お酒の会では鍋にすることが少なくて。なんでかと言うと、鍋して日本酒飲んでたら帰りたくなくなるから(^_^)
相性良すぎるのも玉にキズですな

投稿: マーキー | 2008年11月30日 (日) 11時29分

飛露喜は、開栓時と1週間後そして20日位との味の変化が楽しめてよいですね。
27日に飛露喜かすみ酒が入荷し、早速試飲穏やかな香り、爽やかな飲み口たまりません、そして昨夜またもや試飲。角が取れて味わいが増してました。
やはり飛露喜は素晴らしいですね。

投稿: あづま店主 | 2008年11月30日 (日) 17時11分

〆の雑炊に涎・・・
鍋は本当に郷土性が出ますね。
あんこう鍋とチゲ鍋が好きですな。
全然、関西的じゃない(笑)

宇都宮ギョーザを送ってくれる方がいるので
、そろそろ送ってきてほしいと思っていたりします(笑)

郷土の一品は美味ですなぁ

投稿: 黒色大聖堂管理人 | 2008年11月30日 (日) 19時50分

こんばんは。
鍋はいいですね。暖まるし、肉も野菜も入ってるし、酒にも合うし、雑炊も出来るし。
鍋は最高!
さぁ、明日は何鍋にしようかな~。

投稿: machan | 2008年11月30日 (日) 19時56分

きりたんぽ食べた事無いの!食べなきゃってこれ見て焦ってる(苦笑)個人的にだまっこもちも、かなり気になるぞ!お正月前に美味しい日本酒探しに近々お気に入りの酒屋さんに行こうと思ってます♪小さい日本酒専用の部屋?蔵?が店の中にあるのよ!今度写真撮らせて貰ってくるねん♪(駄目って言われるかなぁ…)

投稿: あいぽん | 2008年12月 1日 (月) 01時25分

イノぶたさん
確かに、イノさんのブログ読んでたら、
東北地方は庭ですよね。
ほうとう、私は大好きで職場で「もどき」を
たまに作って食べますよ。
きりたんぽは、確かに「半殺しのごはん」ですね。(笑)
焼きおにぎりでお茶漬け食べれたら、きりたんぽは美味しく食べれるよ。
比内地鶏のだしでお茶漬け食べてると思えば大丈夫!!
チャレンジしてみてください!!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年12月 1日 (月) 06時38分

hisamiさん
ほんま、土地柄によっていろんな鍋があって
「鍋」文化は奥が深いですね。
日本だけでなく、タイ式、韓国式・・・
日本の鍋文化は、極めるのにだいぶ時間がかかります。
hisamiさんの住んでるところなら、新鮮な魚介類が沢山手に入るでしょう!
ポン酒で鍋!楽しんでください。
いつかは、一緒に、鍋つつきましょう!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年12月 1日 (月) 06時42分

マーキーさん
そう言えば、鍋で酒の会って少ないよね。
酒の会で鍋をしたら、確かに、家に帰りたくなくなりますものね。(笑)

きりたんぽ、鍋の中でも一番素朴な素材でしょ!
米が主役の鍋なんて、マーキーさんがおっしゃるようにさすが米どころ秋田の鍋!!
ですよね。
比内地鶏のだしがしみこんだ、きりたんぽ、だまっこ餅!
ご飯で酒を飲んでるようなものだけど、これが旨いんだよね~!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年12月 1日 (月) 07時02分

あずま店主様
飛露喜のかすみ飲みたいです!
先日、山中、イヌイに問いあわせたら売ってくれませんでした・・・。
20目の飛露喜、どんな味でしょう?
家なら、3日でなくなってしまうんですよ・・。
今度、行くまで置いておいてくださいよ!
飛露喜、ほんと旨い酒ですね!!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年12月 1日 (月) 07時07分

黒色大聖堂管理人様
〆はやはり、ご飯!!!
ラーメンやうどんも良いけど、鍋の後は絶対雑炊ですよね!!
これは、別腹です!!(笑)
郷土料理って、ほんとその土地、その風土を感じ好きですね。
大阪なら、たこ焼き?お好み焼き?ですかね・・郷土料理とは言いがたいですが・・。

宇都宮ギョーザ、食べてみたいです。
黒色大聖堂管理人さんは、宇都宮が古里なんですか??

投稿: 酒恋倭人 | 2008年12月 1日 (月) 07時11分

machanさん
やっぱり冬になると鍋!!ですよね。
一人で食べる鍋でも、みんなでわいわい食べる鍋でも、あったまって、気分もほっこり!!
私は、鍋を食べてる時に、日本酒飲めない人を見ると、人生半分損をしているような気がするんですよね。
鍋と日本酒は、梅に鶯、松に鶴!ってぐらいつきもんですよ。

この冬、旨い鍋沢山食べましょうね!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年12月 1日 (月) 07時15分

あいぽん
あいぽんほどのおなごが、きりたんぽまだ食べてないんだ?!
じゃ、焦って、急げ!!(笑)
新米の季節なんで、この時期のきりたんぽ、だまっこ餅は旨いよ!
この冬、あいぽん家の目標は「食!きりたんぽ」で決まりだね!

良い酒屋さんあるんだね~!!
きっと写真撮らせてくれるよ。
「どんなお酒があるか覚えておきたいんです!」って言えば、NO!って言わないよ。
東京なら、良い酒屋沢山あるからうらやましよ!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年12月 1日 (月) 07時20分

きりたんぽ鍋って白菜が入らないとは驚きで初めて知りました。きりたんぽは以前スーパーで買ってお鍋に入れたことはあるけど水炊きだったのでお餅みたいな感覚で食べてました。ほんまもんを食べたいです(^^;;

しかし、いつもなからフードコメンテーターのような節回し、読んでてよだれが出ます(^^;;

投稿: Peace\mac | 2008年12月 2日 (火) 11時27分

鶏肉サイコーっすよね!
北海道ですと石狩鍋ですが・・・
鳥鍋の方が好きっすね!

鶏肉に日本酒!とくに純米は合いますよね~
ナイスちょいす。流石酒恋倭人様!

投稿: | 2008年12月 3日 (水) 17時41分

▲名前書き忘れてました、すみません!

投稿: 醸し屋 カズマ | 2008年12月 3日 (水) 17時43分

Peace\macさん
私も今までは、キリタンポと比内地鶏の
スープしか送ってもらったことがなかったので、白菜や豆腐等、我が家の鍋方式でたべてましたが、今回、すべての材料を送ってもらってはじめて知りました。
ま、うまけりゃどんな食べ方でもいいのでけどね・・・。
やっぱり、水炊きよりうどんすきのように食べるほうが出汁がきりたんぽにしゅんで絶対旨いですね。
きりたんぽはけっこう大阪のスーパーでも売ってますからもう一度チャレンジ!してみては?
それか、きりたんぽを燻してみますか??(笑)

こんな、私の文章を褒めてくださってはずかしいです・・。


投稿: 酒恋倭人 | 2008年12月 5日 (金) 06時33分

名無しの 醸し屋 カズマさん(笑)

石狩鍋だってなかなかのものですよ!!
私、しゃけの鍋って大好きなんですよ。
ちなみに、我が家の石狩鍋は、石狩鍋もどき!で、鶏肉、豚肉、入れます・・・。

純米酒と鶏肉はベストチョイスですね。
やはり、動物の肉では、鳥が一番ポン酒にあいますね!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年12月 5日 (金) 06時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「飛露喜 特別純米」できりたんぽ鍋を楽しむ!:

» 豆単★出光ゴールドカード・ヤングローンのキャンパス・提携ローン [豆単★出光ゴールドカード・ヤングローンのキャンパス・提携ローン]
豆単★出光ゴールドカード・ヤングローンのキャンパス・提携ローン [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 00時45分

» 酒 カロリー [酒 カロリー]
こんにちは。この度、ダイエット情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 11時22分

« 新星!!蕎麦居酒屋「樹楽(きらく)」誕生! | トップページ | 「ウニもどき!」で「風の森 しぼり華」 »