« 「粋」だね~、「春 桜咲きそめしころに」 | トップページ | 広島訪問記・・旭鳳酒造Pat1 »

広島訪問記・・竹鶴酒造

大阪を朝7時に出発し、中国道、山陽道を通って

竹鶴酒造のある竹原市に着いたのは10時過ぎ。

竹原と言えば、昔、塩田を中心とした製塩と

輸送業で栄えた町。

現在は、その当時、製塩で富をなした豪商の屋敷が

数百メートルに渡り残され、美しい町並みを形成し

観光に訪れる人々の目を楽しませています。

Dscf0016

その一角に、竹鶴酒造があります。

Dscf0025

酒造りを始めてすでに280年近い年月がたっているそうで

ニッカウヰスキーの創設者でもある竹鶴政孝氏の

生家でもあるそうです。

Dscf0017

中に入ると、右側には竹鶴資料館と言う

小さなミュウジアムがあり昔ながらの酒器や酒造りの道具が

飾ってあってなかなか楽しいです。

Dscf0019_2

Dscf0022

Dscf0024

Dscf0027

もちろん試飲もできますよ!!

その資料館に、ひときわ目立つ手書きのポスター・・・

酒造界の大魔神とかゴジラとか言われている

杜氏の「石川達也氏」の似顔絵が睨みをきかせてます。

後で、お会いしたのですが・・・・・・・・

Dscf0023

いやいや・・そっくりでした・・・・・・・・・・・・・

それともう一つ。

石川杜氏の息子さんの夏休みの社会科研究。

小学校三年生ですでに酒米の研究!!

Pic_0402_3

脱帽です!!将来、とてつもなく凄い杜氏さんになることでしょう。

親父の職業を誇りに思ってるんですね!

なんか、ほのぼのした気持ちになりました。

将来、息子さんの酒が飲める日を楽しみにしたいと思います。

さて、訪問した我々を代表取締役の竹鶴壽夫さん

息子さんで、専務取締役の竹鶴敏夫さんが

親切に対応してくださり息子さんが蔵の中を案内してくれました。

竹鶴の蔵人さんは、かなり若い人ばかりで

エネルギッシュな蔵!!と言う印象。

広々とした昔ながらの蔵で、若い蔵人さんたちが

右往左往しています。

この若い力が、あの竹鶴の力強い、

ごっつい味を出してるんだ~!と妙に納得です。

沢山のタンクの中には旨そうな竹鶴が

今か、今かと出番を待っている状態。

Dscf0050

甑倒しはすでに終わっていましたが、

まだまだ蔵人さんは忙しそうでした。

Dscf0038

途中、雑誌の取材中の石川杜氏と会う事ができました。

いや~石川杜氏はえらい人気です・・・

少しだけお話させてもらい、

記念写真だけ撮らせていただきました。

感激ですね!!

Dscf0063

印象は大魔神と言うより、やはりゴジラ松井・・・

見た目とは違い、非常に優しく誠実なお人柄。

その辺もゴジラ松井とかぶります・・・。

ゆっくりお話をしたかったんですが・・・・

次回のお楽しみにしたいと思います。

(後日、石川杜氏からご丁寧なお詫びのメールが届き恐縮です。
 やはり、印象通り誠実な方でした。)

しかし、ポン酒蔵って、いつ来ても、麹のいい香りが心地よく、

落ち着く空間ですね。

酒造りが終わり、蔵が暇になった時、アロマテラピーならぬ

ポン酒蔵テラピーなんかどうでしょうか?

ジャズやクラッシック音楽のコンサートなんかも面白いかも・・。

蔵元さん、この企画買ってくれませんか?!(嘘)

竹鶴の酒造りのコンセプトを専務取締役の

竹鶴敏夫さんに伺うと

「竹鶴と言うお酒は、人間が微生物の働きを

 コントロールするのではなく、

 微生物が働きやすい環境を整えることで

 後は自然にまかせて酒が育つのを持つ!

 小細工など一切しない」

だそうです。

石川杜氏の造りと蔵元の考えがマッチしているから

こんな素晴らしい酒、 「竹鶴」 が醸されるんでしょう!

竹鶴酒造の真髄を聞かせてもらった気がいたします。

竹鶴さんには、3時間ほどお邪魔させてもらい

名残惜しいですが、そろそろ次の目的地、

旭鳳酒造のある「可部」に向かいます。

続く・・・・・・・・・・・

       ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 「粋」だね~、「春 桜咲きそめしころに」 | トップページ | 広島訪問記・・旭鳳酒造Pat1 »

蔵訪問記」カテゴリの記事

竹鶴酒造(広島県)」カテゴリの記事

コメント

酒蔵ってライブも有るから癒やしやと思うわ
此方までよい香りが漂ってくるわ
呑みたくなるなぁ

投稿: ゆりりん | 2008年4月 6日 (日) 22時24分

蔵見学楽しそうですね!
何時もの事ながら、熱心さに頭が下がります^^
噂でしか聞いたことがなかった竹鶴さん、素晴らしい蔵のようですねー
いつか行ってみたいなぁ~

投稿: たかりょう | 2008年4月 7日 (月) 11時02分

わぁ~~ここ凄く楽しそうですねぇ~
街並みの情緒があって素敵ですぅ~~
小学生で酒米の研究ですかぁ~~
凄いな!
将来が楽しみですね♪
ここ私も行ってみたいなぁ~☆

投稿: hisami | 2008年4月 7日 (月) 19時23分

私、【夏子の酒】っていう漫画を読んでから、酒造りにめっちゃ興味わいたんですよ!ま、漫画なんですけど・・・(苦笑)カッコいいなぁ♪って本気で思いました。蔵見学…行ってみようかなマジで…!

投稿: あいぽん | 2008年4月 7日 (月) 23時57分

竹鶴以前呑みましたが、やっぱりいいですねえ♪

超有名な石川杜氏にお会い出来たんですか。いいなあ(^_^)
蔵に行くとウキウキするのはなんででしょうねぇ(^o^)

そうそう主催のお酒の会、いよいよ始動です。又連絡しますね。

投稿: マーキー | 2008年4月 8日 (火) 00時32分

う・・・う・・・

うらやましいっっっっ!!

何度か蔵に電話したことはありますが、いつも丁寧な対応ですよね、こちらは。
いいなあ。
竹鶴は熟成した酒が本当に味わい丸くて旨くて(逆に若いのはパワーすごすぎ)、一言で言うと「素晴らしい!」酒質のお酒だなあと感心しております。

俺もいきてー・・・

投稿: のむりん | 2008年4月 9日 (水) 00時03分

ゆりりん
酒蔵ライブってあったの?!
絶対素敵だったろうね!
ほんと、酒蔵の香りは最高だよ!

たかりょうさん
熱心と言うか、趣味みたいなもんですね。
酒蔵がすきなんですよね・・
また、秋田にも行きますから、そのときは
是非、お店にも立ち寄りますね。
竹鶴は、ほんといい酒造りますよ!
マニアックな酒ですけどね。

hisamiさん
hisamiさん家からならたぶん、2時間少しでつくよ。
ドライブがてらに行ってみたら。
日曜日も、見学できるよ!!
杜氏の息子、凄いでしょ!!
ほんと、小学校から酒米の研究だなんて・・
脱帽ですわ・。

投稿: 酒恋倭人 | 2008年4月 9日 (水) 23時56分

あいぼん
尾瀬先生の漫画、みんな影響受けるんですよね。
私は、夏子の酒も好きですが、おばあちゃんの話の「奈津の蔵」の方が好きですね。
今は、「蔵人」読んでますよ。
この蔵人の蔵のモデルは何を隠そう
「竹鶴」さんですよ!!
関東にも沢山よい蔵があるので是非、見学に行ってみて下さい。
もう酒造りも終わってるので、喜んで見学させてもらえますよ。

投稿: 酒恋倭人 | 2008年4月 9日 (水) 23時59分

マーキーさん
竹鶴は、燗にしてこその酒ですね!!
冷蔵庫で保存する必要の無い、強い酒です!
石川杜氏、会えたときは、ほんと芸能人に
サインをねだる、追っかけみたいな気持ちでしたよ!
酒の会、詳細わかればメールくださいね。

のむりん
ほんと、この蔵は丁寧な対応ですごく良い人ばかりです!
蔵に行って、もっと竹鶴のファンになりましたよ!
石川杜氏のほんと、あのごっつい手で醸す酒は
太くて、強くて、すっぱくて・・・
空気に触れてしばらくすると、芽が出てくるような、植物のような長お酒ですね!!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年4月10日 (木) 00時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広島訪問記・・竹鶴酒造:

« 「粋」だね~、「春 桜咲きそめしころに」 | トップページ | 広島訪問記・・旭鳳酒造Pat1 »