« 立ち飲みで世界平和! | トップページ | 「さらむむ」で石垣鯛! »

旭鳳「甚七」はポン酒の必殺仕事人!

今年の冬は、けっこう寒い~・・・・・

て言うか、これがほんとの冬らしい冬なんだけどね・・・・

寒いのは好きじゃないけど、四季ってのは、

その季節らしさを感じるのが一番いいものじゃないかなぁ~

先日は、大阪にも11年ぶりに積雪があって、ちょっとした

パニックモード・・・・・・・

でも・・・・・・・・・・・・・・・

きっと、その夜、食卓を囲み、お鍋や、豚汁等を食べながら

「温かいね~」

とささやく、家族が沢山あったことでしょう。

冬の寒さを家族の愛で温まる・・・

こんな楽しみ方、いいね~!

ま、しかし・・・・

ここ数年の暖かい冬のおかげで、

年の寒さはけっこう身にしみます・・・・・

久しぶりに、しもやけなんぞもできてしまいました・・・(歳か?)

寒さが身にしみるのは、何も人間様だけじゃないです・・

雪やこんこん♪~の詩・・・・・

あれは、嘘ですね・・・

♪~犬は喜び、庭駆け回る~♪

我が家の愛犬チョコちゃんは、ストーブの前からはなれません・・・・・

ちょこんと座って、火の番です・・・

Tyoko

でも、こんな寒い冬だからこそ冬の味覚が旨いんですよね

冬の味覚と言えば、かに、河豚、牡蠣、たら、ホタテ・・・

鍋の具材ばかりが思い浮かびますが、

どっこい忘れてもらっちゃ困るのが

「燗酒!!」です。

仕事から、外出から帰ってきて、冷えきった体を

体の芯から温めてくれる、旬の飲み物!

「日本に生まれてよかった~!」

と、思う素晴らしい冬の味覚です!

今日は、いつもの鶴橋商店街で、タラの白子、

そして、旬も終盤になり安くなった海老芋を

購入して、久しぶりに家飲み・・・・

本日のポン酒は、広島県旭鳳酒造の新酒「純米吟醸 生」

それに、燗酒でかなりのお気に入りの「濱田屋 甚七」。

「純米吟醸 生」は、この蔵らしく、酸味がしっかりした

フレッシュな味わいで、ふわりとした吟醸香が心地よい

「濱田屋 甚七」は、冷で飲むと蕾のままですが

温めると、ふわ~っとした旨みが口の中にふくらみ、

熟成されたお米の味が花開きます!

最後は、すっきり喉の奥に消えていき、

燗ならではのポン酒です!

Ebi1_2

さて、海老芋は、棒タラと炊きたかったんですが、

Ebi2

今回は干し海老と鶏肉、糸こんと炊くことに・・・

昼間に炊いておいて、冷まして芋に出汁をしっかり吸わせておきます。

Ebiimo

それを温めることなく、「純米吟醸 生」でちびちびやりながら

Jyunnginn

白子が蒸しあがるのを待ちます・・・

Sirko

タラの白子は、アルミホイルに巻いて、

石油ストーブの上でゆっくり蒸し焼き!

Sirako2

消防法上、あまりよろしくない調理法方ですけど・・・・

それをチョコちゃんが、鼻をヒクヒクさせなが火の番です・・

出来上がった、白子の蒸し焼きに、

葱をトッピングしてポン酢でいただく・・・

Sirakonegi_2

パートナーはもちろん「甚七」・・

Jin7

濃厚な白子の味わいに、仕込み水の様に混ざり合い、

旨みを調和してすーっと胃袋に消し去っていく・・・・、

いい仕事をしますね~!

甚七は!

久しぶりに、彦麿呂口調でやってみますか!

まさしく、旭鳳酒造「濱田屋 甚七」

ポン酒の必殺仕事人!

食中酒として、最高の仕事をしますよ!

おいしい「あて」と、ほっこり燗酒であったまり、

久しぶりに全員集合したこともあって

今宵の家飲みは、なかなか良いものでした・・・

いつもいないのは・・・・

おわかりですね・・・

・・・・・・・私です・・・・(汁・・)

       ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 立ち飲みで世界平和! | トップページ | 「さらむむ」で石垣鯛! »

旭鳳酒造(広島県)」カテゴリの記事

コメント

チョコちゃんは体が小さいからかな?いや体のデカイ私も石油ストーブの前で、いつ芋が焼けるかなぁって番してるぅ^_^;
秘密だよ〜
やっぱ家は落ち着くよね(*^.^*)
自分で料理するんだね〜♪あ〜今から飲みたくなったよ〜

投稿: ゆりりん | 2008年2月14日 (木) 22時35分

あぁ~~~出汁が滲みた海老芋美味しそう♪
白子の蒸したのが堪りませんよぉ~~~
料理を盛り上げる仕事人も気になりますねぇ~☆
酒蔵見物は前から興味あって
広報誌や新聞チェックしてますが
なかなか機会が・・・・
どこかお勧めありますかぁ~???
ってか連れて行ってくださいよぉ~
是非!♪

投稿: hisami | 2008年2月15日 (金) 10時01分

家呑みも良いですよね♪
毎晩やっておりますよ(^_^)

白子美味しそう♪トロッとした食感がたまらないんですよね(^.^)(^.^)

投稿: マーキー | 2008年2月15日 (金) 21時21分

秋田では、鱈の白子を「だだみ」と呼ぶんす。だだみ鍋や、新鮮な物は生のままで頂きます。先日、TVで大阪人は必ずポン酢を掛けるといっていましたが、やはりポン酢で頂のですね^^秋田は、醤油・味噌文化なんでポン酢派は少ないようです。我が家でもあまり使わないなぁ~

あっそうそう、11年ぶりの積雪おめでとさん!!

投稿: たかりょう | 2008年2月17日 (日) 10時21分

ゆりりん
体がでかい!って・・
「大日本人」を思い出してしまいました!
なんでも自分で料理をするよ。
基本的に、酒の肴は自分で作らないといけない家風ですから・・・・

hisamiさん
是非、蔵の見学行きましょうよ!
マーキーさんもお呼びして、「大倉」さんか
「吉村秀雄商店」ぐらい行ってみましょう!
マーキーさんは先日、「大倉」さんで
蔵の仕事もさせてもらったそうですよ!
次回、行くときは是非一緒に!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年2月18日 (月) 15時04分

マーキーさん
家のみが一番落ち着きますよね!
でも、たまには、和服が似合う女性のいる
居酒屋でしっぽりもいいですけどね・・
蔵見学、hisamiさんをご招待して
行きましょうよ!

たかりょうさん
「だだみ」って言うんですか!?
何から来てるんでしょう・・・??
新鮮なものを生で戴くなんて最高ですね!
白子の生は食べたことないです・・・
大阪はポン酢文化ですね。
牡蠣にもかけるし、鍋はどちらかと言うと
ポン酢で食べるほうが多いですね。
そういえば、秋田の私の友人も同じ事を
言ってました・・・
大阪人は、ポン酢がすきだね~って。
秋田の太平山の味噌、うまいですね!
味噌汁を作ると、味が全然違いました!
そんなお味噌で白子を食べたら、絶対旨いでしょうね!

投稿: 酒恋倭人 | 2008年2月18日 (月) 15時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭鳳「甚七」はポン酒の必殺仕事人!:

« 立ち飲みで世界平和! | トップページ | 「さらむむ」で石垣鯛! »