« 鹿児島訪問記・・大和桜・田村編 | トップページ | 「麦太郎」でホッ!&「山長」でエンド »

鹿児島訪問記・・・完結編

10月25日、鹿児島滞在最後の日・・・・・

朝8時にホテルを出発して、目指すは

最後の訪問地、熊本県球磨焼酎「豊永蔵」。

Toyonaga

今までは芋焼酎蔵ばかりでしたが、最後は米焼酎。

Photo  Photo_2 Photo_3

ここは、若き力があふれ、今注目の米焼酎の蔵。

まだ、小林さんところとはお取引がないものの、

以前、社長さん自ら、小林さんのお店に訪問され

今回は、小林さんが蔵を訪問すると言う間柄。

蔵に入った瞬間・・・なぜか懐かしい香りが・・・・

Musimai

その懐かしい香りの正体は、日本酒蔵の香り・・・

今まで、芋焼酎の蔵だったので忘れていた

日本酒蔵の香りが鼻腔の奥に漂います・・・・・

あ~、日本酒が飲みて~!!

蔵の中は、まさに麹造りの真っ最中で、

若き蔵人が、全身全霊をこめて麹を

蒸し米にすりこんでいました。

Koujituke

気さくな若者達で、挨拶も大きな声でしてくれて

大変気持ちがよかったです。

忙しい中、一通り蔵の中を案内してくれた

Yosi

吉村さん、寺田さん、杜氏の中村さん、ありがとうね!

蔵見学が終わり、事務所にて豊永社長と商談。

豊永社長、まさか今年50歳になるとは思えないほどの

肌つやのよさ!それに、容姿も若い!

Toyonaga1

そいう言えば、この蔵に働いている蔵人みんな肌が綺麗で

年齢よりもはるかに若々しい!!

その理由を尋ねると、社長曰く

「日本酒も肌に良い飲み物と言われていますよね。

 米焼酎も同じです。細かいところは置いといて

 製造過程を大まかにみれば、最後に搾るのが日本酒で

 蒸留するのが米焼酎。豊永蔵の米焼酎を飲んでるおかげです。」

と言うことです。

なるほど納得!!

女性の皆さん、一度試してみてはいかがですか?!

豊永社長、少し前までは顔に髭を蓄えておられて

それがトレードマークだったそうです。

最近それを剃って、思い切り人相が変わり

回りの人が驚いているらしいです・・・・。

でも、髭を剃られた顔しか知りませんが、

石田純一を若くしたような、男前ですよ!

Toyonaga_3

それに情熱的で、さすが今注目の蔵だな~と実感。

社長が一番今、自分の蔵の商品に求めているのは

「ベースの香!」だそうです。

焼酎をグラスに注いだ時に、最初に鼻口腔に到着する香りを

「トップの香」と言い、「ベースの香」とは

飲み終えたグラスの中から、最後に届く香りを言うそうで

「トップの香」にはなかった、香ばしい香りが特徴で

その「ベースの香」がしっかり届く焼酎を造りたいと

おっしゃっていましたね。

ほんと研究熱心で、すごい社長です!

いろいろお話を伺っている間にお昼になり・・

蔵の近所で「うなぎ」をご馳走!!

これも嫁には言えぬ旨さでした。

Unagi Unagi2

昔から熊本は天然うなぎの産地で有名。

大阪のうな重とは違い、うなぎとご飯が別々になっています。

養殖うなぎのべちゃべちゃした食感ではなく

ぷりぷりの歯ごたえに、ほんま今回蔵めぐりに来て

よかった~!!と一人、微笑んでいました・・。

さて、昼ご飯をご馳走になり、蔵に戻り

豊永蔵お勧めの「直燗」を体験させていただきました。

直接、ガラと呼ばれる(お酒の徳利みたいなもの)

茶臼みたいな焼き物を直接火にかけて温める。

「直燗」はもともとこの地方では、

一般的な飲み方であったみたいですが

お湯割りやロックが主流となった今、

ほとんどおこなわれなくなったみたいです。

しかし、直燗こそ、球磨焼酎の旨さを引き出す

一番の方法だと社長はおっしゃってました。

「じや、やってみましょ!」

さすが、行動派の社長!!

Gara

私は運転手だったので、飲めませんでしたが・・・・

小林さんの満足そうな顔・・・・・・あ~羨ましいな~

約1合の球磨焼酎を1分弱、

直燗することで55度ぐらいになり

それが一番の飲み頃だそうです!

直燗には常圧蒸留の焼酎

(常圧豊永蔵・ゆ乃鶴など)がお勧め。

直燗のキャッチに

「1分間の心の余裕で、どこか懐かしく なぜか新鮮」

とありました!!

あ~、早く家に帰ってやってみて~!!

こんな時は運転手は損ですな・・・・・

そしてもうひとつのお勧めの飲み方

温まった焼酎を、氷の入ったグラスに一気に

入れて冷ます・・・

「燗極ロック」と言うのがあり。

とろりとした飲み口で、大好評だそうです!

「燗極ロック」とは、燗を極める!と言うことから

つけられた名前だとか・・・・

なかなかお洒落ですね~!

参考までに、焼酎は糖分「0」です!

飲酒制限されていてあまり飲めない日本酒ファンの方

1杯目は、日本酒でその後、米焼酎なんてどうですか?

材料が同じ米どうしなので、飲み物としての相性は

ばっちりですよ!

「ポン酒の後は米焼酎!」

このキャッチ、どこかの米焼酎の社長、

買ってくれんやろか?!

豊永蔵で、すっかりお世話になり、

いよいよ大阪に帰宅の時間。

豊永社長、蔵人みなさん総出でお見送りしていただき

鹿児島空港に向かう・・・・

19時に無事、大阪に帰ってきました!

ついて一目散に向った先は!!(便所!!じゃないです)

ポン酒居酒屋「麦太郎」!!!

ほんま、日本酒が飲みたくて飲みたくて・・・・・

「麦太郎」は次回紹介しますね!

鹿児島訪問記これにて・・・・・・・・(完)

最後まで、読んでくださった方、ありがとうございました!

お疲れ様でした!

ついでに、ポチッとよろしくです!!

       ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 鹿児島訪問記・・大和桜・田村編 | トップページ | 「麦太郎」でホッ!&「山長」でエンド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

凄く内容の濃い日記ですね(*^_^*)私が知っているのは「さつま無双」かな~鹿児島に居たのは10代の時までだったから焼酎には無縁だったもの。造る側の熱意、レポートしてきた側の熱意良く伝わりました。美味しい物も沢山ですね~私も鹿児島の味が恋しいな~

投稿: ゆりりん | 2007年10月31日 (水) 12時40分

ゆりりん
ほんま内容の濃い鹿児島やった~。
ゆりりんの10代のころってどれくらい前なん!(へ。へ)y
鹿児島の味は、お気に入りになりましたね。
特に、醤油が好きになりましたよ。
なんとも言えない甘口の醤油!

投稿: 酒恋倭人 | 2007年10月31日 (水) 15時07分

お疲れ様でした!
焼酎ずくしですね。職業上、あまり焼酎の種類は飲んだことがないんです・・・どうしても日本酒に流れてしまいます。
コンビニや一般的に売られているものしか買って飲んだこともありませんしね。
おいしい焼酎に最近は出会えてません。すこし焼酎も飲みたくなりましたw
帰りに買って帰ろうかなぁ♪

投稿: カズマ | 2007年10月31日 (水) 18時10分

カズマさん
焼酎の蔵の方の話では、やはり一番
芋焼酎が浸透していないのが
東北・北海道だそうです。
でも、最近、北海道の酒販店の方が
焼酎蔵に取引のお願いにこられるようになり
先が楽しみだと言っていましたよ。
また、頃合の良いときに、お勧めの焼酎
送りますよ!

投稿: 酒恋倭人 | 2007年10月31日 (水) 21時22分

僕は個人的には焼酎の中ではイモが好きですね。イモは香りとほのかな甘みを感じるような気がして、その特徴が好きです。
麦や米はあまり美味しいものに当たったことがなく、酷いのは連続式蒸留の焼酎に香りや味が似ているようにおもえて駄目なんですよね・・・飲むならインパクトの大きいイモが好きです。
昨日は思わず焼酎を買いにいきましたよ!


お気を使わずに~(^-^;)

投稿: カズマ | 2007年11月 1日 (木) 18時28分

芋と言えば、最終的に辿り着くのは芋かもしれませんね。前芋飲んだ後に、すぐ麦飲んだら水のような不思議な感じしたから芋って濃いのかな

投稿: ゆりりん | 2007年11月 2日 (金) 10時34分

訪問記お疲れさんでした。
とっても濃い数日間でしたね。

最後の蔵は米焼酎だったので、たまらんかったですね。

熊本は焼酎も日本酒も盛んだと福岡の蔵で聞いたことがありますがどうでしょう。

麦太郎での出来事も期待しています。

投稿: マーキー | 2007年11月 3日 (土) 11時22分

こりゃまた濃厚な・・・

いいなあ。
鹿児島の旅、僕も是非したい!
萬膳とさつま寿、八幡は必須で(笑)

それにしても、豊永蔵の社長さんはヒゲを取るとホントウに誰だかわからんすね(笑)

投稿: のむりん | 2007年11月 5日 (月) 23時05分

カズマさん
「芋」、私も芋が一番好きですね。
麦も好きだったんですが、芋を飲みだすと
好んで飲まなくなりましたよ。
焼き肉のときに、水割りでガブのみするのは
麦焼酎ですけど・・・
ビールは痛風がやばいので、同じ麦ってことで。
北海道には、じゃがいも焼酎なるものが
あるそうで、どんな味ですか?
いつか、みつけて飲んでみたいものです!

ゆりりん
焼酎を極めようと思うと、最後は芋に
当たるのかもしれませんね。
麦でも、「やぎ麦」「兼八」なんかは
個性的でうまいですけど、兼八は手に
入りませんからね・・・・。

マーキーさん
熊本は、米焼酎が造られるのは球磨地区で
やはり鹿児島や宮崎の県境では、焼酎が
中心で、西に行くほど清酒が
中心になってくるそうですよ!

のむりんさん
萬膳と尾込さんは、以前に行きました。
高良は、1回も行ったことがありません・・
一番好きな焼酎なんですが、
取引は不可能なのでいけないんですよね・。
尾込の社長は、明るくていいですよ!
すごく気さくで。

豊永社長は、髭を剃ると石田純一ですね。

投稿: 酒恋倭人 | 2007年11月 6日 (火) 10時30分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島訪問記・・・完結編:

« 鹿児島訪問記・・大和桜・田村編 | トップページ | 「麦太郎」でホッ!&「山長」でエンド »