« 鹿児島訪問記・・黒瀬安光編 | トップページ | 鹿児島訪問記・・・完結編 »

鹿児島訪問記・・大和桜・田村編

鹿児島酒造で蔵見学を終え、

最後に黒瀬杜氏と牛ノ濱所長に挨拶。

あっという間の時間でしたが、よい出会いでした。

P1000327  Tsyatu

お土産に「黒瀬安光」の名前入りTシャツと舞いかけを

頂きルンルンで、次の蔵元「大和桜酒造」さんへ

Yamato

「大和桜」も小林さんと取引がある蔵。

雑誌「dancuy」に掲載されるなど

人気と実力を兼ね備えた蔵元さん。

Yamtosakura  P1000221

今は400石くらいの造りしかできないそうで

亀仕込の焼酎を造っておられます。

Photo_13

応接室にて、挨拶を交わし、蔵の歴史や

焼酎に対する情熱を息子さんと社長さんが

語ってくれました。

Photo_14  Photo_15

杜氏は社長さん。息子さんは、

以前別の仕事をされていたそうで

数年前に蔵に入られたばかりだそうですが

しっかりした考えと焼酎にかける情熱が

ひしひしと伝わってきます。

それに、息子さんのことをしゃべる社長さんの顔を

見ているとかなり期待されてるみたいで、

親子鷹!ってイメージがわいてきますね。

(ここだけの話・・・

 社長さんは、鈴木宗男議員によく似ています・・・

 社長さんごめんなさい・・)

大和桜の次は、そこから車で約2時間の「田村合名」さん。

Tamura

ここも、小林さんとお取引がある蔵元さん。

Photo_16  Photo_17 Photo_18

「純黒」「薩摩の薫」「鷲尾」など焼酎好きなら

誰もが知ってる有名な蔵です。

特に「鷲尾」は人気があり、ネット販売では

プレミアム価格で取引されることも

しばしば・・・・・・・・

ここの社長は、けっこう有名な女性社長。

Tamurasyuatyou

よく酒販店のホームページも登場しています。

気さくな優しい社長さんで、思わず・・

「おばちゃん!!」って大阪弁で親しみをこめて

呼んでしまいそう・・・・・・

黄金千貫で作った、かき揚を私達に

振舞ってくださりました。

帰り間際に、お土産として「黄金千貫」を

袋一杯に持たせてくれて大満足です!!

最近、発売された田村合名の新商品

Photo_19

「於一(おかつ)の夢」も販売させていただけるようになり、

小林さんは喜んでおられました。

「於一(おかつ)の夢」・・・・・・・

08年NHK大河ドラマ「天璋院篤姫」に

ちなんだ田村の芋焼酎です。

篤姫は天保6年(1835)12月、

今和泉家第5代当主忠剛の第4子として

現在の鹿児島市に生まれました。

篤姫は一子(かつこ)という名でしたが 

於一(おかつ)という愛称でかわいがられていました。

そこから、ちなんで於一の夢と銘銘されたそうです。

田村合名さんで挨拶を済ませた後は、

宿泊地「天文館」から近くの「さつま無双」さんへ。

Satuma

ここでも、小林さんは「天無双」というおいしい焼酎を

お取引されていて、気楽にお話ができてよかっです。

Tenmusou1

さつま無双は、今までの蔵の中では一番大きな蔵。

鹿児島の主たる蔵元さんが株主になり

成り立ってる蔵なので、蔵の中にある販売店では

鹿児島のいろんな焼酎が購入できて

非常に楽しいですよ。

「さつま無双」さんの挨拶で、本日は終了!!

ホテルにチェックインして、鹿児島牛を味わうことに。

向ったのは、鹿児島で焼肉を食べるのなら「ヨコムラ」。

と言われるぐらいの名店。

Photo_20

精肉店も営んでおり、値段も味もばっちり!!

久しぶりにさしの入った肉を食べました!!

これも嫁には内緒ですわ・・・・・

Niku  Photo_21

ステーキ肉があって、

食べ方は、黒胡椒を降りかけて食べてください!と

店員に言われて、胡椒が入っている筒を、知ったかぶりして

くるくる回していのですが、なかなか出てこない・・・

Kosyou

何でかな~と、思っていると、隣の客が笑っている・・・

「兄ちゃん、さかさまやで~!」

ガ、ビーン!!知ったかぶりは恐ろしいですな・・・

酒も進んでいないのに顔が真っ赤になりました・・・

ま、そうこうして、たらふくお肉を食らい

天文館の焼酎バー「酒々蔵」に向います。

Sasakura

「酒々蔵」は、鹿児島に来れば必ず寄る名店です。

店長も店員さんも女性。

それに若くて別嬪さんですよ!!

店長は若いのに焼酎やお酒に関する知識が豊富。

大阪にあるような、色仕掛けのお店とは違い

本格的に焼酎を味わうためのお店です。

店内はモダンな木目調、びっしり焼酎が並べられています。

Photo_22

鹿児島のほとんどすべての焼酎が格安で飲めます。

店長に、「黒瀬安光」杜氏に会って一緒に

飲んできたよ!と告げると、凄く羨ましがっていました。

さすが!黒瀬杜氏は偉大ですね。

Rok

ここでは、やはり「倉津」「阿久根」「金次郎」の

黒瀬安光杜氏の焼酎を頂き、次の店へ・・・・

焼酎ばかりで、日本酒が飲みたくてたまらないのですが

ここは鹿児島天文館!焼酎天国、

さすがにうまい日本酒を飲めるようなお店は

ありません・・・・・・・・・

けっきょく、ホテル近くのスナックに入り

「三岳」を痛飲!!

さすがにカラオケを歌う元気もなくなり

ふらふらになりながらホテルに帰り、爆睡するのでした・・。

よく、ここまで読んでくれましたね!!

おおきに!!

3回で終わる予定やったけど、書きたらんからもういっちょ!!

       ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 鹿児島訪問記・・黒瀬安光編 | トップページ | 鹿児島訪問記・・・完結編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやあ 肉が美味しそうですねえ。

それにしてもそのようなボケは僕も何回かしたことがありますよ。
笑いがとれればオールOKでしょう(^_^)

「酒々蔵」良い感じのお店のようですね。

店長さんが知識が豊富というのが良いですね。

投稿: マーキー | 2007年11月 3日 (土) 10時48分

マーキーさん
ほんと、久しぶりに旨い肉食いました!
痛風が心配でしたけどね。
笑いを取るつもりはなかったんですが
隣の兄ちゃん達には、大うけでした。
関西人はやっぱ、「あほ」やな~!
と言うような顔をしていましたね。
「酒々蔵」、ほんと女性が仕切る
本格的な焼酎バーで、色仕掛けで客を集めるのではなくて、最高ですね。

投稿: 酒恋倭人 | 2007年11月 6日 (火) 10時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島訪問記・・大和桜・田村編:

« 鹿児島訪問記・・黒瀬安光編 | トップページ | 鹿児島訪問記・・・完結編 »