« 鹿児島訪問記・・いざ鹿児島編 | トップページ | 鹿児島訪問記・・大和桜・田村編 »

鹿児島訪問記・・黒瀬安光編

 鹿児島酒造で黒瀬安光杜氏と面会がかない、

所長の牛ノ濱さんたちと談笑後、

鹿児島酒造さんのご好意で、近くの活け魚料理店

「十三(とみ)」さんで、会食・・・・・

Photo_8

私が黒瀬杜氏と飲めるなんて、まずありえないこと・・・

わくわくどきどきです・・・・・・・

きっと小林さんも、そうだったと思います。

「十三」の店内は、さすが鹿児島!焼酎一色。

Photo_6 Photo_7

ポン酒の瓶は見当たらない・・・・・

まずは、生ビールを1杯・・・・・・・

話をいろいろ聞こうと思うんだけど

なかなか言葉にでない・・・・

そうこうしている間に御膳が並ぶ・・・・・・

Photo_9

なんちゅ豪華な膳!!大阪にいる嫁には内緒だなこりゃ・・

ビールを飲み干し、次はポン酒!!と行きたいところですが

ここは鹿児島、やはり芋焼酎の出番。

鹿児島酒造の「初光」という、芋焼酎が運ばれる・・。

とりあえずロックで頂く。

Photo_10

この「初光」乙の焼酎ではなく、甲乙の混和酒。

甲・芋・麦・米のブレンドで麦も米も10年ものの古酒。

甲のブレンドのため、独特の芋の香りを抑え

ものすごく飲みやすく甘みを感じる上品な焼酎。

Photo_11

御膳が進む進む!!豪快なエビフライにかぶりつき

「初光」をごくごく!!!!と!!

旨いですわ~!

ポン酒党の私ですが、たまに晩酌で

飲みたいな~と思う1本ですね。

お湯割りもよし、水割りもよし・・・・・

女性にも、きっとぴったりの優しい焼酎です。

さて、黒瀬杜氏との会話では、ほとんど焼酎の話は無し。

杜氏が生きてきた経験談や女性の話等、

楽しく飲ませていただきましたよ・・。

杜氏は、講演会も開くほどお話も上手で、

思わず聞き入ってしまいます。

中でも、杜氏が一番大切にされていると言う

「挨拶」と「もてなし」。

この話は身に染みる思いでした。

今回も、わざわざ遠くからやってきた我々を

無下にしてはいけないと、精一杯もてなしてくれました・・・。

「挨拶」についても、まず人との関わりは挨拶からと、

「この世に挨拶ができない人はいない・・・

できないのではなく、しないだけ・・・・

なぜならば、生まれ来たとき、ほとんどの人間が

オギャ~!!と泣いて、お母さん、産んでくれてありがとう!

と、必ず挨拶して出てきよる・・・

産まれた時にできて、今できないことはない!」

と、説かれています。

その通りですよね・・・・・・・

翌日、鹿児島酒造の工場見学をさせてもらいましたが、

蔵人さんたちが全員、お会いする度に気持ちよい挨拶を

してくださるので、黒瀬イズムが浸透しているのだな~と思いましたね。

「十三」での会食は終わり、杜氏の「次ぎ行くぞ!!」の

掛け声のもと馴染みのスナックに。

Photo_12

ここでも大阪でよく見かける某メーカーのウイスキーや

麦焼酎はなくて、ほとんどが芋焼酎。

さすが・・・・・・・・・・・・・

またまた飲み歌い、楽しいひと時を過ごさせてもらい

時計を見ると0時過ぎ・・・・・

次の日は、7時45分に鹿児島酒造の蔵見学があるため

そろそろお開きか?!と思うと・・・・

杜氏が・・・・「もう一軒いくで~」と・・・・

またまた梯子酒・・・・・・・・・

ほんま、パワフルな杜氏ですわ・・・・・・・・

きっと、このエネルギーがうまい焼酎を造るんですよね。

それに「もてなし」と言う、杜氏の精神。

我々を精一杯もてなそうと言う現われなんですよね。

ほんと感謝の気持ちで一杯です。

Koirennbo

結局、3軒目でも焼酎三昧させていただき、

ホテルに帰ったのが2時過ぎ・・・・・・・・

朝、起きれるかどうか心配でした・・・・・。

次の日、酔い醒めやらぬまま蔵を見学。

杜氏の弓場さんに蔵を案内してもらいました。

黒瀬杜氏は、鹿児島酒造の総杜氏ということで、

弓場杜氏は、お弟子さんと言えばいいのかな?。

Yuba_2

黒瀬総杜氏のもとですでに23年の造りを経験し

信頼も厚く楽しみな鹿児島酒造の時期エースです。

昔は、あまりアルコールが飲めない体質だったらしく

蔵に入ったころは、仕事中においや蒸気で

しょっちゅう酔っ払い状態になって苦労したそうです。

その弓場杜氏が言うのには、蔵の中で一番酒が強いのは

黒瀬総杜氏だと言ってましたね・・・・。

ともあれ、黒瀬安光という杜氏に魅了された日でした。

ここまで読んでくれてありがとう!

ゴールはもうすぐだ!!もうちょっとお付き合いを!

Pat3へ

       ポちっと お願い!!    

         ↓  ↓

       にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 鹿児島訪問記・・いざ鹿児島編 | トップページ | 鹿児島訪問記・・大和桜・田村編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鹿児島ほど芋焼酎が浸透している県も無いですよね。

美味しい焼酎と黒瀬杜氏のお話。
いやあうらやましい限りですね。

鹿児島の嫁さんの実家に帰ったら、焼酎蔵に行ってみたいなあと思っています。

投稿: マーキー | 2007年11月 3日 (土) 08時15分

マーキーさん
毎度です。
鹿児島の焼酎蔵の人達はみな優しいです。
でも、言葉がわからん・・・・
是非、訪問してきてくださいね!

投稿: 酒恋倭人 | 2007年11月 6日 (火) 10時35分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島訪問記・・黒瀬安光編:

« 鹿児島訪問記・・いざ鹿児島編 | トップページ | 鹿児島訪問記・・大和桜・田村編 »