« 車坂のラベル! | トップページ | 稲花正宗 やわくち原酒 »

立ち飲み屋で「竹鶴 純米にごり」

 先日、久しぶりに「小林」さんの立ち飲み屋に行ってきました。

日暮れ時であったため、仕事帰りのサラリーマンや現場作業員・・・

事務系の会社の女性??など、

カウンターしかない店内は超満員!!

体を横に20度ぐらい傾けさせて、肩だけ入れる。

そして肩肘をカウンターに乗せると言う

いわゆる「立ち飲みスタイル」と言う格好で、

皆さん、わいわい、がやがや・・・・

床は灰皿よろしく、足元にはたばこの吸殻がポイ捨て・・

これぞ、デープな大阪の立ち飲み屋!!って感じで、

良い顔色して、アルコールを楽しんでいます・・・・・・・・・。

私も、わずかな隙間を見つけて、お隣さんに

「すんまへん!入れてもらいまっさ!」と会釈して

するするっと、肩を滑り込ませテーブルに肩肘をつく。

「生ビールとチューリップ!」と、間髪いれず、

店長の「藤田」さんに注文。

Tatinomi

「チューリップ完売やわ~・・7キロあったのにもうあれへんわ・・」

「げ・・・・ぇ・・(TOT)」

ちょっとショック・・・・・・・・・・・

さすが、この店の名物ですわ・・・・

気を取り直して、もうひとつの名物「どて焼き」を注文。

1分もかからないうちに、生ビールと土手焼きがカウンターに・・

これぞ、立ち飲み屋の素晴らしさ!!

注文したら即、出てくるのがうれしい!!

とりあえず、「どて焼き」を生ビールで、胃袋に押し込み

カウンターの奥にあるリーチンを覗く・・・

Photo

このリーチンは、日替わりでポン酒が入れ替わるので楽しい。

本日は「竹鶴 純米にごり」「車坂 無濾過原酒」

「片野桜 あらばしり」の3銘柄。

「お!竹鶴なんて、立ち飲み屋で飲めるの?!」

と思わず嬉しくなるが、まずは「片野桜」を冷で一献。

Photo_2

残り福と言うか、瓶の底にちょこっと残ってるだけの「片野桜」。

熟成していると言うか、無濾過の純米酒らしい味ののりで最高!

めちゃんこ旨いんだな~!

良い造りをしている証拠ですね!

ポン酒は、どの銘柄に限らず、良い造りをしているものは

同じ瓶に入っていたものでも、開封してすぐのものと

残りかすでは、こんなにも味が違うのものなのですね。

普通は、「残りかす」って書くと、まずそうなイメージだけど

ポン酒に限っては、別のもですね

喜んで、飲みたい「かす」ですね・・。

これだから、ポン酒は面白い!

「片野桜」で楽しんだ後は、目当ての「竹鶴 純米にごり」を注文。

「酒造界のゴジラ」と呼ばれる、石川達也杜氏の作品を

前から是非、味わってみたかった!!

まさか、立ち飲み屋にあるなんて、なんとラッキー!!

藤田さんに冷のまま、一口だけ飲ませてもらってから

残りを燗でお願いする・・。

何でも、無理を聞いてくれるから、ここの立ち飲みはほんと嬉しい。

その「竹鶴 純米にごり」、冷で飲んだ感想は・・・

「何じゃこりゃ??香りも味気もないし、酸だけがやたら目立つ・・・」

まるで、味が薄くなったガムのよう・・・。

次は、ちょっと熱燗気味にしてもらったのを飲んでみる・・。

「お!!」

まるで、花が咲いたように米の旨みが口の中に広がる・・

「これが、同じポン酒なの??!!」ってぐらい味が染み出てくる。

旨い!!それに、なんとなく甘く感じるし、味が太い!

男酒!!って感じ・・。

さらに、燗を冷まして飲んでみると、角が取れて、実にまろやか!

ミンチカツなんて揚げ物を注文してしまいましたが、

これが、けっこう合うんですよね!!

いや~ゴジラの酒に驚きました!

まさに、ゴジラが造ったこの「竹鶴 純米にごり」

Photo_3

「ポン酒界のミニラ!!」

ゴジラの息子です!

なんか、はまる酒ですね~。

ランキングに参加しています・・・・・・

もしよろしければ、ポチット

      ↓ ↓ ↓

      にほんブログ村 酒ブログへ

|

« 車坂のラベル! | トップページ | 稲花正宗 やわくち原酒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですね、燗上がりする酒と同じように開封後2~3日後に美味くなる酒もありますよね!自分も経験あります。
封を切ったときは「何だ、こんなのものか・・・」と思ったのですが、次飲んだときは激変してました!
これが面白みの一つかもしれません。特に純米酒が美味しくなることがありますね。

投稿: 醸し屋 カズマ | 2007年10月 1日 (月) 18時44分

竹鶴のお酒は、開けたてよりも一ヵ月後、しかも常温で放置しておくと
ほんっとーーーーに美味しくなります!
この待ってる時間がじれったいですが(笑)。
昨日は半年以上寝かせた竹鶴を熱燗で・・・んもうタマラナイですよ~。

投稿: まき子 | 2007年10月 2日 (火) 13時17分

醸し屋カズマさん
空気に触れる面積が大きくなるからでしょうか?
ほんとうに不思議なんですよね。
なぜ、おいしくなるのか・・・・・
開封しておいしくなるのは、焼酎と日本酒の
倭酒ぐらいですよね・・。
炭酸系の飲み物なんて、気が抜けて旨くないし・・・
ほんと神秘的な飲み物です。

まき子さん
竹鶴飲んで、よくわかりましたよ。
寝かせれば、寝かすほど味が乗るって。
酒屋で、わざと寝かして、1年遅れで
販売すると言うやりかたもいいかもしれませんね!
小林さんとこに、1本今年のにごりを
保管してもらっておいて、
来年の春に飲んでみます!
自分の家において置くと、たぶん半月も
もたないと思いますんで・・・・・

投稿: 酒恋倭人 | 2007年10月 4日 (木) 07時27分

全てのお酒が当てはまることはないですが、残り福のお酒に当たったときは本当に幸せな気分になりますね♪

飲みに行ってマスターに「これで最後ですねん」と言われたときはちょっとドキドキしたりします。

ちょっとしたトキメキ気分がありますね(^_^)

投稿: マーキー | 2007年10月 4日 (木) 19時55分

マーキーさん
これで最後ですから、御代はけっこうです!
なんて言われたら、もっとうれしいですよね!
近いうちに、行きましょうね!
家にある、朝日鷹なんですが、開封して
残り1合弱で半年以上、置いています。
今日あたり飲んでみます。
どんな味か楽しみです!!

投稿: 酒恋倭人 | 2007年10月 5日 (金) 07時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立ち飲み屋で「竹鶴 純米にごり」:

» 日本初!実演ゴルフ講座(座学) [たのゴルCLUB]
こんな座学は日本初! どんな質問にもその場で「実演」で答えるなんて…そこにいる参加者全員で 共有するライブ感覚と「軌道とスイングプレーンの基本と理論」を「持たれる という感触と感覚」で悩みはすべて解決だわ [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 14時47分

« 車坂のラベル! | トップページ | 稲花正宗 やわくち原酒 »