« 白瀑 純米山田錦 中取り原酒 | トップページ | あ、酒がない・・ »

櫻正宗 朱稀

 本日のあては、鰹の刺身・・・・。

宮崎産と表記してあった・・・。

宮崎産であろうがなんであろうが、

我が家の嫁が買ってくるのは

安物ばかり・・・

今日も半身もあるのに300円だ・・・・

今の時期に宮崎で捕れる鰹と言うのは、

いつきのものなのか結構脂がのっている・・・

と言うか、のりすぎている感じがするな~・・・・

 

今日の1本・・と言うより、

昨日の「白瀑」がまだ2合ほど残っているので

あわせてみると、これが・・いまいち・・・・

白瀑のほろい甘さが、鰹の味に合わないような気がする・・

それに、きりっと冷えた日本酒より、

この脂ののりと生臭さでは

食中酒には芋焼酎のお湯割りが懸命だな・・・・・・

いろいろ考えたあげく、とある蔵のお上さんから教わった

「夏燗酒」ってのを試してみることにした・・・・

暑い夏でも、人肌程度の燗で頂くことにより、

ほんのりしたお酒の香りが食欲を増進させ、臭いを消し

あてがおいしく頂ける・・。

選んだのは、「櫻正宗 本醸造 朱稀 」

これは小林さんとこで購入したものではなく

小林さんと櫻正宗の蔵でお酒の

勉強会をしたときにお土産に頂いたもの。

櫻正宗のレギュラー酒であるが、

山田錦を使用しワンランク上の

レギュラー酒を目指している。

コストパフォーマンスも最高です。

で、この酒は「櫻正宗」らしい硬水で仕上げられたもの・・。

久しぶりに、硬水のお酒を頂くことになる

お鍋にお湯を沸騰させ火を止め、

その中にグラスを入れるという

なんともセンスも情緒もない「燗」つくり・・・・・・

待つこと1分・・・

少し人肌よりは温かいけど、なかなかよい温度・・

グラスに口を近づけると、

「ぷ~ん」と優しい香りがする・・

鰹の生臭を、かき消す、このやさしい香りが、

止まっていた私の箸を進める。

グイッと一口やる・・・口の中に広がるほのかな酸味・・

この酸味に、霧のように広がるお米の優しいふくらみ

すーっと、喉に落ちていくのが心地よい・・。

夏燗酒、これは食欲が落ち気味の夏には最適の

日本人が考えた素晴らしい、食中酒だ!

Sakuramasamune

Sakurasyumare

|

« 白瀑 純米山田錦 中取り原酒 | トップページ | あ、酒がない・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 櫻正宗 朱稀:

« 白瀑 純米山田錦 中取り原酒 | トップページ | あ、酒がない・・ »